メインメニューを開く

1960年イタリアグランプリ (1960 Italian Grand Prix) は、1960年のF1世界選手権第9戦として、1960年9月4日モンツァ・サーキットで開催された。

イタリア 1960年イタリアグランプリ
レース詳細
1960年F1世界選手権全10戦の第9戦
モンツァ・サーキット(バンク併用、1955–1961)
モンツァ・サーキット(バンク併用、1955–1961)
日程 1960年9月4日
正式名称 XXXI Gran Premio d'Italia
XX Gran Premio d'Europa
開催地 モンツァ・サーキット
イタリアの旗 イタリア モンツァ
コース 恒久的レース施設
コース長 10.000 km (6.214 mi)
レース距離 50周 500.000 km (310.700 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 2:41:4
ファステストラップ
ドライバー アメリカ合衆国の旗 フィル・ヒル フェラーリ
タイム 2:43.6
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 フェラーリ
3位 フェラーリ

当レースには「ヨーロッパグランプリ」の冠がかけられた[1]

レース概要編集

1956年以来4年ぶりにバンクコースとの複合レイアウトが採用され、イギリスのワークスチーム(クーパーロータスBRM)は、バンク部分の路面が荒れていることとマシン各部に負担がかかりすぎて危険だという理由で本レースをボイコットした。参加台数を増やすため急遽F2マシンも寄せ集められたが、ワークスカーはフェラーリ(3台の246と1台のF2用ミッドシップ156P)とポルシェ(2台のF2用マシン718)だけだった[2]

レースはフェラーリの独壇場で、F1初勝利を挙げたフィル・ヒルはアメリカ人初のF1ウィナーとなった。これがフェラーリにとってこの年唯一の勝利で、フロントエンジン車による最後の勝利であった。2位にリッチー・ギンサー、3位にウィリー・メレスが続き、3台の246が表彰台を独占したが、イギリス勢が欠場した中での結果であり手放しでは喜べないものであった。なお、156Pを走らせたヴォルフガング・フォン・トリップスも5位に入賞している。ポルシェはハンス・ヘルマンが6位に入賞して、初のポイントを獲得した[3]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン
  スクーデリア・カステロッティ 2   ジュリオ・ガビアンカ クーパー T51 カステロッティ 2.5L L4[4]
4   ジーノ・ムナロン
36   ジョルジオ・スカルラッティ マセラティ 250S 2.5L L4
  J.B. ネイラー 6   ブライアン・ネイラー JBW 59 マセラティ 250S 2.5L L4
  アーサー・オーウェン 8   アーサー・オーウェン クーパー T45 クライマックス FPF 2.2L L4
  ヴォルフガング・ザイデル 10   ヴォルフガング・ザイデル クーパー T45 1 クライマックス FPF 1.5L L4
  スクーデリア・コロニア 12   ピエロ・ドロゴ クーパー T43 1 クライマックス FPF 1.5L L4
  H.H. グールド 14   ホレース・グールド マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6
  スクーデリア・フェラーリ 16   ウィリー・メレス フェラーリ 246 フェラーリ Tipo155 2.4L V6
18   リッチー・ギンサー
20   フィル・ヒル
22   ヴォルフガング・フォン・トリップス 156P 1 フェラーリ Tipo171 1.5L V6
  ポルシェ KG 24   エドガー・バース ポルシェ 718 1 ポルシェ 547/3 1.5L F4
  ポルシェ・システム・エンジニアリング 26   ハンス・ヘルマン
  カモラーディ・インターナショナル 28   フレッド・ギャンブル ポルシェ ベーラ 1 ポルシェ 547/3 1.5L F4
  エキップ・プリドー 30   ヴィク・ウィルソン クーパー T43 1 クライマックス FPF 1.5L L4
  スクーデリア・セントロ・スッド 34   アルフォンソ・シール クーパー T51 マセラティ 250S 2.5L L4
ソース:[5]
追記

