メインメニューを開く

シーズン概要編集

1962年シーズン、フェラーリは戦闘力の向上した他チームによって完全に凌駕された。グラハム・ヒルBRMは革新的なモノコックボディを持つジム・クラークのロータスとの長い戦いの末、タイトルを獲得した。ダン・ガーニーはポルシェにとって唯一の勝利をルーアンでもたらした。クーパーはモナコで勝利したが、その後1966年まで勝利することはなかった。ジャック・ブラバムは自らのチームで参戦し、自社製シャシーで最初のポイントを挙げた。偉大なドライバーの1人であるスターリング・モスはシーズン前にクラッシュし、引退を余儀なくされた。リカルド・ロドリゲスはベルギーグランプリで4位に入賞し、ポイント獲得した最年少ドライバーとなった(20歳と123日)。この記録は2000年ブラジルグランプリジェンソン・バトンが6位入賞するまで破られなかった(バトンは20歳67日)。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース サーキット 開催日 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター タイヤ レポート
1   オランダグランプリ ザントフォールト 5月20日   ジョン・サーティース   ブルース・マクラーレン   グラハム・ヒル   BRM D 詳細
2   モナコグランプリ モナコ 6月3日   ジム・クラーク   ジム・クラーク   ブルース・マクラーレン   クーパー-クライマックス D 詳細
3   ベルギーグランプリ スパ・フランコルシャン 6月17日   グラハム・ヒル   ジム・クラーク   ジム・クラーク   ロータス-クライマックス D 詳細
4   フランスグランプリ ルーアン・レゼサール 7月8日   ジム・クラーク   グラハム・ヒル   ダン・ガーニー   ポルシェ D 詳細
5   イギリスグランプリ アインツリー 7月21日   ジム・クラーク   ジム・クラーク   ジム・クラーク   ロータス-クライマックス D 詳細
6   ドイツグランプリ ニュルブルクリンク 8月5日   ダン・ガーニー   グラハム・ヒル   グラハム・ヒル   BRM D 詳細
7   イタリアグランプリ モンツァ 9月16日   ジム・クラーク   グラハム・ヒル   グラハム・ヒル   BRM D 詳細
8   アメリカグランプリ ワトキンズ・グレン 10月7日   ジム・クラーク   ジム・クラーク   ジム・クラーク   ロータス-クライマックス D 詳細
9   南アフリカグランプリ プリンス・ジョージ 12月29日   ジム・クラーク   ジム・クラーク   グラハム・ヒル   BRM D 詳細

