大岩剛

日本のサッカー選手、監督

大岩 剛(おおいわ ごう、1972年6月23日 - )は、静岡県清水市(現:静岡市清水区)出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者(U-23日本代表監督)。現役時代のポジションはディフェンダー(センターバック)。JFA(日本サッカー協会)指導者養成インストラクター。

大岩 剛
鹿島アントラーズ監督時代(2018年)
名前
カタカナ オオイワ ゴウ
ラテン文字 OIWA Go
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1972-06-23) 1972年6月23日(52歳)
出身地 静岡県清水市(現:静岡市清水区
身長 180cm
体重 75kg
選手情報
ポジション DF(CB)
利き足 右足
ユース
1991-1995 筑波大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-2000 名古屋グランパスエイト 172 (6)
2000-2002 ジュビロ磐田 49 (2)
2003-2010 鹿島アントラーズ 165 (2)
通算 386 (10)
代表歴
2000-2002[1] 日本の旗 日本 3 (0)
監督歴
2017-2019 鹿島アントラーズ
2021  日本 U-18
2022-  日本 U-23
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

選手時代

編集

静岡市立清水商業高等学校を卒業後、1995年に筑波大学から名古屋グランパスエイトに入団。ルーキーながら出場機会を獲得し、また当時は左サイドバックとしてのプロ入りだったが、当時のアーセン・ベンゲル監督から足元の技術や視野の広さを買われ、センターバックにコンバートされた[2]。2000年にはA代表にも選ばれ順調なスタートを切ったに思えたが、シーズン途中に当時監督だったジョアン・カルロスとの確執が表面化し、主力で自身と同じ清水市商OBの平野孝望月重良と共に「チームの和を乱したとして」突然解雇される[3]

その後、ジュビロ磐田に移籍し、N-BOXのシステムの中心メンバーとして2ステージ完全優勝を達成する。

2003年に当時の磐田の最大のライバルと言える鹿島アントラーズに移籍。年齢もあり徐々に試合出場は減ったが、経験を生かした貴重なバックアップのメンバーとしてJリーグ初の3連覇も経験した。2011年、天皇杯優勝と共に現役を引退し、花道を飾った。引退後は、鹿島のコーチに就任。

指導者時代

編集

鹿島アントラーズ(コーチ)

編集

2011年から鹿島アントラーズのコーチに就任した[4][5]

鹿島アントラーズ

編集

2017シーズン

編集

2017年5月31日、石井正忠監督の解任を受け、コーチから後任の監督に就任した[5][6]

第33節、勝てば優勝が決まるホーム柏レイソル戦でスコアレスドローに終わり[7]、最終節のアウェージュビロ磐田戦でもスコアレスドローだったことで2位の川崎フロンターレに逆転優勝を許した[8][9]。これにより鹿島はリーグ連覇を逃した[10]ルヴァンカップではベガルタ仙台と戦った結果、準々決勝で敗退した[11]天皇杯では準々決勝でヴィッセル神戸に1-1(PK 5-4)で敗れた[12]

2018シーズン

編集

J1リーグでは3位になった[13]。ルヴァンカップでは横浜F・マリノスと対戦した結果、準決勝で敗退した[14]。天皇杯では準決勝で浦和レッズに1-0で敗れた[15][16]

アジアチャンピオンズリーグでは、イランのペルセポリスと優勝を争った。決勝の第1戦では2-0で勝ち[17]、第2戦で0-0に終わり[18]、合計スコア2-0でアジアチャンピオンズリーグで優勝を果たした[19][20]。鹿島がACLで優勝するのはこれが初だった[20]。同年11月29日、AFCアニュアルアワーズ2018で年間最優秀監督賞(男性部門)を受賞した[21]

FIFAクラブワールドカップでは準決勝でレアル・マドリードに1-3で敗れた[22][23]。この試合で相手のガレス・ベイルはハットトリックを決めた[24]。続く3位決定戦ではリーベルプレートに0-4で敗れたため[25]、最終的な順位は4位になった[26]

2019シーズン

編集

J1リーグでは昨シーズンと同じ3位になった[27]。ルヴァンカップでは川崎フロンターレと戦った結果、準決勝で敗退した[28]。天皇杯では決勝まで進んだものの、ヴィッセル神戸に敗れた[29][30]

