メインメニューを開く

1982年カナダグランプリは、1982年F1世界選手権の第8戦として、1982年6月13日サーキット・ジル・ヴィルヌーヴで開催された。

カナダの旗 1982年カナダグランプリ
レース詳細
Montreal 1979.jpg
日程 1982年シーズン第8戦
決勝開催日 6月13日
開催地 サーキット・ジル・ヴィルヌーヴ
カナダ モントリオール
コース長 4.410km
レース距離 70周(308.700km)
決勝日天候 曇り
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'27.509
ファステストラップ
ドライバー フランスの旗 ディディエ・ピローニ
タイム 1'28.323(Lap 66)
決勝順位
優勝
2位
3位

第5戦ベルギーGP予選で事故死したジル・ヴィルヌーヴの業績を称えるためサーキット名が「サーキット・イル・ノートルダム」から「サーキット・ジル・ヴィルヌーヴ」に変更された。

BMWターボエンジンを搭載したブラバムをドライブするネルソン・ピケが優勝、BMWエンジンにF1初優勝をもたらした。

スタート直後の事故編集

決勝スタート前のフォーメーションラップ終了後、後方の集団がグリッドに付くのに手間取りレッドシグナルの点灯が遅れた[1]。この影響で、レッドシグナルが点灯した瞬間にポールポジションのディディエ・ピローニフェラーリ)がエンジンストールを起こした。スタート後、グリッド上に止まったピローニを後続車が避けていったが、予選21番手からスタートしたラウル・ボーセルマーチ)がピローニと接触、さらにその後方からリカルド・パレッティオゼッラ)が160km/hのスピード[2][3][4]でフェラーリの後部に正面から衝突した。この衝撃でパレッティのマシンはフロント部がめり込む形で大破した[4]

レースは中断されピローニやコースマーシャルらが救助活動を開始したが、パレッティは潰れたシャシーに挟まれた状態にあったため救助は難航。さらに大破したマシンから流れ出したガソリンが引火しその消火に追われたこともあり、パレッティが救助されるまで30分が経過していた[4][5]。その後ヘリコプターで病院に搬送されたが、内臓破裂(ステアリングが胸部を圧迫したことによる胸郭破裂とも[4])により2時間後に死亡した[5]。この事故を受け、オゼッラは再スタートに出走せず決勝レースから撤退した。

予選編集

順位 No ドライバー コンストラクター 1日目 2日目 タイム差
1 28   ディディエ・ピローニ フェラーリ 1'31.332 1'27.509
2 16   ルネ・アルヌー ルノー 1'31.494 1'27.895 +0.386
3 15   アラン・プロスト ルノー 1'32.258 1'28.563 +1.054
4 1   ネルソン・ピケ ブラバムBMW 1'32.105 1'28.663 +1.154
5 23   ブルーノ・ジャコメリ アルファロメオ 1'33.136 1'28.740 +1.231
6 7   ジョン・ワトソン マクラーレンフォード 1'35.027 1'28.822 +1.313
7 6   ケケ・ロズベルグ ウィリアムズフォード 1'30.963 1'28.874 +1.365
8 2   リカルド・パトレーゼ ブラバムフォード 1'31.343 1'28.999 +1.490
9 22   アンドレア・デ・チェザリス アルファロメオ 1'30.286 1'29.183 +1.674
10 11   エリオ・デ・アンジェリス ロータスフォード 1'33.242 1'29.228 +1.719
11 8   ニキ・ラウダ マクラーレンフォード 1'32.246 1'29.544 +2.035
12 25   エディ・チーバー リジェマトラ 1'32.969 1'29.590 +2.081
13 5   デレック・デイリー ウィリアムズフォード 1'31.757 1'29.883 +2.374
14 12   ナイジェル・マンセル ロータスフォード 1'33.023 1'30.048 +2.539
15 3   ミケーレ・アルボレート ティレルフォード 1'32.792 1'30.146 +2.637
16 29   マルク・スレール アロウズフォード 1'36.428 1'30.518 +3.009
17 30   マウロ・バルディ アロウズフォード 1'38.956 1'30.599 +3.090
18 31   ジャン=ピエール・ジャリエ オゼッラフォード 1'41.588 1'30.717 +3.208
19 26   ジャック・ラフィット リジェマトラ 1'33.664 1'30.946 +3.437
20 14   ロベルト・ゲレーロ エンサインフォード 1'36.524 1'31.235 +3.726
21 18   ラウル・ボーセル マーチフォード 1'35.573 1'31.759 +4.250
22 17   ヨッヘン・マス マーチフォード 1'33.756 1'31.861 +4.352
23 32   リカルド・パレッティ オゼッラフォード 1'41.020 1'31.901 +4.392
24 10   エリセオ・サラザール ATSフォード 1'39.542 1'32.203 +4.694
25 33   ジェフ・リース セオドールフォード 1'36.359 1'32.205 +4.696
26 4   ブライアン・ヘントン ティレルフォード 1'39.211 1'32.325 +4.816
DNQ 9   マンフレッド・ヴィンケルホック ATSフォード 1'32.359 +4.850
DNQ 19   エミリオ・デ・ヴィロタ マーチフォード 1'37.409 1'34.045 +6.536
DNQ 20   チコ・セラ フィッティパルディフォード 1'37.678 1'42.730 +10.169
出典:[6]
  • 上位26台が予選通過
  • 太字は予選通過タイム

