メインメニューを開く

1962年ドイツグランプリ (1962 German Grand Prix) は、1962年のF1世界選手権第6戦として、1962年8月5日ニュルブルクリンクで開催された。

西ドイツ 1962年ドイツグランプリ
レース詳細
1962年F1世界選手権全9戦の第6戦
ニュルブルクリンク北コース(1927-1967)
ニュルブルクリンク北コース(1927-1967)
日程 1962年8月5日
正式名称 XXIV Grosser Preis von Deutschland
開催地 ニュルブルクリンク
西ドイツの旗 西ドイツ ニュルブルク
コース 恒久的レース施設
コース長 22.810 km (14.173 mi)
レース距離 15周 342.150 km (212.602 mi)
決勝日天候 雨 (ウエット)
観客数 350,000
ポールポジション
ドライバー ポルシェ
タイム 8:47.2
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 グラハム・ヒル BRM
タイム 10:12.2 (3周目)
決勝順位
優勝 BRM
2位 ローラ-クライマックス
3位 ポルシェ

レースは15周で行われ、BRMグラハム・ヒルが予選2位から優勝した。ローラをドライブするジョン・サーティースが2位、ポルシェダン・ガーニーが3位となった。上位6台が全て異なるコンストラクターだったことで、本レースは注目に値するものであった[1]

レース概要編集

 
グラハム・ヒルジョン・サーティースダン・ガーニーをリードする。この順位のままレースは終了した。
 
フィル・ヒルがドライブするフェラーリ・156。彼はレース中盤にリタイアした。

大雨による水と泥の流れがコースの一部を覆ったため、レースは1時間以上遅れてスタートした。路面は完全に乾くことはなく、ウエットコンディションのままレースは行われた[2]。グラハム・ヒルはウエットコンディションで巧みに走り、トップドライバーとして徐々に頭角を現し始めたサーティースが続いた[2]。サーティースは本レースでドライバーズランキング3位に立ったが、この年は本レースが最後の入賞となった。ガーニーは見事なハンドリングでフィル・ヒルをかわして3位となった。フェラーリは前戦イギリスGPよりもはるかに良くなっていたが、フィル・ヒルはオイルでバイザーが汚れたためピットインしなければならず、ピットアウト直後にリアサスペンションが壊れてリタイアした。フェラーリは労働ストライキによりフランスGPを欠場し、続くイギリスGPもフィル・ヒル1台のみの出走にとどまったが、異なる仕様とした4台の156で力を発揮した。フィル・ヒルの156には最新の6速トランスミッションが搭載され、リカルド・ロドリゲスは改良型のティーポ188(バンク角65度)エンジンが搭載された156でチーム最上位の6位入賞を果たしたのに対し、ジャンカルロ・バゲッティは従来型の156で10位に終わった。ロレンツォ・バンディーニは通常のノーズコーン、小型のラジエーター、フロントとリアのサスペンションを改造した開発カーを走らせたが、11位走行中の3周目にリタイアした[3]

ジム・クラークはスタート時に燃料ポンプが起動せず13秒をロスしてしまい、燃料ポンプが始動した時には最後尾の26位に後退した。クラークは1周目に17台を抜き、首位と3-4秒速いタイムを出して猛追するが、レース中盤に数回のクラッシュが発生した後、ペースを少し緩め[1]、4位に入賞した。5位のブルース・マクラーレン(クーパー)はクライマックスFWMVエンジン(V8)を搭載したT60を使用した。チームメイトのトニー・マグスも当初はT60を走らせる予定だったが、予選でカレル・ゴダン・ド・ボーフォールポルシェ・718に取り付けられたドイツのテレビ会社のカメラがコース上に落ち、グラハム・ヒルとともにクラッシュを喫したため[3]、古いクライマックスFPFエンジン(直列4気筒)を搭載したスペアカーのT55を使用せざるを得ず、9位に終わった。グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション(GPDA)は安全上のリスクに起因する車載カメラを使用しない方針だったが、ド・ボーフォールはGPDAには所属していなかった[2]

