メインメニューを開く

2006 ワールド・ベースボール・クラシック・メキシコ代表

2006 ワールド・ベースボール・クラシック・メキシコ代表(2006 - だいひょう)は、2006年3月に開催されたワールド・ベースボール・クラシック第1回大会に出場したメキシコ代表である。

概要編集

メジャーリーガーを中心に、リーガ・メヒカーナ・デ・ベイスボル(メキシコ夏季リーグ、メキシカンリーグの一つ)の選手やマイナーリーガーなどで構成された。監督はフランシスコ・エストラーダが務めた。

1次リーグは大方の予想に反して首位で通過した。2次リーグでは最下位に沈んだものの、日本戦を除き、失点は2点以内に留まった。最終戦でアメリカ合衆国から2点を奪って勝ったことで、日本が準決勝進出することになった。結果としてメキシコが日本の優勝を間接的に手助けした、とも言える。

最終成績編集

2次リーグ敗退(大会通算成績:3勝3敗)

1次リーグ編集

POOL B で2勝1敗。アメリカ合衆国カナダと並んだが、失点率で両者を上回っていたため首位で通過。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  メキシコ(1敗) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
  アメリカ合衆国(1勝) 0 0 0 1 0 0 1 0 X 2 6 1
マイク・ティムリン(1勝) Sブラッド・リッジ(1S) ロドリゴ・ロペス(1敗)
本塁打:【アメリカ】 デレク・リー1号(ソロ、ロドリゴ・ロペス) チッパー・ジョーンズ1号(ソロ、オスカー・ビヤリアル
メキシコは4回にデレク・リー、7回にチッパー・ジョーンズにそれぞれソロ本塁打を浴びた。投手陣は相手の得点をこの2点に抑えたが、打線が3併殺などの拙攻で完封負けを喫した。メキシコは黒星スタート。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  南アフリカ(2敗) 0 0 0 3 0 0 1 0 0 4 11 3
  メキシコ(1勝1敗) 2 1 2 0 3 1 1 0 X 10 12 2
フランシスコ・カンポス(1勝) ダリン・スミス(1敗)
本塁打:【メキシコ】 ホルヘ・カントゥ1号(ソロ、マシュー・ダンサー
初回に2点を先制したメキシコが、その後も着実に得点し、計10点を奪って大会初勝利を挙げた。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  メキシコ(2勝1敗) 4 2 0 2 0 1 0 0 0 9 14 0
  カナダ(2勝1敗) 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 4 2
エステバン・ロアイザ(1勝) ジェフ・フランシス(1敗)
本塁打:【メキシコ】 ホルヘ・カントゥ2号(2ラン、ジェフ・フランシス) マリオ・バレンズエラ1号(ソロ、マイク・マイヤーズ
メキシコが初回に4点、2回に2点と序盤から大量リード。投手陣も、前日にアメリカ合衆国から8点を挙げているカナダ打線をこの試合では1点に抑えた。9-1で圧勝したメキシコが、1次リーグ首位通過を決めた。