アジアチャンピオンズリーグでは広州恒大と対戦した結果、準々決勝で敗退した[31]

契約満了に伴い、2019シーズンをもって鹿島アントラーズの監督を退任した[32][33]。大岩は3年連続でリーグ優勝を逃していた[34]

U-18日本代表

編集

2021年4月30日、U-18日本代表監督に就任した[35]

U-21日本代表

編集

2021年12月16日、U-21日本代表の監督に就任した[36][37]。大岩を採用した理由について、サッカー協会の技術委員長である反町康治は「五輪代表はアジア予選を出場権を賭けて戦うことになる。アジアの戦いを熟知しているのは判断の要素になっている」と述べ、鹿島時代のACL優勝を選考理由の1つに挙げている[37][38]

2023年11月18日、U-22アルゼンチン代表との国際親善試合で5-2で勝利した[39][40]

人物・エピソード

編集
  • 学校は違ったが、近所には同学年の野々村芳和が住んでいた。野々村によると、大岩との初対戦は小学1年の頃。
  • 現役時代に目標としていた選手は名古屋在籍時にセンターバックでコンビを組んでいたトーレス
  • 現役時代はシーズンを通して半袖のユニフォームを着用してプレーしていたが、これは競り合いで袖を捕まれないようにという配慮からである。寒くなってくると防寒具として手袋を着用していた。
  • 鹿島での岩政大樹とのコンビは名前に引っ掛けて「二枚岩」と呼ばれていた。
  • 2009年のACLグループリーグ・水原三星戦後、当時の鹿島監督であったオリヴェイラに「選手、人間として大岩と一緒に仕事できることは名誉だと感じている」と最大限の敬意を評される[41]
  • 2010年のJ1では最年長選手となっていた。
  • 2011年の天皇杯決勝で現役最後の試合出場にはならなかったが、表彰式では天皇杯を受け取ったキャプテンの小笠原満男から譲られる形で、ロイヤルボックスで天皇杯を掲げた。

所属クラブ

編集
ユース経歴
プロ経歴

指導歴

編集
  • 2011年 - 2019年 鹿島アントラーズ
    • 2011年 - 2017年5月 トップチーム コーチ
    • 2016年 サテライト 監督(兼任)
    • 2017年5月 - 2019年 トップチーム 監督
  • 2020年 - 2021年 JFAインストラクター
  • 2021年 U-18日本代表 監督
  • 2022年 - U-21/22/23日本代表 監督

個人成績

編集
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1995 名古屋 - J 38 0 - 4 0 42 0
1996 27 1 12 0 1 0 40 1
1997 3 32 1 7 0 0 0 39 1
1998 32 2 4 0 1 0 37 2
1999 J1 26 2 4 0 5 0 35 2
2000 5 17 0 0 0 - 17 0
磐田 3 1 0 1 0 0 0 2 0
2001 28 2 7 0 1 1 36 3
2002 20 0 6 0 0 0 26 0
2003 鹿島 4 29 1 5 0 4 0 38 1
2004 29 0 6 1 3 0 38 1
2005 30 0 5 0 3 0 38 0
2006 27 1 7 0 1 0 35 1
2007 20 0 6 1 5 0 31 1
2008 18 0 0 0 0 0 18 0
2009 6 0 0 0 2 0 8 0
2010 6 0 1 0 5 0 12 0
通算 日本 J1 386 10 71 2 35 1 492 13
総通算 386 10 71 2 35 1 492 13

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2002-03 鹿島 4 3 0
2008 8 0
2009 2 1
2010 0 0
通算 AFC 13 1

その他の国際公式戦

経歴

編集

タイトル

編集

クラブ

編集
名古屋グランパスエイト
ジュビロ磐田
鹿島アントラーズ

指導者

編集
鹿島アントラーズ
U-21日本代表
  • U-23ドバイカップ :1回 (2022年)
U-23日本代表

個人

編集

代表歴

編集
  • U-20日本代表
  • 日本代表

試合数

編集
  • 国際Aマッチ 3試合 0得点 (2000年)[1]


