メインメニューを開く

2011年岩手県知事選挙(2011ねんいわてけんちじせんきょ)は、2011年平成23年)9月11日に行われた岩手県知事を選出する選挙である。

2011年岩手県知事選挙
岩手県
2007年 ←
2011年9月11日 (2011-09-11)
→ 2015年

投票率 59.92%
  Tasso Takuya (2010).JPG Replace this image JA.svg
候補者 達増拓也 高橋博之
政党 無所属 無所属
同盟 民主党(推薦) 復興県民の会(推薦)
得票数 438,975 163,397
得票率 68.25% 25.40%

選挙前知事

達増拓也
無所属

選出知事

達増拓也
無所属

概要編集

現職の達増拓也の任期満了に伴う知事選挙。本来は第17回統一地方選挙の日程で実施されるはずであったが、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による震災東日本大震災)の影響を考慮して延期されていた[1]

政府8月2日閣議で岩手県知事選挙を含む13選挙の日程を正式に決定し、知事選挙は9月11日に投票が行われることが決定した。選挙は8月25日に告示され、政権与党である民主党が推薦する現職で2期目を目指す達増に対し、野党自民党社民党などが支援する県議会議員の高橋博之、共産党推薦の鈴木露通、無所属で前回の知事選に続く2度目の挑戦となった芦名鉄雄の新人3人が挑む構図となった。

各党の対応は、政権与党の民主党が達増を[2]、共産党が鈴木をそれぞれ推薦[3]。自民党は独自候補擁立を一旦は断念した[4]が、現職の達増の特定政党に偏った政治姿勢への党内での批判は強く、県連は同党での擁立作業を再開。超党派と民間人を入れた政治団体いわて復興県民の会を社民党や地域政党いわての県議らと共に立ち上げ、非民主党候補として高橋氏を擁立した[5]みんなの党は一旦は出馬の意向を固めた同党員の中村力の推薦に動いた[6]が中村が自ら出馬見送りを表明したため[7]、最終的に自主投票とした。公明党も自主投票とした[8]

基礎データ編集

告示日編集

執行日編集

同日選挙編集

立候補者編集

告示日の8月25日に立候補を届け出た候補者は以下の通りである。立候補届け出順。[11]

候補者名(読み) 年齢 党派 肩書き
芦名鉄雄
(あしな てつお)
66 無所属 会社役員
鈴木露通
(すずき つゆみち)
60 無所属
共産党 推薦)
団体役員、県労連議長
達増拓也
(たっそ たくや)
47 無所属
民主党 推薦)
岩手県知事(現職)、元民主党衆議院議員
高橋博之
(たかはし ひろゆき)
36 無所属
(いわて県民復興の会[12] 推薦)
無職、元県議会議員

選挙のタイムライン編集

選挙結果編集

 
各候補の得票率(得票数の多かった順)

投票率は59.92%で、前回2007年の68.53%を下回る投票率であった。(前回比 -8.61%)[11]当日の有権者数は108万4888人[11]であった。

候補者別の得票数の順位、得票数[11]、得票率、惜敗率、供託金没収概況は以下のようになった。供託金欄のうち「没収」とある候補者は、有効投票総数の10%を下回ったため全額没収された。得票率と惜敗率は未発表のため暫定計算とした(小数3位以下四捨五入)。

  順位 候補者名 党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 供託金
当選 1 達増拓也 無所属 438,975 68.25% ----
  2 高橋博之 無所属 163,397 25.40% 37.22%
  3 鈴木露通 無所属 25,240 3.92% 5.75% 没収
  4 芦名鉄雄 無所属 15,567 2.42% 3.55% 没収

選挙の結果、現職の達増が高橋ら3氏に大差をつけて再選を果たした[5]。当選した達増は県が8月にまとめた復興計画を事実上のマニフェストとして掲げ県内の幅広い有権者からの支持を得ることに成功した。一方、前岩手県議で自民党や社民党、地域政党いわてなど非民主勢力の後押しを受けた高橋は、出馬表明が7月末で出遅れたことと、知名度不足もあって支持が浸透しなかった。

脚注編集

  1. ^ a b 3月22日に交付された「平成二十三年東北地方太平洋沖地震に伴う地方公共団体の議会の議員及び長の選挙期日等の臨時特例に関する法律」に基づく
  2. ^ a b 【民主党】常任幹事会で達増推薦決定 小沢一郎元代表の側近 岩手県知事選 - 2ch 他
  3. ^ a b “岩手県労連議長の鈴木露通氏が知事選表明”. 日刊スポーツ. (2011年2月13日). http://www.811200.com/general/news/f-gn-tp3-20110213-736692.html 2013年3月10日閲覧。 
  4. ^ a b “岩手知事選…自民独自断念、中村氏担ぐ動きなし”. 読売新聞. (2011年3月3日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/2011/news/20110303-OYT1T00456.htm 2013年3月10日閲覧。 
  5. ^ a b “達増氏圧勝で再選 知事選、高橋氏に27万票差”. 盛岡タイムズ. (2011年9月12日). http://www.morioka-times.com/news/2011/1109/12/11091201.htm 2013年3月10日閲覧。 
  6. ^ a b “中村力元衆院議員、知事選出馬へ…達増氏に挑戦”. 読売新聞. (2011年2月24日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20110224-OYT1T00575.htm 2013年3月10日閲覧。 
  7. ^ a b “知事選は9月11日投票 県選管が方針、被災地も可能と判断”. 盛岡タイムズ. (2011年6月30日). http://www.morioka-times.com/news/2011/1106/30/11063001.htm 2013年3月10日閲覧。 
  8. ^ a b “岩手知事選、公明は自主投票”. 朝日新聞. (2011年8月8日). http://www.asahi.com/senkyo/news/TKY201108070391.html 2013年3月10日閲覧。 
  9. ^ a b c 知事選・県議選 日程確定 - 民主党岩手県連ホームページ
  10. ^ a b c d 2011年9月11日の選挙結果 - 政治山
  11. ^ a b c d 岩手県知事選挙(2011年9月11日投票)候補者一覧
  12. ^ a b 自民党社民党地域政党いわてが参加
  13. ^ “達増氏が再選出馬を表明 来春の知事選”. 盛岡タイムズ. (2010年12月19日). http://www.morioka-times.com/news/2010/1012/19/10121901.htm 2013年3月10日閲覧。 
  14. ^ “岩手知事選・県議選など延期の選挙指定 総務相”. 朝日新聞. (2011年3月22日). http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103220345.html 2013年3月10日閲覧。 
  15. ^ “〈知事選〉高橋博之氏が出馬会見 無所属で現職に対抗”. 盛岡タイムズ. (2011年7月30日). http://www.morioka-times.com/news/2011/1107/30/11073001.htm 2013年3月10日閲覧。 
  16. ^ “岩手県知事選告示、4氏届け出 震災復興が争点”. 日本経済新聞. (2011年8月25日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASFS2403H_V20C11A8EB1000 2013年3月10日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集