メインメニューを開く

1962年イタリアグランプリ (1962 Italian Grand Prix) は、1962年のF1世界選手権第7戦として、1962年9月16日モンツァ・サーキットで開催された。

イタリア 1962年イタリアグランプリ
レース詳細
1962年F1世界選手権全9戦の第7戦
モンツァ・サーキット(1957-1971)
モンツァ・サーキット(1957-1971)
日程 1962年9月16日
正式名称 XXXIII Gran Premio d'Italia
開催地 モンツァ・サーキット
イタリアの旗 イタリア モンツァ
コース 恒久的レース施設
コース長 5.750 km (3.573 mi)
レース距離 86周 494.500 km (307.268 mi)
決勝日天候 曇のち雨 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー ロータス-クライマックス
タイム 1:40.35
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 グラハム・ヒル BRM
タイム 1:42.30 (3周目)
決勝順位
優勝 BRM
2位 BRM
3位 クーパー-クライマックス

レースは86周で行われ、BRMグラハム・ヒルが予選2位から優勝した。チームメイトのリッチー・ギンサーが2位に続き、BRMは初のワン・ツー・フィニッシュを飾った。クーパーブルース・マクラーレンが3位となった。

レース概要編集

前年の大惨事によりバンク部分の使用を取りやめ、ロードコースのみのレイアウトでレースは行われた[1]

ジム・クラークポールポジションからスタートしたが、チーム・ロータスは既にギアボックスを使い切ってスペアパーツが枯渇してしまい、大きな不安材料となってしまった。その不安は当たり、クラークはトランスミッションのトラブルを抱え、12周目にリタイアした[2]。チームメイトのトレバー・テイラーも同様のトラブルで25周でレースを終えた。グラハム・ヒルはチームメイトのリッチー・ギンサーに30秒近い差を付けて優勝した。ギンサーはジョン・サーティースと2位争いを繰り広げたが、38周目にサーティースはスローダウンし、5周後にエンジントラブルでリタイアした[2]。その後方ではダン・ガーニーポルシェと、ブルース・マクラーレントニー・マグスクーパー2台によるバトルが繰り広げられ、40周目にはストレートで3台が並んだ。マグスは170L(45ガロン)の大型燃料タンクを装着していたマクラーレンとは異なり、燃料の補給が必要だったためピットインし、1周遅れの7位に終わった。一方、新しい通常のノーズ仕様のフェラーリ・156を駆るウィリー・メレスが3位争いに加わり、ヨアキム・ボニエジャンカルロ・バゲッティが続いた[3]

