メインメニューを開く

CarPlay(カープレイ)とは、アップルによって開発された、カーラジオやヘッドユニットを操作してiPhoneのコントローラとして使用できるアップルの規格である。「Apple CarPlay」とも表記される。

CarPlay
Apple CarPlay Logo.png
作者 アップル
開発元 アップル
初版 2014年 (2014)
対応OS iOS 7.1以降
プラットフォーム iPhone 5以降
対応言語 英語日本語など
サポート状況 開発中
種別 テレマティクス
ライセンス プロプライエタリ・ソフトウェア商用ソフトウェア
公式サイト https://www.apple.com/jp/ios/carplay/
テンプレートを表示

概要編集

CarPlayは、Lightningケーブル、またはBluetoothを使ってiPhoneを車に接続して使用する。CarPlayを立ち上げたら、車のダッシュボードのテレマティクス装置にiOSのようなインターフェースが表示されて、Siriや、マップiTunesSMS電話などさまざまなiOSアプリケーションにアクセスできる[1]

ながら運転を防ぐためにSiriが広範囲で使用され、Apple Maps の音声ナビゲーションとテキストメッセージの音声入力を提供する。視覚的な情報の代わりに天気や株価がニュースキャスターのように発表される。CarPlay の使用中に、視覚情報を表示する要求がブロックされる場合がある。ほとんどの純正CarPlayアプリは、最小限の相互作用でオーディオコンテンツを提供する。開発者は、CarPlay 対応アプリを開発する資格を Apple に申請する必要がある。

ホストのiPhoneにCarPlayに対応しているAppがインストールされていると、その対応するAppが CarPlay ホーム画面に表示される。純正アプリには、電話、ミュージック、Apple Mapsカレンダー(iOS 13)、iMessageオーディオブック、Podcastがある。サードパーティ製Appのオーディオコンテンツプロバイダは一般的に、iHeartRadio、Radioplayer、Spotify、Radio.com、Overcast、Pocket Casts、Google Play Music、Clammer、NPR One、Audiobooks.com、Audibleなどがある。

歴史編集

2014年3月3日に、CarPlayが正式発表された。[2]

パートナー企業編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集