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2000 3 0
2002 0 0
通算 3 0

出場

編集
No. 開催日 開催都市 スタジアム 対戦国 結果 監督 大会
1. 2000年2月5日  香港 香港スタジアム   メキシコ ●0-1 トルシエ カールスバーグカップ
2. 2000年6月4日  カサブランカ スタッド・モハメド・サンク   フランス ●2-2

(PK2-4)

トルシエ ハッサン2世杯
3. 2000年6月11日  宮城 宮城スタジアム   スロバキア △1-1 トルシエ キリンカップサッカー2000

関連項目

編集

出典

編集
  1. ^ a b “大岩 剛”. サッカー日本代表データベース. オリジナルの2015年1月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150115214046/http://www.japannationalfootballteam.com/players_a/go_oiwa.html 
  2. ^ 大岩剛をコンバート。ベンゲルが魔法をかけて、グランパスは変貌した”. Sportiva (2018年2月14日). 2018年4月6日閲覧。
  3. ^ No.322 名古屋グランパス チームを守る「戦力外通告」”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (2000年7月12日). 2013年8月31日閲覧。
  4. ^ 鹿島が新体制&新背番号を発表”. ゲキサカ (2011年2月2日). 2023年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月24日閲覧。
  5. ^ a b J王者・鹿島、石井監督解任…積極補強もACL敗退、大岩コーチが昇格”. サッカーキング (2017年5月31日). 2023年11月24日閲覧。
  6. ^ 大岩コーチの新監督就任について | 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト”. 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト | KASHIMA ANTLERS. 2023年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月24日閲覧。
  7. ^ 2017シーズンのJ1優勝の行方は最終節へ…首位鹿島と2位川崎Fは勝ち点2差、得失点差は…”. ゲキサカ (2017年11月29日). 2023年11月24日閲覧。
  8. ^ 最終節で奇跡の逆転V!!川崎FがJ1初優勝で悲願の初タイトル”. ゲキサカ (2017年12月2日). 2023年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月24日閲覧。
  9. ^ Inc, SEESAW GAME (2017年12月2日). “川崎が悲願の初タイトル獲得! 最終節で鹿島を逆転、クラブ史上初のJ1制覇”. サッカーキング. 2023年11月24日閲覧。
  10. ^ 鹿島は猛攻実らずドローで連覇逃す/磐-鹿第34節 - J1 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2023年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月24日閲覧。
  11. ^ YBCルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 鹿島アントラーズ vs ベガルタ仙台 試合レポート | 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト”. 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト | KASHIMA ANTLERS. 2023年11月30日閲覧。
  12. ^ 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝”. JFA|公益財団法人日本サッカー協会. 2020年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月30日閲覧。
  13. ^ 明治安田J1 第34節 鹿島アントラーズ vs サガン鳥栖 試合レポート | 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト”. 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト | KASHIMA ANTLERS. 2023年11月30日閲覧。
  14. ^ YBCルヴァンカップ 準決勝 第2戦 鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス 試合レポート | 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト”. 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト | KASHIMA ANTLERS. 2023年11月30日閲覧。
  15. ^ 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準決勝”. JFA|公益財団法人日本サッカー協会. 2022年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月30日閲覧。
  16. ^ 天皇杯 準決勝 鹿島アントラーズ vs 浦和レッズ 試合レポート | 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト”. 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト | KASHIMA ANTLERS. 2023年11月30日閲覧。
  17. ^ AFCチャンピオンズリーグ 決勝 第1戦 鹿島アントラーズ vs ペルセポリスFC 試合レポート | 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト”. 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト | KASHIMA ANTLERS. 2023年11月30日閲覧。
  18. ^ AFCチャンピオンズリーグ 決勝 第2戦 鹿島アントラーズ vs ペルセポリスFC 試合レポート | 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト”. 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト | KASHIMA ANTLERS. 2023年11月30日閲覧。
