メインメニューを開く

アレクサンダー・ロッシ

アレクサンダー・マイケル・ロッシAlexander Michael Rossi, 1991年9月25日 - )は、イタリア系アメリカ人レーシングドライバーマスメディアによっては「アレキサンダー・ロッシ」と表記する場合もある。2016年インディアナポリス500マイルレース優勝。

アレクサンダー・ロッシ
AlexanderRossiGoodwood2013.jpg
基本情報
フルネーム アレクサンダー・マイケル・ロッシ
Alexander Michael Rossi
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・カリフォルニア州
オーバーン
生年月日 (1991-09-25) 1991年9月25日(28歳)
F1での経歴
活動時期 2015
所属チーム '15 マノー・マルシャ
出走回数 5
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 2015年シンガポールGP
最終戦 2015年ブラジルGP
テンプレートを表示

経歴編集

スキップ・バーバー編集

アメリカカリフォルニア州オーバーンで生まれる。2005年IKFInternational Kart Federation)の100ccヤマハクラスにおいて、グランドナショナルチャンピオンとなる。

同時期に、スキップ・バーバー・レーシングスクール英語版で腕を磨く。2006年には、同校の全米選手権Skip Barber National Championship)で総合3位となる。西部地区の選手権ではタイトルを獲得する。

フォーミュラ・BMW編集

2007年、フォーミュラ・BMWのアメリカシリーズに参戦。チーム・アペックス・レーシングから出走し、3度の優勝をする活躍を見せ総合3位となる。

2008年は、ユーロインターナショナル英語版へ移籍する。この年は前年以上の活躍を見せ、15戦中10回の優勝を飾り全米チャンピオンとなる。12月に行われる各シリーズのチャンピオンを集めての「ワールドシリーズ」に出場。見事に優勝を果たし2008年度のフォーミュラ・BMW世界チャンピオンに輝く。その後、ヨーロッパチャンピオンのエステバン・グティエレスと共にF1のテストドライブをする機会が与えられた[1]

インターナショナル・フォーミュラ・マスター編集

2009年からは、活動の場をヨーロッパに移す。ハイテック・レーシング英語版からインターナショナル・フォーミュラ・マスターに参戦した。第3戦からはISR・レーシング英語版へ移籍してシーズンを戦った。ルーキーイヤーながらも3つのレースで勝利を収め、総合4位という好成績でシーズンを終えた。

GP3編集

2010年、ARTグランプリよりGP3に参戦。チームメイトはエステバン・グティエレスとペドロ・ヌネスPedro Nunes)。シーズンを通して上位争いに絡むレースを繰り広げ、2度の優勝を含む総合4位となる。グティエレスは、この年のGP3タイトルを獲得した。

ワールドシリーズ・バイ・ルノー編集

GP3のシーズン終了後、ロッシはフォーミュラ・ルノー3.5へ参戦する。イタリアF3チャンピオンでブラジル人ドライバーのシーザー・ラモスCésar Ramos)と共に、フォーテック・モータースポーツ英語版から出走した。シーズンを通して2勝上げ、ロバート・ウィケンズ英語版ジャン=エリック・ベルニュに次ぐ総合3位という好成績で初年度を終える。

翌年は、アーデンケータハムArden Caterham)に移籍する。レッドブルから支援を受けているルイス・ウィリアムソン英語版とタッグを組んで参戦した。表彰台圏内でのフィニッシュは3位の1回のみと苦戦し、総合順位も11位に後退した。

GP2編集

ロッシのGP2シリーズ初参戦は、2009年-2010年のGP2アジアシリーズへの出場が始まりである。開幕戦はオーシャン・レーシング・テクノロジー英語版から、第2戦以降はチーム・メリタスへ移籍し出走した。開幕戦の第1レースでは、予選13位からスタートし周回数を重ねるごとに順位を上げ表彰台まであと一歩と迫る4位でフィニッシュする走りを見せた。シーズンを通し入賞4回の総合9位で終える。

本戦への出場は2013年が初となる。EQ8 ケータハム・レーシングEQ8 Caterham Racing)でレギュラードライバーだったマー・チンホワ英語版に変わり第2戦バーレーンからデビューし、いきなり第1レースで3位表彰台を獲得する。最終戦ヤス・マリーナの第1レースではアメリカ人ドライバー初の優勝を達成した。シリーズ順位は9位。

