Microlensing Observations in Astrophysics

太陽系外惑星探索プロジェクト

Microlensing Observations in AstrophysicsMOA モア)は、名古屋大学をはじめとする日本の研究機関とニュージーランドの4つの大学によって共同で進められているプロジェクトである。

このプロジェクトでは重力マイクロレンズを用いた暗黒物質太陽系外惑星恒星大気の観測を南半球から行っている。特に系外惑星探査においてはオーストラリアアメリカなどの他のグループとも緊密に連携をとりながら活動している。

観測はニュージーランドの南島にあるマウントジョン天文台の61cm反射望遠鏡を用いて1996年に開始され、 2005年からは同天文台に建設した専用の1.8m望遠鏡を用いて行われている。

プロジェクト名は、かつてニュージーランドに生息していたモアに由来している。

発見した惑星の一覧 編集

次の一覧は太陽系外惑星エンサイクロペディアのデータに基づく。惑星は2022年5月25日現在で39個発見されている。褐色矮星またはその可能性が高いもの(木星質量の13倍を目安とする)は記載していない。また、その他太陽系外衛星であるMOA-2011-BLG-262LbMOA-2015-BLG-337bも発見されている。

惑星発見数の推移 編集

左は各年の新規発見数、右は累計発見数の推移である。

一覧 編集

恒星 赤経 赤緯 等級 距離
(pc)
分類 惑星 質量
(木星質量)
半径
(木星半径)
軌道周期
()
軌道長半径
(天文単位)
軌道離心率 軌道傾斜角
(°)
発見年
MOA-2003-BLG-53  18h 05m 16s −28° 53′ 42″ 5200 b 2.6      5.1      2004
MOA-2007-BLG-192L  18h 08m 04s −27° 09′ 00″ 700 M b 0.01      0.66      2008
MOA-2007-BLG-400L  18h 09m 42s −29° 13′ 27″ 6890 b 1.71      3.9      2008
MOA-2008-BLG-310L  17h 54m 14s −34° 46′ 41″ >6000 b 0.233      1.25      2010
MOA-2008-BLG-379L  17h 58m 49s −29° 48′ 11″ 3600 b 4.1 3.3 2013
MOA-2009-BLG-232  17h 54m 22s −29° 03′ 21″ 15.84 390 b 7.5      0.31      2013
MOA-2009-BLG-266L  17h 48m 06s −35° 00′ 19″ 3040 b 0.0327    2780  3.2      2010
MOA-2009-BLG-319L  18h 06m 58s −26° 49′ 11″ 6100 K b 0.208          2010
MOA-2009-BLG-387L  17h 53m 51s −33° 59′ 25″ 5700 M b 2.6    1970  1.8      2011
MOA-2010-BLG-073L  18h 10m 11s −26° 31′ 23″ 2800 M b 11      1.21      2012
MOA-2010-BLG-117  18h 07m 49.7s −25° 20′ 41″ 21.7 3400 b 0.51      2.9      2017
MOA-2010-BLG-328L  17h 57m 59s −30° 42′ 55″ 810 M b 0.029      0.92      2013
MOA-2010-BLG-353L  18h 05m 13s −27° 17′ 36″ 6430 M b 0.27      1.72      2015
MOA-2010-BLG-477L  18h 06m 07s −31° 27′ 16″ 2300 WD b 1.4      2.8      2012
MOA-2011-BLG-028L  18h 03m 26s −29° 12′ 48″ 7380 b 0.094      7.14      2015
MOA-2011-BLG-274  17h 54m 42s −28° 54′ 59″ 800 b 0.8      40      2014
MOA-2011-BLG-291  17h 55m 28s −29° 10′ 14″ 7000 b 0.085      1.4      2018
MOA-2011-BLG-293L  17h 55m 39s −28° 28′ 37″ 7700 b 4.8      1.1      2012
MOA-2011-BLG-322L  18h 04m 54s −27° 13′ 15″ 7740 b 7.8      3.6      2013
MOA-2012-BLG-006  18h 01m 46s −29° 06′ 32″ 5300 b 8.4      10.2      2017
MOA-2012-BLG-505L  17h 52m 34s −32° 02′ 24″ 7210 M b 6.7      1.12      2017
MOA-2012-BLG-527  18h 08m 04.6s −29° 43′ 54″ 3000 M b 0.11      2.7      2016
MOA-2013-BLG-148  17h 59m 03.5s −28° 25′ 16″ 3900 b 0.29      3.6      2017
MOA-2013-BLG-220L  18h 03m 57s −28° 27′ 19″ 6720 b 2.74      3.03      2014
MOA-2013-BLG-605L  17h 58m 43s −29° 23′ 54″ 3600 b 0.066      4.2      2015
MOA-2013-BLG-618  17h 52m 30.4s −30° 17′ 34″ 6300 b 0.64      2.6      2017
MOA-2014-BLG-472  18h 00m 19s −28° 08′ 56″ 7200 b 1.9      0.96      2021
MOA-2016-BLG-227L  18h 05m 54s −27° 42′ 51″ 6400 b 2.3      1.64      2017
MOA-2016-BLG-231  17h 53m 12s −30° 11′ 32″ 2850 b     0.88      2019
MOA-2016-BLG-319L  17h 54m 58s −29° 45′ 02″ 6800 b 0.62      0.95      2018
MOA-2016-BLG-339  18h 12m 49.1s −27° 00′ 46″ 3730 M b 0.43 1.7 2018
MOA-2018-BLG-163[1]  17h 53m 24.29s −29° 01′ 18.50″ 6620 b 0.89 1.75 2022
MOA-2018-BLG-320[1]  17h 59m 01.35s −29° 10′ 06.10″ 5370 b 0.95 1.21 2022
MOA-2018-BLG-365[1]  18h 04m 18.63s −28° 11′ 38.70″ 1550 b 0.20 1.68 2022
MOA-2020-BLG-135L[2]  17h 53m 42s −29° 48′ 27″ 7900 b 0.0356 1.11 2022
MOA-2021-BLG-182L[3]  18h 07m 27.33s −29° 16′ 53.69″ 6280 b 0.38 2.89 2022
MOA-2021-BLG-233  17h 59m 17s −31° 59′ 52″ 6710 b 0.0218      3.03      2021
MOA-bin-1L  17h 27m 10.2s −29° 47′ 38″ 5100 b 3.7      8.3      2012
MOA-bin-29  17h 57m 30s −29° 44′ 12″ 6900 b 0.55      1.13      2019

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集