ガーニーは66周目にリアディファレンシャルが壊れてリタイアし、地元ファンの声援を受けたバゲッティも一時はガーニーを抜いて3位を走ったが、スピンで順位を落としてしまう[3]。しかし、ボニエのクラッチが滑り始めバゲッティは5位に順位を戻す。メレスは80周目に3位に浮上し、マクラーレンに3秒差を付ける。 スピーカーのタワーから見ていたスターリング・モスは、マクラーレンが3位に入ると賭けた。最終ラップの最初のカーブでマクラーレンはメレスを抜き、わずか0.4秒差で3位表彰台を獲得した[3]。ボニエはクラッチトラブルで、5位のバゲッティを最後まで抜けなかった。メレスとバゲッティはこれがF1最後の入賞となった。フィル・ヒルはレース中盤で周回遅れにされ、エンジントラブルで長いピットストップを強いられ11位に終わった。リカルド・ロドリゲス[4]は油圧を失い、好走していたイネス・アイルランドもステアリングの不調でリタイアした。マステン・グレゴリーのマシンはオーバーヒートしてしまい、最終ラップは4速のみで走った。ロイ・サルヴァドーリローラは練習走行中に消火器が爆発するアクシデントがあった[3]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 2   ジャンカルロ・バゲッティ フェラーリ 156 フェラーリ Tipo178 1.5L V6
4   リカルド・ロドリゲス
6   ロレンツォ・バンディーニ
8   ウィリー・メレス
10   フィル・ヒル
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 12   リッチー・ギンサー BRM P57 BRM P56 1.5L V8
14   グラハム・ヒル
  ポルシェ・システム・エンジニアリング 16   ダン・ガーニー ポルシェ 804 ポルシェ 753 1.5L F8
18   ヨアキム・ボニエ
  チーム・ロータス 20   ジム・クラーク ロータス 25 クライマックス FWMV 1.5L V8
22   トレバー・テイラー
  スクーデリア・レパブリカ・ディ・ヴェネツィア 24   ニーノ・ヴァッカレッラ ロータス 24 クライマックス FWMV 1.5L V8
  エキュリー・エクセルシオール 26   ジェイ・チャンバーレイン ロータス 18 クライマックス FPF 1.5L L4
  クーパー・カー・カンパニー 28   ブルース・マクラーレン クーパー T60 クライマックス FWMV 1.5L V8
30   トニー・マグス
  エキュリー・マールスベルゲン 32   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 718 ポルシェ 547/3 1.5L F4
  スクーデリア・デ・トマソ 34   ナシフ・エステファノ デ・トマソ 801 デ・トマソ 1.5L F8
  ロブ・ウォーカー・レーシングチーム 36   モーリス・トランティニアン ロータス 24 クライマックス FWMV 1.5L V8
  UDT・レイストール・レーシングチーム 38   マステン・グレゴリー ロータス 24 BRM P56 1.5L V8
40   イネス・アイルランド クライマックス FWMV 1.5L V8
  エキュリー・フィリピネッティ 42   ジョー・シフェール ロータス 24 BRM P56 1.5L V8
  ヨーマン・クレジット・レーシングチーム 44   ロイ・サルヴァドーリ ローラ Mk4 クライマックス FWMV 1.5L V8
46   ジョン・サーティース Mk4A
  エメリソン・カーズ 48   トニー・セッテンバー エメリソン 61 クライマックス FPF 1.5L L4
  スクーデリア・セッテコリ 50   ロベルト・リッピ デ・トマソ F1 オスカ 372 1.5L L4
  ジェリー・アシュモア 52   ジェリー・アシュモア ロータス 18/21 クライマックス FPF 1.5L L4
  スクーデリア・ジョリー・クラブ 54   エルネスト・プリノス ロータス 18 クライマックス FPF 1.5L L4
  ギルビー・エンジニアリング 56   キース・グリーン ギルビー 62 BRM P56 1.5L V8
  クルト・クーンケ 58   クルト・クーンケ 1 ロータス 18 ボルクヴァルト 1500 RS 1.5L L4
  オートスポート・チーム・ウォルフガング・ザイデル 60   トニー・シェリー ロータス 24 BRM P56 1.5L V8
  アングロ=アメリカン・エキップ 62   イアン・バージェス クーパー T59 クライマックス FPF 1.5L L4
ソース:[5]
追記

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 20   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 1:40.35 1
2 14   グラハム・ヒル BRM 1:40.38 +0.03 2
3 12   リッチー・ギンサー BRM 1:41.80 +1.45 3
4 28   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 1:41.80 +1.45 4
5 40   イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 1:41.80 +1.45 5
6 38   マステン・グレゴリー ロータス-BRM 1:41.90 +1.55 6
7 16   ダン・ガーニー ポルシェ 1:41.90 +1.55 7
8 46   ジョン・サーティース ローラ-クライマックス 1:42.40 +2.05 8
9 18   ヨアキム・ボニエ ポルシェ 1:42.60 +2.25 9
10 8   ウィリー・メレス フェラーリ 1:42.80 +2.45 10
11 4   リカルド・ロドリゲス フェラーリ 1:43.10 +2.75 11
12 30   トニー・マグス クーパー-クライマックス 1:43.20 +2.85 12
13 44   ロイ・サルヴァドーリ ローラ-クライマックス 1:43.30 +2.95 13
14 24   ニーノ・ヴァッカレッラ ロータス-クライマックス 1:43.40 +3.05 14
15 10   フィル・ヒル フェラーリ 1:43.40 +3.05 15
16 22   トレバー・テイラー ロータス-クライマックス 1:44.20 +3.85 16
17 6   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 1:44.30 +3.95 17
18 2   ジャンカルロ・バゲッティ フェラーリ 1:44.40 +4.05 18
19 36   モーリス・トランティニアン ロータス-クライマックス 1:44.40 +4.05 19
20 32   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 1:46.80 +6.45 20
21 48   トニー・セッテンバー エメリソン-クライマックス 1:49.10 +8.75 21
22 60   トニー・シェリー ロータス-BRM 1:51.60 +11.25 DNQ
23 56   キース・グリーン ギルビー-BRM 1:52.00 +11.65 DNQ
24 52   ジェリー・アシュモア ロータス-クライマックス 1:52.90 +12.55 DNQ
25 62   イアン・バージェス クーパー-クライマックス 1:53.10 +12.75 DNQ
26 42   ジョー・シフェール ロータス-BRM 1:55.80 +15.45 DNQ
27 54   エルネスト・プリノス ロータス-クライマックス 1:57.70 +17.35 DNQ
28 50   ロベルト・リッピ デ・トマソ-オスカ 1:58.60 +18.25 DNQ
29 26   ジェイ・チャンバーレイン ロータス-クライマックス 1:59.70 +19.35 DNQ
30 34   ナシフ・エステファノ デ・トマソ 6:18.40 +4:38.05 DNQ
ソース:[6]
追記

