爆報! THE フライデー

TBSテレビのバラエティ番組、爆笑問題の冠番組

バクホウ』(ばくほう)は、2011年10月21日から2021年3月5日までTBS系列で毎週金曜日の19:00 - 20:00(JST)に放送されている情報バラエティ番組司会を務める爆笑問題冠番組。2020年3月までのタイトルは『爆報! THE フライデー』(ばくほう!ザ・フライデー)で、通称『爆報![注釈 2]

爆報! THE フライデー

バクホウ
BAKUHO Friday
ジャンル 情報バラエティ番組
構成 桜井慎一
ほか
ディレクター 内田雅行
ほか
演出 川平秀二(総合演出)
司会者 爆笑問題
太田光田中裕二
田原俊彦
山本里菜(TBSアナウンサー
出演者 アンガールズ
田中卓志山根良顕
友近
藤森慎吾
オリエンタルラジオ
ナレーター 佐藤賢治
中井和哉
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
製作
チーフ・
プロデューサー
小林弘典
プロデューサー 勝田拓也
川澄博雄、山本一雄(担当P)
制作 TBSテレビ
製作 TBS
放送
放送チャンネルTBS系列
映像形式文字多重放送[1]
リアルタイム字幕放送
音声形式モノステレオ放送[注釈 1](編成上の場合)
放送国・地域日本の旗 日本
爆報! THE フライデー
芸能人ザ・密告SP
放送期間2011年1月12日 - 7月28日
放送時間19:00 - 20:54
放送分114分
回数4回
爆報! THE フライデー(レギュラー版第1期)
放送期間2011年10月21日 - 2017年9月22日
放送時間金曜日 19:00 - 19:56
放送分56分
回数全274回
爆報! THE フライデー→バクホウ(レギュラー第2期)
放送期間2017年10月6日 - [2] 2021年3月5日(予定)[3]
放送時間金曜日 19:00 - 20:00[2]
放送分60分
回数全146回(2021年3月5日最終回分まで。)
番組年表
関連番組サンデージャポン

特記事項:
・オープニングに流れる曲は椎名林檎のカリソメ乙女(jazz.ver)の冒頭部分
・最終回は19:00 - 20:57の2時間スペシャルで放送(『JNNフラッシュニュース』内包)。
テンプレートを表示

概要編集

2011年1月13日から7月29日に『芸能人ザ・密告SP』というパイロット版が放送され、2011年10月21日からレギュラー放送としてスタートすると2011年8月31日に報道された[4]

本番組のMC(司会)には、2011年9月まで同じTBSで水曜日の20時台に放送されていた『爆問パワフルフェイス!』に出演した爆笑問題(太田光田中裕二)が起用された。さらにスペシャルゲストMCとして、歌手タレント田原俊彦を起用。

本番組は、芸能界の意外な事実と芸能人の知られざる素顔をニュース形式で紹介していたが、現在は前半で一世を風靡したが、その後テレビで見かけなくなってしまった著名人の現在、第2の有名人と銘打ってデビューしたが売れずに芸能界を引退し第2の人生を歩んでいる著名人を紹介する『あの人は今』特集、後半は「爆報ミステリー実録名前の出せない芸能界事件簿」や「芸能人の介護問題」などのメイン特集が中心になっている。2020年現在は前半は「都市伝説」などのホラー企画、後半は「芸能人の事件」などが中心となっている。

視聴率は長らく好調傾向にあった[5]が、2020年頃から一桁に落ち込む回が目立つようになった。

2015年10月2日放送分より編成上の音声がステレオに変更されたが、モノラル音源で放送されている現状は変わっていない。

「19時番組や20時番組の交互2時間SP」が多発する中、TBSの金曜日は20時台の『ぴったんこカン・カン』と21時台の『中居正広の金曜日のスマ(→スマイル)たちへ』の交互特番が多く、当番組の拡大SPは珍しく少ない[6]。逆に、改編期でも放送休止されないことが多い(なお、本番組の休止時は「ぴったんこカン・カン」2時間スペシャルは19:00 - 20:57枠で放送)。

