勝俣 瞬馬(かつまた しゅんま、1992年12月9日 - )は、日本男性プロレスラーDDTプロレスリング所属。千葉県柏市出身[1]

勝俣 瞬馬
Shunma Katsumata
勝俣 瞬馬 Shunma Katsumataの画像
プロフィール
リングネーム 勝俣 瞬馬 
ニックネーム スーパーハードコア勝俣
身長 167cm
体重 75kg
誕生日 (1992-12-09) 1992年12月9日(27歳)
出身地 千葉県柏市
所属 DDTプロレスリング
トレーナー ヤス・ウラノ
デビュー 2014年4月29日
テンプレートを表示

経歴編集

2011年2月、TAJIRIが主催していたSMASHトレーニングキャンプに1期生として参加。しかし、デビューに至らず退団。

2013年にDDTに入団し、7月29日に新木場1stRING「闘うビアガーデン」で行われた「男色牧場classic」公開収録で中澤マイケルに指名されエキシビション[2]

2014年、3月21日、DDT後楽園ホール大会におけるダーク・マッチとして宮武俊と練習生エキシビションを行い、終了後に鶴見亜門GMより4月29日後楽園でのデビューを言い渡される[3]

4月29日、坂口征夫&マサ高梨戦でデビュー(パートナーはワンチューロ)。ドロップキックも繰り出すが、最後は坂口のスリーパーホールドでギブアップしてしまう[4]

9月27日よりSMASHで同期だった篠瀬三十七率いるASUKA PROJECTのトーナメントに参戦。高橋匡哉とのシングルでデビュー後初勝利。9月28日、DDT後楽園ホール大会にて、11月28日旗揚げの新プロジェクト「DDT NEW ATTITUDE」への移籍が発表[5]、DDTへはレギュラー参戦という形になる。

2015年大石真翔とのタッグチームKAT-TOOで活動。

2016年5月29日大石真翔井上麻生とともにアイドルユニット「NωA」を結成することを命ぜられる[6]

2018年、NωAを解散し竹下幸之介彰人が所属するユニットALLOUTに加入。2月25日、宮本裕向が保持するDDT EXTREME級王座に挑戦(形式はハードコア+αマッチ)。その際にアイテムとして画鋲を持ち込み大健闘をみせた。

2019年、ハードコア、デスマッチ戦線に参入。年越しプロレスにて塚本拓海星野勘九郎組を相手に初の蛍光灯デスマッチを行う(パートナーは佐久田俊行)。

得意技編集

  • ¡Hasta la vista!(アスタラビスタ)
ファイヤーマンズキャリーに担いでのライトニングスパイラル。2018年より使用しているフィニッシャー。
ディエゴ帰国前最後のシングルに向けて開発するも使用できないまま敗北。スペイン語で「またいつか」の意味の技名。
  • ムーンサルトプレス
  • ライオンサルト
  • 450°スプラッシュ
  • ムーンサルトフットスタンプ
  • アウフグース
コーナートップに座った状態からリング内の相手に手四つを仕掛け、トップロープから両手を掴んだまま相手の肩口めがけて飛ぶダイビングフットスタンプ。技名はサウナ用語から。
  • スワンダイブ式Xファクター
スワンダイブで繰り出す開脚式フェースバスター
  • サマーソルトキック
  • 高速カサドーラ
  • ネビュラストーム
片足タックルで相手の足を捉えつつ自らも前転し相手を丸め込む
  • ライトニングスパイラル
  • 鉄柱越えケブラーダ
  • 勝俣式断頭台(仮)
相手の左腕に自分の右足をかけた状態でジャンプし、右膝を相手の首元に当てながらリングに叩きつける

タイトル編集

DDTプロレスリング

人物・エピソード編集

  • 幼い頃、アジャ・コングに抱っこされた事があった。約20年後、自身がプロになり再会して再び抱っこしてもらった[7][8][9]
  • DDTは2012年限りで入団テストを廃止して新たな練習生制度に移行されており、そのデビュー第1号である[2]ユニオンプロレスを含めると河村知哉が先にデビューしている)。
  • 練習生の頃より地元にある「ベストストレッチ」でトレーナーとして勤務していた[1]
  • ハードコアマッチにて多くの場合、顔面にペイントをあしらった姿(通称:スーパーハードコア勝俣)で登場する

入場曲編集

MONSTER/ピーマン事件

テレビ出演編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ベストストレッチ柏店 (2013年12月1日). “スタッフ紹介”. 2014年8月2日閲覧。
  2. ^ a b 【7・29リポート】男色牧場クラシック公開収録DAY!”. 株式会社DDTプロレスリング (2013年7月29日). 2014年8月2日閲覧。
  3. ^ 【後楽園リポート】HARASHIMA、ついに陥落。KUDOがKO-D無差別級奪取、酒呑童子で酒盛り! 4・29後楽園で彰人が挑戦/いつどこ権は遠藤、ササダンゴ、平田、高梨が奪取/飯伏が戦慄の雪崩式ドリル・ア・ホール・パイルドライバー! G☆LがKO-Dタッグ防衛/モ軍、勝利で活動にピリオド/4・29後楽園で勝俣がデビュー”. 株式会社DDTプロレスリング (2014年3月21日). 2014年8月2日閲覧。
  4. ^ 【後楽園リポート】KO-D無差別級王者・KUDOが彰人の夢を打ち砕く。いつどこ権行使のヤスも退け、5・25名古屋でHARASHIMAとの防衛戦へ/ケニブシ佐々木がKO-D6人タッグ初防衛/チームドリフ、三度目の正直でアジアタッグ奪取/封印逃れたアイアンマン王座は秋山準に流出/6・5花やしきでBiSと異種対バン路上ライブプロレス開催”. 株式会社DDTプロレスリング (2014年3月21日). 2014年8月2日閲覧。
  5. ^ 【後楽園リポート】時代が動いた! 竹下&遠藤がG☆L撃破でKO-Dタッグ初戴冠/彰人が憧れのディーノを下して、EXTREME級王座を奪取。次期挑戦者に高尾を指名/平田が入江から奇跡のフォール勝ち!! T2ひーがKO-D6人タッグ王者に/東京ラーメンショーで小路晃さんとのコラボで出店! 路上プロレスも開催/若手による新プロジェクト「DNA」が11・28北沢で旗揚げ。練習生5人が一気にデビュー”. 株式会社DDTプロレスリング (2014年9月28日). 2014年9月29日閲覧。
  6. ^ “DDTプロレスから男性アイドルNωA誕生、楽曲はmichitomo制作”. 音楽ナタリー. (2016年5月31日). http://natalie.mu/music/news/189103 2016年5月31日閲覧。 
  7. ^ さいたまスーパーアリーナで、約20年ぶりにアジャコング選手に抱っこしてもらいました
  8. ^ 約20年前アジャ・コングに抱っこされた子 → プロレスラーになって再び抱っこされた画像が感動的と話題
  9. ^ ここまで大きくなるとは……! アジャ・コングに抱っこされる少年 → 若手レスラーになり20年ぶりの抱っこ

外部リンク編集