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 20   フィル・ヒル フェラーリ 2:41.4
2 18   リッチー・ギンサー フェラーリ 2:43.3 + 1.9
3 16   ウィリー・メレス フェラーリ 2:43.9 + 2.5
4 2   ジュリオ・ガビアンカ クーパー-カステロッティ 2:49.3 + 7.9
5 36   ジョルジオ・スカルラッティ クーパー-マセラティ 2:49.7 + 8.3
6 22   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 2:51.9 + 10.5
7 6   ブライアン・ネイラー JBW-マセラティ 2:52.4 + 11.0
8 4   ジーノ・ムナロン クーパー-カステロッティ 2:53.1 + 11.7
9 34   アルフォンソ・シール クーパー-マセラティ 2:56.6 + 15.2
10 26   ハンス・ヘルマン ポルシェ 2:58.3 + 16.9
11 8   アーサー・オーウェン クーパー-クライマックス 3:01.5 + 20.1
12 24   エドガー・バース ポルシェ 3:02.1 + 20.7
13 10   ヴォルフガング・ザイデル クーパー-クライマックス 3:07.0 + 25.6
14 28   フレッド・ギャンブル ポルシェ 3:10.6 + 29.2
15 12   ピエロ・ドロゴ クーパー-クライマックス 3:11.9 + 30.5
16 30   ヴィク・ウィルソン クーパー-クライマックス 3:16.5 + 35.1
17 14   ホレース・グールド マセラティ No Time
ソース:[6]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 20   フィル・ヒル フェラーリ 50 2:21:09.2 1 8
2 18   リッチー・ギンサー フェラーリ 50 + 2:27.6 2 6
3 16   ウィリー・メレス フェラーリ 49 + 1 Lap 3 4
4 2   ジュリオ・ガビアンカ クーパー-カステロッティ 48 + 2 Laps 4 3
5 22   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 48 + 2 Laps 6 2
6 26   ハンス・ヘルマン ポルシェ 47 + 3 Laps 10 1
7 24   エドガー・バース ポルシェ 47 + 3 Laps 12
8 12   ピエロ・ドロゴ クーパー-クライマックス 45 + 5 Laps 15
9 10   ヴォルフガング・ザイデル クーパー-クライマックス 44 + 6 Laps 13
10 28   フレッド・ギャンブル ポルシェ 41 + 9 Laps 14
Ret 6   ブライアン・ネイラー JBW-マセラティ 41 ギアボックス 7
Ret 34   アルフォンソ・シール クーパー-マセラティ 32 ギアボックス 9
Ret 4   ジーノ・ムナロン クーパー-カステロッティ 27 エンジン 8
Ret 36   ジョルジオ・スカルラッティ クーパー-マセラティ 26 エンジン 5
Ret 30   ヴィク・ウィルソン クーパー-クライマックス 23 エンジン 16
Ret 8   アーサー・オーウェン クーパー-クライマックス 0 アクシデント 11
DNS 14   ホレース・グールド マセラティ 燃料システム
ソース:[7]
ラップリーダー[8]

第9戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 当時は毎年各国の持ち回りにより、その年の最も権威のあるレースに対して「ヨーロッパGP」の冠がかけられていた。
  2. ^ (林信次 1999, p. 100)
  3. ^ (林信次 1999, p. 100-101)
  4. ^ ベースはフェラーリ Tipo106(553と555に搭載されていた)。 Engine Castellotti”. statsf1.com. 2018年3月14日閲覧。
  5. ^ Italy 1960 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年3月19日閲覧。
  6. ^ Italy 1960 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年3月19日閲覧。
  7. ^ 1960 Italian Grand Prix”. formula1.com. 2014年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月20日閲覧。
  8. ^ Italy 1960 - Laps led”. statsf1.com. 2018年3月18日閲覧。

参照文献編集

  • 林信次『F1全史 1956-1960』ニューズ出版、1999年。ISBN 4-938495-27-9

外部リンク編集