AIMS-74は、ルーマニアが独自に改良を加えたAK-74の派生型である。AIMS-74とは輸出用の商品名であり、ルーマニア軍ではPuşcă Automată model 1986の正式名が与えられている(PA md. 86もしくはmd. 86とも表記)。

AIMS-74
Puşcă Automată model 1986
PA md. 86.jpg
AIMS-74
AIMS-74
Puşcă Automată model 1986
種類 小銃
製造国 ルーマニアの旗 ルーマニア
設計・製造 S.C.ウジナ・メカニカル・クジールs.a.
仕様
種別 アサルトライフル
口径 5.45mm
銃身長 432mm
使用弾薬 5.45x39mm弾
装弾数 30発
作動方式 長ガス・ピストン式
回転ボルト閉鎖
セミオート/3点バースト/フルオート切替射撃
全長 943mm/748mm
重量 3.69kg
発射速度 700発/分
銃口初速 880m/秒
有効射程 500m
歴史
配備期間 1986年-
配備先 ルーマニア軍
関連戦争・紛争 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争コソボ紛争アフガニスタン紛争 (2001年-)イラク戦争
テンプレートを表示

目次

概要編集

AIMS-74は、銃床東ドイツ製のMPi-KMS-72と同型の右側面折畳式銃床を装備しているほか、ルーマニア製AKに特有の垂直フォアグリップも装備している。

ソ連東欧諸国製のAK-74[1]と比較してみると、銃身からガスピストンシリンダーに発射ガスを送り込むガスポートの角度がAK-74系で一般的な90度ではなく、AK-47AKMで一般的な45度であるという点や、AK-47/AKM用マガジンと同様のリブ付金属製マガジンのみが製造され、AK-74系で一般的なプラスチック製マガジンを生産していない[2]など、AK-47/AKM系の特徴を比較的色濃く残している。

しかし、内部機構ではAK系としては珍しく3点バースト連射機構を追加しており[3]、レシーバー右側面のセレクターは上から順にフルオート、3点バースト、セミオートのポジションとなる。

AIMS-74にはAIMと同様、銃身とガスピストンを短縮化して銃口部分に独自形状のフラッシュサプレッサーを装着したカービンモデルも生産されている。

脚注編集

  1. ^ 東ドイツ製MPi-KMS-74やポーランドKbk wz. 1988 タンタル、ブルガリア製AK-74
  2. ^ AKMが開発された際に7.62x39mm弾用のプラスチック製マガジンも登場した
  3. ^ AK系で同様に3点バースト機構を持つのは、イズマッシュ社のAK-107/108とポーランド製のkbk wz. 1988 タンタルとその後継であるKbs wz. 1996 ベリルが知られている

関連項目編集

外部リンク編集