メインメニューを開く

シーズン概要編集

チーム内の不和、不可解な裁定、大事故など騒乱が絶えないシーズンとなった。開幕戦では契約問題でドライバーが団結しストライキを決行。第2戦では優勝と2位が車輌重量違反(ブレーキ冷却水の注ぎ足し)で失格となった。これに反発したFOCA系チームの多くがサンマリノGPをボイコットした。

チャンピオン争いも稀に見る混戦となり、優勝者は11名(うち初優勝5名)、3勝以上を挙げたドライバーはいなかった。混戦の原因は有力候補の相次ぐ脱落にあった。前年王者ネルソン・ピケBMWターボの初期トラブルに悩まされ、カルロス・ロイテマンフォークランド紛争の余波で引退。開幕2連勝のアラン・プロストは9度のリタイアが災いし、地元フランスGPではルネ・アルヌーのチームオーダー無視で優勝を逃した。

好調のフェラーリ勢も、サンマリノGPのチームオーダー問題でジル・ヴィルヌーヴディディエ・ピローニが対立。続くベルギーGPでヴィルヌーヴが事故死、カナダGPではピローニに追突したオゼッラリカルド・パレッティが亡くなった。また、ドイツGPでは、この時点でポイント首位に立っていたピローニも大事故で選手生命を断たれ、ポイントは逆転され年間2位に終わる。フェラーリはコンストラクターズタイトルを獲たものの、血塗られたシーズンとなった。

タイトル争いに残ったのは、マクラーレンのベテランジョン・ワトソンと、ウィリアムズの苦労人ケケ・ロズベルグという伏兵2人だった。しかし、ワトソンは2勝ながら4連続リタイアが祟り、ピローニと同点の3位に留まる(上位入賞回数の多さでピローニが上位になる)。これに対し、ロズベルグは堅実にポイントを重ね、初優勝となるスイスGPの1勝のみでドライバーズチャンピオンとなった。

この年デビューした有力選手はテオ・ファビ。2度の王者ニキ・ラウダがマクラーレンの誘いで2シーズンぶりにカムバック。巨額の契約金が話題となりつつ、2勝を記録した。下位のコンストラクターフィッティパルディエンサインセオドールへ合流)が姿を消した。

シーズン後の12月にはロータスの総帥コーリン・チャップマンが54歳で急逝するというショッキングな出来事が起こる。さらに、FISAが翌年からのフラットボトム規定導入を発表し、グラウンド・エフェクト・カーの時代は終焉する。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース 開催日 開催地 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター レポート
1   南アフリカグランプリ 1月23日 キャラミ   ルネ・アルヌー   アラン・プロスト   アラン・プロスト ルノー 詳細
2   ブラジルグランプリ 3月21日 ジャカレパグア   アラン・プロスト   アラン・プロスト   アラン・プロスト ルノー 詳細
3   アメリカ西グランプリ 4月4日 ロングビーチ   アンドレア・デ・チェザリス   ニキ・ラウダ   ニキ・ラウダ マクラーレン-フォード 詳細
4   サンマリノグランプリ 4月25日 イモラ   ルネ・アルヌー   ディディエ・ピローニ   ディディエ・ピローニ フェラーリ 詳細
5   ベルギーグランプリ 5月9日 ゾルダー   アラン・プロスト   ジョン・ワトソン   ジョン・ワトソン マクラーレン-フォード 詳細
6   モナコグランプリ 5月23日 モナコ   ルネ・アルヌー   リカルド・パトレーゼ   リカルド・パトレーゼ ブラバム-フォード 詳細
7   デトロイトグランプリ 6月6日 デトロイト   アラン・プロスト   アラン・プロスト   ジョン・ワトソン マクラーレン-フォード 詳細
8   カナダグランプリ 6月13日 モントリオール   ディディエ・ピローニ   ディディエ・ピローニ   ネルソン・ピケ ブラバム-BMW 詳細
9   オランダグランプリ 7月3日 ザントフォールト   ルネ・アルヌー   デレック・ワーウィック   ディディエ・ピローニ フェラーリ 詳細
10   イギリスグランプリ 7月18日 ブランズ・ハッチ   ケケ・ロズベルグ   ブライアン・ヘントン   ニキ・ラウダ マクラーレン-フォード 詳細
11   フランスグランプリ 7月25日 ポール・リカール   ルネ・アルヌー   リカルド・パトレーゼ   ルネ・アルヌー ルノー 詳細
12   ドイツグランプリ 8月8日 ホッケンハイムリンク   ディディエ・ピローニ   ネルソン・ピケ   パトリック・タンベイ フェラーリ 詳細
13   オーストリアグランプリ 8月15日 エステルライヒリンク   ネルソン・ピケ   ネルソン・ピケ   エリオ・デ・アンジェリス ロータス-フォード 詳細
14   スイスグランプリ 8月29日 ディジョン・プレノワ   アラン・プロスト   アラン・プロスト   ケケ・ロズベルグ ウィリアムズ-フォード 詳細
15   イタリアグランプリ 9月12日 モンツァ   マリオ・アンドレッティ   ルネ・アルヌー   ルネ・アルヌー ルノー 詳細
16   ラスベガスグランプリ 9月25日 ラスベガス   アラン・プロスト   ミケーレ・アルボレート   ミケーレ・アルボレート ティレル-フォード 詳細
  • アルゼンチングランプリは3月7日に開催予定であったがキャンセルとなった[1]。これはFISAとFOCAの対立が影響したためであった。