エントリーリスト編集

 
ジム・クラークの駆るロータス・25、ドイツグランプリ。
 
フィル・ヒルはランキング6位となった。
チーム コンストラクター シャシー エンジン タイヤ ドライバー 出場ラウンド
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC フェラーリ 156 フェラーリ V6 D   フィル・ヒル 1–3, 5–7
  ジャンカルロ・バゲッティ 1, 3, 6–7
  リカルド・ロドリゲス 1, 3, 6–7
  ロレンツォ・バンディーニ 2, 6–7
  ウィリー・メレス 2–3, 7
  チーム・ロータス ロータス 25
24
クライマックス V8 D   ジム・クラーク 全戦
  トレバー・テイラー 全戦
  ピーター・アランデル 4
  クーパー・カー・カンパニー クーパー T55
T60
クライマックス L4
クライマックス V8
D   ブルース・マクラーレン 全戦
  トニー・マグス 全戦
  ティム・メイヤー 8
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション ロータス 24 クライマックス V8 D   ジャック・ブラバム 1-5
ブラバム BT3 6, 8-9
  UDT レイストール・レーシング・チーム ロータス 24
18/21
クライマックス V8
クライマックス L4
BRM V8
D   イネス・アイルランド 1-5, 7-9
  マステン・グレゴリー 1-5, 7-8
  ポルシェ・システム・エンジニアリング ポルシェ 804
718
ポルシェ F8
ポルシェ F4
D   ヨアキム・ボニエ 1-8
  ダン・ガーニー 1-2, 5-8
  フィル・ヒル 8
  エキュリー・マールスベルゲン ポルシェ 718
787
ポルシェ F4 D   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール 全戦
  ベン・ポン 1
  ロブ・スローテメーカー 1
  ハインツ・シラー 3
エメリソン 61 クライマックス L4   ウォルフガング・ザイデル 1
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション BRM P57
P48/57
BRM V8 D   グラハム・ヒル 全戦
  リッチー・ギンサー 全戦
  トニー・マーシュ 2-3, 6
  ジェリー・アシュモア 3
  ヨーマン・クレジット・レーシング・チーム ローラ Mk 4 クライマックス V8 D   ジョン・サーティース 全戦
  ロイ・サルヴァドーリ 1-2, 4-9
  エキュリー・ギャロワーズ クーパー T53 クライマックス L4 D   ジャッキー・ルイス 1-2, 4-6
  スクーデリア・デ・トマソ デ・トマソ F1 アルファロメオ L4
デ・トマソ F8
D   ロベルト・ブッシネッロ 2
  ナシフ・エステファーノ 7
  ロブ・ウォーカー・レーシング・チーム ロータス 24 クライマックス V8 D   モーリス・トランティニアン 2-8
  リカルド・ロドリゲス 8
  ゲイリー・ホッキング 9
  スクーデリア・レパブリカ・ディ・ヴェネツィア ロータス 18/21
18
クライマックス L4 D   カルロ・アバテ 4, 6
  コリン・デイヴィス 4
  ニノ・ヴァッカレラ 2, 7
ポルシェ 718 ポルシェ F4 6
  エキュリー・ナツィオナーレ・スイッセ ロータス 21 クライマックス L4 D   ジョー・シフェール 2
  エメリソン・カーズ ロータス 18 クライマックス L4 D   ジョン・キャンベル=ジョーンズ 3
エメリソン 61 5
  トニー・セッテンバー 5, 7, 9
  エキップ・ナツィオナーレ・ベルゲ ロータス 18/21 クライマックス L4 D   ルシアン・ビアンキ 3
ENB F1 マセラティ L4 6
  エキュリー・フィリピネッティ ロータス 21
24
クライマックス L4
BRM V8
D   ジョー・シフェール 3-7
  ハインツ・シラー 6
ポルシェ 718 ポルシェ F4   ハイニ・ヴァルター 6
  オートスポート・チーム・ウォルフガング・ザイデル ロータス 24 BRM V8 D   ダン・ガーニー 3
  ウォルフガング・ザイデル 5-6
  ギュンター・セイファート 6
  アングロ=アメリカン・エキップ クーパー T59 クライマックス L4 D   イアン・バージェス 4-7
  エキュリー・エクセルシオール ロータス 18 クライマックス L4 D   ジェイ・チェンバレン 5, 7
  ジョン・ダルトン ロータス 18/21 クライマックス L4
BRM V8
D   トニー・シェリー 5-7
  ギルビー・エンジニアリング ギルビー 62 BRM V8 D   キース・グリーン 5-7
  ベルナール・コローム クーパー T53 クライマックス L4 D   ベルナール・コローム 6
  スクーデリア・セッテコリ デ・トマソ F1 オスカ L4 D   ロベルト・リッピ 7
  ジェリー・アシュモア ロータス 18/21 クライマックス L4 D   ジェリー・アシュモア 7
  スクーデリア・ジョリー・クラブ ロータス 18 クライマックス L4 D   エルネスト・プリノート 7
  クルト・クーンケ ロータス 18 ボルクヴァルト L4 D   クルト・クーンケ 7
  デュポン・チーム・ゼレックス ロータス 24 クライマックス V8 D   ロジャー・ペンスキー 8
  ハップ・シャープ クーパー T53 クライマックス L4 D   ハップ・シャープ 8
  ジム・ホール ロータス 21 クライマックス L4 D   ジム・ホール 8
  ジョン・メコム ロータス 24 クライマックス L4 D   ロブ・シュレーダー 8
  ブルース・ジョンストン BRM P48/57 BRM V8 D   ブルース・ジョンストン 9
  アーネスト・ピータース ロータス 21 クライマックス L4 D   アーニー・ピータース 9
  シド・ヴァン・デル・ヴィヴェル ロータス 24 クライマックス V8 D   シド・ヴァン・デル・ヴィヴェル 9
  ジョン・ラヴ クーパー T55 クライマックス L4 D   ジョン・ラヴ 9
  レグ・パーネル ロータス 24 クライマックス V8 D   サム・ティングル 9
  ネヴィル・レダール ロータス 21 クライマックス V8 D   ネヴィル・レダール 9
  オテレ・ヌッチ LDS Mk 1 アルファロメオ L4 D   ダグ・セリュリエ 9
  マイク・ハリス クーパー T53 アルファロメオ L4 D   マイク・ハリス 9

