メインメニューを開く
Molly Taylor Rally Car.jpg

ラリー・フィンランド(Rally Finland)は、フィンランドで開催される世界ラリー選手権 (WRC) のイベント。旧称1000湖ラリー (1000 Lakes Rally) 。毎年50万人が訪れる北欧最大のモータースポーツの祭典である。

特徴編集

1951年にラリー・モンテカルロの予選「ユヴァスキュラン・スールアヨット(ユバスキュラ・グランプリ)」としてスタートし、1959年には「1000 Lakes Rally(1000湖ラリー)」としてヨーロッパラリー選手権 (ERC) の1イベントとなる[1]。1973年からはWRCのレースに組まれる。1994年以降現在に至るまで、フィンランドの石油会社ネステが冠スポンサーを務めている。

開催地はフィンランド中部の学園都市ユヴァスキュラの周辺。美しい湖と針葉樹の森に囲まれた林道を走るグラベルコースだが、平均速度は135km/h[2]、最高速度は200km/h以上[3]に達するWRC屈指の超高速イベントであり、しばしば「フィンランドグランプリ」と形容される[2]。道幅は広く路面もスムーズで、ヤンプス[4]と呼ばれる多数のジャンピングスポットや、先の見通せないカーブやクレスト(起伏)が連続する。高速ジャンピングスポットでは20〜30m級の大ジャンプが見られるが[5]、着地地点の先にコーナーがあることが多いため、進入角や空中姿勢のコントロールが要求され、精密なペースノートも必要とされる[2]

名物ステージとして知られる「オウニンポウヤ[6][7]」は平均速度が高すぎるとして2分割されたりルートから外されてしまったが、2012年より33kmのロングステージとして復活した[8]。スタートから6km地点にあるジャンピングスポットには飛距離測定用の標識が立てられ、2003年にはマルコ・マルティンが57mの最長記録を残している[9]

地の利がある北欧勢が強いラリーとして知られているが、グロンホルム引退後の2008年以降は若干その傾向が薄れ11年間で5勝にとどまっている。それでも北欧以外出身の優勝者は未だ7人と少ない。

長年マルク・アレンが最多勝記録である6勝及び連覇記録3連覇を保持していたが、1994年〜98年にかけてトミ・マキネンが連覇記録を5に更新し、2007年にはマーカス・グロンホルムが7勝目を飾って最多勝記録を更新した。