2次リーグ編集

POOL 1 で1勝2敗。日本アメリカ合衆国と並んだが、失点率で両者を下回っていたため最下位となり、敗退。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  メキシコ(1敗) 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 5 0
  韓国(1勝) 2 0 0 0 0 0 0 0 X 2 5 0
徐在応(2勝) S朴賛浩(3S) ロドリゴ・ロペス(2敗)
本塁打:【メキシコ】 ルイス・アルフォンソ・ガルシア1号(ソロ、徐在応) 【韓国】 李承燁4号(2ラン、ロドリゴ・ロペス)
初回に李承燁の2ランで先制されたメキシコは、その後相手の得点を許さなかったものの、反撃を1点に抑えられ敗戦。2次リーグ初戦を落とした。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  日本(1勝1敗) 0 0 0 4 1 0 0 0 1 6 12 2
  メキシコ(2敗) 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 3 2
松坂大輔(2勝) エステバン・ロアイザ(1勝1敗)
本塁打:【日本】 里崎智也1号(2ラン、エステバン・ロアイザ) 【メキシコ】 ミゲル・オヘダ1号(ソロ、薮田安彦
松坂大輔を始めとする日本投手陣の前に打線がソロ本塁打の1点のみに抑えられた。前日に続いて貧打に泣いたメキシコは連敗で、準決勝進出が絶望的となった。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
  アメリカ合衆国(1勝2敗) 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 3 0
  メキシコ(1勝2敗) 0 0 1 0 1 0 0 0 X 2 6 1
エドガー・ゴンザレス(1勝) Sデビッド・コルテス(1S) ロジャー・クレメンス(1勝1敗)
準決勝進出がほぼ絶望となったメキシコは、15日の練習をキャンセルしディズニーランドを観光した。しかしこの試合で2点を奪いアメリカ合衆国に勝利。この結果、1勝2敗で並んだ3チームのうち最も失点率がよかった日本が準決勝へ進出することとなった。

代表選手編集

ポジション 背番号 氏名 所属球団 備考
監督 31 フランシスコ・エストラーダ
コーチ 34 フェルナンド・バレンズエ
49 テディ・ロペス
投手 13 ロドリゴ・ナボ  ボルチモア・オリオールズ
21 エステバン・アイザ  オークランド・アスレチックス
33 パブロ・オルディナ  ティグレス・デル・メヒコ
45 エルマー・デセンス  カンザスシティ・ロイヤルズ
46 ロベルト・ラミレス  ディアブロス・ロホス・デル・メヒコ
47 ホルヘ・デラロサ  ミルウォーキー・ブルワーズ
48 フランシスコ・カンポス  ピラータス・デ・カンペチェ
50 アントニオ・オスーナ  ティグレス・デル・メヒコ
51 デビッド・コルテス  コロラド・ロッキーズ
52 デニス・レイエス  ロチェスター・レッドウイングス
54 エドガー・ゴンザレス  アリゾナ・ダイヤモンドバックス
56 ルイス・アヤラ  ワシントン・ナショナルズ
57 オスカー・ビヤレアル  アトランタ・ブレーブス
59 オリバー・ペレス  ピッツバーグ・パイレーツ
73 リカルド・リンコン  セントルイス・カージナルス
捕手 20 ミゲル・オヘーダ  コロラド・ロッキーズ
24 ジェロニモ・ギル  ボルチモア・オリオールズ
29 アダン・ムニョス  ティグレス・デル・メヒコ
内野手 3 ホルヘ・カントゥ  タンパベイ・デビルレイズ
8 アルフレッド・アメザガ  フロリダ・マーリンズ
9 ビニー・カスティーヤ  サンディエゴ・パドレス
17 フアン・カストロ  ミネソタ・ツインズ
22 ベンジー・ギル  カンザスシティ・ロイヤルズ
23 エイドリアン・ゴンザレス  サンディエゴ・パドレス
26 ルイス・クルーズ  モービル・ベイベアーズ
49 エルビエル・デュラーゾ  テキサス・レンジャーズ
外野手 7 マリオ・バレンズエラ  サラペーロス・デ・サルティーヨ
18 ルイス・A・ガルシア  ニューヨーク・ヤンキース
28 カリーム・ガルシア  オリックス・バファローズ
36 ルイス・C・ガルシア  ティグレス・デル・メヒコ

エピソード編集

判定問題

一塁塁審ボブ・デービッドソンマリオ・バレンズエラのライトポールに当たった打球を二塁打と判定し、物議を醸した。その後バレンズエラはホルヘ・カントゥの安打で生還している。

感謝メール

日本が準決勝に進出できたのはメキシコがアメリカを2-1という接戦で下したおかげだということで、感謝の意を表す日本人によるものと思われるメールが駐日メキシコ大使館に殺到した。この現象は2次リーグ最終戦終了直後から日本優勝後まで続いた。

外部リンク編集