Far Cry 4
ファー クライ4
Far Cry 4.png
ジャンル ファーストパーソン・シューティングゲーム, オープンワールド
対応機種 PlayStation 3
PlayStation 4
Xbox 360
Xbox One
Microsoft Windows
開発元 ユービーアイソフトモントリオールスタジオ
発売元 ユービーアイソフト
シリーズ ファークライシリーズ
人数 オフライン1人 (オンラインプレイは2人~4人)
メディア [PS3/PS4/XBOne]BD-ROM
[XB360]DVD-ROM
[Windows]DVD-ROM/ダウンロード販売
発売日 アメリカ合衆国の旗 2014年11月18日
日本の旗 2015年1月29日(Windows以外)
対象年齢 CEROZ(18才以上のみ対象)
エンジン Dunia Engine 2
売上本数 [PS4]
日本の旗 6万6794本(2015年12月)[1]
[PS3]
日本の旗 4万4,871本(2015年3月)[2]
[XBOne]
日本の旗 1,920本(2015年2月)[3]
テンプレートを表示

Far Cry 4』(ファークライ4)は、ユービーアイソフトモントリオールスタジオ開発、ユービーアイソフト発売のファーストパーソン・シューティングゲーム北米では2014年11月18日日本ではMicrosoft Windows版以外が2015年1月29日に発売された。日本のWindows版は2015年1月29日に発売予定だったが、当日に配信が取り止めになった。ユービーアイソフトは2015年2月中発売予定と主張しているが、予約購入者からの問合せに対しても延期の理由を一切公表していない。

目次

概要編集

ファークライシリーズ4作目。前作との物語上のつながりはないが、一部の武器、システムが(改善や変更をしたうえで)引き続き使用されている。

ストーリーを追うキャンペーンミッション以外にも、人質の解放や敵の殺害を目的としたクエストやアクティビティ、敵のウェーブを耐え抜くアリーナ、フィールド上にランダムに発生するカルマイベントなどが存在する。それ以外にも収集品のコレクタブル、動物の狩り、もしくはフィールド上の敵兵士とただ戦闘することもできる[4]。フィールドが山岳地帯となったため、グラップルアクションやジャイロコプターなども追加されている。

ストーリー編集

母親の遺言に従って、故郷である南アジアの小国・キラットに遺灰を携えて訪れたエイジェイ・ゲールは、入国時にキラット王立軍と反政府勢力・ゴールデン・パスの小競り合いに巻き込まれ、そのまま王宮へと連行されてしまう。現キラット国王であるパガン・ミンと対峙したエイジェイは、その狂気に満ちた振る舞いを目の当たりにし、ゴールデン・パスの手助けにより王宮から逃亡する。逃亡の最中、ゴールデンパスの指導者であるサバルから、自分がキラットの英雄モハン・ゲールの息子であることを知らされたエイジェイは、ゴールデン・パスに加わり、パガン・ミンの軍との戦いに身を投じていく。

登場組織編集

王立軍と近衛兵
パガン・ミンに率いられたキラットの常設軍。ミンを崇拝しており、絶対的な忠誠を誓っている。軍事力を使い国民に対して略奪・暴行の他に麻薬栽培などを行い、抵抗するものは容赦なく弾圧する。豊富な資金と装備を背景にゴールデン・パスを圧倒している。赤を基調とした戦闘服が特徴。南キラットでは比較的軽装の王立軍兵士が駐留しているが、北キラットでは防弾チョッキや強力な火器を有する重装備の近衛兵が巡回している。
ゴールデン・パス(Golden Pass)
パガン・ミンの支配を終わらせるために蜂起した反政府勢力。アミータとサバルの二人のリーダーに率いられており、考えの違う双方の意見衝突が度々起こっている。青い服に黄色いバンダナがトレードマークであり、装備はAK47やRPG-7など旧東側のものが主流で、武装されたテクニカルや民間の商用トラックを使用している。劣勢な戦況を好転させるため、多くの犠牲を払いながらゴールデン・パスの創設者であるモハン・ゲールの息子エイジェイ・ゲールを救出した。その後は彼らと共に王立軍と戦っていくこととなる。なお、「ゴールデン・パス」とは、創設者モハンの妻であるイシュワリが託宣を受けて、モハン率いる抵抗軍が黄金の道を進軍していたという夢の内容に由来している。

登場人物編集

公式サイトに準拠[5]

