PWFPacific Wrestling Federation、太平洋沿岸レスリング同盟)は、1973年ロード・ブレアースを初代会長として設立されたプロレスタイトル管理組織。

概要編集

PWFはプロレス団体でなく、タイトルを管理することを目的とした組織であるため、同組織の自主興行は行わない。事実上は全日本プロレスのタイトル管理部門として機能している(詳しくは後述を参照)。PWFは副会長・事務局長等はなく、会長しか存在しない。タイトルマッチに関する発表等で「PWF本部に連絡して」のようなフレーズが出ることがあるが、「PWF会長に」というのと実質的に同じであり、かつてPWF本部はハワイに存在するとされていたが、これは初代会長たるロード・ブレアースがハワイのプロレスプロモーターで、ホノルルに自邸を構えていたためである。

初代会長はブレアース、第2代会長を現役引退したスタン・ハンセン2001年からそれぞれ務め、馳浩が引退した翌年の2007年7月15日付で第3代会長に就任している。

2013年3月17日の両国国技館大会において、馳が会長を勇退し、後任の第4代会長を5月11日をもって引退するプロレスリング・ノア小橋建太(全日本プロレスは2000年6月15日に退団)に譲ると馳が発言したが[1]、小橋には正式要請が来ておらず、小橋はこの件については言及していなかった。結局馳の後任の会長職は空席となっていたが[2][3]、10月27日よりドリー・ファンク・ジュニアが第4代PWF会長となることが発表された。

歴史編集

1972年力道山の死後、百田家に保管されていたインターナショナル・ヘビー級王座及びWWA世界ヘビー級王座のチャンピオンベルトとして使用されていたが、全日本プロレスを設立して間もないジャイアント馬場に寄贈された。

これを受けて、全日本プロレスでは力道山のチャンピオンベルトを「世界ヘビー級王座」として使用することを決め、その王座争奪戦を開催。

この新設王座争奪戦は、馬場とブルーノ・サンマルチノテリー・ファンクアブドーラ・ザ・ブッチャーザ・デストロイヤーウイルバー・スナイダードン・レオ・ジョナサンパット・オコーナーボボ・ブラジルの8選手による勝ち抜き十番勝負という形で行われ、馬場が8勝2引分けという成績を収め(最初の対戦で引き分けたサンマルチノ、スナイダーには再戦で勝利)、初代世界ヘビー級王者となる。

1973年3月にハワイ・ホノルルを本部とするPWF(Pacific Wrestlimg Federation)設立を発表し、初代会長には馬場と旧知の仲であったハワイのプロモーターで元プロレスラーのロード・ブレアースが就任している。世界ヘビー級王座をPWF世界ヘビー級王座と改め、馬場をその初代王者に認定したのがPWFの始まりである。

後に全日本にNWA世界ヘビー級王者を招聘するにあたって、NWAからの勧告に基づき「世界」の2文字を外してPWFヘビー級王座に改称された。以降、馬場がNWA第一副会長を退任してNWAと疎遠になる1990年代前半までは、PWFヘビー級王座及び、その後の三冠ヘビー級王座などのPWF管理タイトルの選手権試合宣言(認定証)では「この試合は、NWAが認可し、PWFが認定する〇〇選手権試合であることを宣言する」という文言が必ず読まれた。

なお、ブレアースは1980年頃までハワイでプロモーターとして活動していたが、それはPWFの興行と認識されておらず、またPWF認定の各王座のタイトルマッチがハワイで行われたこともない(日本以外でのPWF認定王座戦も、プロレス四天王時代以降では2011年台湾での世界タッグ選手権試合と、2018年1月21日に韓国で開催されたアジアヘビー級王座決定ワンデートーナメントのみである)。

業務内容編集

PWFは全日本プロレスの興行で行われるタイトルの管理、タイトルマッチの管理と認定及びルールの管理、制定を行う。

ブレアース及びハンセンが会長だった時代は、PWF会長が年に数回来日し、タイトルマッチに於いて試合開始前に認定証を読み上げ、または試合終了後の表彰を自ら行うこともあった。会長が不在の大会では、2000年までは主に放映権を持つ日本テレビの編成局長やスポーツ部長などの関係者(地方でのタイトルマッチは当地の日本テレビ系列局の関係者)が代理人として、選手権試合宣言代読を務めるという形を取っていたが、全日本プロレスと日本テレビの関係が途切れた2000年以降は、全日本プロレス関係者や東京スポーツ関係者などが代理人を務めることもあった。

