メインメニューを開く

概要編集

レギュレーション変更編集

コーナリングスピードを抑制するレギュレーション改定が行われ、タイヤのグリップ力を落とすため前輪に3本、後輪に4本の溝を入れたグルーブドタイヤが導入されることになった(翌年より前輪の溝も4本)。また、全幅が最大2,000mmから1,800mmへ狭められ、小ぶりになった外観が「F1マシンというよりF3に見える」という意見も聞かれた。排気管の位置も以前より前方に押しやられる事になったが、テストの段階でウィリアムズなどで排気熱によりリヤウィングの支柱が壊れ脱落する危険なトラブルが発生・熱対策が必要となった。

マクラーレン対フェラーリ編集

開幕時の話題はマクラーレン・メルセデスの圧倒的な速さだった。マクラーレン・MP4-13は低重心化のコンセプトを磨き、この年から履くブリヂストンタイヤとのマッチングも良好だった。開幕2戦とも予選でフロントローを独占し、決勝はワンツーフィニッシュ。オーストラリアGPでは3位以下を周回遅れにし、他チームの抗議で「ブレーキステアリングシステム」を撤去したブラジルGPでも3位に1分差をつけた。第2戦までの突出した強さを発揮したマクラーレンであったが、フェラーリグッドイヤーに第3戦アルゼンチンGPからブリヂストンと同じワイドフロントタイヤを開発、導入させ、ミハエル・シューマッハも初勝利を上げ、反撃してきた。

ミカ・ハッキネンは前年の最終戦で初優勝し、ようやく勝てるマシンを得て才能を開花させた。開幕戦ではレース前の「紳士協定」を守ったデビッド・クルサードにトップを譲られ優勝。前半6戦中4戦をポールポジションファステストラップ・優勝という「ハットトリック」で制し、初のチャンピオン獲得へポイントリードを築いた。

対するフェラーリはマシンの信頼性、ロス・ブラウンのレース戦略、グッドイヤータイヤの進化で対抗。スペインGPからエキゾーストパイプの上方排気システムを搭載するなど、マシンも毎戦ごとにアップデートされた。シューマッハは中盤戦カナダGPから3連勝し、ハッキネンとのポイント差を2点に縮めた。

ここから逃げるハッキネンと追うシューマッハのポイント争いが白熱する。オーストリアGPではハッキネンとシューマッハがコース全域をテール・トゥー・ノーズで争い、ハッキネンが勝利し、続くドイツGPでもハッキネンが勝ち連勝すると、シューマッハはハンガリーGPで3回ピットストップの奇策で逆転。ベルギーGPは両者とも接触リタイア(後述)。イタリアGPではフェラーリ勢が1988年以来の地元ワンツーフィニッシュを決めた一方でハッキネンはブレーキトラブルに悩まされ4位に終わり、ついに両者が同点で並んだ。

ハッキネンの初栄冠編集

第15戦ルクセンブルクGP予選ではフェラーリミハエル・シューマッハエディ・アーバインフロントローを獲得し、ミカ・ハッキネンは3番手に終わった。この時点ではフェラーリの圧倒的優勢が伝えられたが、決勝レースではスタートこそ、順位が変わらないまま進んだが、ハッキネンはアーバインをコース上で抜き、シューマッハを追い上げる。シューマッハが1回目のピットストップに入ったときには、ファステストラップ連発でシューマッハとの差を広げ、自らのピットストップでハッキネンが逆転。そのまま逃げ切って勝利し、4点差をつけて最終戦日本GPを迎えた。ここでシューマッハが優勝しても、ハッキネンは2位ならばチャンピオンとなれる。予選は1位シューマッハ、2位ハッキネンと両雄が譲らずフロントローを分け合った。しかし、シューマッハは決勝のスタート直前に痛恨のエンジンストール、最後尾から追い上げを図るもリアタイヤバーストでリタイアした。この瞬間ハッキネンにとって初のドライバーズチャンピオンが決定、そのままチェッカーを受けた。