2014年は、シーズン中盤である第5戦シルバーストン終了後に、カンポス・レーシング英語版のレギュラードライバーである佐藤公哉とトレード移籍した。しかし移籍後2戦で離脱したため、年間では21位と成績を落とした。

2015年には、レーシング・エンジニアリング英語版へ移籍する[2]。チームメイトは、2013年のイギリスF3チャンピオンであるジョーダン・キング。3年目のシーズンで開花しストフェル・バンドーンに続く年間2位に入り、アメリカ人GP2最多勝利記録となる3勝をマーク。

スコット・スピード2005年シリーズ3位・決勝最高2位)に次ぐ2人目のGP2シリーズに参戦したアメリカ人ドライバー。前述の通り、スピードのそれを上回りGP2では多くのアメリカ人記録を保持している。

F1編集

ロッシは、ホセ・マリア・ロペスジョナサン・サマートン英語版と共に2010年に新規参戦する予定であったUS F1チームのドライバー候補の一人であった。チームが参戦を断念する前にはテストドライバーとしての契約もしていた。2009年のシーズン終了後、ヘレス・サーキットにおいてF1の若手ドライバーのテストとして2009年型であるBMWザウバー・F1.09に乗りテストドライブを行っている。これは、2008年にフォーミュラ・BMWのワールドタイトルを獲得した為である。このテストで発行されたFIAスーパーライセンスを所持する現在唯一のアメリカ人がロッシである。

ケータハム在籍期編集

2012年 - 2014年

2012年3月9日、リザーブドライバーであるギド・ヴァン・デル・ガルデに続きケータハムF1チームにテストドライバーとして契約した事を発表する[3]2012年第5戦スペインGPの金曜フリー走行において、ヘイキ・コバライネンのシャシーに乗りセッション初走行を行った。F1へのアメリカ人の出場は2007年第10戦ヨーロッパGPに出走していたスコット・スピード以来5年ぶりのことであった。

2014年7月16日、ロッシはケータハムF1チームから離脱した事を発表する[4]。これに先立つ同月の初めには、チーム代表であるトニー・フェルナンデススイス中東の投資家へケータハムチームを売却した事を発表していた[5]。7月24日、ロッシはマルシャF1チームと新たに契約を結び、残りのシーズンのリザーブドライバーとして加入すると発表した[6]

マノー・マルシャ在籍期編集

2015年

2015年は前述の通りGP2シリーズに参戦しているが、第13戦シンガポールGPからマノー・マルシャF1チームのロベルト・メリに代わりレースドライバーに起用された。チャンピオン争いをしているGP2の参戦を優先するため、残り7戦のうちGP2の併催がない5戦(シンガポールGP、日本GPアメリカGPメキシコGPブラジルGP)に参戦する[7]。その他の2戦(ロシアGPアブダビGP)はメリが出走する事になった。2007年ヨーロッパGPのスピード以来、実に8年ぶりとなるアメリカ人F1ドライバーとなる。参戦した5レースでは同僚のウィル・スティーブンスに対し4勝1敗とリードし、また母国開催のアメリカGPではメリと並ぶ決勝でのチーム最高成績である12位を記録するなど活躍を見せる。

インディカー・シリーズ編集

2016年マノーのレギュラー争いに敗れ、リザーブドライバーとして契約をしながらインディカーに参戦、アンドレッティ・オートスポーツブライアン・ハータ・オートスポーツのジョイントチームからレギュラー参戦することになった。インディ500では終盤燃料を保たせ、最後のピットインから36周を走るギャンブルに打ち勝ち[注 1]2001年のエリオ・カストロネベス以来となるルーキーでの勝利[8]を挙げた。