現在はドリー・ファンク・ジュニアがPWF会長に在り、ドリーがタイトルマッチの試合会場に来臨する場合は、試合前の認定証の読み上げ及び試合終了後の表彰を直々に行う。

ドリーが不在の場合には全日本プロレスの関係者が代理人としてタイトルマッチに於いて一連の職務を執り行うシステムである。GAORAの解説者でスポーツライターの小佐野景浩が代理人を務めたこともある。

PWFヘビー級王座編集

創立当初の名称は「PWF世界ヘビー級王座」だったが、PWF設立後、程なくして全日本がNWAの臨時役員会にて加盟の認可がおり、「NWAテリトリーの中で世界を冠するタイトルは各階級1つのみ」という、NWA本部からの勧告で世界の文字を外すこととなった。PWFヘビー級王座のチャンピオンベルトは、百田家から寄贈されたチャンピオンベルトをそのまま使用されていたが、このチャンピオンベルトは力道山の体格に合わせて作られていたため、力道山より30cmほど長身の馬場が手に持つと玩具じみて見え、胴回りも相当苦しいものとなった。しばらくして馬場の身体のサイズでもしっかり目立つように作り直された。このベルトは何本かあり、その中の1本は金属部分が純金製である。

PWFヘビーへの挑戦者はある程度実力のあるプロレスラーに厳選された。また、防衛戦も日本のみならず海外でも積極的に行われ、NWA、AWAWWWFの世界王者とダブルタイトルマッチを行うこともあった。馬場は大木金太郎が保持していたアジアヘビー級王座とのダブルタイトルマッチに勝利して二冠王となったこともある(その後、馬場はアジア王座の防衛戦を1度も行うことなく封印し、最終的には大木が保持していたインターナショナル・ヘビー級王座が馬場の管理に移る際に交換条件として大木の手に戻っている)[4]

現在は三冠ヘビー級王座を構成するタイトルの一つである。

PWFルール編集

PWFルールは全日本プロレスで行われる全ての試合に原則として適用されており、大きな特徴は「反則裁定でも王座移動があること」である。当時、各プロレス団体のタイトルマッチは反則裁定では原則として王座移動がないものが主流であった。これはアメリカルールが持ち込まれたもので、旧日本プロレスでも力道山が保持していたインターナショナル・ヘビー級王座アジアタッグ王座などで王者反則負け防衛の実例が数度存在する。また、全日本プロレスでもNWA世界ヘビー級選手権試合やAWA世界ヘビー級選手権試合を開催した時にはNWAAWAのルールが優先的に適用されていた。

しかし、ジャイアント馬場が「反則でも負けは負け。王座の移動を認めるべき」と主張したことにより、PWFルールに盛り込まれた。実際に馬場が、このルールの適用により初代PWFヘビー級王座から陥落している(1978年6月1日に全日本プロレス秋田県立体育館大会でキラー・トーア・カマタに敗れている)。場外カウントは10であり、新日本プロレスやプロレスリング・ノアが採用する20カウントと異なる(これはハワイルールと共通する)。

王座一覧編集

歴代PWF会長編集

歴代 氏名 在職期間 備考
初代 ロード・ブレアース 1973年3月 - 2001年1月28日 名誉会長
第2代 スタン・ハンセン 2001年1月28日 - 2007年7月15日
第3代 馳浩 2007年7月15日 - 2013年3月17日 2013年3月18日 - 2013年10月26日まで不在
第4代 ドリー・ファンク・ジュニア 2013年10月27日 -

その他の王座編集

1970年代にはザ・デストロイヤーハワイテキサス説もある)でペドロ・モラレスから奪取したUSヘビー級王座をザ・デストロイヤーが全日本プロレスに持ち込み、これをPWFが認定してPWF USヘビー級王座になった。その後、ミル・マスカラスアブドーラ・ザ・ブッチャーが短期間王座を奪取したが、いずれもデストロイヤーに奪還されてデストロイヤーの離日と共に王座は自然消滅している。

また、第1回「チャンピオン・カーニバル」に際してPWF太平洋岸ヘビー級王者のカリプス・ハリケーン、PWF南半球ヘビー級王者のマーク・ルーイン、PWF南米ヘビー級王者のキング・イヤウケアが来日したがいずれも、その後の発展(タイトルマッチの開催)はなく、この大会限りで王座は自然消滅している。

脚注編集

外部リンク編集