この年の成績はハッキネンが8勝9ポールポジション、シューマッハが6勝3ポールポジション。ふたりは1990年マカオGP以来のライバルだが、シューマッハが若くして2度のチャンピオンとなったのに対し、ハッキネンは所属チームの長引く不振などで大きく遅れをとっていた。この年実現した直接対決では互いの力を認め合い、日本GPでは優勝しピットに戻ったハッキネンをシューマッハが祝福するという一場面もあった。

ジョーダンとプロストの明暗編集

ジョーダンプロストは、この年から互いが使用していた無限ホンダエンジンとプジョーエンジンを実質トレードしての参戦となった。

ジョーダンは無限ホンダエンジンの高いエンジンパフォーマンスに後半戦シャシー開発が追いつき、ベルギーGPでF1初優勝と合わせて1-2フィニッシュを達成、最終戦でベネトンを逆転してコンストラクターズ4位と躍進を遂げたのに対し、プロストはマシンバランス向上のためホイールベースを短くしたことが完全に裏目に出て、前年の健闘ぶりが一転して1ポイントしか獲得できなかった。

ベルギーGPの波乱編集

この年のベルギーGPは名物スパウェザーの中で大荒れのレースとなった。スタート後、1コーナー先でクルサードがハイドロプレーニング現象によりスピン。後続車12台を巻き込む多重事故となり、レースは赤旗中断となった。再スタート後はデイモン・ヒルに先行を許したハッキネンがシューマッハと接触、スピンした際にジョニー・ハーバートと接触してリタイア。その後シューマッハがトップに立つが、再スタート後にアレクサンダー・ヴルツに追突されて大きく後退したクルサードを周回遅れにする際に追突、フロントウイングと右前輪を失い、3輪でピットに戻り、リタイアとなった。マシンを降りたシューマッハはマクラーレンのピットに怒りの形相で直行しクルサードに猛抗議、スチュワードにも訴えたが、FIAはクルサードに故意は認められないと判断、シューマッハの訴えを却下した。

マクラーレンとフェラーリが揃って消え、完走わずか8台のサバイバルレースの中、ジョーダンの2台が浮上し、ヒル、ラルフ・シューマッハがワンツーフィニッシュ。ジョーダンは参戦8年目、127戦目の初勝利で、1990年代に誕生したコンストラクターとしては初めての勝利となった。

グッドイヤーの撤退編集

トップチームの中でマクラーレンとベネトンがブリヂストンタイヤにスイッチし、グッドイヤー対ブリヂストンのタイヤ戦争が本格化した。ブリヂストンはレギュレーション変更による回頭性の低下(アンダーステア傾向)を補うため幅広のフロントタイヤを開発し、マクラーレンの序盤の猛ダッシュに貢献した。グッドイヤーも負けじとアルゼンチンGPから同様のタイヤを投入し、シーズンを通して両社の熾烈な開発競争が続いた。

この年をもってグッドイヤーは1964年以来35年間続けたF1での活動を終えた。最後の優勝となったイタリアGP(フェラーリのミハエル・シューマッハが優勝)では、タイヤサプライヤーとしては最多の優勝368回を達成している(2位につけているブリヂストンよりも3倍以上の勝利数である)。翌年以降はブリヂストンのワンメイクとなる。

