メインメニューを開く

1998年ハンガリーグランプリ (Marlboro Magyar Nagydij) は、1998年F1世界選手権の第12戦として、1998年8月16日にハンガロリンクで開催された。

ハンガリーの旗 1998年ハンガリーグランプリ
レース詳細
1998年F1世界選手権全16戦の第12戦
Hungaroring.svg
日程 1998年シーズン
決勝開催日 8月16日
正式名称 Marlboro Magyar Nagydij
開催地 ハンガロリンク
ハンガリーブダペスト
コース Permanent racing facility
コース長 3.972
レース距離 77周 305.84 km (190.04 mi)
ポールポジション
ドライバー マクラーレン-メルセデス
タイム 1:16.973
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ フェラーリ
タイム 1:19.286
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 マクラーレン-メルセデス
3位 ウィリアムズ-メカクローム

目次

展開編集

ブリヂストンはツイスティーなハンガロリンクに向けて、トレッドを広げたフロントタイヤを投入。予選ではマクラーレンミカ・ハッキネンがひとり1分16秒台をマークしてポールポジションを獲得。僚友のデビッド・クルサードも2番手タイムを記録し、マクラーレンがフロントローを独占した。この2台は予選・フリー走行・ウォームアップの全セッションで1・2位を占める好調ぶりだった。

決勝スタート後もマクラーレンの2台がレースを引っ張るが、フェラーリミハエル・シューマッハが後方に食い下がり、最初のピットストップを終えても3台の接近状態が続いた。シューマッハはタイトル争いでハッキネンに16ポイント差を付けられており、ハッキネンに勝負を仕掛けたいところだが、間にいるクルサードを抜くチャンスがみつけられない。シューマッハはチームとの無線交信で「ピットストップを2回から3回に作戦変更したい」と提案。作戦参謀のロス・ブラウンは「最後のピットストップまでの19周で25秒以上のマージンを作らなければならない」と計算した。

シューマッハは43周目に2回目のピット作業を行い、給油時間6.8秒でコースに復帰した。44周目にクルサード、46周目にハッキネンが8秒台のピットストップを行うと、この間にシューマッハがトップに浮上した。シューマッハは1分19秒台のファステストラップを連発し、毎周2〜3秒ずつリードを拡げる。勢い余って最終コーナーをオーバーランする場面もあったが、27秒のマージンを稼いで62周目にピットイン。なお5秒の余裕をもってコースに復帰し、そのまま優勝した。通算32勝目となり、ナイジェル・マンセルを抜いて歴代3位(当時)の勝利数となった。

マクラーレン勢は2回目のピットストップ後にペースを上げられず、フェラーリとシューマッハの奇襲戦法の前に為す術なく敗れた。ハッキネンはハンドリングの不調で後続に抜かれていき、最後はシューマッハに周回遅れにされ6位に終わった。これで対シューマッハのポイントリードは7点となった。

1998年10月、オーガナイザーはコースに侵入者があったことで100万ドルの罰金を課された。翌2年間のレースで再発しなかったことで、罰金は25万ドルに引き下げられた。

結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター 周回 タイム グリッド ポイント
1 3   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 77 1:45:26.4 3 10
2 7   デビッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 77 +9.433 2 6
3 1   ジャック・ヴィルヌーヴ ウィリアムズ-メカクローム 77 +44.444 6 4
4 9   デイモン・ヒル ジョーダン-無限ホンダ 77 +55.076 4 3
5 2   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ウィリアムズ-メカクローム 77 +56.51 7 2
6 8   ミカ・ハッキネン マクラーレン-メルセデス 76 +1 Lap 1 1
7 14   ジャン・アレジ ザウバー-ペトロナス 76 +1 Lap 11  
8 5   ジャンカルロ・フィジケラ ベネトン-プレイライフ 76 +1 Lap 8  
9 10   ラルフ・シューマッハ ジョーダン-無限ホンダ 76 +1 Lap 10  
10 15   ジョニー・ハーバート ザウバー-ペトロナス 76 +1 Lap 15  
11 16   ペドロ・ディニス アロウズ 74 +3 Laps 12  
12 11   オリビエ・パニス プロスト-プジョー 74 +3 Laps 20  
13 19   ヨス・フェルスタッペン スチュワート-フォード 74 +3 Laps 17  
14 21   高木虎之介 ティレル-フォード 74 +3 Laps 18  
15 22   中野信治 ミナルディ-フォード 74 +3 Laps 19  
16 6   アレクサンダー・ヴルツ ベネトン-プレイライフ 69 ギアボックス 9  
リタイア 18   ルーベンス・バリチェロ スチュワート-フォード 54 ギアボックス 14  
リタイア 12   ヤルノ・トゥルーリ プロスト-プジョー 28 エンジン 16  
リタイア 17   ミカ・サロ アロウズ 18 ギアボックス 13  
リタイア 4   エディ・アーバイン フェラーリ 13 ギアボックス 5  
リタイア 23   エステバン・トゥエロ ミナルディ-フォード 13 エンジン 21  
  • ファステストラップ:ミハエル・シューマッハ 1分19秒286 (LAP 60)
  • ラップリーダー:ミカ・ハッキネン (LAP 1-46)、ミハエル・シューマッハ (LAP 47-77)

第12戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

参照編集