1976年の世界ラリー選手権

1976年の世界ラリー選手権
前年: 1975 翌年: 1977

1976年の世界ラリー選手権1976 World Rally Championship season)は、FIA世界ラリー選手権の第4回大会となる。前年と同じく全10戦でタイトルが争われた。内容の変更は僅かで、ポルトガルが7月から3月に移動した程度であった。

ランチアが再びストラトス・HFでシーズンを支配、4勝を挙げてタイトルを獲得、2位のオペルに倍以上のポイント差を付けた。オペル・アスコナは優勝は無かったものの安定した成績を残した。しかしながらストラトスのタイトルはこの年が最後となり、ランチアの天下は続かなかった。

1973年から1978年までWRCはマニファクチャラーズ・タイトルしか争われなかった。ポイントは各マニファクチャラー最上位の車両にしか与えられなかった。したがって、特定のメーカーが2位、4位、10位に入賞した場合、2位の車両だけにポイントが与えられた。しかしながら、4位と10位のポイントは無効となるため、他のメーカーに対して優位を持つこととなった。

イベント編集

1976年の世界ラリー選手権 イベントマップ
 
黒 = ターマック 茶 = グラベル 青 = アイス/スノー 赤 = 混合
1976年の世界ラリー選手権 スケジュールおよび結果
ラリー 開催日 表彰台(タイム) 入賞車両
 
第44回 ラリー・オートモービル・モンテカルロ
1月17日 - 24日
  1.   サンドロ・ムナーリ (6h:25m:10s)
  2.   ビヨルン・ワルデガルド (6h:26m:37s)
  3.   ベルナール・ダルニッシュ (6h:31m:23s)
  1. ランチア・ストラトス HF
  2. ランチア・ストラトス HF
  3. ランチア・ストラトス HF
 
第26回 インターナショナル・スウェーディッシュ・ラリー
2月20日 - 22日
  1.   パー・エクルンド (8h:08m:26s)
  2.   スティグ・ブロンクビスト (8h:10m:02s)
  3.   アンデルス・クーラング (8h:31m:10s)
  1. サーブ・96 V4
  2. サーブ・96 V4
  3. オペル・アスコナ
 
第9回 ラリー・ド・ポルトガル・ヴィンホ・ド・ポルト
3月10日 - 14日
  1.   サンドロ・ムナーリ (5h:41m:26s)
  2.   オベ・アンダーソン (5h:44m:24s)
  3.   マヌエル・ケイロス・ペレイラ (6h:26m:37s)
  1. ランチア・ストラトス HF
  2. トヨタ・セリカ
  3. オペル・カデット GT/E
 
第24回 サファリ・ラリー
4月15日 - 19日
  1.   ジョギンダー・シン (+1m:57s penalties)
  2.   ロビン・ウリアテ (+2m:21s penalties)
  3.   アンドリュー・コーワン (+2m:42s penalties)
  1. 三菱・ランサー 1600 GSR
  2. 三菱・ランサー 1600 GSR
  3. 三菱・ランサー 1600 GSR
 
第23回 アクロポリス・ラリー
5月22日 - 28日
  1.   ハリー・カールストロム (8h:43m:14s)
  2.   タソス・リヴィエラトス (8h:48m:38s)
  3.   シェカー・メッタ (9h:09m:53s)
  1. ダットサン・160J
  2. アルピーヌ・ルノーA110 1800
  3. ダットサン・160J
 
第19回 ラリー・デュ・マロック
6月22日 - 27日
  1.   ジャン=ピエール・ニコラス (20h:20m:15s)
  2.   シモ・ランピネン (20h:42m:52s)
  3.   サンドロ・ムナーリ (21h:38m:38s)
  1. プジョー・504
  2. プジョー・504
  3. ランチア・ストラトス HF
 
第26回 1000湖ラリー
8月27日 - 29日
  1.   マルク・アレン (4h:10m:18s)
  2.   ペンティ・アイリッカラ (4h:11m:03s)
  3.   ハンヌ・ミッコラ (4h:13m:32s)
  1. フィアット・131・アバルト
  2. フォード・エスコート RS1800
  3. トヨタ・セリカ
 
第18回 ラリー・サンレモ
10月6日 - 9日
  1.   ビヨルン・ワルデガルド (10h:27m:40s)
  2.   サンドロ・ムナーリ (10h:27m:44s)
  3.   ラッファエレ・ピント (10h:37m:13s)
  1. ランチア・ストラトス HF
  2. ランチア・ストラトス HF
  3. ランチア・ストラトス HF
 
第20回 ツール・ド・コルス
11月6日 - 7日
  1.   サンドロ・ムナーリ (8h:23m:55s)
  2.   ベルナール・ダルニッシュ (8h:24m:12s)
  3.   ジャン=ピエール・マンザゴル (8h:49m:14s)
  1. ランチア・ストラトス HF
  2. ランチア・ストラトス HF
  3. アルピーヌ・ルノーA310 V6
 
第25回 ロンバード RACラリー
11月27日 - 30日
  1.   ロジャー・クラーク (6h:02m:26s)
  2.   スティグ・ブロンクビスト (6h:07m:03s)
  3.   ビヨルン・ワルデガルド (6h:07m:55s)
  1. フォード・エスコート RS1800
  2. サーブ・99 EMS
  3. フォード・エスコート RS1800

結果とランキング編集

マニファクチャラー・チャンピオンシップ編集

ポイントシステム
順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
ポイント 20 15 12 10 8 6 4 3 2 1
順位 マニファクチャラー イベント 総ポイント
 
MON
 
SWE
 
POR
 
KEN
 
GRC
 
MAR
 
FIN
 
ITA
 
FRA
 
GBR
1   ランチア 20 10 20 - - 12 - 20 20 10 112
2   オペル 10 12 12 - 8 - - 8 3 4 57
3   フォード 8 - 4 - - - 15 - - 20 47
4   サーブ - 20 - - - - 8 - - 15 43
5   ダットサン - - 6 4 20 - 6 - - 3 39
6   トヨタ - - 15 - - - 12 - - 8 35
7   フィアット 6 - - - - - 20 6 - - 32
8   プジョー - - - 10 - 20 - - 1 - 31
9   アルピーヌ・ルノー - - - - 15 - - - 12 - 27
10   三菱 - - - 20 - - - - - - 20
11   ポルシェ 4 - - - - - - 2 8 - 14
12   アルファロメオ 1 - - 1 10 - - - - - 12
13   シトロエン - - - - - 10 - - - - 10
14   ラーダ - - - - 6 - - - - - 6
  ルノー - - - - - 6 - - - - 6
16   ボルボ - 4 - - - - - - - - 4
  BMW - - - - 4 - - - - - 4
18   マツダ - - 3 - - - - - - - 3
  フォルクスワーゲン - - - - 3 - - - - - 3
20   ブリティッシュ・レイランド - - - - - - - - - 2 2
21   ヴァルトブルク - - - - 1 - - - - - 1

ドライバーズ・チャンピオンシップ編集

  • 1979年までドライバーズタイトルは争われなかったため以下のランキングは仮定。
順位 ドライバー ポイント
1   サンドロ・ムナーリ 82
2   ロジャー・クラーク 28
3   マルク・アレン 26
4   ハリー・カールストロム 24
5   オベ・アンダーソン 23
6   パー・エクルンド 20
=   ジャン=ピエール・ニコラス 20
=   ジョギンダー・シン 20
=   ビヨルン・ワルデガルド 20
10   シモ・ランピネン 18

外部リンク編集