トピック編集

  • 前年のチャンピオンチーム、ウィリアムズはルノーのワークス活動撤退後、メカクロームチューンのエンジンを「スーパーテック」名義で搭載したが、0勝に終わった。
  • 開幕戦でホンダがF1復帰を表明し、コンストラクターとして2000年に参戦する準備に入る。
  • 前年ティレルが採用したサイドポンツーン上の張出しウイング(通称:Xウイング)を他チームも模倣。しかし、美観面だけでなく安全面の問題が大きかったことから、第5戦スペインGP以降禁止された。
  • 第8戦フランスGPではスタートのシグナルにトラブルがあった。通常はシグナルがオールレッドから全て消灯してスタートが行われる。マシントラブルか何らかの原因でスタートディレイ(延期)となった場合、オールレッドからレッドで点滅するはずが、グリーンで点滅した為、トラブルを起こしたマシン以外は全てスタートを切った。一瞬、そのままレースが行われるかと思ったが即、レッドフラッグが振られ、再スタートなった。マクラーレンなどのチームから批判が出たため、FIAは、次戦からこのようなトラブルは起こさないように対処するべくシグナルを改善するという文書が配られ、実施された。
  • 第9戦イギリスGPではシューマッハに黄旗追い越しペナルティが課されたため、最終ラップにピットイン。ピットレーン上でゴールラインを通過してから10秒停止ペナルティを受け、その後からコース上のハッキネンがチェッカーフラッグを受けるという奇妙な状況となった。レース終盤の出来事だったため、本来はタイム加算ペナルティが適用されるはずだったが、レーススチュワードの指示が混乱を招いたとして、後にペナルティ自体が無効との判断となった。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース 開催日 開催地 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター レポート
1   オーストラリアグランプリ 3月8日 メルボルン   ミカ・ハッキネン   ミカ・ハッキネン   ミカ・ハッキネン   マクラーレン-メルセデス 詳細
2   ブラジルグランプリ 3月29日 インテルラゴス   ミカ・ハッキネン   ミカ・ハッキネン   ミカ・ハッキネン   マクラーレン-メルセデス 詳細
3   アルゼンチングランプリ 4月12日 ブエノスアイレス   デビッド・クルサード   アレクサンダー・ヴルツ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
4   サンマリノグランプリ 4月26日 イモラ   デビッド・クルサード   ミハエル・シューマッハ   デビッド・クルサード   マクラーレン-メルセデス 詳細
5   スペイングランプリ 5月10日 バルセロナ   ミカ・ハッキネン   ミカ・ハッキネン   ミカ・ハッキネン   マクラーレン-メルセデス 詳細
6   モナコグランプリ 5月24日 モナコ   ミカ・ハッキネン   ミカ・ハッキネン   ミカ・ハッキネン   マクラーレン-メルセデス 詳細
7   カナダグランプリ 6月7日 モントリオール   デビッド・クルサード   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
8   フランスグランプリ 6月28日 マニクール   ミカ・ハッキネン   デビッド・クルサード   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
9   イギリスグランプリ 7月12日 シルバーストン   ミカ・ハッキネン   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
10   オーストリアグランプリ 7月26日 A1リンク   ジャンカルロ・フィジケラ   デビッド・クルサード   ミカ・ハッキネン   マクラーレン-メルセデス 詳細
11   ドイツグランプリ 8月2日 ホッケンハイム   ミカ・ハッキネン   デビッド・クルサード   ミカ・ハッキネン   マクラーレン-メルセデス 詳細
12   ハンガリーグランプリ 8月16日 ハンガロリンク   ミカ・ハッキネン   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
13   ベルギーグランプリ 8月30日 スパ・フランコルシャン   ミカ・ハッキネン   ミハエル・シューマッハ   デイモン・ヒル   ジョーダン-無限ホンダ 詳細
14   イタリアグランプリ 9月13日 モンツァ   ミハエル・シューマッハ   ミカ・ハッキネン   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
15   ルクセンブルクグランプリ 9月27日 ニュルブルクリンク   ミハエル・シューマッハ   ミカ・ハッキネン   ミカ・ハッキネン   マクラーレン-メルセデス 詳細
16   日本グランプリ 11月1日 鈴鹿   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   ミカ・ハッキネン   マクラーレン-メルセデス 詳細