  19. ^ 鹿島大岩監督男泣き「厳しかった。非常にうれしい」 - ACL : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2023年11月24日閲覧。
  20. ^ a b 鹿島がACL初優勝 日本勢が大会連覇、クラブW杯出場へ”. 日本経済新聞 (2018年11月11日). 2023年11月24日閲覧。
  21. ^ 大岩監督が年間最優秀監督賞を受賞 | 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト”. 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト | KASHIMA ANTLERS. 2022年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月24日閲覧。
  22. ^ FIFAクラブワールドカップ UAE 2018 準決勝 鹿島アントラーズ vs レアル・マドリード 試合レポート | 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト”. 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト | KASHIMA ANTLERS. 2023年11月30日閲覧。
  23. ^ サッカー:クラブW杯・準決勝 鹿島 vs レアル・マドリード”. 毎日新聞. 2023年11月30日閲覧。
  24. ^ 鹿島、2年前の雪辱ならず…ベイルのハットトリックでレアルがクラブW杯決勝へ”. サッカーキング (2018年12月20日). 2023年11月30日閲覧。
  25. ^ FIFAクラブワールドカップ UAE 2018 3位決定戦 鹿島アントラーズ vs リーベルプレート 試合レポート | 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト”. 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト | KASHIMA ANTLERS. 2023年11月30日閲覧。
  26. ^ 鹿島、2年ぶりのクラブW杯は4位で終戦…南米王者リーベルに4失点完敗”. サッカーキング (2018年12月23日). 2023年11月30日閲覧。
  27. ^ 明治安田J1 第34節 鹿島アントラーズ vs 名古屋グランパス 試合レポート | 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト”. 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト | KASHIMA ANTLERS. 2023年11月30日閲覧。
  28. ^ YBCルヴァンカップ 準決勝 第2戦 鹿島アントラーズ vs 川崎フロンターレ 試合レポート | 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト”. 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト | KASHIMA ANTLERS. 2023年11月30日閲覧。
  29. ^ ヴィッセル神戸 vs 鹿島アントラーズ 試合情報|天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会|JFA.jp”. JFA|公益財団法人日本サッカー協会. 2023年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月30日閲覧。
  30. ^ 天皇杯 決勝 鹿島アントラーズ vs ヴィッセル神戸 試合レポート | 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト”. 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト | KASHIMA ANTLERS. 2023年11月30日閲覧。
  31. ^ AFCチャンピオンズリーグ 準々決勝 第2戦 鹿島アントラーズ vs 広州恒大 試合レポート | 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト”. 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト | KASHIMA ANTLERS. 2023年11月30日閲覧。
  32. ^ 大岩監督 退任のお知らせ | 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト”. 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト | KASHIMA ANTLERS. 2023年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月24日閲覧。
  33. ^ 鹿島の大岩監督が今季限りで退任「私の最後の仕事は…」”. ゲキサカ (2019年12月11日). 2023年11月24日閲覧。
  34. ^ 鹿島大岩監督が今季限りで退任 3年連続リーグV逸 - J1 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2021年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月24日閲覧。
  35. ^ 大岩剛氏が監督に電撃就任! U-18日本代表候補メンバー発表…松木玖生、福田師王ら26人”. ゲキサカ (2021年4月30日). 2023年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月24日閲覧。
  36. ^ U-21日本代表監督に大岩剛氏が就任”. JFA|公益財団法人日本サッカー協会. 2023年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月24日閲覧。
  37. ^ a b 大岩剛氏、パリ五輪サッカー代表監督に 鹿島でACL制覇”. 日本経済新聞 (2021年12月16日). 2023年11月24日閲覧。
  38. ^ 大岩剛氏のパリ五輪監督就任が正式決定!! 18年に鹿島でACL制覇”. ゲキサカ (2021年12月16日). 2023年11月24日閲覧。
  39. ^ 岩田千代巳. “【U22】日本がアルゼンチンに5発快勝、大岩剛監督地元で勝利「静岡で出来てうれしかった」 - 日本代表 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2023年11月24日閲覧。
  40. ^ U-22日本代表の大岩剛監督、地元凱旋試合で5得点快勝も「我々にはまだまだやるべきことがある」”. サッカーキング (2023年11月18日). 2023年11月24日閲覧。
  41. ^ 鹿島が難敵水原下し決勝T/アジアCL 2009年5月6日付 日刊スポーツ(2013年10月25日閲覧)

外部リンク

編集