2時ドキッ!

2時ドキッ!』(にじドキッ)は、2000年7月3日から2004年3月26日まで、一部のFNS系列局で生放送されていた関西テレビ制作の平日午後の情報番組である。放送時間は、平日14:05 ‐15:30(JST)。

2時ドキッ!
ジャンル 情報番組
放送期間 2000年7月3日 - 2004年3月26日
放送国 日本の旗 日本
制作局 関西テレビ
プロデューサー 苧木晃
松本清
山口泰弘
出演者 宮田佳代子
飯星景子
木場弘子
橋谷能理子
橋本志穂
ほか
外部リンク 番組Webサイト(Webアーカイブ)
テンプレートを表示

目次

番組概要編集

フジテレビが2000年3月31日を以って『2時のホント』終了とともに、FNS系列平日午後のワイドショー枠から裏番組との視聴率勝負を避けるため、一旦撤退したことにより、同年4月から6月までつなぎ番組を放送。全国ネットの昼のワイドショーから撤退した後枠の番組として、関西テレビを制作局として仙台放送と西日本ブロックのFNS系列12局ネットで開始された情報番組である。
メインパーソナリティ(アンカーウーマン)には、5人の女性キャスターフリーアナウンサーを起用し、総合司会(アシスタント)を番組開始から2003年9月まで桑原、10月から番組終了まで山本と片山が務めた。 番組構成は、曜日ごとに1つのテーマで番組を進める内容で構成されている。
その後、2004年3月26日を最後に番組をリニューアル終了させ、後継の情報番組として『2時ワクッ!』をスタートさせた。

出演者編集

パーソナリティ編集

パネラー(コメンテーター)編集

総合司会(アシスタント)編集

番組終了時点
過去
  • 桑原征平(当時:関西テレビアナウンサー)- 2000年7月3日 - 2003年9月

開始当初のコーナー編集

  • 日替わり企画
    • 月曜日「モモコのマイホーム大作戦」
    • 火曜日「オンナの最前線」
    • 水曜日「ピーコのファッションチェック
    • 木曜日「美容&健康講座 ハイヒールリンゴの奥サマは魔女?」
    • 金曜日「金ドキッ!芸能一週間」
  • 「じゃんけん忍者」
    • 視聴者が電話で参加できるコーナーとして、全曜日のエンディング直前に放送。進行役の桑原は、このコーナーのみ忍者の格好で「じゃんけん忍者」というキャラクターに扮していた。
    • 本番組では、このコーナーへの応募を受け付けのため10回線の電話回線を用意。放送では、そのうち1つの電話番号をランダムに選んだうえで、当コーナーの冒頭に字幕で番号を表示した。さらに、その番号へ電話をかけた視聴者のうち、最初にスタジオ内の電話へつながった1名と桑原がじゃんけんで1回だけ勝負。視聴者が勝った場合にのみ、現金が贈呈された。

ネット局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
近畿広域圏 関西テレビ フジテレビ系列 月‐金曜日14:05 ‐15:30 制作局
宮城県 仙台放送 2003年頃ネット受け打切り
福井県 福井テレビ 2002年頃ネット受け打切り
岡山県・香川県 岡山放送
広島県 テレビ新広島
島根県・鳥取県 山陰中央テレビジョン放送
愛媛県 テレビ愛媛
高知県 高知さんさんテレビ
佐賀県 サガテレビ
長崎県 テレビ長崎
熊本県 テレビ熊本
宮崎県 テレビ宮崎
鹿児島県 鹿児島テレビ放送

[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 系列キー局のフジテレビでは『チャンネルα』が編成されているため、本番組のネット受けは行われなかったが、本番組での首都圏からの中継に際し、裏送りで映像を送ったり、本番組の金曜日の放送内容が芸能ニュースメインとなるためフジテレビ取材のVTRが多く使われることに伴い、本番組の金曜日のエンドロールには「映像協力:フジテレビ」とのクレジットが付された。

関連リンク編集