開始以来長らく19:00 - 19:56(JST)で放送されたが、2017年10月6日より直後の『ぴったんこカン・カン』の4分縮小に伴い19:00 - 20:00(JST)に拡大された[2]

番組終了へ編集

出演者編集

出演者の一部は『サンデージャポン』にも出演。

MC編集

スペシャルゲストMC編集

アシスタントMC編集

レギュラー編集

準レギュラー編集

上記の3組が、毎週交代で出演。

常連出演者編集

過去の出演者編集

備考編集

  • 『サンデージャポン』とはスタッフによるスピンオフのような番組にしており、同番組で『爆報』の番宣CMが放送されている(CM枠ではなく番組の一部として)。
  • 2011年12月23日の放送で、離婚したばかりの山口もえを友近の母・千鶴が「ひと回り以上年上」「テレビ業界」「バツイチ」の運命の人が翌年には現れると占った[注釈 9]
  • 2012年12月7日と翌週14日放送は、収録日に田中が入院していた(田中裕二 (お笑い芸人)#来歴を参照)ため、太田と田原が司会を担当した。また、ネームプレートの左側に田中の写真と下部に「欠席」が表示されていた。
  • 2012年12月28日の放送には、『サンデージャポン』との合同で、『爆報! THE フライデー VS サンデージャポン』と題した特別番組が生放送された。
  • 2019年4月5日の放送には、『サンデージャポン』の歴代アシスタントが揃って番組に出演した[14]

ネット局と放送時間編集

放送対象地域 放送局 系列 放送日時
関東広域圏 TBSテレビ (TBS) TBS系列 金曜 19時00分 - 20時00分
北海道 北海道放送 (HBC)
青森県 青森テレビ (ATV)
岩手県 IBC岩手放送 (IBC)
宮城県 東北放送 (TBC)
山形県 テレビユー山形 (TUY)
福島県 テレビユー福島 (TUF)
山梨県 テレビ山梨 (UTY)
新潟県 新潟放送 (BSN)
長野県 信越放送 (SBC)
静岡県 静岡放送 (SBS)
富山県 チューリップテレビ (TUT)
石川県 北陸放送 (MRO)
中京広域圏 CBCテレビ (CBC)[注釈 10]
近畿広域圏 毎日放送 (MBS)[注釈 11]
鳥取県島根県 山陰放送 (BSS)
岡山県・香川県 RSK山陽放送 (RSK)[注釈 12]
広島県 中国放送 (RCC)
山口県 テレビ山口 (tys)
愛媛県 あいテレビ (ITV)
高知県 テレビ高知 (KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送 (NBC)
熊本県 熊本放送 (RKK)
大分県 大分放送 (OBS)
宮崎県 宮崎放送 (MRT)
鹿児島県 南日本放送 (MBC)
沖縄県 琉球放送 (RBC)
配信サイト 更新時間 備考
TVer 金曜 20:00 更新 最新話限定で無料配信

