PATA(パタ、本名:石塚 智昭(いしづか ともあき)、1965年11月4日 - )は、日本のギタリストロックバンドX JAPANのメンバー。千葉県千葉市出身。血液型はB型。愛称は「石塚(大)先生」。

PATA
RaIN 20080706 Japan Expo 050.jpg
基本情報
出生名 石塚 智昭(いしづか ともあき)
生誕 (1965-11-04) 1965年11月4日(52歳)
出身地 日本の旗 日本, 千葉県千葉市
ジャンル ロックハードロックヘヴィメタル
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1980年〜現在
共同作業者 X JAPAN、Ra:IN
公式サイト PATA Official WEBSITE

目次

来歴編集

(28日『~破壊の夜~』 29日『~無謀な夜~』(追加公演) 30日『~創造の夜~』)。
  • 2008年5月3日 、Ra:INのメンバーとして、そしてhide with Spread Beaverのゲストギタリストとして、5月4日、X JAPANのメンバーとして、hide memorial summit(hide十周忌追悼ライブ(多数のバンドやミュージシャンが出演のライブ))に出演。
  • 2008年7月5日のパリ、8月2日の台北、9月13日のニューヨークのX JAPANの公演の発表後、世界各国から公演依頼が殺到し、2008年6月現在発表している以外の日本を含め、全世界を回る大規模なツアーを予定していたが、YOSHIKIの持病の頸椎椎間板ヘルニアと腱鞘炎が悪化した為、全公演の延期を決定。
  • 2008年7月19日、自身が出演したロック映画「attitude」が下北沢トリウッドにて封切り。
  • 2008年8月1日、目黒鹿鳴館で行われたDYNAMITE TOMMY監督の映画「attitude」上映記念ライブ「ROCK ALIVE」に"TOKYOYANKEES + PATA"名義で出演。TAIJIとの久しぶりの競演を果たす。
  • 2016年1月15日、Ra:INのライブをキャンセルし、体調不良で入院する。2月3日には、YOSHIKIから大腸憩室炎と門脈塞栓症を併発していることが発表され、X JAPANのアルバムとライブ活動が延期になる。
  • 2016年3月18日、SXSW 2016でのYOSHIKIのスピーチにて、退院したことが明らかにされたが、8月に手術のため再入院し、8月10日に自身のフェイスブックで退院を報告[1]

