メインメニューを開く

2018年アジア競技大会におけるサッカー競技

2018年アジア競技大会におけるサッカー競技は、インドネシア2018年8月14日から9月1日まで開催された。

2018年アジア競技大会におけるサッカー競技(男子)
大会概要
開催国  インドネシア
日程 2018年8月10日 - 9月1日
チーム数 25
開催地数(4都市)
大会結果
優勝  韓国 (5回目)
準優勝  日本
3位  アラブ首長国連邦
4位  ベトナム
大会統計
試合数 56試合
ゴール数 165点
(1試合平均 2.95点)
 < 20142022
2018年アジア競技大会におけるサッカー競技(女子)
大会概要
開催国  インドネシア
日程 2018年8月16日 - 31日
チーム数 11
開催地数(1都市)
大会結果
優勝  日本 (2回目)
準優勝  中国
3位  韓国
4位  チャイニーズタイペイ
大会統計
試合数 23試合
ゴール数 135点
(1試合平均 5.87点)
 < 20142022

目次

概要編集

同競技開幕戦は開会式の4日前に行われ、男子サッカーでは24か国、女子サッカーでは11か国が出場[1]。男子は23歳以下の選手(1995年1月1日以降に生まれた選手)、および1チームあたり3名までのオーバーエージ枠選手のみが出場できる。女子は年齢制限を設けず行われる[1]

会場編集

組み合わせ編集

組み合わせは2018年7月5日にジャカルタで行われ、男女それぞれ組み合わせが決まった[2]。その後男子でパレスチナアラブ首長国連邦を入れ忘れたことが判明し、7月25日に改めて抽選が行われ、パレスチナはA組、アラブ首長国連邦はE組に入ることとなった[3]。男子は2チームが増えたため開幕が当初の8月14日から8月10日に繰り上がった[4]。さらにその後、グループCに割り当てられていたイラクが出場辞退することとなったため、各グループのチーム数を最低4チーム確保するため、パレスチナかアラブ首長国連邦のどちらかをグループCに移す抽選を行うこととなった。結果、アラブ首長国連邦がグループCに移った[5]

男子編集

キックオフ時間は現地時間 (UTC+7) による。

グループリーグ編集

決勝トーナメントには、各グループの上位2チームと、各グループ3位チームのうち成績上位4チームが進出する。各グループ3位チーム同士を比較する際は、5チームあるグループのチームについては、グループ最下位チームとの対戦戦績を除外して比較する。[1]

グループA編集

チーム
1   インドネシア 4 3 0 1 11 3 +8 9
2   パレスチナ 4 2 2 0 5 3 +2 8
3   香港 4 2 1 1 9 5 +4 7
4   ラオス 4 1 0 3 4 8 −4 3
5   チャイニーズタイペイ 4 0 1 3 0 10 −10 1



2018年8月12日 (2018-08-12)
16:00
パレスチナ   2 - 1   ラオス
レポート




2018年8月17日 (2018-08-17)
16:00
香港   1 - 1   パレスチナ
レポート


2018年8月20日 (2018-08-20)
19:00
インドネシア   3 - 1   香港
レポート

グループB編集

チーム
1   ウズベキスタン 3 3 0 0 10 0 +10 9
2   バングラデシュ 3 1 1 1 2 4 −2 4
3   タイ 3 0 2 1 2 3 −1 2
4   カタール 3 0 1 2 1 8 −7 1


2018年8月14日 (2018-08-14)
19:00
タイ   1 - 1   カタール
レポート





グループC編集

チーム
1   中国 3 3 0 0 11 1 +10 9
2   シリア 3 2 0 1 6 5 +1 6
3   アラブ首長国連邦 3 1 0 2 5 4 +1 3
4   東ティモール 3 0 0 3 3 15 −12 0




2018年8月16日 (2018-08-16)
19:00
シリア   0 - 3   中国
レポート



グループD編集

チーム
1   ベトナム 3 3 0 0 6 0 +6 9
2   日本 3 2 0 1 5 1 +4 6
3   パキスタン 3 1 0 2 2 8 −6 3
4   ネパール 3 0 0 3 1 5 −4 0


2018年8月14日 (2018-08-14)
19:00
日本   1 - 0   ネパール
三笘薫   7分 レポート
ウィバワ・ムクティ・スタジアム, シカラン
主審: ALMARZOOQI Sultan Abdulrazzaq I. (UAE)

2018年8月16日 (2018-08-16)
16:00
パキスタン   0 - 4   日本
レポート 岩崎悠人   2分35分
旗手怜央   9分
前田大然   10分




グループE編集

チーム
1   マレーシア 3 2 0 1 7 5 +2 6
2   韓国 3 2 0 1 8 2 +6 6
3   バーレーン 3 1 1 1 5 10 −5 4
4   キルギス 3 0 1 2 3 6 −3 1





2018年8月20日 (2018-08-20)
19:00
韓国   1 - 0   キルギス
レポート

グループF編集

チーム
1   イラン 3 1 1 1 3 2 +1 4
2   北朝鮮 3 1 1 1 4 4 0 4
3   サウジアラビア 3 1 1 1 3 3 0 4
4   ミャンマー 3 1 1 1 3 4 −1 4