決勝編集

順位 No ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 1   ネルソン・ピケ ブラバムBMW 70 1:46'39.577 4 9
2 2   リカルド・パトレーゼ ブラバムフォード 70 +13.799 8 6
3 7   ジョン・ワトソン マクラーレンフォード 70 +1'01.836 6 4
4 11   エリオ・デ・アンジェリス ロータスフォード 69 +1 Lap 10 3
5 29   マルク・スレール アロウズフォード 69 +1 Lap 16 2
6 22   アンドレア・デ・チェザリス アルファロメオ 68 燃料切れ 9 1
7 5   デレック・デイリー ウィリアムズフォード 68 燃料切れ 13  
8 30   マウロ・バルディ アロウズフォード 68 + 2 Laps 17  
9 28   ディディエ・ピローニ フェラーリ 67 +3 Laps 1  
10 25   エディ・チーバー リジェマトラ 66 燃料切れ 12  
11 17   ヨッヘン・マス マーチフォード 66 +4 Laps 22  
NC 4   ブライアン・ヘントン ティレルフォード 59 周回数不足 26  
Ret 6   ケケ・ロズベルグ ウィリアムズフォード 52 ギアボックス 7  
Ret 18   ラウル・ボーセル マーチフォード 47 エンジン 21  
Ret 3   ミケーレ・アルボレート ティレルフォード 41 エンジン 15  
Ret 15   アラン・プロスト ルノー 30 エンジン 3  
Ret 16   ルネ・アルヌー ルノー 28 スピン 2  
Ret 10   エリセオ・サラザール ATSフォード 20 エンジン 24  
Ret 8   ニキ・ラウダ マクラーレンフォード 17 クラッチ 11  
Ret 26   ジャック・ラフィット リジェマトラ 8 燃料系 19  
Ret 14   ロベルト・ゲレロ エンサインフォード 2 クラッチ 20  
Ret 23   ブルーノ・ジャコメリ アルファロメオ 1 接触 5  
Ret 12   ナイジェル・マンセル ロータスフォード 1 接触 14  
Ret 31   ジャン=ピエール・ジャリエ オゼッラフォード 0 棄権 18  
Ret 32   リカルド・パレッティ オゼッラフォード 0 事故死 23  
Ret 33   ジェフ・リース セオドールフォード 0 接触 25  
  • スタート直後に多重クラッシュが発生したため、レースは一時中断、後に再スタート
  • No.32がクラッシュにより死亡したため、No.31は再スタートに参加せず
  • No.33は再スタート時にスペアカーがなかったため再スタートできず

第8戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ カーグラフィック二玄社、1982年9月号、225頁。
  2. ^ 『カーグラフィック』、226頁。
  3. ^ オートスポーツ三栄書房、1982年8月15日号、91頁。
  4. ^ a b c d 1982年リカルド・パレッティ”. All for WIN!. 2013年11月9日閲覧。
  5. ^ a b 『カーグラフィック』、227頁。
  6. ^ オートスポーツ、90頁。

外部リンク編集