使用機材編集

ギター

多数のギターを所有しているが、ここでは代表的なものを紹介する。

1959年製のギブソンレスポールスタンダード
  • メインとして使っていた愛用ギター。通称「1号」。これは、Xのアルバム「Jealousy」のレコーディングで滞在していたアメリカで、当時2万ドルで購入。レスポールの中でも最高級の値打ちがあるヴィンテージ・ギターで、店員によると、以前の所有者も有名なギタリストであったらしい。ピックアップは、オールドP.A.Fの中でも特に希少価値の高いゼブラカラーのものが搭載されている。
  • PATAはライブでもメインギターとして使用していた。HIDEも1959年製のレスポールを所有しており、PATA所有のレスポールとは製造時のシリアル番号が数番違いで、この2本はほぼ同時期に制作されたものである。HIDEは主にレコーディングでのみ使用していたが1993年末のX JAPANのライブにおいて一度だけ2人で1959年製レスポールを揃えて持ち、「Joker」を演奏したことがある。
  • X JAPANのライブでは半音下げチューニングの曲で使用(X時代はほとんど全ての曲が半音下げチューニングの為、ライブではこれ1本で通すことも多かった)。
  • またの名を「本妻」。レコーディングなどのギターチョイスの際、まずこの59年製スタンダードが基本にあり、違う音が欲しい時はカスタムなど他の物に手を付ける。それでもしっくり来なければ、最終的にこのメインに戻ってくることから。
  • ツアーなどの移動で機材を運ぶ際にも、人に任せず自ら持つほど慎重に扱っていた。
  • 2010年以降のライブではほとんど使用されていない模様。前述のとおり搬入も人任せにできず、非常に高価で保険がかけられないなどの事情のためと思われる。
  • ステージ袖に置いてあった際にYOSHIKIがウォーミングアップで振り回してPATAは青ざめながらも怒らなかったが、周りは唖然としたらしい。
  • YOSHIKI曰く現在(2016年6月)の価値で2000万円くらいらしい
  • P.A.F時代にテレビに出演した際、このギターの値段について「世田谷区に家が建つ」と言われた事がある。当時はまだ現在程ヴィンテージレスポールの価格は高騰しておらず、あくまでテレビ向けの少々オーバーな表現であったが、20年近く経った現在では、誇張でも何でも無く、本当に一軒家が建つほどの価格にまで高騰している。
1954年製のギブソン・レスポール ゴールドトップ(1955年製という説もあり)
  • かつてはサブであったが、現在はメインとして使われている。通称「ハゲ」。ゴールドトップ塗装を剥がしてあるために「ハゲ」と呼ばれる。
  • 元々はレコーディングでロサンゼルスに滞在していた時に、PATAのローディーをしている人物が、自分用に購入した物。
  • 購入当時、ボディカラーはゴールドトップで、ボディの右腕が当たる部分の塗装がボロボロだった為、購入者のローディー自ら塗装を全て剥がし、新たにゴールドトップで再塗装しようとしたところ、PATAが「そのまま(塗装を剥がしたまま)がカッコイイ」と言ったため、再塗装はせず、更にそのルックスが気に入ったため、暫くの間、XJAPANのライブで借りて使用していた。
  • そして、借りて使用しているうちに本格的に気に入ってしまい、当時PATAが所有していた別のレスポールと交換してもらい、正式にPATAのギターとなった。
  • ピックアップは、元々付いていたP-90(ソープバー・ピックアップ)から現在はフロントはP.A.F、リアはトムホームズH-453へと交換されている。また、ブリッジは元々付いていたストップ・テイルバー・タイプのものから、チューン・オー・マチック・テイルピースになっている。ルックス面とチューニング面を考慮したと思われるが、最初に購入した時点で既に改造が施されていたようで、ネックも本来は1958年以前のレスポールはかなり極太のネックだが、細く削られリシェイプされており、PATAは「俺、手が小さいんでちょっと細めで弾きやすくて、音もシックリ来るんで手放せなくなった」との事。
  • 塗装を剥がされたボディトップのメイプル材には、メインの59年レスポールに負けないくらい派手な虎杢が出てる箇所がある。
  • 先述の59年製レスポールと比べると荒い音色の特徴がある、とのこと。
  • X JAPANのライブでは「Rusty Nail」や「WEEK END」(後期ライヴ・バージョン)等のノーマルチューニングの曲で使用された。
フェルナンデス(Burny)製のエクスプローラーモデル
  • PATAがフェルナンデスに特注して作ったギター。希少な材木のコリーナを使用していて、ピックアップはトムホームズのものが搭載されていた。(このギターを弾いたhideが音色を気に入り、ボディーシェイプ以外は全く同じ仕様のギター・通称くじらを作ってもらい、レコーディングなどにも使用した)。シグネイチャーモデルとして廉価版のEX-85Pと本人同仕様モデルのEX-240P(希少材のためか、材がコリーナではなくホンジュラスマホガニーになっている)の2種類が販売されていた。
  • X JAPANのライブでは、メジャーデビュー初期のライブやテレビ番組で使用しており、後期はドロップDチューニングの「SCARS」で使用。
1972年製のギブソン・レスポールカスタム
  • 18歳ぐらいのときからの付き合いで、通称「常務」(理由は、常に勤務しているから)。曰く、音作りで行き詰まった時に使うと、解決するらしい。
  • ピックアップは、「その時その時で好きなのを載せている。」と、かなりの頻度で交換されており、以前はダンカンのカスタムやJBを載せていた時期もあったが、現在はフロントにナンバードP.A.F、リアにトムホームズH-453で落ち着いている。
  • Xに加入する以前のバンドで、当時の所有者だった人物がベーシストに転向する事になり、「ローンの続きは俺が払うから」と、譲って貰い、手に入れた物である。
  • X初期の頃はメインで使用されていたがそれ以降は主にTV出演時に使う事が多く、再結成時の「I.V.」のPVでも使用されている。
  • 何度もフレット交換がなされ、ブリッジ等の消耗部品も交換され、オリジナルのパーツは殆ど残っていないと言われている。またネックが2回折れており、その度にリペアされ、その際、ヘッド裏のシリアルナンバーも塗装で塗り潰されて消えてしまい、現在はシリアルナンバー不明となっている。
  • 1959年製の「1号」がライブで使用されなくなって以降、半音下げチューニングの曲で頻繁に使用されている。
  • 音の特徴としては、「カスタムだからなのか分からないが、(所有している)他のギターには無いゴツさみたいなのがある」との事で、レコーディングではドロップDなどのダウン系のチューニングを用いるヘヴィな曲で使う頻度が高い。

