メインメニューを開く

2012年モナコグランプリは、2012年F1世界選手権第6戦として、2012年5月27日モンテカルロ市街地コースで開催された。正式名称はFormula 1 Gran Prix de Monaco 2012[1]

モナコの旗 2012年モナコグランプリ
レース詳細
Monte Carlo Formula 1 track map.svg
日程 2012年シーズン第6戦
決勝開催日 5月27日
開催地 モンテカルロ市街地コース
モナコ
コース長 3.340km
レース距離 78周(260.520km)
決勝日天候 晴時々雨
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:14.381
ファステストラップ
ドライバー メキシコの旗 セルジオ・ペレス
タイム 1:17.296(Lap 49)
決勝順位
優勝
2位
3位

予選編集

Q1開始早々に、ペレスがターン14でクラッシュし赤旗中断となった。ペレスにとっては2年連続の予選クラッシュである。 Q2はトップのマッサから10番手のライコネンまでが0.411秒差という大混戦。 Q3ではシューマッハが最後のアタックで通算69回目、復帰後初のトップタイムを記録した。前戦でのペナルティでポールポジションからのスタートができないことはわかっているが、この日は喜びを爆発させた。代わってポールポジションからスタートするのはウェバー。以下ロズベルグ、ハミルトンと続いての決勝スタートとなる。

結果編集

順位 No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 グリッド
1 7   ミハエル・シューマッハ メルセデス 1:15.873 1:15.062 1:14.301 61
2 2   マーク・ウェバー レッドブル-ルノー 1:16.013 1:15.035 1:14.381 1
3 8   ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:15.900 1:15.022 1:14.448 2
4 4   ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 1:16.063 1:15.166 1:14.583 3
5 10   ロマン・グロージャン ロータス-ルノー 1:15.718 1:15.219 1:14.639 4
6 5   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:16.153 1:15.128 1:14.948 5
7 6   フェリペ・マッサ フェラーリ 1:15.983 1:14.911 1:15.049 7
8 9   キミ・ライコネン ロータス-ルノー 1:15.889 1:15.322 1:15.199 8
9 18   パストール・マルドナド ウィリアムズルノー 1:16.017 1:15.026 1:15.245 242
10 1   セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 1:15.757 1:15.234 9
11 12   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 1:15.418 1:15.421 10
12 14   小林可夢偉 ザウバー-フェラーリ 1:15.648 1:15.508 11
13 3   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 1:16.399 1:15.536 12
14 19   ブルーノ・セナ ウィリアムズルノー 1:15.923 1:15.709 13
15 11   ポール・ディ・レスタ フォースインディアメルセデス 1:16.062 1:15.718 14
16 16   ダニエル・リチャルド トロ・ロッソフェラーリ 1:16.360 1:15.878 15
17 17   ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソフェラーリ 1:16.491 1:16.885 16
18 20   ヘイキ・コバライネン ケータハムルノー 1:16.538 17
19 21   ヴィタリー・ペトロフ ケータハムルノー 1:17.404 18
20 24   ティモ・グロック マルシャコスワース 1:17.947 19
21 22   ペドロ・デ・ラ・ロサ HRTコスワース 1:18.096 20
22 25   シャルル・ピック マルシャコスワース 1:18.476 21
23 23   ナレイン・カーティケヤン HRTコスワース 1:19.310 22
予選通過タイム: 1:20.697 (107%ルール)
24 15   セルジオ・ペレス ザウバー-フェラーリ no time 233
追記
^1 - シューマッハは前戦スペイングランプリでのセナとの接触によるペナルティで5グリット降格[2]
^2 - マルドナドはフリー走行でのペレスとの接触により10グリット降格のペナルティ。更にギアボックス交換を行ったため、合計15グリットの降格[3]
^3 — ペレスはQ1でクラッシュしノータイムであったが、スチュワードの判断により決勝レースへの出走が認められた[4]

