メインメニューを開く

Judgement2016〜DDT旗揚げ19周年記念大会〜

Judgement2016〜DDT旗揚げ19周年記念大会〜』(ジャッジメント2016 DDTはたあげ19ねんきねんたいかい)は、日本のプロレス団体DDTプロレスリングによって両国国技館で行われた興行である。

Judgement2016〜DDT旗揚げ19周年記念大会〜
イベント詳細
シリーズ Judgement
主催 株式会社DDTプロレスリング
開催年月日 2016年3月21日
開催地 日本の旗 日本 東京都墨田区
会場 両国国技館
試合数 14試合
放送局 FIGHTING TV サムライ
入場者数 6938人(満員)

概要編集

  • 2015年のさいたまスーパーアリーナ大会にて、2016年は3月と8月の年2回の両国大会開催することを発表。
  • 2015年8月の両国大会にて、この大会が初の両国の客席を全面開放での開催である事を発表。
  • KO-D無差別王座戦はHARASHIMA木高イサミを下して王座に返り咲き。その他、坂口征夫鈴木みのるのスペシャルマッチや飯伏幸太の復帰戦となる両国全域路上マッチ、東京女子プロレスDNABASARAら各ブランドによるアンダーマッチ等も組まれた。
  • 同大会にて、DDT20周年記念興行は2017年3月20日、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催されることが発表される。

全試合結果編集

キング・オブ・ダーク選手権試合
星誕期
諸橋晴也
(第13代王者)
3分31秒
ラ・ビオリ
DJニラ
鈴木大
(挑戦者)
第13代王者の諸橋が初防衛に成功
第一アンダーマッチ 東京女子プロレス提供13人参加バトルロイヤル
坂崎ユカ
8分37秒
足取り式逆さ押さえ込み
中島翔子
他参加選手(退場順)
ポイズンミウラ優宇ハイパーミサヲのどかおねえさん辰巳リカ清水愛小橋マリカのの子滝川あずさKANNA山下実優
DNA提供6人タッグマッチ~井上麻生復帰戦
勝俣瞬馬
ワンチューロ
井上麻生
6分53秒
ライトニング・スパイラル→エビ固め
岩崎孝樹
レインボー・カワムラ
島谷常寛
第三アンダーマッチ プロレスリングBASARA提供6人タッグマッチ
塚本拓海
風戸大智
竜剛馬
5分28秒
HEAVY METAL AHTHEM→エビ固め
FUMA
久保佑允
SAGAT
オープニングマッチ 両国初登場!KO-D無差別級王座次期挑戦者決定およびいつでもどこでも挑戦権争奪時間差バトルロイヤル
出場選手(入場順)
平田一喜樋口和貞マサ高梨関根龍一チェリーゴージャス松野大家健松永智充中津良太大鷲透高尾蒼馬ヨシヒコ
松野 4分56秒
OTR
樋口
チェリー 5分23秒
OTR
平田
6分26秒 大家健がいつでもどこでも挑戦権獲得
8分27秒 松永智充がいつでもどこでも挑戦権獲得
10分43秒 大鷲透がいつでもどこでも挑戦権獲得
関根 12分17秒
OTR
ヨシヒコ
高梨 12分25秒
輪廻転生
ヨシヒコ
13分19秒 平田一喜がアジャ・コングとのデート権獲得
中津 13分46秒
OTR
樋口
高尾 16分53秒
轟天→片エビ固め
樋口
樋口が4・24後楽園でのKO-D無差別級王座次期挑戦権を獲得
第二試合 3WAYタッグマッチ
入江茂弘
石井慧介
9分57秒
ビーストボンバー→片エビ固め
彰人
ヤス・ウラノ
ジョーイ・ライアン
キャンディス・レラエ
第三試合 スペシャル6人タッグマッチ
赤井沙希
大石真翔
レディビアード
9分38秒
卍固め
LiLiCo
梅田公太
渡瀬瑞基
第四試合 スペシャルタッグマッチ
アントーニオ本多
福田洋
12分10秒
ドラゴンスリーパー
藤波辰爾
LEONA
第五試合 DDT EXTREME級選手権試合~アルティメットロワイヤル有刺鉄線パワーポイント・ノー電源爆破PWFルール
ケンドー・カシン
(第34代王者)
7分7秒
飛びつき腕ひしぎ逆十字固めを潰す→エビ固め
スーパー・ササダンゴ・マシン
(挑戦者)
カシンが4度目の防衛に失敗、ササダンゴが第35代王者となる
第六試合 飯伏幸太復帰戦&飯伏プロレス研究所所属第1戦~東西正面向正面全面使用エニウェアフォール・ウェポントレジャーハント3WAYタッグマッチ
飯伏幸太
伊橋剛太
23分12秒
フェニックス・スプラッシュ→片エビ固め
KENSO
中澤マイケル
高木三四郎
葛西純
第七試合 ドラマティック・ドリームマッチⅠ
坂口征夫 16分15秒
スリーパーホールド→レフェリーストップ
鈴木みのる
第八試合 ドラマティック・ドリームマッチⅡ
男色ディーノ 10分20秒
男色ヨコヅナインパクト→漢固め
セミファイナル ウチコミ!presents KO-Dタッグ選手権試合
竹下幸之介
遠藤哲哉
(第53代王者組)
17分22秒
変形ミスティカ式クロス・フェース
佐々木大輔
石川修司
(挑戦者組)
竹下組が2度目の防衛に失敗、佐々木組が第54代王者組となる
メインイベント グッドコムアセットpresents KO-D無差別級選手権試合
木高イサミ
(第55代王者)
18分15秒
スワンダイブ式蒼魔刀→体固め
HARASHIMA
(挑戦者)
イサミが4度目の防衛に失敗、HARASHIMAが第56代王者となる

外部リンク編集