1962年のドライバーズランキング編集

ポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。ベスト5戦がポイントランキングに数えられた。

順位 ドライバー NED
 
MON
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
ITA
 
USA
 
RSA
 
ポイント
1   グラハム・ヒル 1 6 2 9 4 1 1 2 1 42 (52)
2   ジム・クラーク 9 Ret 1 Ret 1 4 Ret 1 Ret 30
3   ブルース・マクラーレン Ret 1 Ret 4 3 5 3 3 2 27 (32)
4   ジョン・サーティース Ret 4 5 5 2 2 Ret Ret Ret 19
5   ダン・ガーニー Ret Ret 1 9 3 13 5 15
6   フィル・ヒル 3 2 3 Ret Ret 11 14
7   トニー・マグス 5 Ret Ret 2 6 9 7 7 3 13
8   リッチー・ギンサー Ret Ret Ret 3 13 8 2 Ret 7 10
9   ジャック・ブラバム Ret 8 6 Ret 5 Ret 4 4 9
10   トレバー・テイラー 2 Ret Ret 8 8 Ret Ret 12 Ret 6
11   ジャンカルロ・バゲッティ 4 Ret 10 5 5
12   ロレンツォ・バンディーニ 3 Ret 8 4
13   リカルド・ロドリゲス Ret 4 6 14 4
14   ウィリー・メレス 7 Ret 4 3
15   ヨアキム・ボニエ 7 5 Ret Ret 7 6 13 3
16   イネス・アイルランド Ret Ret Ret Ret 16 Ret 8 5 2
17   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール 6 DNQ 7 6 14 13 10 Ret 11 2
18   マステン・グレゴリー Ret DNQ WD Ret 7 12 6 1
19   ネヴィル・レダール 6 1
-   モーリス・トランティニアン Ret 8 7 Ret Ret Ret 0
-   ジャッキー・ルイス 8 DNQ Ret 10 Ret 0
-   ジョン・ラヴ 8 0
-   ニノ・ヴァッカレラ DNQ 15 9 0
-   ルシアン・ビアンキ 9 16 0
-   ロジャー・ペンスキー 9 0
-   ブルース・ジョンストン 9 0
-   ジョー・シフェール DNQ 10 Ret 12 DNQ 0
-   ロブ・シュレーダー 10 0
-   アーニー・ピータース 10 0
-   イアン・バージェス 12 11 DNQ 0
-   トニー・セッテンバー 11 Ret 0
-   ジョン・キャンベル=ジョーンズ 11 0
-   ハップ・シャープ 11 0
-   ハイニ・ヴァルター 14 0
-   ジェイ・チェンバレン 15 DNQ DNQ 0
-   ウォルフガング・ザイデル NC Ret DNQ 0
-   ロイ・サルヴァドーリ WD Ret Ret Ret Ret Ret Ret 0
-   トニー・シェリー Ret DNQ DNQ 0
-   キース・グリーン Ret DNQ 0
-   ベン・ポン Ret 0
-   ハインツ・シラー Ret 0
-   ベルナール・コローム Ret 0
-   ティミー・メイヤー Ret 0
-   ダグ・セリュリエ Ret 0
-   マイク・ハリス Ret 0
-   ギュンター・セイファート DNQ 0
-   ジェリー・アシュモア DNQ 0
-   エルネスト・プリノート DNQ 0
-   ロベルト・リッピ DNQ 0
-   ナシフ・エステファーノ DNQ 0
順位 ドライバー NED
 
MON
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
ITA
 
USA
 
RSA
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)
  • ベスト5戦のみがポイントランキングに数えられた。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。
  • 斜体:ファステストラップ
  • 太字ポールポジション

1962年のコンストラクターズランキング編集

ポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。ベスト5戦がポイントランキングに数えられた。各コンストラクターとも最上位の車両にポイントが与えられた。