スタッフ編集

2020年10月9日以降現在

  • 構成:桜井慎一、尾首大樹、杉山奈緒子・秋葉高彰野口悠介・萩森豪(萩森→以前は演出)
  • ナレーション:佐藤賢治中井和哉
  • TM:鈴木博之
  • TD:大蔵聡
  • VE:則竹香【週替り】/荒井秀訓、久保澤知史、佐藤希美、鈴木祭、吉田崇
  • CAM:横田研一
  • MIX:鈴木誠司
  • LD:加藤由美子(以前は照明)【週替り】/荻原小桃
  • 技術協力:SWISH JAPANOMNIBUS JAPAN、東京オフラインセンター【週替り】/バンエイト
  • 美術プロデューサー:清水久(以前は美術制作→一時離脱)
  • 美術デザイナー:郭珠延
  • 美術制作:町山充洋
  • 装置:相良比佐夫
  • 操作:佐藤謙紫朗
  • 装飾:森田琴衣
  • 電飾:高橋麻衣
  • アクリル装飾:磯田愛美
  • 衣装:岡崎貴子
  • 持道具:京阪商会
  • ヘアメイク:田中智子
  • 編集:高橋勇志・山本浩三(以上OMNIBUS JAPAN)
  • MA:坂井真一(OMNIBUS JAPAN)
  • CGデザイン:大森清一郎
  • 音効:鈴木瑞穂・井田剛博(以上スポット
  • TK:鈴木裕恵
  • デスク:石関幸子
  • 編成:川島優子(2020年7月-)
  • 宣伝:田中瑞穂、多賀名千尋(多賀名→途中から)
  • リサーチ:大森智仁(リベラス)、市川真吾(ライダース・オフィス)
  • アシスタントディレクター:富田亮太、若挟聡司、笠原怜那、岡田夏美、小林将也、塚本智久、辻井大輝、冨田みのり、松井真奈実、池口麻衣、高谷翔平、永椎大輝、本間佑香、青山恵理香、武田欣樹、加藤倭子、森本愛彩、永野司、伊藤明日香、厚東那昂、湯地和華、西野哲生
  • 進行:平井俊範(以前はアシスタントディレクター)
  • アシスタントプロデューサー:髙橋直美(以前はアシスタントディレクター)、木村真菜
  • 協力プロデュース:雨宮佑介(フォーミュラミュージックエンタテインメント)
  • ディレクター:内田雅行、相澤雄、木村英貴・梅野良祐(FAT TRUNK)、東功一朗、伊藤高史、中山健志、鈴木信義(以前はアシスタントディレクター)、阿部裕一郎、小林恵美、平田恭崇、田野文哉(以前はアシスタントディレクター)、伊藤敦基
  • 演出:丹野樹史、横山健一、倉田敬之(ROFL)、宮森英生(FAT TRUNK)、塚田直之、光用さやか(光用→以前はディレクター)
  • 担当プロデューサー:川澄博雄、山本一雄(川澄・山本→以前はプロデューサー)・福島千紘(以前はアシスタントプロデューサー→制作プロデューサー)・本村千穂美(ちほみ)、増村紀男(ROFL)、大森エミ(FAT TRUNK、以前はアシスタントプロデューサー)、山崎統司・小坂洋司(TBSスパークル、小坂→一時離脱→復帰)、吉田弓恵(以前はアシスタントプロデューサー)、名田雅哉(officeDA-NA)(本村以降→以前はキャスティングプロデューサー、全員→2020年10月9日-)
  • チーフプロデューサー:小林弘典(2020年10月9日-)
  • 総合演出:川平秀二(デージカンパニー)
  • プロデューサー:勝田拓也(以前はディレクター→演出)
  • 制作協力:デージカンパニー、FAT TRUNK、ロジックエンターテインメント、ROFLTBSスパークル、officeDA-NA(※以上全社でクレジット表記なし)
  • 制作:TBSテレビコンテンツ制作局バラエティ制作二部
  • 製作著作:TBS