レース戦績編集

略歴編集

シリーズ チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント 順位
2005 スキップ・バーバー・ウエスタン・リージョナル スキップ・バーバー・レーシング・スクール 2 0 - - 0 60 29位
2006 スキップ・バーバー・ナショナル 14 3 2 2 4 613 3位
スキップ・バーバー・ウエスタン・リージョナル 10 8 11 - 10 538 1位
フォーミュラTR1600 プロ・シリーズ オデッセイ・モータースポーツ 11 4 5 - 6 409 7位
2007 フォーミュラ・BMW アメリカ チーム・アペックス・レーシング 14 3 1 2 5 410 3位
フォーミュラ・BMW ワールド・ファイナル ユーロインターナショナル 1 0 0 0 0 N/A NC
2008 フォーミュラ・BMW アメリカ ユーロインターナショナル 15 10 10 9 11 249 1位
フォーミュラ・BMW ヨーロッパ 2 0 0 0 0 N/A N/A
フォーミュラ・BMW ワールド・ファイナル 1 1 0 1 1 N/A 1位
2009 インターナショナル・フォーミュラ・マスター ハイテック・レーシング 16 3 0 1 5 52 4位
ISR・レーシング
2009-10 GP2アジアシリーズ オーシャン・レーシング・テクノロジー 8 0 0 0 0 12 9位
マレーシアQi-メリタス.com
2010 GP3シリーズ ARTグランプリ 14 2 2 1 5 38 4位
フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ ISR・レーシング 1 0 0 0 0 0 NC
2011 フォーテック・モータースポーツ 17 2 0 1 5 156 3位
2012 フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ アーデンケータハム 17 0 0 4 1 63 11位
フォーミュラ1 ケータハムF1チーム テストドライバー
2013 GP2シリーズ EQ8 ケータハム・レーシング 20 1 1 0 4 92 9位
世界耐久選手権 - LMP2 グリーヴス・モータースポーツ 1 0 0 0 0 20 19位
ル・マン24時間レース - LMP2 1 0 0 0 0 N/A 10位
フォーミュラ1 ケータハムF1チーム テストドライバー
2014 GP2シリーズ EQ8 ケータハム・レーシング 10 0 0 0 0 12 21位
カンポス・レーシング 2 0 0 0 0
ユナイテッド・スポーツカー選手権 デルタウイング・レーシング・カーズ 1 0 0 0 0 16 65位
フォーミュラ1 ケータハムF1チーム テストドライバー
マルシャF1チーム テストドライバー
2015 GP2シリーズ レーシング・エンジニアリング 22 3 1 0 7 181.5 2位
フォーミュラ1 マノー・マルシャF1チーム 5 0 0 0 0 0 20位
2016 インディカー・シリーズ アンドレッティ・ハータ・オートスポーツ with カーブ・アガジャニアン 16 1 0 2 1 430 11位
2017 17 1 1 1 3 494 7位
2018 アンドレッティ・オートスポーツ 17 3 3 1 8 621 2位
  •  : ゲストドライバーとしての出走であるため、ポイントは加算されない。
  • * : 今シーズンの順位。(現時点)

インターナショナル・フォーミュラ・マスター編集

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 DC ポイント
2009年 ハイテック・レーシング PAU
1

10
PAU
2

4
VAL
1

7
VAL
2

12
4位 52
ISR・レーシング BRN
1

7
BRN
2

1
BRH
1

7
BRH
2

2
HUN
1

3
HUN
2

Ret
SPA
1

5
SPA
2

1
OSC
1

4
OSC
2

7
IMO
1

5
IMO
2

1

GP2アジアシリーズ編集

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 DC ポイント
2009-10年 オーシャン・レーシング・テクノロジー YMC1
FEA

4
YMC1
SPR

5
9位 12
マレーシアQi-メリタス.com YMC2
FEA

6
YMC2
SPR

9
BHR1
FEA

Ret
BHR1
SPR

Ret
BHR2
FEA

11
BHR2
SPR

5

(key)

GP3シリーズ編集

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 DC ポイント
2010年 ARTグランプリ CAT
FEA

8
CAT
SPR

1
IST
FEA

4
IST
SPR

3
VAL
FEA

Ret
VAL
SPR

Ret
SIL
FEA

5
SIL
SPR

2
HOC
FEA

Ret
HOC
SPR

8
HUN
FEA

8
HUN
SPR

1
SPA
FEA

13
SPA
SPR

2
MNZ
FEA

Ret
MNZ
SPR

15
4位 38

フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント
2010年 ISR レーシング ALC
1
ALC
2
SPA
1
SPA
2
MON
1

