M67破片手榴弾

M67破片手榴弾:M67 grenade)は、アメリカ軍およびカナダ軍で使用されている破片手榴弾である。 1950年代から使用され続けていたM61手榴弾の後継として導入された。弾殻の内面には細かいスタンプ加工が施されており、炸裂の際に破片の大きさが均等になるよう考慮されている。その形状と地仕上げの本体の印象から「アップル・グレネード(リンゴ型手榴弾)」「ベースボール(ここでは野球ボールの意味)」とも呼ばれる。

約40メートルの距離まで投げることが可能で、信管に点火後約5秒で爆発する。 爆発時5メートル範囲以内の人間は致命傷を受け、15メートル範囲に殺傷能力のある破片が飛散する。更に、一部の細かな破片は230メートルまで飛散したとの記録もあり、威力の大きさがうかがえる。

スペック編集

使用手順編集

  1. 安全クリップ(俗称ジャングルクリップ)を安全レバーからずらす。安全クリップ自体は手榴弾に付いたままで、脱落はしない。
  2. Tの字に折れた安全ピン(割ピン)の先をまっすぐに戻す。
  3. 親指および人差し指スプリングを固定する安全レバーを押さえ込み、安全ピンを抜く(安全レバーが外れない限り爆発はしない。安全ピンを挿し戻すことも可能である)。
  4. 投擲する。安全レバーが外れてから約5秒後に爆発。

動画編集

登場作品編集

外部リンク編集