他にもX以前から使用していたBurnyのレスポールモデルなど、所有しているエレキギターの多くがレスポールやギブソン系のギター(セットネックタイプでハムバッキングピックアップ搭載のもの)。1993年の紅白歌合戦で「Tears」を演奏した際には、ギブソン・SGを使用した。

最近では、その他にピックアップを交換したカスタムギターも併用しているらしく、以上が全てではない。

また、使用期間が長い、使用頻度の高いヴィンテージギターであっても、消耗部品や金属パーツ以外のボディやネックには、それほど大きな打痕や塗装の剥がれと言った傷は見受けられず、普段からギターの扱いや手入れ、メンテナンスに気を配っている様子が伺える。

フェンダー・ストラトキャスタージェフ・ベックモデル
  • 昔はジェフ・ベックCharなどに惹かれ、ストラトキャスターやムスタングジャズマスターなど、フェンダー製ギターも何本か所有している中のメイン・ギター。薄紫色で、ストラトとしては特異に太いネックが特徴。初のソロ・アルバム『Pata』では、意外にもレスポールよりもストラトの使用頻度が高かったとのこと。アルバム発売当時の雑誌「GIGS」の表紙では、珍しくこのストラトを持ったPATAの姿があった。
  • X JAPANの「ART OF LIFE」でHIDEが奏でるアルペジオは、PATAから貸し出されたこのストラトによるもので、HIDEはいたく気に入っていたという。
  • X時代のフィルム・ギグでは、テレキャスターを演奏している場面があるが、当時は借り物であるという。
C.F.マーチン・アコースティック・ギター
  • 主にレコーディングで使用。1920年代に作られた物で、木も乾ききっていて、非常に枯れた味のある音色をしている。X時代の『Jealousy』に収録されているPATA作曲の「White Wind from Mr.Martin ~Pata's Nap~」のギターはこの音。
  • X JAPANのステージでは、主にToshIのソロコーナーでアコースティック・ギターを演奏する事が多く、ステージでは最初の解散まではオベイションのエレアコを使用し、2008年の再結成時にはタカミネのエレアコを使用していた。
  • X時代、どのモデルかは不明だが実家にギターを預けておいた際、事故でネックを折られてしまったことがある。