エントリーリスト編集

エントラント コンストラクタ シャーシ エンジン タイヤ ドライバー
 パルマラット・レーシング・チーム ブラバム BT49D,BT50 フォードDFV(V8)
BMW M12/13(直4ターボ)
G 1. ネルソン・ピケ
2. リカルド・パトレーゼ
 チーム・ティレル ティレル 011 フォードDFY(V8) G 3. ミケーレ・アルボレート
4. スリム・ボルグッド
(4.) ブライアン・ヘントン
 TAG・ウィリアムズ・レーシング・チーム ウィリアムズ FW07C,FW08 フォードDFV(V8) G 5. カルロス・ロイテマン
(5.) マリオ・アンドレッティ
(5.) デレック・デイリー
6. ケケ・ロズベルグ
 マールボロ・マクラーレン・インターナショナル マクラーレン MP4/1B フォードDFV(V8) M 7. ジョン・ワトソン
8. ニキ・ラウダ
 チーム・ATS ATS D5 フォードDFV(V8) M


A

9. マンフレッド・ヴィンケルホック
10. エリセオ・サラザール
 ジョン・プレイヤー・チーム・ロータス ロータス 87,91 フォードDFV(V8) G 11. エリオ・デ・アンジェリス
12. ナイジェル・マンセル
(12.) ジェフ・リース
 エンサイン・レーシング エンサイン N180B,N181 フォードDFV(V8) M


A

14. ロベルト・ゲレーロ
 エキープ・ルノー・エルフ ルノー RE30B ルノーEF1(V6ターボ) M 15. アラン・プロスト
16. ルネ・アルヌー
 ロスマンズ・マーチ・グランプリ・チーム
 LBT・チーム・マーチ
マーチ 821 フォードDFV(V8) P 17. ヨッヘン・マス
(17.) ルパート・キーガン
18. ラウル・ボーセル
19. エミリオ・デ・ヴィロタ
 フィッティパルディ・オートモーティブ フィッティパルディ F8D,F9 フォードDFV(V8) P 20. チコ・セラ
 マールボロ・チーム・アルファ・ロメオ アルファロメオ 179D,182,182B アルファロメオ1260(V12)
アルファロメオ890T(V8ターボ)
M 22. アンドレア・デ・チェザリス
23. ブルーノ・ジャコメリ
 エキープ・タルボ・ジタン リジェ JS17,JS19 マトラMS81(V12) M 25. エディ・チーバー
26. ジャック・ラフィット
 スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC フェラーリ 126C2 フェラーリTipo021(V6ターボ) G 27. ジル・ヴィルヌーヴ
(27.) パトリック・タンベイ
28. ディディエ・ピローニ
(28.) マリオ・アンドレッティ
 アロウズ・レーシング・チーム アロウズ A4,A5 フォードDFV(V8) G 29. ブライアン・ヘントン
(29.) マルク・スレール
30. マウロ・バルディ
 オゼッラ・スクアドラ・コルセ オゼッラ FA1C,FA1D フォードDFV(V8) P 31. ジャン=ピエール・ジャリエ
32. リカルド・パレッティ
 セオドール・レーシング・チーム セオドール TY01,TY02 フォードDFV(V8) G 33. デレック・デイリー
(33.) ヤン・ラマース
(33.) ジェフ・リース
(33.) トミー・バーン  
 キャンディ・トールマン・モータースポーツ
 トールマン・グループ・モータースポーツ
トールマン TG181C,TG183 ハート415T(直4ターボ) P 35. デレック・ワーウィック
36. テオ・ファビ