本レースには3台の新しいマシンが登場した。BRMの新しいV8エンジンを搭載したギルビー(キース・グリーンがドライブ)は、レース中盤にギアボックスのトラブルでリタイアした。マセラティの直列4気筒エンジンを搭載したベルギーのENBをドライブしたルシアン・ビアンキは最下位の16位で完走した。このマシンは、前年に使用したエメリソンをフェラーリ・156のようなシャークノーズを装備したボディに改造したもので、非選手権レースと本レースのみの参加となった[4]ポールポジションを獲得したガーニー[5]が8分47秒2を出したのに対し、ビアンキのENBは10分40秒7と2分近く遅かったが、彼より速いドライバーが予選通過に最低限必要な5周を走行しなかったおかげで決勝に出走することができた[6]。最も重要なのは、ジャック・ブラバムが創設したブラバムの最初のF1マシンBT3がデビューを果たしたことであった。彼は練習走行の初日にベアリングが壊れてスピンを喫し、トレバー・テイラーロータス・24(エンジンのバルブが曲がった)の部品を使って修復されたエンジンで予選を通過し、後方グリッドからレースを開始した。彼は1周目が終わるまでに9位に上がったが、その後スロットルが壊れて9周目にリタイアとなった。ブラバムのコンストラクターとしてのデビュー戦は不本意な結果に終わったが、彼はマシン、特にハンドリングに満足していた[3]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 1   フィル・ヒル フェラーリ 156 フェラーリ Tipo178 1.5L V6
2   ジャンカルロ・バゲッティ
3   リカルド・ロドリゲス
4   ロレンツォ・バンディーニ
  チーム・ロータス 5   ジム・クラーク ロータス 25 クライマックス FWMV 1.5L V8
6   トレバー・テイラー 24
  ポルシェ・システム・エンジニアリング 7   ダン・ガーニー ポルシェ 804 ポルシェ 753 1.5L F8
8   ヨアキム・ボニエ
  クーパー・カー・カンパニー 9   ブルース・マクラーレン クーパー T60 クライマックス FWMV 1.5L V8
10   トニー・マグス T55 クライマックス FPF 1.5L L4
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 11   グラハム・ヒル BRM P57 BRM P56 1.5L V8
12   リッチー・ギンサー
33   トニー・マーシュ 1 P48/57
  ヨーマン・クレジット・レーシングチーム 14   ジョン・サーティース ローラ Mk4 クライマックス FWMV 1.5L V8
15   ロイ・サルヴァドーリ
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 16   ジャック・ブラバム ブラバム BT3 クライマックス FWMV 1.5L V8
  ロブ・ウォーカー・レーシングチーム 17   モーリス・トランティニアン ロータス 24 クライマックス FWMV 1.5L V8
  エキュリー・マールスベルゲン 18   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 718 ポルシェ 547/3 1.5L F4
  エキュリー・フィリピネッティ 19   ジョー・シフェール ロータス 21 クライマックス FPF 1.5L L4
28   ハインツ・シラー 24 BRM P56 1.5L V8
32   ハイニ・ヴァルター ポルシェ 718 ポルシェ 547/3 1.5L F4
  エキュリー・ギャロワーズ 20   ジャッキー・ルイス クーパー T53 クライマックス FPF 1.5L L4
  エキップ・ナツィオナーレ・ベルゲ 21   ルシアン・ビアンキ ENB F1 マセラティ 6-1500 1.5L L4
  スクーデリア・レパブリカ・ディ・ヴェネツィア 22   カルロ・マリア・アバーテ 2 ロータス 18/21 クライマックス FPF 1.5L L4
26   ニーノ・ヴァッカレッラ ポルシェ 718 ポルシェ 547/3 1.5L F4
  アングロ=アメリカン・エキップ 25   イアン・バージェス クーパー T59 クライマックス FPF 1.5L L4
  ギルビー・エンジニアリング 27   キース・グリーン ギルビー 62 BRM P56 1.5L V8
  ジョン・ダルトン 29   トニー・シェリー ロータス 18/21 クライマックス FPF 1.5L L4
  エキュリー・エクセルシオール 30   ジェイ・チャンバーレイン ロータス 18 クライマックス FPF 1.5L L4
  ベルナール・コロンブ 31   ベルナール・コロンブ クーパー T53 クライマックス FPF 1.5L L4
  オートスポート・チーム・ウォルフガング・ザイデル 34   ヴォルフガング・ザイデル
  ギュンター・ザイフェルト 3
ロータス 24 BRM P56 1.5L V8
ソース:[7]
追記
  • タイヤは全車ダンロップ
  • ^1 - マシンが準備できず[8]
  • ^2 - エントリーしたが出場せず
  • ^3 - 予備登録