エイジェイ・ゲール(日本語版声優:近藤孝行
本作の主人公であるネパール系アメリカ人1988年生まれ。母イシュワリの遺言に従い、その遺灰を持ってキラットへと訪れたが、入国の際にバスが王立軍の襲撃に遭い、パガン・ミンに捕らえられる。ゴールデン・パスのリーダーであり創設者であったモハン・ゲールの息子。生まれはキラットだが、キラットから脱出した母親に連れられてアメリカで育った。母の遺灰をキラットの聖地・ラクシュマナに葬るべく、ゴールデン・パスとともに戦う。
パガン・ミン(日本語版声優:藤原啓治
キラットを支配する国王。香港の麻薬王のもとに生まれ育った。王位継承を巡る内戦の最中、王族と共闘して実権を握ったが、協力していた王族を殺害して現在の地位に就くという極めて利己的な性格をしている。ピンク色のスーツに金髪という奇妙な出で立ちをしており、王自ら前線に降り立って命令に背いた王立軍兵士を殺害したり、国民を愛する慈悲深い国王と謳いながら王立軍を使って圧政を敷く狂人。エイジェイの母方のおじでもあり、彼にはとても友好的にふるまう。
サバル(日本語版声優:咲野俊介
南キラット出身のゴールデン・パスのリーダー。伝統と仲間を第一に考え行動している保守派。創設者のモハン・ゲールを尊敬しており、危険を冒してエイジェイの救出にやってくる。アミータの旧習を撤廃し、近代的な国家を目指そうとする革新的姿勢を好く思っておらず、彼女とは常に対立している。
プレイヤーの行動次第では、パガン・ミン政権の崩壊後にキラットを支配するが、対立していたアミータ派のゴールデン・パス兵士を処刑するなど強権的な行動に出る。
アミータ(日本語版声優:園崎未恵
北キラット出身のゴールデン・パスの女性リーダー。伝統よりも結果を第一に行動している革新派。国家主導で行われている麻薬栽培に注目し、これを利用してキラットの医療危機、ひいては経済問題を解決できると考えている。モハン・ゲール及びサバルの旧套墨守な考えには否定的で、エイジェイに対してもあまり好意的ではない。
プレイヤーの行動次第ではパガン・ミン政権の崩壊後にキラットを支配するが、麻薬栽培を主要産業とし、抵抗する国民は武力で弾圧するというパガンと遜色のない恐怖政治を行う。
ポール"デプルール"ハーモン(日本語版声優:桐本琢也
パガンの配下の一人であり、キラット知事のアメリカ人。苦しみの街やバルシャコット要塞の主。拷問死させた相手から取り上げた品を、アメリカにいる幼い娘に贈っている。
エイジェイによって拉致され、ゴールデン・パスに引き渡された後はバナプールにて投獄されて見世物にされている。
ヌーア・ナジャール(日本語版声優:恒松あゆみ
シャナス・アリーナの主催者の女性。パガンの配下であるが、実際には家族を人質にされており、家族の安全を条件にパガンに従っている。パガン政権下で麻薬の製造を担当し、バガドゥール要塞の主でもある。
秘かにエイジェイに対して捕えられた家族を救出するために助力を申し出ていたが、既に家族が処刑されていたことを知った彼女は自ら首を切って憤死する。なお、プレイヤーの行動によっては、家族のことを知らせずに殺害することもできる。
ユマ・ラウ(日本語版声優:北西純子
近衛兵を束ねるパガンの右腕である女性。ドゥルゲシュ刑務所やKEO鉱山の監督、ラトゥガディ要塞の主も務める。パガンとは古くから付き合いがあり、国王に即位してからパガンが変わってしまったことをイシュワリ・ゲールの所為だと確信しており、息子であるエイジェイを激しく憎んでいる。薬物の扱いに長けており、エイジェイに薬物を投与して錯乱させることもあった。
エイジェイを始末すべく、自らが盛った薬によって彼に幻覚を見せるが、幻覚を克服したエイジェイによって刺殺される。
カリナグ
キラットの人々に信じられている神話の主人公である偉大な戦士。キラット王の命により、理想郷であるシャングリラを冒険する。キラットには彼の遺したタンカ(絵巻)が未だに存在していると言われている。
モハン・ゲール
エイジェイの父親であり、作中では既に故人であるがゴールデン・パス内では死後も絶大な人気を誇る英傑。かつて、王政下のキラットで王の側近であったが、反体制派の蜂起によって国王が殺害され、キラットが内戦状態に陥った際に王政を維持するために王家の遠縁を自称するパガンと協力して内戦を終息させたが、王位の簒奪を狙ったパガンに裏切られる。パガンを打倒すべく反政府勢力であるゴールデン・パスを創設し、妻のイシュワリをパガンの下へスパイとして送り込んだが、パガンとイシュワリが恋仲になり、子供を儲けたことに激怒してその子を殺害するが、激高したイシュワリに殺害された。