ドライバー変更編集

  • ティレルのNo.4は第4戦からヘントンがドライブ
  • ウィリアムズのNo.5は第3戦のみアンドレッティが、第5戦からデイリーがドライブ
  • ロータスのNo.12は第11戦のみリースがドライブ
  • マーチのNo.17は第12戦からキーガンがドライブ
  • フェラーリのNo.27は第9戦からタンベイが、No.28は第15戦からアンドレッティがドライブ
  • アロウズのNo.29は第5戦からスレールがドライブ
  • セオドールのNo.33は第5戦-第7戦と第9戦-第11戦をラマースが、第8戦のみリースが、第12戦からバーンがドライブ

エンジン変更編集

  • ブラバムは、No.1は第1戦と第5戦以降から、No.2は第1戦と第5戦と第9戦以降、BMWにスイッチ。

1982年のドライバーズランキング編集

順位 ドライバー RSA
 
BRA
 
USW
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
DET
 
CAN
 
NED
 
GBR
 
FRA
 
GER
 
AUT
 
SUI
 
ITA
 
CPL
 
ポイント
1   ケケ・ロズベルグ 5 DSQ 2 2 Ret 4 Ret 3 Ret 5 3 2 1 8 5 44
2   ディディエ・ピローニ 18 6 Ret 1 WD 2 3 9 1 2 3 DNS 39
3   ジョン・ワトソン 6 2 6 1 Ret 1 3 9 Ret Ret Ret 9 13 4 2 39
4   アラン・プロスト 1 1 Ret Ret Ret 7 NC Ret Ret 6 2 Ret 8 2 Ret 4 34
5   ニキ・ラウダ 4 Ret 1 DSQ Ret Ret Ret 4 1 8 DNS 5 3 Ret Ret 30
6   ルネ・アルヌー 3 Ret Ret Ret Ret Ret 10 Ret Ret Ret 1 2 Ret 16 1 Ret 28
7   パトリック・タンベイ 8 3 4 1 4 Ret 2 DNS 25
8   ミケーレ・アルボレート 7 4 4 3 Ret 10 Ret Ret 7 Ret 6 4 Ret 7 5 1 25
9   エリオ・デ・アンジェリス 8 Ret 5 4 5 Ret 4 Ret 4 Ret Ret 1 6 Ret Ret 23
10   リカルド・パトレーゼ Ret Ret 3 Ret 1 Ret 2 15 Ret Ret Ret Ret 5 Ret Ret 21
11   ネルソン・ピケ Ret DSQ Ret 5 Ret DNQ 1 2 Ret Ret Ret Ret 4 Ret Ret 20
12   エディ・チーバー Ret Ret Ret 3 Ret 2 10 DNQ Ret 16 Ret Ret Ret 6 3 15
13   デレック・デイリー 14 Ret Ret Ret 6 5 7 5 5 7 Ret Ret 9 Ret 6 8
14   ナイジェル・マンセル Ret 3 7 Ret 4 Ret Ret Ret 9 Ret 8 7 Ret 7
15   ジル・ヴィルヌーヴ Ret Ret DSQ 2 DNS 6
16   カルロス・ロイテマン 2 Ret 6
17   アンドレア・デ・チェザリス 13 Ret Ret Ret Ret 3 Ret 6 Ret Ret Ret Ret Ret 10 10 9 5
18   ジャック・ラフィット Ret Ret Ret 9 Ret 6 Ret Ret Ret 14 Ret 3 Ret Ret Ret 5
19   マリオ・アンドレッティ Ret 3 Ret 4
20   ジャン=ピエール・ジャリエ Ret 9 Ret 4 Ret DNQ Ret Ret 14 Ret Ret Ret DNQ Ret Ret DNS 3
21   マルク・スレール 7 9 8 5 10 Ret 13 6 Ret 15 Ret 7 3
22   ブルーノ・ジャコメリ 11 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 11 7 9 5 Ret 12 Ret 10 2
23   エリセオ・サラザール 9 Ret Ret 5 Ret Ret Ret Ret 13 DNQ Ret Ret DNQ 14 9 DNQ 2
24   マンフレッド・ヴィンケルホック 10 5 Ret DSQ Ret Ret Ret DNQ 12 DNQ 11 Ret Ret Ret DNQ NC 2
25   マウロ・バルディ DNQ 10 DNQ Ret DNQ Ret 8 6 9 Ret Ret 6 DNQ 12 11 2
26   チコ・セラ 17 Ret DNQ 6 DNPQ 11 DNQ Ret Ret 11 7 DNQ 11 DNQ 1
-   ブライアン・ヘントン DNQ DNQ Ret Ret Ret 8 9 NC Ret 8 10 7 Ret 11 Ret 8 0
-   ヨッヘン・マス 12 8 8 Ret DNQ 7 11 Ret 10 Ret 0
-   スリム・ボルグッド 16 7 10 0
-   ラウル・ボーセル 15 Ret 9 8 DNPQ Ret Ret Ret DNQ DNQ Ret DNQ Ret DNQ 13 0
-   ロベルト・ゲレーロ DNQ DNQ Ret DNQ DNQ Ret Ret DNQ Ret DNQ 8 Ret Ret NC DNS 0
-   デレック・ワーウィック Ret DNQ DNQ Ret Ret DNQ Ret Ret 15 10 Ret Ret Ret Ret 0
-   ルパート・キーガン DNQ Ret Ret DNQ 12 0
-   ジェフ・リース Ret 12 0
-   テオ・ファビ DNQ DNQ DNQ NC Ret DNPQ DNQ Ret Ret DNQ Ret Ret Ret DNQ 0
-   リカルド・パレッティ DNQ DNPQ DNQ Ret DNPQ DNPQ Ret Ret 0
-   トミー・バーン DNQ Ret DNQ DNQ Ret 0
-   ヤン・ラマース DNQ DNQ DNQ Ret DNQ DNQ 0
-   エミリオ・デ・ヴィロタ DNPQ DNPQ DNQ DNQ DNPQ 0
-   ロベルト・モレノ DNQ 0
順位 ドライバー RSA
 