開催されなくなった選手権の行事編集

エントリーリスト編集

エントラント コンストラクター シャーシ エンジン タイヤ ドライバー
 ウィンフィールド英語版・ウィリアムズ ウィリアムズ FW20 メカクロームCG01 G 1. ジャック・ヴィルヌーヴ
2. ハインツ=ハラルド・フレンツェン
 スクーデリア・フェラーリ・マールボロ フェラーリ F300 フェラーリTipo047 G 3. ミハエル・シューマッハ
4. エディ・アーバイン
 マイルドセブン・ベネトン・プレイライフ ベネトン B198 プレイライフCG01 B 5. ジャンカルロ・フィジケラ
6.  アレクサンダー・ヴルツ
 ウエスト・マクラーレン・メルセデス マクラーレン MP4-13 メルセデスFO110G B 7. デビッド・クルサード
8. ミカ・ハッキネン
 ベンソン&ヘッジス・ジョーダン・無限ホンダ ジョーダン 198 無限MF301HC G 9. デイモン・ヒル
10. ラルフ・シューマッハ
 ゴロワーズ・プロスト・プジョー プロスト AP01 プジョーA16 B 11. オリビエ・パニス
12. ヤルノ・トゥルーリ
 レッドブル・ザウバー・ペトロナス ザウバー C17 ペトロナスSPE01D G 14. ジャン・アレジ
15. ジョニー・ハーバート
 ダンカゼプタ・アロウズ アロウズ A19 アロウズT2-F1(ハート1030) B 16. ペドロ・ディニス
17. ミカ・サロ
 スチュワート・グランプリ スチュワート SF-2 フォードZETEC-R B 18. ルーベンス・バリチェロ
19. ヤン・マグヌッセン
(19.) ヨス・フェルスタッペン
 ティレル・フォード ティレル 026 フォードZETEC-R G 20. リカルド・ロセット
21. 高木虎之介
 フォンドメタル・ミナルディ・フォード ミナルディ M198 フォードZETEC-R B 22. 中野信治
23.  エスティバン・トゥエロ
  • エンジンは全車V10

ドライバー変更編集

  • ヨス・フェルスタッペン - 第8戦フランスGP以降でマグヌッセンの代役として出走

1998年のドライバーズランキング編集

順位 ドライバー AUS
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
AUT
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
LUX
 
JPN
 
ポイント
1   ミカ・ハッキネン 1 1 2 Ret 1 1 Ret 3 2 1 1 6 Ret 4 1 1 100
2   ミハエル・シューマッハ Ret 3 1 2 3 10 1 1 1 3 5 1 Ret 1 2 Ret 86
3   デビッド・クルサード 2 2 6 1 2 Ret Ret 6 Ret 2 2 2 7 Ret 3 3 56
4   エディ・アーバイン 4 8 3 3 Ret 3 3 2 3 4 8 Ret Ret 2 4 2 47
5   ジャック・ヴィルヌーヴ 5 7 Ret 4 6 5 10 4 7 6 3 3 Ret Ret 8 6 21
6   デイモン・ヒル 8 DSQ 8 10 Ret 8 Ret Ret Ret 7 4 4 1 6 9 4 20
7   ハインツ=ハラルド・フレンツェン 3 5 9 5 8 Ret Ret 15 Ret Ret 9 5 4 7 5 5 17
8   アレクサンダー・ヴルツ 7 4 4 Ret 4 Ret 4 5 4 9 11 16 Ret Ret 7 9 17
9   ジャンカルロ・フィジケラ Ret 6 7 Ret Ret 2 2 9 5 Ret 7 8 Ret 8 6 8 16
10   ラルフ・シューマッハ Ret Ret Ret 7 11 Ret Ret 16 6 5 6 9 2 3 Ret Ret 14
11   ジャン・アレジ Ret 9 5 6 10 12 Ret 7 Ret Ret 10 7 3 5 10 7 9
12   ルーベンス・バリチェロ Ret Ret 10 Ret 5 Ret 5 10 Ret Ret Ret Ret DNS 10 11 Ret 4
13   ミカ・サロ Ret Ret Ret 9 Ret 4 Ret 13 Ret Ret 14 Ret DNS Ret 14 Ret 3
14   ペドロ・ディニス Ret Ret Ret Ret Ret 6 9 14 Ret Ret Ret 11 5 Ret Ret Ret 3
15   ジョニー・ハーバート 6 11 Ret Ret 7 7 Ret 8 Ret 8 Ret 10 Ret Ret Ret 10 1
16   ヤルノ・トゥルーリ Ret Ret 11 Ret 9 Ret Ret Ret Ret 10 12 Ret 6 13 Ret 12 1
17   ヤン・マグヌッセン Ret 10 Ret Ret 12 Ret 6 1
18   中野信治 Ret Ret 13 Ret 14 9 7 17 8 11 Ret 15 8 Ret 15 Ret 0
19   エスティバン・トゥエロ Ret Ret Ret 8 15 Ret Ret Ret Ret Ret 16 Ret Ret 11 NC Ret 0
20   リカルド・ロセット Ret Ret 14 Ret DNQ DNQ 8 Ret Ret 12 DNQ DNQ DNS 12 Ret DNQ 0
21   高木虎之介 Ret Ret 12 Ret 13 11 Ret Ret 9 Ret 13 14 Ret 9 16 Ret 0
22   オリビエ・パニス 9 Ret 15 11 16 Ret Ret 11 Ret Ret 15 12 DNS Ret 12 11 0
23   ヨス・フェルスタッペン 12 Ret Ret Ret 13 Ret Ret 13 Ret 0
順位 ドライバー AUS
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
AUT
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
LUX
 