 
ポルシェはランキング5位となった。
順位 マニファクチャラー NED
 
MON
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
ITA
 
USA
 
RSA
 
ポイント[2]
1   BRM 1 6 2 3 4 1 1 2 1 42 (56)
2   ロータス-クライマックス 2 8 1 7 1 4 9 1 5 36 (38)
3   クーパー-クライマックス 5 1 Ret 2 3 5 3 3 2 29 (37)
4   ローラ-クライマックス Ret 4 5 5 2 2 Ret Ret Ret 19
5   ポルシェ 6 5 7 1 9 3 6 5 11 18 (19)
6   フェラーリ 3 2 3 WD Ret 6 4 WD 18
7   ブラバム-クライマックス Ret 4 4 6
8   ロータス-BRM DNQ Ret Ret Ret Ret 12 6 1
-   エメリソン-クライマックス NC 11 Ret WD 0
-   ENB-マセラティ 16 0
-   ギルビー-BRM WD Ret DNQ 0
-   LDS-アルファロメオ Ret 0
-   クーパー-アルファロメオ Ret 0
-   デ・トマソ DNQ 0
-   デ・トマソ-オスカ DNQ 0
順位 マニファクチャラー NED
 
MON
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
ITA
 
USA
 
RSA
 
ポイント
  • 太字はカウントされたポイント

ノンタイトル戦結果編集

レース サーキット 開催日 優勝者 コンストラクター レポート
  V ケープグランプリ キラーニー 1月2日   トレバー・テイラー   ロータス-クライマックス 詳細
  IV ブリュッセルグランプリ エゼル 4月1日   ウィリー・メレス   フェラーリ 詳細
  III ロンバンク・トロフィー スネッタートン 4月14日   ジム・クラーク   ロータス-クライマックス 詳細
  XIV ラヴァン・カップ グッドウッド 4月23日   ブルース・マクラーレン   クーパー-クライマックス 詳細
  X グローヴァー・トロフィー グッドウッド 4月23日   グラハム・ヒル   BRM 詳細
  XXII ポーグランプリ ポー 4月23日   モーリス・トランティニアン   ロータス-クライマックス 詳細
  VII アインツリー 200 アインツリー 4月29日   ジム・クラーク   ロータス-クライマックス 詳細
  XV BRDC インターナショナル・トロフィー シルバーストン 5月12日   グラハム・ヒル   BRM 詳細
  XX ナポリグランプリ ポジリポ 5月20日   ウィリー・メレス   フェラーリ 詳細
  I インターナショナル 2000 ギニー マロリー・パーク 6月11日   ジョン・サーティース   ローラ-クライマックス 詳細
  XIII クリスタル・パレス・トロフィー クリスタル・パレス 6月11日   イネス・アイルランド   ロータス-BRM 詳細
  III ランスグランプリ ランス・グー 7月1日   ブルース・マクラーレン   クーパー-クライマックス 詳細
  XII ソリチュードグランプリ ソリチューダリンク 7月15日   ダン・ガーニー   ポルシェ 詳細
  VIII カノンロペット カールスコーガ 8月12日   マステン・グレゴリー   ロータス-BRM 詳細
  I メディトレニアングランプリ エンナ・ペルグーサ 8月19日   ロレンツォ・バンディーニ   フェラーリ 詳細
  III デンマークグランプリ ロスキルド・リング 8月25日-26日   ジャック・ブラバム   ロータス-クライマックス 詳細
  IX ゴールドカップ オールトン・パーク 9月1日   ジム・クラーク   ロータス-クライマックス 詳細
  I メキシコグランプリ マグダレーナ・ミクスハカ 11月4日   ジム・クラーク
  トレバー・テイラー
  ロータス-クライマックス 詳細
  V ランドグランプリ キャラミ 12月15日   ジム・クラーク   ロータス-クライマックス 詳細
  II ナタルグランプリ ウェストミード 12月22日   トレバー・テイラー   ロータス-クライマックス 詳細

編集

  1. ^ FIA Yearbook 1974, Grey Section, pages 118-121
  2. ^ ベスト5戦のみがポイントランキングに数えられた。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

外部リンク編集