Ret
BRN
1
BRN
2
MAG
1
MAG
2
HUN
1
HUN
2
HOC
1
HOC
2
SIL
1
SIL
2
CAT
1
CAT
2
NC 0
2011年 フォーテック・モータースポーツ ALC
1

1
ALC
2

2
SPA
1

7
SPA
2

7
MNZ
1

17
MNZ
2

2
MON
1

Ret
NÜR
1

Ret
NÜR
2

Ret
HUN
1

2
HUN
2

5
SIL
1

3
SIL
2

DSQ
LEC
1

16
LEC
2

1
CAT
1

4
CAT
2

7
3位 156
2012年 アーデン・ケータハム ALC
1

Ret
ALC
2

5
MON
1

3
SPA
1

11
SPA
2

Ret
NÜR
1

18
NÜR
2

9
MSC
1

17
MSC
2

5
SIL
1

Ret
SIL
2

5
HUN
1

9
HUN
2

8
LEC
1

22
LEC
2

16
CAT
1

19
CAT
2

5
11位 63

F1編集

エントラント シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 WDC ポイント
2012年 ケータハム CT01 AUS MAL CHN BHR ESP
TD
MON CAN EUR GBR GER HUN BEL ITA SIN JPN KOR IND ABU USA BRA - -
2013年 CT03 AUS
MAL
CHN
BHR
ESP
MON
CAN
TD
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
SIN
KOR
JPN
IND
ABU
USA
TD
BRA
- -
2014年 CT05 AUS
MAL
BHR
CHN
ESP
MON
CAN
TD
AUT
GBR
GER
HUN
- -
マルシャ MR03 BEL
PO
ITA
SIN
JPN
RUS
WD
ABU
USA
BRA
2015年 マノー・マルシャ MR03B AUS MAL CHN BHR ESP MON CAN AUT GBR HUN BEL ITA SIN
14
JPN
18
RUS USA
12
MEX
15
BRA
18
ABU 20位 0

(key)

GP2シリーズ編集

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 DC ポイント
2013年 EQ8 ケーターハム・レーシング SEP
FEA

SEP
SPR

BHR
FEA

3
BHR
SPR

20
CAT
FEA

6
CAT
SPR

6
MON
FEA

Ret
MON
SPR

19
SIL
FEA

10
SIL
SPR

9
NÜR
FEA

11
NÜR
SPR

6
HUN
FEA

13
HUN
SPR

16
SPA
FEA

3
SPA
SPR

22
MNZ
FEA

8
MNZ
SPR

2
MRN
FEA

Ret
MRN
SPR

23
YMC
FEA

1
YMC
SPR

Ret
9位 92
2014年 BHR
FEA

22
BHR
SPR

25
CAT
FEA

Ret
CAT
SPR

14
MON
FEA

16
MON
SPR

11
RBR
FEA

8
RBR
SPR

5
SIL
FEA

12
SIL
SPR

21
15位 28
カンポス・レーシング HOC
FEA

Ret
HOC
SPR

7
HUN
FEA

HUN
SPR

SPA
FEA

SPA
SPR

MNZ
FEA

MNZ
SPR

SOC
FEA

SOC
SPR

YMC
FEA

YMC
SPR

2015年 レーシング・エンジニアリング BHR
FEA

3
BHR
SPR

4
CAT
FEA

3
CAT
SPR

4
MON
FEA

2
MON
SPR

7
RBR
FEA

6
RBR
SPR

8
SIL
FEA

2
SIL
SPR

4
HUN
FEA

12
HUN
SPR

20
SPA
FEA

6
SPA
SPR

1
MNZ
FEA

1
MNZ
SPR

Ret
SOC
FEA

1
SOC
SPR

6
BHR
FEA

18
BHR
SPR

9
YMC
FEA

4
YMC
SPR

C
2位 181.5

FIA 世界耐久選手権編集

エントラント クラス 車両 エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 ランク ポイント
2013年 グリーヴス・モータースポーツ LMP2 ザイテック・Z11SN 日産 VK45DE 4.5 L V8 SIL SPA LMS
5
SÃO COA FUJ SHA BHR 19位 20

(key)

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 車両 クラス 周回数 順位 クラス順位
2013年   グリーヴス・モータースポーツ   トム・キンバー=スミス
  エリック・ラックス
ザイテック・Z11SN LMP2 307 23位 10位