武器編集

キラット編集

本作の舞台である南アジアに位置する君主制の小国。四方をヒマラヤ山脈に囲まれた内陸国で、ネパールをモデルにしている[6]

北緯27度7分から北緯30度60分、東経80度9分から東経90度0分にかけての地域に存在する[7]。西はKumsa、南はPapir Republic、東はYinkeという国・地域に隣接している[8]

政治・経済編集

キラット国内の政治においては民主主義的性格がなく、国王による独裁が横行する絶対君主制が敷かれている。ミン政権下での国家組織の全容は不明であるが、国軍であるキラット王立軍と国策プロパガンダを行う社会広報調和省なる省庁が確認されている。内戦状態であるキラットでは、公式に反乱集団として認定されているゴールデン・パスへの対抗策としてベルタワーや街宣車を利用したプロパガンダ放送が毎日のように行われている。

対外関係は不明であるが、国内には在外公館に類する施設が存在せず、また内戦中であるため入国に制限がかけられている。

キラ製茶会社、ローカン・レンガ会社、KEO(キラット鉱希土採掘社)といった企業に関する施設も多く見られるが、経済水準は低く、国民のほとんどは農業に従事している。名産のキラ茶の生産が主産業の一つだったが、ミンによって麻薬の生産へと転換させられてしまった。ラクシと呼ばれる蒸留酒の製造も盛ん。

文化編集

キラやバナシュール、ヤルンにヤクシニーといった神々の存在が広く信じられており、国内の随所に寺院・修道院・神殿・アシュラムなど信仰にまつわる建築物が存在している。「タルン・マタラ」という女性のシャーマンが存在し、キラットの土着信仰においては最も重要な存在と認識されている。

歴史編集

古くから王制国家であったが、19世紀前半にはイギリス東インド会社の支配下にあった。1980年代に王制廃止を唱える国家主義者によるクーデターによって国王が殺害されてキラットは混乱状態となる。王室内部にいたモハン・ゲールはパガン・ミンの傭兵組織の協力を得て、国家主義者の鎮圧に成功し、皇太子を擁立して国体の維持を図るが、パガン・ミンの裏切りによって失敗した。国王に即位したパガンを失脚させるべく、モハンはゴールデン・パスを組織して、抵抗運動を始めたことにより再びキラットが内戦状態となった。

モハンはタルン・マタラである妻イシュワリを国家元首とする神権政治を主体とした宗教国家を築くことを夢想していたが、旧套に囚われた戦術が災いして戦況が悪化していた。ゴールデン・パスの勢力が衰える中、モハンはイシュワリを使ったパガンに対する工作活動を実行したが、最終的には失敗し、モハンはパガンとイシュワリの間にできた子供を殺したことにより、イシュワリに殺害された。これにより、パガンの影響力は確固としたものとなり、ゴールデン・パスは消滅こそしなかったものの急激に力を失った。

地域編集

国土は南北に地域が分かれており[9]、キングス・ブリッジという橋だけで往来ができる。首都らしき街を含めておよそ近代的な都市部はなく、国内全域に小さな集落が点在するのみである。小国ではあるが、国内には国際空港も存在する。

国内には25ヶ所[10]の軍事基地と17基のベルタワーがあり、その他の発見可能なロケーションは大小合わせて200以上に及ぶ。国土を大きな川が縦断しているが、急峻なヒマラヤ山脈に囲まれた地形により国外からの流入・国外への流出は見られない完全な内陸湖地域となっている。

南キラット (Kyratese Pacchim Valley)