BRA
 
USW
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
DET
 
CAN
 
NED
 
GBR
 
FRA
 
GER
 
AUT
 
SUI
 
ITA
 
CPL
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)

1982年のコンストラクターズランキング編集

順位 コンストラクター 車番 RSA
 
BRA
 
USW
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
DET
 
CAN
 
NED
 
GBR
 
FRA
 
GER
 
AUT
 
SUI
 
ITA
 
CPL
 
ポイント
1   フェラーリ 27 Ret Ret DSQ 2 DNS 8 3 4 1 4 Ret 2 DNS 74
28 18 6 Ret 1 WD 2 3 9 1 2 3 DNS 3 Ret
2   マクラーレン-フォード 7 6 2 6 1 Ret 1 3 9 Ret Ret Ret 9 13 4 2 69
8 4 Ret 1 DSQ Ret Ret Ret 4 1 8 DNS 5 3 Ret Ret
3   ルノー 15 1 1 Ret Ret Ret 7 NC Ret Ret 6 2 Ret 8 2 Ret 4 62
16 3 Ret Ret Ret Ret Ret 10 Ret Ret Ret 1 2 Ret 16 1 Ret
4   ウィリアムズ-フォード 5 2 Ret Ret Ret 6 5 7 5 5 7 Ret Ret 9 Ret 6 58
6 5 DSQ 2 2 Ret 4 Ret 3 Ret 5 3 2 1 8 5
5   ロータス-フォード 11 8 Ret 5 4 5 Ret 4 Ret 4 Ret Ret 1 6 Ret Ret 30
12 Ret 3 7 Ret 4 Ret Ret DNQ Ret 12 9 Ret 8 7 Ret
6   ティレル-フォード 3 7 4 4 3 Ret 10 Ret Ret 7 Ret 6 4 Ret 7 5 1 25
4 16 7 10 Ret Ret 8 9 NC Ret 8 10 7 Ret 11 Ret 8
7   ブラバム-BMW 1 Ret 5 Ret DNQ 1 2 Ret Ret Ret Ret 4 Ret Ret 22
2 Ret Ret 15 Ret Ret Ret Ret 5 Ret Ret
8   リジェ-マトラ 25 Ret Ret Ret 3 Ret 2 10 DNQ Ret 16 Ret Ret Ret 6 3 20
26 Ret Ret Ret 9 Ret 6 Ret Ret Ret 14 Ret 3 Ret Ret Ret
9   ブラバム-フォード 1 DSQ Ret 19
2 Ret 3 1 Ret 2
10   アルファロメオ 22 13 Ret Ret Ret Ret 3 Ret 6 Ret Ret Ret Ret Ret 10 10 9 7
23 11 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 11 7 9 5 Ret 12 Ret 10
11   アロウズ-フォード 29 DNQ DNQ Ret 7 9 8 5 10 Ret 13 6 Ret 15 Ret 7 5
30 DNQ 10 DNQ Ret DNQ Ret 8 6 9 Ret Ret 6 DNQ 12 11
12   ATS-フォード 9 10 5 Ret DSQ Ret Ret Ret DNQ 12 DNQ 11 Ret Ret Ret DNQ NC 4
10 9 Ret Ret 5 Ret Ret Ret Ret 13 DNQ Ret Ret DNQ 14 9 DNQ
13   オゼッラ-フォード 31 Ret 9 Ret 4 Ret DNQ Ret Ret 14 Ret Ret Ret DNQ Ret Ret DNS 3