JPN
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)

太字ポールポジション
斜体:ファステストラップ

リタイアしたがレース距離の90%以上を走行していたため完走扱い

1998年のコンストラクターズランキング編集

順位 コンストラクター 車番 AUS
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
AUT
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
LUX
 
JPN
 
ポイント
1   マクラーレン-メルセデス 7 2 2 6 1 2 Ret Ret 6 Ret 2 2 2 7 Ret 3 3 156
8 1 1 2 Ret 1 1 Ret 3 2 1 1 6 Ret 4 1 1
2   フェラーリ 3 Ret 3 1 2 3 10 1 1 1 3 5 1 Ret 1 2 Ret 133
4 4 8 3 3 Ret 3 3 2 3 4 8 Ret Ret 2 4 2
3   ウィリアムズ-メカクローム 1 5 7 Ret 4 6 5 10 4 7 6 3 3 Ret Ret 8 6 38
2 3 5 9 5 8 Ret Ret 15 Ret Ret 9 5 4 7 5 5
4   ジョーダン-無限ホンダ 9 8 DSQ 8 10 Ret 8 Ret Ret Ret 7 4 4 1 6 9 4 34
10 Ret Ret Ret 7 11 Ret Ret 16 6 5 6 9 2 3 Ret Ret
5   ベネトン-プレイライフ 5 Ret 6 7 Ret Ret 2 2 9 5 Ret 7 8 Ret 8 6 8 33
6 7 4 4 Ret 4 Ret 4 5 4 9 11 16 Ret Ret 7 9
6   ザウバー-ペトロナス 14 Ret 9 5 6 10 12 Ret 7 Ret Ret 10 7 3 5 10 7 10
15 6 11 Ret Ret 7 7 Ret 8 Ret 8 Ret 10 Ret Ret Ret 10
7   アロウズ 16 Ret Ret Ret Ret Ret 6 9 14 Ret Ret Ret 11 5 Ret Ret Ret 6
17 Ret Ret Ret 9 Ret 4 Ret 13 Ret Ret 14 Ret DNS Ret 14 Ret
8   スチュワート-フォード 18 Ret Ret 10 Ret 5 Ret 5 10 Ret Ret Ret Ret DNS 10 11 Ret 5
19 Ret 10 Ret Ret 12 Ret 6 12 Ret Ret Ret 13 Ret Ret 13 Ret
9   プロスト-プジョー 11 9 Ret 15 11 16 Ret Ret 11 Ret Ret 15 12 DNS Ret 12 11 1
12 Ret Ret 11 Ret 9 Ret Ret Ret Ret 10 12 Ret 6 13 Ret 12
10   ミナルディ-フォード 22 Ret Ret 13 Ret 14 9 7 17 8 11 Ret 15 8 Ret 15 Ret 0
23 Ret Ret Ret 8 15 Ret Ret Ret Ret Ret 16 Ret Ret 11 NC Ret
11   ティレル-フォード 20 Ret Ret 14 Ret DNQ DNQ 8 Ret Ret 12 DNQ DNQ DNS 12 Ret DNQ 0
21 Ret Ret 12 Ret 13 11 Ret Ret 9 Ret 13 14 Ret 9 16 Ret
順位 コンストラクター 車番 AUS
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
AUT
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
LUX
 
JPN
 
ポイント

外部リンク編集