メインメニューを開く

KINYA(きんや、1949年9月6日 - )は、日本マルチタレント

目次

来歴編集

沖縄県に生まれて大阪で育つ。高校時代に西野バレエ団にスカウトされて高校を中退して、金井克子の付き人を経て、由美かおるバックダンサーとして下積み生活を送る。20歳過ぎで上京し、24歳で新宿二丁目にオカマバーを開店して成功を収めた。バーの客に当時フジテレビプロデューサーだった横澤彪がいたことから、1982年から森田一義アワー 笑っていいとも!』の木曜レギュラーに起用される。コーナーの「美少年コンテスト」も企画した。同番組で共演していた松金よね子渡辺めぐみよめきんトリオを結成、トリオでレコードデビューも果たすと同時に、竹内まりやが詞と曲を提供したシングル「涙のデイト」でレコードデビュー。おかまキャラのタレントとして活躍した[1]

2001年頃より、静岡県にある稲取温泉の旅館でワンマンショーをスタート[1]

2009年3月、落合博満の長男の落合福嗣、演歌歌手の広野ゆき、秋葉系アイドルのまいみんらとKINYA&ALphaというユニットを結成。CDアルバム「摩天楼ブルース」をリリース[2]

2013年5月24日、TBSテレビ『爆報! THE フライデー』に出演。26年ぶりに渡辺めぐみと再会した[3]。2014年現在は新宿区のマンションに住みながら、前述の旅館の専属のショータレントとして働いている[1]

出演編集

テレビ編集

ラジオ編集

映画編集

CM編集

  • リーダーマート

楽曲編集

シングル編集

  • 涙のデイト(1982年6月25日、ポリスター) - デビューシングル
  • それ行け!サマービーチ(1983年、SMS) - よめきんトリオとして
  • 突然おじゃまの恋だけど(1983年、SMS)
  • それ行け!よめきん(1983年、SMS)
  • Let it boogie(1984年、徳間ジャパン)
  • 離婚行進曲(1985年、東芝EMI)
  • お出かけチャチャ(1990年、トーラス) - 安倍里葎子とのデュエットシングル
  • 身代わり(1990年、トーラス)

アルバム編集

  • KINYA & Alphaプロジェクト『摩天楼ブルース』(2009年、アルファコア)

出典編集

外部リンク編集