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 7   ダン・ガーニー ポルシェ 8:47.2 1
2 11   グラハム・ヒル BRM 8:50.2 +3.0 2
3 5   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 8:51.2 +4.0 3
4 14   ジョン・サーティース ローラ-クライマックス 8:57.5 +10.3 4
5 9   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 9:00.7 +13.5 5
6 8   ヨアキム・ボニエ ポルシェ 9:04.0 +16.8 6
7 12   リッチー・ギンサー BRM 9:05.9 +18.7 7
8 18   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 9:12.9 +25.7 8
9 15   ロイ・サルヴァドーリ ローラ-クライマックス 9:14.1 +26.9 9
10 3   リカルド・ロドリゲス フェラーリ 9:14.2 +27.0 10
11 17   モーリス・トランティニアン ロータス-クライマックス 9:19.0 +31.8 11
12 1   フィル・ヒル フェラーリ 9:24.7 +37.5 12
13 2   ジャンカルロ・バゲッティ フェラーリ 9:28.1 +40.9 13
14 32   ハイニ・ヴァルター ポルシェ 9:30.0 +42.8 14
15 26   ニーノ・ヴァッカレッラ ポルシェ 9:33.8 +46.6 15
16 25   イアン・バージェス クーパー-クライマックス 9:39.2 +52.0 16
17 19   ジョー・シフェール ロータス-クライマックス 9:39.3 +52.1 17
18 4   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 9:39.7 +52.5 18
19 27   キース・グリーン ギルビー-BRM 9:47.1 +59.9 19
20 28   ハインツ・シラー ロータス-BRM 9:51.5 +1:04.3 20
21 20   ジャッキー・ルイス クーパー-クライマックス 9:58.0 +1:10.8 21
22 6   トレバー・テイラー ロータス-クライマックス 10:09.6 +1:22.4 26 1
23 31   ベルナール・コロンブ クーパー-クライマックス 10:09.7 +1:22.5 22
24 29   トニー・シェリー ロータス-クライマックス 10:18.6 +1:31.4 DNQ 2
25 10   トニー・マグス クーパー-クライマックス 10:21.2 +1:34.0 23
26 16   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 10:21.6 +1:34.4 24
27 34   ヴォルフガング・ザイデル ロータス-BRM 10:38.2 +1:51.0 DNQ 2
28 21   ルシアン・ビアンキ ENB-マセラティ 10:40.7 +1:53.5 25
29 30   ジェイ・チャンバーレイン ロータス-クライマックス 11:12.9 +2:25.7 DNQ 2
30 34   ギュンター・ザイフェルト ロータス-BRM 11:38.9 +2:51.7 DNQ 2
ソース:[9]
追記
  • ^1 - テイラーは5周以上走行しなかったが、最後尾グリッドからのスタートが認められた[10]
  • ^2 - 5周以上走行しなかったため予選不通過[9]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 11   グラハム・ヒル BRM 15 2:38:45.3 2 9
2 14   ジョン・サーティース ローラ-クライマックス 15 +2.5 4 6
3 7   ダン・ガーニー ポルシェ 15 +4.4 1 4
4 5   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 15 +42.1 3 3
5 9   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 15 +1:19.6 5 2
6 3   リカルド・ロドリゲス フェラーリ 15 +1:23.8 10 1
7 8   ヨアキム・ボニエ ポルシェ 15 +4:37.3 6
8 12   リッチー・ギンサー BRM 15 +5:00.1 7
9 10   トニー・マグス クーパー-クライマックス 15 +5:07.0 23
10 2   ジャンカルロ・バゲッティ フェラーリ 15 +8:14.7 13
11 25   イアン・バージェス クーパー-クライマックス 15 +8:15.3 16
12 19   ジョー・シフェール ロータス-クライマックス 15 +8:15.5 17
13 18   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 15 +9:11.8 8
14 32   ハイニ・ヴァルター ポルシェ 14 +1 Lap 14
15 26   ニーノ・ヴァッカレッラ ポルシェ 14 +1 Lap 15
16 21   ルシアン・ビアンキ ENB-マセラティ 14 +1 Lap 25
Ret 20   ジャッキー・ルイス クーパー-クライマックス 10 サスペンション 21
Ret 1   フィル・ヒル フェラーリ 9 サスペンション 12
Ret 16   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 9 スロットル 24
Ret 27   キース・グリーン ギルビー-BRM 7 サスペンション 19
Ret 15   ロイ・サルヴァドーリ ローラ-クライマックス 4 ギアボックス 9
Ret 17   モーリス・トランティニアン ロータス-クライマックス 4 ギアボックス 11
Ret 4   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 4 アクシデント 18
Ret 28   ハインツ・シラー ロータス-BRM 4 油圧 20
Ret 31   ベルナール・コロンブ クーパー-クライマックス 2 ギアボックス 22
Ret 6   トレバー・テイラー ロータス-クライマックス 0 アクシデント 26
DNQ 29   トニー・シェリー ロータス-クライマックス 予選不通過
DNQ 34   ヴォルフガング・ザイデル ロータス-BRM 予選不通過
DNQ 30   ジェイ・チャンバーレイン ロータス-クライマックス 予選不通過
DNQ 34   ギュンター・ザイフェルト ロータス-BRM 予選不通過
ソース:[11]
ラップリーダー[12]