32 DNQ DNPQ DNQ Ret DNPQ DNPQ Ret Ret
14   フィッティパルディ-フォード 20 17 Ret DNQ 6 DNPQ 11 DNQ Ret Ret 11 7 DNQ 11 DNQ 1
-   マーチ-フォード 17 12 8 8 Ret DNQ 7 11 Ret 10 Ret DNQ Ret Ret DNQ 12 0
18 15 Ret 9 8 DNPQ Ret Ret Ret DNQ DNQ Ret DNQ Ret DNQ 13
19 DNPQ DNPQ DNQ DNQ DNPQ
-   エンサイン-フォード 14 DNQ DNQ Ret DNQ DNQ Ret Ret DNQ Ret DNQ 8 Ret Ret NC DNS 0
-   トールマン-ハート 35 Ret DNQ DNQ Ret Ret DNQ Ret Ret 15 10 Ret Ret Ret Ret 0
36 DNQ DNQ DNQ NC Ret DNPQ DNQ Ret Ret DNQ Ret Ret Ret DNQ
-   セオドール-フォード 33 14 Ret Ret DNQ DNQ DNQ Ret Ret DNQ DNQ DNQ Ret DNQ DNQ Ret 0
順位 コンストラクター 車番 RSA
 
BRA
 
USW
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
DET
 
CAN
 
NED
 
GBR
 
FRA
 
GER
 
AUT
 
SUI
 
ITA
 
CPL
 
ポイント

編集

  1. ^ Eaton, Godfrey. "Classic Ferrari". 1985 U.S. reprint edition of 1982 book release. Page 78. Publisher: Exeter Books. ISBN 9780671075347

参考文献編集

書籍
  • Bamsey, Ian (1983). Automobile Sport 82-83. City: Haynes Manuals. ISBN 0946321019. 
  • Donaldson, Gerald (2003). Gilles Villeneuve. London: Virgin. ISBN 0753507471. 
  • Lang, Mike (1992). Grand Prix!. vol.4. Sparkford: Foulis. ISBN 0854297332. 
  • Nye, Doug (1986). Autocourse history of the Grand Prix car 1966-85. Hazleton publishing. ISBN 0-905138-37-6. 
  • Roebuck, Nigel (1986). Grand Prix Greats. Cambridge: P. Stephens. ISBN 9780850597929. 
  • Roebuck, Nigel (1999). Chasing the Title. City: Haynes Publications. ISBN 1859606040. 
  • Watkins, Sid (1997). Life at the Limit: Triumph and Tragedy in Formula One. City: Pan Books. ISBN 0330351397. 
雑誌
  • Fearnley, Paul (2007年5月). “It's war. Absolutely war.”. Motor Sport (Haymarket): pp. 52-61 
  • Jenkinson, Denis (1982年6月). “Grote Prijs van Belgie”. Motor Sport (Motor Sport Magazine Ltd.): pp. 708-712 

外部リンク編集