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 14   グラハム・ヒル BRM 86 2:29:08.4 2 9
2 12   リッチー・ギンサー BRM 86 +29.8 3 6
3 28   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 86 +57.8 4 4
4 8   ウィリー・メレス フェラーリ 86 +58.2 10 3
5 2   ジャンカルロ・バゲッティ フェラーリ 86 +1:31.3 18 2
6 18   ヨアキム・ボニエ ポルシェ 85 +1 Lap 9 1
7 30   トニー・マグス クーパー-クライマックス 85 +1 Lap 12
8 6   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 84 +2 Laps 17
9 24   ニーノ・ヴァッカレッラ ロータス-クライマックス 84 +2 Laps 14
10 32   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 81 +5 Laps 20
11 10   フィル・ヒル フェラーリ 81 +5 Laps 15
12 38   マステン・グレゴリー ロータス-BRM 77 +9 Laps 6
13 16   ダン・ガーニー ポルシェ 66 ディファレンシャル 7
14 4   リカルド・ロドリゲス フェラーリ 63 イグニッション 11
Ret 40   イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 45 サスペンション 5
Ret 46   ジョン・サーティース ローラ-クライマックス 42 エンジン 8
Ret 44   ロイ・サルヴァドーリ ローラ-クライマックス 41 エンジン 13
Ret 22   トレバー・テイラー ロータス-クライマックス 25 ギアボックス 16
Ret 48   トニー・セッテンバー エメリソン-クライマックス 18 エンジン 21
Ret 36   モーリス・トランティニアン ロータス-クライマックス 17 電気系統 19
Ret 20   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 12 ギアボックス 1
DNQ 60   トニー・シェリー ロータス-BRM 予選不通過
DNQ 56   キース・グリーン ギルビー-BRM 予選不通過
DNQ 52   ジェリー・アシュモア ロータス-クライマックス 予選不通過
DNQ 62   イアン・バージェス クーパー-クライマックス 予選不通過
DNQ 42   ジョー・シフェール ロータス-BRM 予選不通過
DNQ 54   エルネスト・プリノス ロータス-クライマックス 予選不通過
DNQ 50   ロベルト・リッピ デ・トマソ-オスカ 予選不通過
DNQ 26   ジェイ・チャンバーレイン ロータス-クライマックス 予選不通過
DNQ 34   ナシフ・エステファノ デ・トマソ 予選不通過
ソース:[7]
ラップリーダー[8]

第7戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ (林信次 1997, p. 36)
  2. ^ a b Björklund, Bengt, ed. (October 1962). "Skyfall över Tysklands GP" [Deluge on German GP]. Illustrerad Motor Sport (in Swedish). No. 10. Lerum, Sweden. p. 4.
  3. ^ a b c d Skyfall..., p. 5
  4. ^ フェラーリが翌月の次戦アメリカGPを欠場し、11月に行われた非選手権レースのメキシコGPで事故死したため、本レースが最後のF1世界選手権における出走となった。
  5. ^ Italy 1962 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年8月12日閲覧。
  6. ^ a b Italy 1962 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年8月11日閲覧。
  7. ^ 1962 Italian Grand Prix”. formula1.com. 2014年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月20日閲覧。
  8. ^ Italy 1962 - Laps led”. statsf1.com. 2018年8月15日閲覧。

参照文献編集

外部リンク編集