2001年のJリーグカップ

Jリーグ > Jリーグカップ > 2001年のJリーグカップ

2001年Jリーグカップ4月4日に開幕し、10月27日迄の日程で行われた大会である。

2001 Jリーグカップ
Jリーグヤマザキナビスコカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2001年4月4日-10月27日
参加チーム数 28
優勝 横浜F・マリノス
準優勝 ジュビロ磐田
試合総数 53
ゴール数 130 (1試合平均 2.45点)
観客動員数 310,277 (1試合平均 5,854人)
得点王 トゥット(浦和)
城彰二(横浜FM)
中山雅史(磐田)
松波正信(G大阪)
久保竜彦(広島)
呂比須ワグナー(福岡)
(4得点)
最優秀選手 榎本達也 (横浜FM)
2000
2002
テンプレートを表示

優勝は横浜F・マリノス(初優勝)。

大会名称編集

ヤマザキナビスコを冠スポンサーとしてJリーグヤマザキナビスコカップの名称で開催された。

レギュレーション編集

2001年のJリーグカップのレギュレーションは以下の通りである。

  • 参加クラブはJリーグJ1・J2の全28クラブ。
  • 全てノックアウト戦。
  • 1回戦から準決勝まではホーム&アウェーで試合を行い、2試合の合計点数で勝敗を決める。
    • 第1戦は90分で終了。第2戦の90分終了時に勝敗が決まらない場合、Vゴール方式の延長戦→PK方式で勝者を決める。
  • 決勝戦は90分の1試合を行う。90分で勝敗が決まらない場合、Vゴール方式の延長戦→PK方式で勝者を決める。

試合結果編集

下表の「チーム #1」が第1戦のホームチーム。

トーナメント表編集

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝 決勝
                       
鹿島アントラーズ 1 4 5
柏レイソル 3 0 3
柏レイソル 1 0 1
湘南ベルマーレ 0 0 0
鹿島アントラーズ 0 2 2
浦和レッズ 1 0 1
浦和レッズ 0 3 3
モンテディオ山形 2 0 2
浦和レッズ 3 3 6
ガンバ大阪 1 2 3
ガンバ大阪 2 2 4
京都パープルサンガ 0 0 0
鹿島アントラーズ 0 0 0
ジュビロ磐田 1 0 1
清水エスパルス 0 2 2(PK4)
ジェフユナイテッド市原 1 1 2(PK5)
ジェフユナイテッド市原 1 1 2
大宮アルディージャ 1 0 1
ジェフユナイテッド市原 2 0 2
ジュビロ磐田 2 2 4
コンサドーレ札幌 0 2 2
大分トリニータ 2 1 3
大分トリニータ 0 1 1
ジュビロ磐田 1 1 2
セレッソ大阪 2 1 3
ジュビロ磐田 2 2 4
ジュビロ磐田 0 (PK1)
横浜F・マリノス 2 (PK3)
川崎フロンターレ 1 2 3
横浜FC 0 1 1
東京ヴェルディ1969 1 0 1
横浜FC 1 2 3
川崎フロンターレ 0 0 0
横浜F・マリノス 3 2 5
横浜F・マリノス 1 3 4
水戸ホーリーホック 0 1 1
横浜F・マリノス 3 2 5
アビスパ福岡 0 0 0
アビスパ福岡 2 2 4
ベガルタ仙台 1 2 3
横浜F・マリノス 1 0 1
名古屋グランパスエイト 0 0 0
名古屋グランパスエイト 2 1 3
ヴィッセル神戸 2 2 4
ヴィッセル神戸 3 4 7
サガン鳥栖 1 0 1
名古屋グランパスエイト 3 1 4
サンフレッチェ広島 2 0 2
ヴァンフォーレ甲府 0 0 0
FC東京 5 1 6
FC東京 1 3 4
サンフレッチェ広島 2 3 5
サンフレッチェ広島 2 2 4
アルビレックス新潟 0 0 0