アンプ

  • アンプは、マスターボリュームの増設と中音域が太くなるように回路系を改造した68年製と74年製のマーシャル1959。一時期ラック式アンプなども試してみたそうだが、「結局これ(マーシャル)に戻ってきてしまう。マーシャルの音が一番安心できる」とのこと。基本的に前述のマーシャルを2台同時に鳴らし、それぞれ、74年製で音の芯を作り、68年製でボトム感や厚みを加えるというセッティングで、2台の音をブレンドする形でサウンドメイクをしている。この手法は90年代から今日まで一貫して変わっていない。
エフェクター
  • 本人曰く「あんまり興味が無い、ある時ライブでP.Aさんに、ソロの時だけ少し音量上げてくれない?と言われて、ちょっと歪みを足すためにプリアンプって言うの?それはソロの時だけ噛ましてますけど、好きなのはフェイザーとワウくらい、ディレイなんか使い方未だにイマイチよく分かってないし、空間系エフェクターは昔から興味が無い、でも必要だから使ってはいる。」
  • その言葉通り、音に変化を与える用途のエフェクターと言える機材は、必要最低限に纏められており、フェイザー、ブースター、ディレイ、ワウペダル、ボリュームペダル、ワーミーペダル程度で、それも要所要所で必要に応じて使用する程度である。
  • その時代時代でエフェクターの機種は変更されているが、基本的な内容は90年代からほぼ変更されていない。
弦とピック
  • ラベラ・ハードロッキンスティール010-048(LAST LIVE当時)
  • ジムダンロップ・ナイロンスタンダード

元々は通常の太さの弦を使用していたが、59年の1号を入手したところ、他のギターよりも少し弦のテンションが緩く、強くピッキングすると音程が安定せず、特に6弦や5弦と言った低音弦の音程が暴れてしまうため、この1号のみ太い弦に変更した。この弦に落ち着く前は1弦が011というブルースギタリストが使用するような更に極太な弦を使用していた時期もあったが、弦のテンションが強すぎて「体調が悪い時はチョーキングが辛い」という理由で、010-048というゲージに落ち着いたと言う。尚、ギターによって使用する弦のゲージはまちまちで、本来は基本的にダダリオの弦が好んでいる。ピックに関しては、90年代から現在に至るまで一貫してジムダンロップ社のナイロン製のティアドロップを愛用している。このピックに関してPATAは「昔は固いの使ってたんだけど、ピックを弦に当てる角度によって固さが変わる、最初は柔らかくて速いリフとかは弾き辛かったけど、ピックの持つ長さを変えて、短く持つと固くなるし、長く持つとでろ~んってやらしい音になるし、意外と慣れてくると便利かな?」と言っている。

ディスコグラフィー編集

PATA編集

  • シングル
  1. Fly Away (1994年9月21日)
  • アルバム
  1. PATA (1993年11月4日)
  2. Raised on rock (1995年7月5日)
  • DVD
  1. PATA 直伝 IMPROVISATION GUITAR STYLE (2007年8月・ATDV-139)

PATA PROJECT編集

  • シングル
  1. SHINE ON ME (1995年1月21日)

P.A.F.編集

  • シングル
  1. LOVE & FAKE (1998年2月21日)
  2. SLAPSTICK LIFE (1998年10月21日)
  3. THE BIG TIME (1999年1月21日)
  • アルバム
  1. Patent Applied For (1998年3月25日)
  2. PAT. #0002 (1999年2月24日)
  3. Live (1999年7月23日)

Dope HEADz編集

  • シングル
  1. GLOW (2001年2月21日)
  2. TRUE LIES (2001年4月25日)
  • アルバム
  1. PRIMITIVE IMPULSE (2001年6月6日)
  2. PLANET OF THE Dope (2002年7月24日)

Ra:IN編集

  • シングル
  1. The Border (2003年4月、ライブ会場限定販売)
  2. Circle/Psychogenic (2009年欧州ツアー会場限定販売)
  • アルバム
  1. The Line (2003年11月7日)
  2. BEFORE THE SIREN (2006年3月8日) ※台湾盤が2006年8月24日にリリース
  3. METAL BOX (2008年4月9日)
  • DVD
  1. HARD RAIN & ROCKS LIVE (2007年9月1日)

関連項目編集

出典編集

外部リンク編集