歴代のスタッフ編集

  • ナレーション:一龍斎貞友
  • 構成:北本かつら渡辺真也、利光宏治
  • TM:金澤健一、山下直、丹野至之、榎芳栄、荒木健一
  • VE:後藤静香、澤井優輝、對間敏文、青木智奈未、榊聖一、沖田祐貴、竹若章、森竜二、田上隆行
  • CAM:斉藤美由紀
  • 音声:田村真紀
  • ロケ技術:白石利彦(共同テレビ→バンエイト)、小林孝至・佐々木瑠美・渡辺拓(以上SWISH JAPAN)
  • 美術プロデューサー:東立、中原茂樹、菅原崇、中江大志、山口智広
  • 美術:三須明子(以前は美術プロデューサー・デザイナー)
  • 美術デザイナー:木村真梨子(以前は美術)
  • 美術制作:大木章子
  • 電飾:入江智喜
  • 操作:岩尾匡介、高久紀子
  • 特効:永岡昇
  • アクリル装飾:相澤香織、中村結香、大和田楓
  • 造花装飾:dosco、高井由子
  • 持道具:岩本美徳、中尾恵里、大沼真也、宮路かすみ、寺澤麻由美、安岡京子、小松絵里子
  • 編集:日詰しのぶ(OMNIBUS JAPAN)
  • 音効:杉本栄輔、小川慶一(スポット)
  • リサーチ:平岡達哉(ライダース・オフィス)
  • デスク:山口麻美、藤原有衣子
  • 編成:片山剛、時松隆吉、高山暢比古、池田尚弘、矢野大亮、中島啓介(一時離脱→復帰)、寺田裕樹(2019年7月5日-)
  • 宣伝:石田孝宏
  • 進行:高安良弥、栗山真(共に以前はアシスタントディレクター)
  • 進行チーフ:西川なる美、丸山正樹(共に以前はアシスタントディレクター)
  • キャスティングプロデューサー:住田雄一(以前はプロデューサー)、山北剛士、平山陽、緒方伸介、鎌田敏明
  • アシスタントプロデューサー:山本希恵、櫻井沙織
  • アシスタントディレクター:水谷友香、高畠俊輔、佐久間晃司、盛英男、浅沼雄介、小美野沙織、中澤晋也、井上豊裕、木全彩乃、沢田翔太、長沢駿斗、久保田茜、瀧本卓、田中泉、五十嵐大輔、海野沙織、中西宏志、船津祐二、田中杏、近藤真帆、蒲田涼、乾麻耶、岡田実樹、吉藤芽衣、松村好恵、堀西里奈、猿渡祐、内田佳那、吉地淳悟、橋爪佳織、西江健司、中谷周平、出口拓磨、皆川拓、齊藤栄哉、、大迫結奈、松田竜宏、川北綾香、石見優佳、稲垣星那、河西美佐子、山本佳子、佐々木勇登、彌永紗輝、角田勝利、玉居子知美、吉冨由布希
  • 制作プロデューサー:渡部宗一(以前はプロデューサー)
  • ディレクター:鳥越一夫、見崎陽亮、高橋隼人、亀山剛志、須田岳未、宮本大輔、須藤有加(以前は進行)、中島孝志、武田治、南川尚人、松岡信行、山本健太郎、瀬戸亘(瀬戸→以前はアシスタントディレクター►進行)、吉澤直樹(以前はアシスタントディレクター→進行)、安岡温彦(以前は進行チーフ)、木村亮、酒井翔太(以前はアシスタントディレクター→進行チーフ→進行)
  • プロデューサー:刀根鉄太、喜瀬川恵子、武藤淳、麻生邦浩
  • チーフプロデューサー:大久保竜

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2015年10月2日より実施。
  2. ^ 爆笑問題は「爆」、報道は「報」を流用。
  3. ^ 元々は2004年10月7日 - 2005年9月29日まで、木曜23:55 - 翌0:25で放送されていた。その後2020年3月14日の『土曜☆ブレイク』(関東ローカル)にて約14年ぶりに放送され、同年6月15日には『アイアム冒険少年&オオカミ少年特別編合体3時間SP』(3月14日放送分の再放送)、8月14日には2時間SP(19:00 - 20:57)が何れもゴールデンタイムに全国ネットで放送された。
  4. ^ MC席にはいるが進行はせず、VTRで出演した「懐かしの有名人」とのエピソードを語る役割が主である。
  5. ^ 中京広域圏に於いて2015年4月3日より放送開始の裏番組『PS純金』(中京テレビ)にもレギュラー出演しており、同地域に於いては事実上の裏被り状態となっている。オリエンタルラジオのメンバーである中田氏が卒業(後述)した2019年1月以降は藤森のみがこのようになっている。
  6. ^ 2011年 - 2013年度アシスタントMCを2014年9月19日放送分まで担当。2015年10月から2016年8月までフジテレビ裏番組巷のリアルTV カミングアウト!(→幸せ追求バラエティ 金曜日の聞きたい女たち)』に出演していた。
  7. ^ 2014年 - 2017年度アシスタントMC。2014年10月10日から2017年12月24日まで『サンデージャポン』と同時起用。2018年より産休に入り、2019年1月末にTBSを退社、フリーアナウンサーとなった。
  8. ^ 2018年12月28日の放送を以って番組を卒業。この日の放送のエンディングで告知をし中田の相方である藤森は引き続き出演。
  9. ^ その後山口は2015年10月4日に田中裕二と再婚。なお、田中は山口より12歳(13学年)上でバツイチである。
  10. ^ 2014年3月21日(2013年度最終放送日)までは認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、中部日本放送。
  11. ^ 不定期でプロ野球・阪神タイガース中継差し替えにより、当番組を土曜または日曜日の午後に遅れネットで放送することがある。
  12. ^ 2019年3月22日(2018年度最終放送日)までは認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、山陽放送。

