メインメニューを開く

GP3・シリーズ(ジーピースリー・シリーズ、英語: GP3 Series)又はGP3は、2010年から2018年まで開催されていた、フォーミュラカーによるワンメイクレースモータースポーツシリーズである。

GP3
カテゴリ シングルシーター
国・地域 ヨーロッパ
開始年 2010年
終了年 2018年
ドライバー 28
チーム 7
コンストラクター ダラーラ
エンジン
サプライヤー
ルノー
タイヤ
サプライヤー

P

ピレリ
最終
ドライバーズ
チャンピオン
フランスの旗 アントワーヌ・ユベール
最終
チーム
チャンピオン
フランスの旗 ARTグランプリ
公式サイト gp3series.com
Motorsport current event.svg 現在のシーズン
2015年までGP3で使用された「GP3/13」。 カルロス・サインツJr.(MVアーデン)操縦。
2015年までGP3で使用された「GP3/13」。
カルロス・サインツJr.(MVアーデン)操縦。
発足当初使用された「GP3/10」。
発足当初使用された「GP3/10」。

概要編集

GP2の運営者であるブルーノ・ミッシェルがGP2直下のカテゴリとして発足させたカテゴリ[1]であり、フォーミュラ1(F1)のサポートレースとGP2との同時開催という形で開催される[2]

また、GP3の構想が提唱された時にインターナショナル・フォーミュラ・マスターが名称を変更しGP3として発足すると言われていたが、それとは別のシリーズとして発足した。

2018年3月、同年末を持ってFIA F3選手権に統合されることが発表された[3]

マシン編集

マシンはワンメイクで、すべてのチームが同じマシンを使用する。

ダラーラ・GP3/10編集

2010年のシリーズ開始から2012年まで使用されたマシン。

モノコック
ダラーラ製カーボン/アルミハニカムモノコック。
サスペンション
スチール製プッシュロッド式ダブルウイッシュボーン。
エンジン
ルノー・スポール製2.0リッター直列4気筒ターボエンジン。ターボチャージャーはボルグワーナー製。最高出力は280ps/6500rpm。
ギアボックス
ヒューランド製6速+Rセミオートマチックギアボックス。
タイヤ
ピレリ製。

ダラーラ・GP3/13編集

2013年シーズンから2015年まで使用されたマシン。エンジン出力は400psに引き上げられ、先代マシンと比べて2~3秒程度のタイムアップを果たした。

モノコック
ダラーラ製カーボン/アルミハニカムモノコック。
サスペンション
スチール製プッシュロッド式ダブルウイッシュボーン。
エンジン
AER製P57・3.4リッターV型6気筒自然吸気エンジン。
ギアボックス
ヒューランド製6速+Rセミオートマチックギアボックス。
タイヤ
ピレリ製。

ダラーラ・GP3/16編集

2016年シーズンから使用されているマシン。2019年まで使用される予定。2017年シーズンからはDRSの導入が予定されている。

モノコック
ダラーラ製カーボン/アルミハニカムモノコック。
サスペンション
スチール製プッシュロッド式ダブルウイッシュボーン。
エンジン
メカクローム製3.4リッターV型6気筒自然吸気エンジン。全チームのエンジンがテオス・エンジニアリングによってメンテナンスされる。
ギアボックス
ヒューランド製6速+Rセミオートマチックギアボックス。
タイヤ
ピレリ製。

シリーズチャンピオン編集

ドライバーチャンピオン
(所属チーム)
チームチャンピオン
2010年   エステバン・グティエレス
ARTグランプリ
  ARTグランプリ
2011年   バルテリ・ボッタス
ロータスART
  ロータスART
2012年   ミッチ・エバンス
MWアーデン
  ロータスGP
2013年   ダニール・クビアト
(MWアーデン)
  ARTグランプリ
2014年   アレックス・リン
カーリン
  カーリン
2015年   エステバン・オコン
(ARTグランプリ)
  ARTグランプリ
2016年   シャルル・ルクレール
(ARTグランプリ)
  ARTグランプリ
2017年   ジョージ・ラッセル
(ARTグランプリ)
  ARTグランプリ
2018年   アントワーヌ・ユベール
(ARTグランプリ)
  ARTグランプリ

主なシリーズ参戦ドライバー編集

ドライバー 参戦年 主な成績 F1参戦歴
 ジャン=エリック・ベルニュ 2010 2010年17位 2012-2014(トロ・ロッソ
 エステバン・グティエレス 2010 2010年チャンピオン 2013-2014, 2016(ザウバーハース
 バルテリ・ボッタス 2011 2011年チャンピオン 2013-(ウィリアムズメルセデス
 ダニール・クビアト 2013 2013年チャンピオン 2014-2017, 2019-(トロ・ロッソ、レッドブル
 カルロス・サインツJr. 2013 2013年10位 2015-(トロ・ロッソ、ルノーマクラーレン
 ロベルト・メリ 2010 2010年6位 2015(マルシャ
 アレクサンダー・ロッシ 2010 2010年4位 2015(マルシャ)
 リオ・ハリアント 2010-2011 2010年5位、2011年7位 2016(マノー
 エステバン・オコン 2015 2015年チャンピオン 2016-2018(マノー、フォース・インディアレーシング・ポイント
 シャルル・ルクレール 2016 2016年チャンピオン 2018-(ザウバー、フェラーリ
 アレクサンダー・アルボン 2016 2016年2位 2019-(トロ・ロッソ)
 ジョージ・ラッセル 2017 2017年チャンピオン 2019-(ウィリアムズ)

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ GP3 to launch in 2010(pitpass.com 2008年10月3日)
  2. ^ 2010 GP3 Series Calendar Revealed(gp2series.com 2009年12月21日)
  3. ^ Formula 1 to promote the FIA Formula 3 Championship™

外部リンク編集