決勝編集

展開編集

現地時間14時開始の決勝レースは、気温22℃、路面温度35度のドライコンディション。レース中に降雨との予報が出る中でのスタートとなった。 スタート時のタイヤは、上位勢ではベッテルバトンがソフト、多くのドライバーはスーパーソフトを履いてのスタートとなった。 多くのチームが2ストップ作戦を採ると考えられる中、ソフトスタートの2台は1ストップ作戦での上位進出を狙う。

スタート直後、4番手スタートのグロージャンシューマッハとの接触をきっかけにスピン。 後続を巻き込む多重クラッシュとなり早くもセーフティーカーの導入となった。 この接触などにより、グロージャン、マルドナドデラロサ小林可夢偉が1周目でリタイアを喫した。

リスタートは3周目の終わり。この時点での順位はウェバーロズベルグハミルトンアロンソマッサベッテルライコネンシューマッハ。 各チーム、25~33周目には雨が降るとの予報を受けて1回目のピットストップを先延ばしにしていたものの、結局雨は降らず。 28周目のロズベルグを皮切りに上位勢は次々とピットへ入った。 一人違う作戦を採るベッテルはピットインせずに暫定トップ。 アロンソはピットストップでハミルトンを交わした。

ベッテルのタイヤ交換は46周目。ピットストップを終えてハミルトンの前、4番手で隊列に復帰した。 70周目、ポルティエからヌーベルシケインにかけて強めの雨が降り出すがインターミディエイトに変えるほどではなく、このままチェッカーを迎えた。 ウェバーが今シーズンの初優勝。終わってみればポールトゥウィンという教科書通りの勝ち方であった。 表彰台にはロズベルグ、アロンソが上り、ベッテルは4番手であった。 雨が降るという予報によって上位勢が1回目のピットストップを遅らせたため、終わってみれば全車1ストップとなりベッテルの作戦は活きなかった。

結果編集

順位 No. ドライバー チーム 周回数 タイム / リタイア グリッド ポイント
1 2   マーク・ウェバー レッドブル-ルノー 78 1:46:06.557 1 25
2 8   ニコ・ロズベルグ メルセデス 78 +0.643 2 18
3 5   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 78 +0.947 5 15
4 1   セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 78 +1.343 9 12
5 4   ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 78 +4.101 3 10
6 6   フェリペ・マッサ フェラーリ 78 +6.195 7 8
7 11   ポール・ディ・レスタ フォースインディアメルセデス 78 +41.537 14 6
8 12   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 78 +42.562 10 4
9 9   キミ・ライコネン ロータス-ルノー 78 +44.036 8 2
10 19   ブルーノ・セナ ウィリアムズルノー 78 +44.516 13 1
11 15   セルジオ・ペレス ザウバー-フェラーリ 77 +1 Lap 23
12 17   ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソフェラーリ 77 +1 Lap 16
13 20   ヘイキ・コバライネン ケータハムルノー 77 +1 Lap 17
14 24   ティモ・グロック マルシャコスワース 77 +1 Lap 19
15 23   ナレイン・カーティケヤン HRTコスワース 76 +2 Laps 22
16 3   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 70 接触 12
Ret 16   ダニエル・リチャルド トロ・ロッソフェラーリ 65 ステアリング 15
Ret 25   シャルル・ピック マルシャコスワース 64 電気系 21
Ret 7   ミハエル・シューマッハ メルセデス 63 燃圧 6
Ret 21   ヴィタリー・ペトロフ ケータハムルノー 15 電気系 18
Ret 14   小林可夢偉 ザウバー-フェラーリ 5 接触 11
Ret 22   ペドロ・デ・ラ・ロサ HRTコスワース 0 接触 20
Ret 18   パストール・マルドナド ウィリアムズルノー 0 接触 24
Ret 10   ロマン・グロージャン ロータス-ルノー 0 接触 4
脚注:[5]

第6戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集