山岳地帯が多く、起伏に富んだ地形が広がる。ゴールデン・パスの勢力が支配的である。

バナプール
国内南西端に位置する高台にある村で、ゴールデン・パスの活動拠点の一つ。ゴールデン・パスに救出された主人公エイジェイはこのバナプールへと案内される。ここから、ベルタワーの奪還や軍事基地の制圧などを行いながらキラットの解放を目指す。ゲーム序盤(Act1)の間は、このバナプールを中心とした一定範囲内の地域しか探索を行えない。
ゴールデン・パスのキャンプ
山中に佇むゴールデン・パスの秘密基地。
苦しみの街
キラットの最南部に位置し、反逆者達を監禁しておくための場所。ここに捕らわれた人々は、非人道的な拷問にかけられた末、殺されていく。管理者のデプルールがここで拷問し、殺害した者の遺品をアメリカにいる娘に土産と称し持ち帰っている。
眠れる聖人
太古に建設された巨大な偶像が立ち並ぶ谷。ミンによって取り壊されようとしている。
ティルタ村
南キラット南東部に位置。バナプールと並んで規模の大きい村。
キラ製茶工場
丘の上ののどかな茶畑に囲まれて建つ工場。現在は麻薬工場となっており、麻薬の扱いを巡ってサバルとアミータが対立する。
バルシャコット
国内最大の湖・パンカ湖のほとりに建つデプルールの要塞。社会広報調和省によって第二級記念建造物に認定されている。南キラット南部に展開する王立軍の本拠地で、デプルールを倒すとこれらの地域とこの要塞の王立軍が弱体化する。
ローカン・レンガ工場
荒廃していたが、ミン政権によって再興された工場。週7日、1日24時間稼働しており、麻薬の製造にも利用されている。
チャルジャマ修道院
古代の女神キラがキラットの言葉を創り出したと伝えられている場所。
ゲールの家
湖を望む高台に建っているモハン・ゲールの旧宅。最初は廃屋で交易所などの設備も備わっていないが、ゴールデン・パスのメンバーが務めている管理人に依頼すれば設備・装飾の追加などのアップグレードが可能。エイジェイが初めて訪れた時はヨーギーとレジーという2人組が住み着いている。
シャナス
政治に不満を抱く国民の目を逸らすため、アビナッシュ王によって1753年に建設されたアリーナ。人間同士の、時には猛獣を交えた野蛮な賭博試合が行われている。現在のものは、ヌーアと芸術文化省によって近年になってから再興されたもの。
バガドゥール
別名:ラガタワダ。ミンからヌーアに与えられた要塞。肉食魚の泳ぐ濠を持つ。南キラット北部に展開する王立軍の本拠地となっている。
キングス・ブリッジ
北キラットへと通じる唯一の橋。頑強なコンクリートと多数の王立軍に守られており緊急時には、近衛兵が増援にやってくる。ゴールデン・パスが北キラットへ進出するためにはここの確保が必須となる。
北キラット (Kyratese Uttar Region)

南キラットに比べて面積は3分の2ほどで、起伏が少なく平野が多い地域。気候は寒冷で、東部では乾燥地帯も広がる。王立軍の特に近衛兵の支配が強い地域である。

ジャレンドゥ寺院
川の中州にある、少女をタルン・マタラに任命する儀式が行われる寺院。ここでもタルン・マタラの存廃を巡ってサバルとアミータが対立する。
ラトゥ ガディ
ユマの要塞。北キラット西部に展開する王立軍の本拠地。
KEOスヴァルジア鉱山
長らく閉鎖されていたが、ミンによって再興された。坑夫たちには昼夜を問わない強制労働が課されている。
ウトカルシュ
北キラットでも有数の規模を誇る村。王立軍の支配の強い地域だが、反体制派の住民もひっそりと暮らしている。
王立軍要塞
王宮へと通じる唯一の道の途中にそびえる堅牢な要塞。
王宮
北キラット北端の山上に位置するパガン・ミンの邸宅。
ラジガド強制収容所
最も堅牢なパガン・ミンの要塞。北キラット東部に展開する王立軍の本拠地。
ドゥルゲシュ刑務所
北キラットの外れの雪深い山奥にある。ユマが運営しており、社会復帰率は93%と謳われている。

登場する乗り物編集

登場する動物編集

関連項目編集

出典・脚注編集

  1. ^ 「2015年ソフト販売数TOP100」、『週刊ファミ通』第1415巻2016年1/28号、2016年1月14日、 6-9頁。
  2. ^ アスキー・メディアワークス. “■週間ソフト販売ランキング TOP50(集計期間:2015年3月9~15日)”. 2016年1月16日閲覧。
  3. ^ アスキー・メディアワークス. “【週間ソフト販売ランキング TOP50】1位は3DS『デビサバ2BR』が獲得(1月26日~2月1日)”. 2016年1月16日閲覧。
  4. ^ 人気シリーズ最新作「ファークライ4」のプレイレポートを掲載。ヒマラヤの小国を舞台に,過酷なミッションに挑もう”. 4Gamer.net (2015年2月7日). 2015年4月29日閲覧。
  5. ^ 日本語版公式サイト登場人物
  6. ^ 雪山、滑空、そしてゾウ! 「ファークライ4」インタビュー]”. Game Watch (2014年11月4日). 2015年4月29日閲覧。
  7. ^ 作中の軍事基地などで見ることのできる地勢図より。実際には経度は西経と記されているが、西経では座標が北米になってしまうため、東経の誤記と見られる。
  8. ^ 作中の軍事基地などで見ることのできる地勢図より。
  9. ^ 物語冒頭の国境検問所の存在やデプルールの邸宅の所在地から、南北2地域以外にも国土が存在することが窺える。
  10. ^ 作中ではカウント漏れにより24ヶ所と表記。

外部リンク編集