出典編集

  1. ^ 字幕の色分けは田中裕二の声は黄色、太田の声は水色、田原の声は緑、それ以外の出演の声は白で表示される。
  2. ^ a b c TVステーションダイヤモンド社、関東版2017年20号、P.70。
  3. ^ a b TBS系「爆報!THEフライデー」来年3月終了…9年半で幕 スポーツ報知 2020年12月10日配信、同日閲覧。
  4. ^ 止まっているTBS 紳助さん番組「一刻も早く決めたいんですが…」-スポニチ Sponichi Annex 芸能 2011年8月31日発信
  5. ^ http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_279901 NEWSポストセブン
  6. ^ 2016年3月4日には2時間SPを放送したが、これは2015年3月6日以来1年振りの事である。なお2016年12月2日は9ヶ月振りの2時間SPを放送した。
  7. ^ 爆報!THEフライデー来年3月終了 9年半で幕 -『日刊スポーツ』2020年12月10日付
  8. ^ 爆問司会の「爆報!THE フライデー」21年3月に終了へ -『サンケイスポーツ』2020年12月11日付
  9. ^ 「爆報!THEフライデー」3・5最終回 9年半の歴史に幕 TBS金曜夜の名物番組 -『スポーツニッポン』2021年2月27日付
  10. ^ "浜田雅功MC「オオカミ少年」4月にゴールデン進出". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 11 February 2021. 2021年2月11日閲覧
  11. ^ TBS 浜田雅功MCクイズ番組「オオカミ少年」が金曜夜7時枠でレギュラー化 深夜枠から16年越し -『スポニチ』2021年2月16日付
  12. ^ 浜田雅功MC『オオカミ少年』深夜時代から16年越しのゴールデンレギュラー 4月から金曜夜7時に放送 -『オリコン』2021年2月16日付
  13. ^ 爆報!THE フライデー あの人は今・・・人生激変SP 2018/04/06(金)19:00放送”. TVでた蔵. 富士ソフト株式会社 (2018年4月6日). 2018年4月7日閲覧。
  14. ^ 青木裕子と田中みな実の確執露呈、TBSアナウンス部の異常な非常識さに批判続出”. Business Journal (2019年4月8日). 2019年6月2日閲覧。

外部リンク編集

TBS系列 金曜日19:00 - 19:56枠
前番組 番組名 次番組
がっちりアカデミー!!
(2010.4.16 - 2011.9.16)
爆報! THE フライデー

バクホウ
(2011.10.21 - 2021.3.5、予定)
オオカミ少年(第2期)
※19:00 - 20:00
(2021.4. - 、予定)
TBS系列 金曜日19:56 - 20:00枠
ぴったんこカン・カン
※19:56 - 20:54
【4分縮小して継続】
爆報! THE フライデー

バクホウ
(2017.10.6 - 2021.3.5、予定)
オオカミ少年(第2期)
※19:00 - 20:00