歴代優勝者(1973年以降)編集

優勝者 車輌
ドライバー コ・ドライバー
1973年   ティモ・マキネン   Henry Liddon フォード・エスコートRS1600
1974年   ハンヌ・ミッコラ   ジョン・ダベンポート フォード・エスコートRS1600
1975年   ハンヌ・ミッコラ   アッツォ・アホ トヨタ・カローラ
1976年   マルク・アレン   イルッカ・キビマキ フィアット・131アバルト
1977年   キュオスティ・ハマライネン   マルッティ・ティウッカネン フォード・エスコートRS1800
1978年   マルク・アレン   イルッカ・キビマキ フィアット・131アバルト
1979年   マルク・アレン   イルッカ・キビマキ フィアット・131アバルト
1980年   マルク・アレン   イルッカ・キビマキ フィアット・131アバルト
1981年   アリ・バタネン   デビッド・リチャーズ フォード・エスコートRS1800
1982年   ハンヌ・ミッコラ   アーネ・ヘルツ アウディ・クワトロ
1983年   ハンヌ・ミッコラ   アーネ・ヘルツ アウディ・クワトロA2
1984年   アリ・バタネン   テリー・ハリーマン プジョー・205T16
1985年   ティモ・サロネン   セッポ・ハルヤンネ プジョー・205T16 E2
1986年   ティモ・サロネン   セッポ・ハルヤンネ プジョー・205T16 E2
1987年   マルク・アレン   イルッカ・キビマキ ランチア・デルタHF 4WD
1988年   マルク・アレン   イルッカ・キビマキ ランチア・デルタHFインテグラーレ
1989年   ミカエル・エリクソン   クラエス・ビルスタム 三菱・ギャランVR-4
1990年   カルロス・サインツ   ルイス・モヤ トヨタ・セリカGT-Four
1991年   ユハ・カンクネン   ユハ・ピロネン ランチア・デルタHFインテグラーレ 16V
1992年   ディディエ・オリオール   ベルナール・オセッリ ランチア・デルタHFインテグラーレ
1993年   ユハ・カンクネン   デニス・ジロード トヨタ・セリカGT-Four
1994年   トミ・マキネン   セッポ・ハルヤンネ フォード・エスコートRSコスワース
1995年   トミ・マキネン   セッポ・ハルヤンネ 三菱・ランサーエボリューションIII
1996年   トミ・マキネン   セッポ・ハルヤンネ 三菱・ランサーエボリューションIII
1997年   トミ・マキネン   セッポ・ハルヤンネ 三菱・ランサーエボリューションIV
1998年   トミ・マキネン   リスト・マニセンマキ 三菱・ランサーエボリューションV
1999年   ユハ・カンクネン   ユハ・レポ スバル・インプレッサWRC
2000年   マーカス・グロンホルム   ティモ・ラウティアイネン プジョー・206WRC
2001年   マーカス・グロンホルム   ティモ・ラウティアイネン プジョー・206WRC
2002年   マーカス・グロンホルム   ティモ・ラウティアイネン プジョー・206WRC
2003年   マルコ・マルティン   マイケル・パーク フォード・フォーカスWRC
2004年   マーカス・グロンホルム   ティモ・ラウティアイネン プジョー・307WRC
2005年   マーカス・グロンホルム   ティモ・ラウティアイネン プジョー・307WRC
2006年   マーカス・グロンホルム   ティモ・ラウティアイネン フォード・フォーカスWRC
2007年   マーカス・グロンホルム   ティモ・ラウティアイネン フォード・フォーカスWRC
2008年   セバスチャン・ローブ   ダニエル・エレナ シトロエン・C4WRC
2009年   ミッコ・ヒルボネン   ヤルモ・レヘティネン フォード・フォーカスWRC
2010年   ヤリ=マティ・ラトバラ   ミーッカ・アンッティラ フォード・フォーカスWRC
2011年   セバスチャン・ローブ   ダニエル・エレナ シトロエン・DS3 WRC
2012年   セバスチャン・ローブ   ダニエル・エレナ シトロエン・DS3 WRC
2013年   セバスチャン・オジェ   ジュリアン・イングラシア フォルクスワーゲン・ポロ R WRC
2014年   ヤリ=マティ・ラトバラ   ミーッカ・アンッティラ フォルクスワーゲン・ポロR WRC
2015年   ヤリ=マティ・ラトバラ   ミーッカ・アンッティラ フォルクスワーゲン・ポロR WRC
2016年   クリス・ミーク   ポール・ネーグル シトロエン・DS3 WRC
2017年   エサペッカ・ラッピ   ヤンネ・フェルム トヨタ・ヤリスWRC
2018年   オット・タナク   マルティン・ヤルベオヤ トヨタ・ヤリスWRC
2019年   オット・タナク   マルティン・ヤルベオヤ トヨタ・ヤリスWRC 

脚注編集

  1. ^ 森と湖のグランプリ。”. やっぱりラリーが好きなのだっ!?編集代表のラリーな日々ブログ?. ラリーXモバイル (2017年7月23日). 2017年8月7日閲覧。
  2. ^ a b c "FJL12-017:ラトバラ、地元ラリーで表彰台獲得2012年FIA世界ラリー選手権第8戦ラリー・フィンランド". Ford Japan.(2013年8月6日)2013年12月2日閲覧。
  3. ^ "Rd.10 Neste Rally Finland". SUBARU モータースポーツ.(2005年7月29日)2013年閲覧。
  4. ^ 英語のjumps。フィンランド語ではhyppy(ヒュップ)あるいはhyppyjä(ヒュップヤ)と呼ばれる。
  5. ^ "第8戦 ラリー・フィンランド:プレビュー". 日本ミシュランタイヤ.(2013年7月31日)2013年12月2日閲覧。
  6. ^ "名物ステージ「オウニンポウヤ」のコースレコードを8秒短縮! ミシュランタイヤが驚異のパフォーマンスを披露!". 日本ミシュランタイヤ.(2013年8月4日)2017年7月19日閲覧。
  7. ^ Ouninpohja、よりフィンランド語に近い表記ではオウニンポホヤ。
  8. ^ "ラリーフィンランドにオウニンポウヤが復活". RALLY PLUS.NET.(2012年2月16日)2013年12月13日閲覧。
  9. ^ "大ジャンプはコ・ドライバーの脅威!? オウニンポヤへの挑戦". SUBARU モータースポーツ.(2004年8月7日)2014年1月3日閲覧。

外部リンク編集