1回戦編集

第1戦が4月4日に、第2戦が4月18日に行われた。 詳細は、公式記録 を参照。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
ベガルタ仙台 2 - 3 アビスパ福岡 1 - 2 2 - 2
モンテディオ山形 2 - 3 浦和レッドダイヤモンズ 2 - 0 0 - 3
水戸ホーリーホック 1 - 4 横浜F・マリノス 0 - 1 1 - 3
大宮アルディージャ 1 - 2 ジェフユナイテッド市原 1 - 1 0 - 1
FC東京 6 - 0 ヴァンフォーレ甲府 5 - 0 1 - 0
横浜FC 3 - 1 東京ヴェルディ1969 1 - 1 2 - 0
湘南ベルマーレ 0 - 1 柏レイソル 0 - 1 0 - 0
アルビレックス新潟 0 - 4 サンフレッチェ広島 0 - 2 0 - 2
ジュビロ磐田 4 - 3 セレッソ大阪 2 - 2 2 - 1
京都パープルサンガ 0 - 4 ガンバ大阪 0 - 2 0 - 2
サガン鳥栖 1 - 7 ヴィッセル神戸 1 - 3 0 - 4
大分トリニータ 3 - 2 コンサドーレ札幌 2 - 0 1 - 2

2回戦編集

第1戦が6月13日に、第2戦が6月20日に行われた。 詳細は、公式記録 を参照。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
ジェフユナイテッド市原 2-2(PK5-4) 清水エスパルス 1 - 0 1 - 2
柏レイソル 3 - 5 鹿島アントラーズ 3 - 1 0 - 4
横浜FC 1 - 3 川崎フロンターレ 0 - 1 1 - 2
ジュビロ磐田 2 - 1 大分トリニータ 1 - 0 1 - 1
ガンバ大阪 3 - 6 浦和レッドダイヤモンズ 1 - 3 2 - 3
ヴィッセル神戸 3 - 4 名古屋グランパスエイト 2 - 2 1 - 2
サンフレッチェ広島 5 - 4 FC東京 3 - 3 2 - 1
アビスパ福岡 0 - 5 横浜F・マリノス 0 - 3 0 - 2

準々決勝編集

第1戦が8月8日に、第2戦が8月22日に行われる予定だったが、台風11号の影響で第2戦のうち3試合が延期となった。 詳細は、公式記録 を参照。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
サンフレッチェ広島 2 - 4 名古屋グランパスエイト 2 - 3 0 - 1
ジュビロ磐田 4 - 2 ジェフユナイテッド市原 2 - 2 2 - 0[* 1]
浦和レッドダイヤモンズ 1 - 2 鹿島アントラーズ 1 - 0 0 - 2[* 2]
横浜F・マリノス 5 - 0 川崎フロンターレ 3 - 0 2 - 0[* 2]
  1. ^ 8月28日に延期して開催
  2. ^ a b 8月29日に延期して開催

準決勝編集

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
ジュビロ磐田 1 - 0 鹿島アントラーズ 1 - 0 0 - 0
名古屋グランパスエイト 0 - 1 横浜F・マリノス 0 - 1 0 - 0

準決勝第1戦編集


準決勝第2戦編集

2戦合計1-0により磐田が決勝進出。


2戦合計1-0により横浜FMが決勝進出。

決勝編集

この年リーグ戦では残留争いに巻き込まれる程の不振だった横浜F・マリノスが、1stステージを制したジュビロ磐田を相手に退場者を出しながらも120分間を無失点で粘り切り、迎えたPK戦ではGK榎本達也が3本をストップする大活躍を見せ、ナビスコカップ初戴冠を果たした。

ジュビロ磐田
GK 12   大神友明
DF 02   鈴木秀人
DF 05   田中誠
DF 03   大岩剛   92分
MF 11   西紀寛   67分
MF 22   河村崇大   90分
MF 06   服部年宏   104分
MF 20   金沢浄
MF 10   藤田俊哉
FW 18   清水範久
FW 09   中山雅史
控えメンバー:
GK 21   山本浩正
DF 14   山西尊裕
MF 15   ジヴコヴィッチ   90分
MF 13   川口信男   67分
FW 24   前田遼一   104分
監督:
  鈴木政一
横浜F・マリノス
GK 16   榎本達也
DF 05   小村徳男   25分
DF 03   松田直樹   118分
DF 04   波戸康広
MF 15   平間智和   105分
MF 08   遠藤彰弘   90分
MF 13   永山邦夫   45分   86分
MF 32   ドゥトラ
MF 10   中村俊輔   61分
FW 09   ブリット   114分
FW 11   城彰二   96分   114分
控えメンバー:
GK 30   下川健一
DF 07   ナザ   105分
MF 22   金子勇樹   90分
FW 17   木島良輔   114分
FW 29   坂田大輔   114分
監督:
  ラザロニ
テレビ中継

表彰編集

関連項目編集