IMSA・チュードル・ユナイテッド・スポーツカー選手権編集

エントラント クラス 製造 エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ランク ポイント
2014年 デルタウイング・レーシング・カーズ P デルタウイング・DWC13 エランマツダ) 1.9 L I4 Turbo DAY
16
SEB LBH LGA DET WGL MOS IMS ELK COA PET 65位 16
2019年 アキュラ・チーム・ペンスキー DPi HPD・ARX-05 アキュラ AR35TT 3.5 L ターボ V6 DAY
3
SEB
4
LBH
MDO
DET
WGL
MOS
ELK
LGA
PET
15位* 58*

(key)

デイトナ24時間レース編集

クラス No. チーム 車両 コ・ドライバー 周回数 順位 クラス順位
2014年 P 0   デルタウイング・レーシング・カーズ デルタウイング・DWC13   キャサリン・レッグ
  ギャビー・チャベス
  アンディ・メイリック
288 61DNF 61DNF
2019年 DPi 7   アキュラ・チーム・ペンスキー アキュラ・ARX-05   エリオ・カストロネベス
  リッキー・テイラー
593 3 3

アメリカン・オープンホイール・レーシング編集

インディカー・シリーズ編集

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ランク ポイント
2016年 アンドレッティ・ハータ・オートスポーツ
with
カーブ・アガジャニアン
ダラーラ・DW12 ホンダ STP
12
PHX
14
LBH
20
ALA
15
IMS
10
INDY
1
DET
10
DET
12
RDA
15
IOW
6
TOR
16
MDO
14
POC
20
TXS
11
WGL
8
SNM
5
11位 430
2017年 STP
11
LBH
19
ALA
5
PHX
15
IMS
8
INDY
7
DET
5
DET
7
TXS
22
ROA
13
IOW
11
TOR
2
MDO
6
POC
3
GTW
6
WGL
1
SNM
21
7位 494
2018年 アンドレッティ・オートスポーツ STP
3
PHX
3
LBH
1
ALA
11
IMS
5
INDY
4
DET
3
DET
12
TXS
3
ROA
16
IOW
9
TOR
8
MDO
1
POC
1
GTW
2
POR
8
SNM
7
2位 621
2019年 STP
5
COA
9
ALA
5
LBH
1
IMS
22
INDY
2
DET
2
DET
5
TEX
2
ROA
1
TOR
3
IOW
6
MDO
5
POC
18
GTW
13
POR
3
LAG
6
3位 608

インディ500編集

シャシー エンジン スタート フィニッシュ チーム
2016年 ダラーラ ホンダ 11 1 アンドレッティ・ハータ・オートスポーツ with カーブ・アガジャニアン
2017年 3 7
2018年 32 4 アンドレッティ・オートスポーツ
2019年 9 2

注釈編集

  1. ^ フルタンク状態でレースペースでの走行は33周前後が限界と言われていた。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ BMW、アレキサンダー・ロッシとエステバン・グーティエレズをテスト”. F1-Gate.com (2009年11月25日). 2015年8月18日閲覧。
  2. ^ F1デビューを逃したロッシ、2015年はGP2で”. as-web.jp (2015年3月3日). 2015年8月18日閲覧。
  3. ^ アレキサンダー・ロッシ、ケータハムのテストドライバーに就任”. F1-Gate.com (2012年3月9日). 2015年8月18日閲覧。
  4. ^ アレキサンダー・ロッシ、ケータハムF1とGP2チームから離脱”. F1-Gate.com (2015年7月17日). 2015年8月18日閲覧。
  5. ^ ケータハム、F1チーム売却を正式発表”. F1-Gate.com (2015年7月3日). 2015年8月18日閲覧。
  6. ^ アレキサンダー・ロッシ、マルシャのリザーブドライバーに就任”. F1-Gate.com (2015年7月25日). 2015年8月18日閲覧。
  7. ^ “マノー・マルシャ、シンガポールからロッシを起用”. ESPN F1. (2015年9月17日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/207569.html 2015年9月19日閲覧。 
  8. ^ ルーキーのアレクサンダー・ロッシとともに、Hondaが第100回インディ500で優勝”. Honda公式サイト (2016年5月29日). 2016年6月1日閲覧。