メインメニューを開く

2016年バーレーングランプリ

2016年バーレーングランプリは、2016年のF1世界選手権第2戦として、2016年4月3日バーレーン・インターナショナル・サーキットで開催された。

バーレーンの旗 2016年バーレーングランプリ
レース詳細
Circuit Bahrain 2004.svg
日程 2016年シーズン第2戦
決勝開催日 4月3日
開催地 バーレーン・インターナショナル・サーキット
バーレーン サヒール
コース長 5.412km
レース距離 57周(308.238km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:29.493
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ
タイム 1:34.482(Lap 41)
決勝順位
優勝
2位
3位

レース前編集

マクラーレンは、前戦オーストラリアGPの決勝で大クラッシュしたフェルナンド・アロンソがドクターストップのため欠場。リザーブドライバーのストフェル・バンドーンが代走を務めることになった[1]

予選編集

2016年4月2日(土曜日)

ルイス・ハミルトンが2戦連続のポールポジションメルセデス勢が2戦連続でフロントローを独占した。

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:31.391 1:30.039 1:29.493 1
2 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:31.325 1:30.535 1:29.570 2
3 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:31.636 1:30.409 1:30.012 3
4 7   キミ・ライコネン フェラーリ 1:31.685 1:30.559 1:30.244 4
5 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:31.403 1:31.122 1:30.854 5
6 77   バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 1:31.672 1:30.931 1:31.153 6
7 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:32.045 1:31.374 1:31.155 7
8 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 1:31.987 1:31.604 1:31.620 8
9 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:32.005 1:31.756 9
10 33   マックス・フェルスタッペン トロ・ロッソ-フェラーリ 1:31.888 1:31.772 10
11 55   カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 1:31.716 1:31.816 11
12 47   ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 1:32.472 1:31.934 12
13 21   エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 1:32.118 1:31.945 13
14 22   ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 1:31.976 1:31.998 14
15 26   ダニール・クビアト レッドブル-タグ・ホイヤー 1:32.559 1:32.241 15
16 94   パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 1:32.806 16
17 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:32.840 17
18 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:32.911 18
19 20   ケビン・マグヌッセン ルノー 1:33.181 PL1
20 30   ジョリオン・パーマー ルノー 1:33.438 19
21 88   リオ・ハリアント MRT-メルセデス 1:34.190 20
22 12   フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 1:34.388 21
107% time: 1:37.717
ソース[2][3]
追記
  • ^1 - マグヌッセンは金曜日のFP2(フリー走行2回目)で重量測定の指示に従わなかったため、決勝はピットレーンからスタート[4]

決勝編集

2016年4月3日(日曜日)

3番手スタートであったセバスチャン・ベッテルがフォーメションラップ中にエンジントラブルで姿を消す波乱の展開からレースはスタートすることとなる。スタートではポールポジションのルイス・ハミルトンと4番手スタートのキミ・ライコネンがスタートに失敗。さらにハミルトンは1コーナーでバルテリ・ボッタスに追突され順位を大きく落とすこととなってしまう。

しかしハミルトンはマシンにダメージを負いながらもすぐに立て直し順位を上げていく。ライコネンも徐々に順位を上げていき中盤には2位にまで順位を上げた。その後は大きな波乱もなくニコ・ロズベルグが余裕の1位フィニッシュで開幕2連勝。2位にはバーレーンでは2年連続でライコネン、3位にはハミルトンが入った。

ハースはデビューから2戦連続のポイント獲得。このレースがデビュー戦となったストフェル・バンドーンは10位入賞を果たし、マクラーレンに今シーズン初のポイントをもたらした。

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 57 1:33.34.696 2 25
2 7   キミ・ライコネン フェラーリ 57 +10.282 4 18
3 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 57 +30.148 1 15
4 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 57 +1:02.494 5 12
5 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 57 +1:18.299 9 10
6 33   マックス・フェルスタッペン トロ・ロッソ-フェラーリ 57 +1:20.929 10 8
7 26   ダニール・クビアト レッドブル-タグ・ホイヤー 56 +1 Lap 15 6
8 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 56 +1 Lap 7 4
91 77   バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 56 +1 Lap 6 2
10 47   ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 56 +1 Lap 12 1
11 20   ケビン・マグヌッセン ルノー 56 +1 Lap PL
12 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 56 +1 Lap 17
13 94   パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 56 +1 Lap 16
14 12   フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 56 +1 Lap 21
15 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 56 +1 Lap 8
16 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 56 +1 Lap 18
17 88   リオ・ハリアント MRT-メルセデス 56 +1 Lap 20
Ret 55   カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 29 接触ダメージ 11
Ret 21   エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 10 ブレーキ 13
Ret 22   ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 6 エンジン 14
DNS 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 0 エンジン[5]
DNS 30   ジョリオン・パーマー ルノー 0 ハイドロリック系[6]
ソース[7]
ファステストラップ
ラップリーダー
追記

第2戦終了時点のランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集