第6戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Blunsden, John (September 1962). "Skyfall över Tysklands GP" [Deluge on German GP]. Illustrerad Motor Sport (in Swedish). No. 9. Lerum, Sweden. p. 24.
  2. ^ a b c Blunsden, p. 32
  3. ^ a b c Blunsden, p. 25
  4. ^ (林信次 1997, p. 49)
  5. ^ ポルシェにとってこれがF1世界選手権唯一のポールポジションで、ドイツのコンストラクターがポールポジションを獲得したのは1955年イタリアGPメルセデス(ファン・マヌエル・ファンジオ)以来7年ぶりのことであった。ドイツのコンストラクターが次にポールポジションを獲得するのは46年後の2008年バーレーンGPBMWザウバー(ロバート・クビサ)である。
  6. ^ Diepraam, Mattijs. “Lucien Bianchi and the ENB-née-Emeryson”. 8W. autosport.com. 2016年5月22日閲覧。
  7. ^ Germany 1962 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年7月8日閲覧。
  8. ^ Germany 1962 - Result”. statsf1.com. 2018年7月8日閲覧。
  9. ^ a b Germany 1962 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年7月7日閲覧。
  10. ^ Germany 1962 - Starting grid”. statsf1.com. 2018年7月7日閲覧。
  11. ^ 1962 German Grand Prix”. formula1.com. 2014年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月20日閲覧。
  12. ^ Germany 1962 - Laps led”. statsf1.com. 2018年8月6日閲覧。

参照文献編集

外部リンク編集