RJ・バレット

カナダのバスケットボール選手 (2000 - )
R・J・バレットから転送)

RJ・バレットRJ Barrett)ことローワン・アレクサンダー・バレット・ジュニアRowan Alexander Barrett Jr. , 2000年6月14日 - )は、カナダオンタリオ州トロント出身のバスケットボール選手。NBAニューヨーク・ニックスに所属している。ポジションはシューティングガードスモールフォワードを兼務するスウィングマン

RJ・バレット
RJ Barrett
RJ Barrett Knicks (cropped).jpg
ニューヨーク・ニックスでのバレット
(2020年)
ニューヨーク・ニックス  No.9
ポジション SG / SF
シュート
基本情報
愛称 Maple Mamba
国籍 カナダの旗 カナダ
生年月日 (2000-06-14) 2000年6月14日(22歳)
出身地 オンタリオ州の旗 オンタリオ州トロント
身長 198cm (6 ft 6 in)
体重 97kg (214 lb)
ウィングスパン 208cm  (6 ft 10 in)
キャリア情報
高校 セント・マーセリヌス
モントバード・アカデミー
大学 デューク大学
NBAドラフト 2019年 / 1巡目 / 全体3位[1]
プロ選手期間 2019–現在
経歴
2019-ニューヨーク・ニックス
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten
代表歴
キャップ カナダの旗 カナダ
獲得メダル
 カナダ
バスケットボールU-19世界選手権
2017 エジプト カナダ代表
バスケットボールアメリカU-16選手権
2015 アルゼンチン カナダ代表

来歴編集

プロ入り前編集

 
大学時代

モントヴェルデ高校在学時、マクドナルド・オール・アメリカン[1]ナイキ・フープサミット[2] にも選出され、デューク大学に進学した[3]。大学ではザイオン・ウィリアムソンキャム・レディッシュらと共に活躍した。

U-19カナダ代表としてバスケットボールU-19世界選手権に出場し[4]、チームを優勝に導き、自身も大会MVP、ベスト5、得点王を受賞した[5][6]

ニューヨーク・ニックス編集

大学での1年目のシーズン終了後に2019年のNBAドラフトアーリーエントリーし、全体3位でニューヨーク・ニックスから指名を受けた。2019-20シーズン、2020年1月16日のフェニックス・サンズ戦で右足首捻挫英語版[7]、その後9試合を欠場した。このシーズンは55試合に平均30.4分の出場で、14.3得点・5.0リバウンド・2.6アシスト・1.0スティールなどの好成績を記録したが、NBAオールルーキーチームには選出されなかった。

2020-21シーズン、2021年3月13日のオクラホマシティ・サンダー戦で自身初の30得点以上となる32得点を記録した[8]。このシーズンは全72試合に平均34.9分の出場で、17.6得点・5.8リバウンド・3.0アシストなどを記録した。

2021-22シーズン、2021年12月12日から新型コロナウイルスの安全衛生規定により、オビ・トッピンと共に6試合を欠場した[9]。2022年2月8日のデンバー・ナゲッツ戦の終盤に左足首を捻挫[10]、その後4試合を欠場した。オールスターブレイク明けの2月25日のマイアミ・ヒート戦で復帰し、自身初の40得点以上となる46得点を記録した[11]

家族編集

父親のローワン・バレット英語版は、プロバスケットボール選手として活躍し、カナダ代表にも選出された。

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック  PPG  平均得点  太字  キャリアハイ
  リーグリーダー

NBA編集

レギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2019–20 NYK 56 55 30.4 .402 .320 .614 5.0 2.6 1.0 .3 14.3
2020–21 72 72 34.9 .441 .401 .746 5.8 3.0 .7 .3 17.6
2021–22 70 70 34.5 .408 .342 .714 5.8 3.0 .6 .2 20.0
通算 198 197 33.5 .418 .357 .697 5.6 2.9 .8 .3 17.5
  • 2019-20シーズンは66試合で打ち切り、2020-21シーズンは72試合制

プレーオフ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2021 NYK 5 5 32.4 .388 .286 .800 7.2 3.0 .8 .4 14.4
通算 5 5 32.4 .388 .286 .800 7.2 3.0 .8 .4 14.4

カレッジ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2018–19 デューク 38 38 35.3 .454 .308 .665 7.6 4.3 .9 .4 22.6

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ McDonald's Recap: Nassir Little, R.J. Barrett steal the show”. 247Sports英語版 (2018年3月28日). 2019年1月13日閲覧。
  2. ^ Canada Basketball”. www.basketball.ca. 2018年4月18日閲覧。
  3. ^ “Canada’s top-ranked prospect Barrett chooses Duke - Article - TSN”. The Sports Network. (2017年11月10日). https://www.tsn.ca/canada-s-top-ranked-prospect-barrett-chooses-duke-1.912267 2017年11月11日閲覧。 
  4. ^ Canada slay USA dragon to reach historic Final” (英語). 国際バスケットボール連盟. 2017年7月9日閲覧。
  5. ^ “Canada routs Italy to capture gold at FIBA U19 Basketball World Cup - Sportsnet.ca” (英語). スポーツネット英語版. http://www.sportsnet.ca/basketball/nba/canada-routs-italy-capture-gold-fiba-u19-basketball-world-cup/ 2017年7月9日閲覧。 
  6. ^ Barrett named MVP after winning Canada's first U19 title” (英語). 国際バスケットボール連盟. 2017年7月10日閲覧。
  7. ^ Knicks' RJ Barrett out after spraining ankle vs. Suns” (英語). ESPN (2020年1月17日). 2022年2月27日閲覧。
  8. ^ Knicks start slow, finish strong behind 32 from Barrett to beat Thunder” (英語). NBCスポーツ (2021年3月13日). 2022年2月27日閲覧。
  9. ^ RJ Barrett Enters COVID Protocols Following Raptors Game - Sports Illustrated Toronto Raptors News, Analysis and More” (英語). スポーツイラストレイテッド (2021年12月12日). 2022年2月27日閲覧。
  10. ^ Knicks' RJ Barrett out for Warriors matchup with ankle sprain” (英語). ニューヨーク・ポスト (2022年2月9日). 2022年2月27日閲覧。
  11. ^ Knicks' RJ Barrett: Erupts for career-high 46 points” (英語). CBSスポーツ (2022年2月26日). 2022年2月27日閲覧。

外部リンク編集