2018年8月20日 (2018-08-20)
16:00
イラン   0 - 2   ミャンマー
レポート


各組3位チーム編集

チーム 出場権
1 A   香港 3 1 1 1 5 5 0 4 決勝トーナメント進出
2 F   サウジアラビア 3 1 1 1 3 3 0 4
3 E   バーレーン 3 1 1 1 5 10 −5 4
4 C   アラブ首長国連邦 3 1 0 2 5 4 +1 3
5 D   パキスタン 3 1 0 2 2 8 −6 3
6 B   タイ 3 0 2 1 2 3 −1 2
出典:

決勝トーナメント編集

決勝トーナメントでは90分で決着が付かない場合は延長戦を行い、それでも決着が付かない場合はPK戦を行う。ただし、3位決定戦は90分で決着が付かない場合は延長戦を行わず、PK戦で勝敗を決める[6]

ラウンド16 準々決勝 準決勝 決勝
                           
8月23日 – シカラン            
   パレスチナ 0
8月27日 – ブカシ
   シリア 1  
   シリア 0
8月23日 – シカラン
     ベトナム(aet) 1  
   ベトナム 1
8月29日 – チビノン
   バーレーン 0  
   ベトナム 1
8月23日 – ブカシ
     韓国 3  
   ウズベキスタン 3
8月27日 – ブカシ
   香港 0  
   ウズベキスタン 3
8月23日 – ブカシ
     韓国(aet) 4  
   イラン 0
9月1日 – チビノン
   韓国 2  
   韓国(aet) 2
8月24日 – ブカシ
     日本 1
   中国 3
8月27日 – チビノン
   サウジアラビア 4  
   サウジアラビア 1
8月24日 – ブカシ
     日本 2  
   マレーシア 0
8月29日 – チビノン
   日本 1  
   日本 1
8月24日 – シカラン
     アラブ首長国連邦 0   3位決定戦
   インドネシア 2 (3)
8月27日 – チビノン 9月1日 – チビノン
   アラブ首長国連邦(PK) 2 (4)  
   アラブ首長国連邦(PK) 1 (5)    ベトナム 1 (3)
8月24日 – シカラン
     北朝鮮 1 (3)      アラブ首長国連邦(PK) 1 (4)
   バングラデシュ 1
   北朝鮮 3  

1回戦編集


2018年8月23日 (2018-08-23)
16:00
パレスチナ   0 - 1   シリア
レポート


2018年8月23日 (2018-08-23)
19:30
イラン   0 - 2   韓国
レポート



2018年8月24日 (2018-08-24)
19:30
マレーシア   0 - 1   日本
レポート 上田綺世   90分 (PK)

準々決勝編集


2018年8月27日 (2018-08-27)
16:00
サウジアラビア   1 - 2   日本
o.g.   39分 (立田悠悟) レポート 岩崎悠人   31分73分

2018年8月27日 (2018-08-27)
19:30
シリア   0 - 1
(延長)
  ベトナム
レポート

準決勝編集

2018年8月29日 (2018-08-29)
16:00
ベトナム   1 - 3   韓国
レポート

3位決定戦編集

決勝編集

2018年9月1日 (2018-09-01)
18:30
韓国   2 - 1
(延長)
  日本
イ・スンウ   93分
ファン・ヒチャン   101分
レポート 上田綺世   115分

女子編集

キックオフ時間は現地時間 (UTC+7) による。

グループリーグ編集

決勝トーナメントには、各グループの上位2チームと、各グループ3位チームのうち成績上位2チームが進出する。各グループ3位チーム同士を比較する際は、4チームあるグループのチームについては、グループ最下位チームとの対戦戦績を除外して比較する。[1]

グループA編集

チーム
1   韓国 3 3 0 0 22 1 +21 9
2   チャイニーズタイペイ 3 2 0 1 12 2 +10 6
3   インドネシア 3 1 0 2 6 16 −10 3
4   モルディブ 3 0 0 3 0 21 −21 0







グループB編集

チーム
1   中国 3 3 0 0 25 0 +25 9
2   北朝鮮 3 2 0 1 24 2 +22 6
3   香港 3 1 0 2 6 16 −10 3
4   タジキスタン 3 0 0 3 1 38 −37 0







グループC編集

チーム
1   日本 2 2 0 0 9 0 +9 6
2   ベトナム 2 1 0 1 3 9 −6 3
3   タイ 2 0 0 2 2 5 −3 0




各組3位チーム編集

チーム
1   タイ(グループC) 2 0 0 2 2 5 −3 0
2   香港(グループB) 2 0 0 2 0 15 −15 0
3   インドネシア(グループA) 2 0 0 2 0 16 −16 0

決勝トーナメント編集

 
準々決勝準決勝決勝
 
          
 
8月24日
 
 
  韓国5
 
8月28日
 
  香港0
 
  韓国1
 
8月25日
 
  日本2
 
  日本2
 
8月31日
 
  北朝鮮1
 
  日本1
 
8月24日
 
  中国0
 
  チャイニーズタイペイ(PK)0 (4)
 
8月28日
 
  ベトナム0 (3)
 
  チャイニーズタイペイ0
 
8月25日
 
  中国1 3位決定戦
 
  中国5
 
8月31日
 
  タイ0
 
  韓国4
 
 
  チャイニーズタイペイ0
 

準々決勝編集




準決勝編集


3位決定戦編集

決勝編集

最終結果編集

メダル 男子 女子
  韓国   日本
  日本   中国
  アラブ首長国連邦   韓国

出典編集

外部リンク編集