バスケットボールU-19世界選手権

FIBA U19バスケットボール・ワールドカップFIBA U19 Basketball World Cup)は、国際バスケットボール連盟が主催するバスケットボールの国際大会である。1979年に初開催され、2007年大会まで4年おきに開催され、2009年から隔年開催となった。

FIBA U19
バスケットボール・ワールドカップ
開始年 1979
主催 FIBA
チーム数 16チーム
加盟国 FIBA加盟国
前回優勝 男子:アメリカ
女子:アメリカ
最多優勝 男子:アメリカ
女子:アメリカ
公式サイト
FIBA
テンプレートを表示


歴史編集

18歳以下の「ジュニア世界選手権」として、男子は1979年に、女子は1985年にそれぞれ第1回が開催され、4年に1度行われている。 2005年の女子大会より19歳以下に引き上げられ、大会名もサッカーのようなU-19というものに改められた。 なお、2007年に世代別各大会の再編が行われ、U-21を統合し、男子第9回は2009年、女子第7回は2007年開催となり以降は奇数年開催となる。

日本は男子が1991年、1999年、2017年の3度出場し、最高位は2017年の10位。女子が1993年、1997年、2001年、2007年、2009年、2011年、2013年、2015年、2017年の9度出場し、最高位は2017年の4位であった。

歴代開催国・優勝国編集

男子編集

開催年 開催国 優勝 スコア 準優勝 3位
1979年   ブラジル(サルヴァドール)   アメリカ合衆国
75 - 55
  ブラジル   アルゼンチン
1983年   スペイン(パルマ・デ・マヨルカ)   アメリカ合衆国
82 - 78
  ソビエト連邦   ブラジル
1987年   イタリア(ボルミオ)   ユーゴスラビア
82 - 78
  アメリカ合衆国   イタリア
1991年   カナダ(エドモントン)   アメリカ合衆国
90 - 85
  イタリア   アルゼンチン
1995年   ギリシャ(アテネ)   ギリシャ
91 - 73
  オーストラリア   スペイン
1999年   ポルトガル(リスボン)   スペイン
94 - 87
  アメリカ合衆国   クロアチア
2003年   ギリシャ(テッサロニキ)   オーストラリア
126 - 92
  リトアニア   ギリシャ
2007年   セルビア(ノヴィ・サド)   セルビア
74 - 69
  アメリカ合衆国   フランス
2009年   ニュージーランド(オークランド)   アメリカ合衆国
88 - 80
  ギリシャ   クロアチア
2011年  ラトビア(リガ)   リトアニア
85 - 67
  セルビア   ロシア
2013年   チェコ(プラハ)   アメリカ合衆国
82 - 68
  セルビア   リトアニア
2015年[1]   ギリシャ(イラクリオ)   アメリカ合衆国
79 - 71 (延長)
  クロアチア   トルコ
2017年  エジプト(カイロ)   カナダ
79–60
  イタリア   アメリカ
2019年  ギリシャイラクリオ   アメリカ
93–79
  マリ   フランス
2021年  フィンランドヘルシンキ

MVP編集

Year Name
1987   トニー・クーコッチ
1991   デヤン・ボディロガ
1995   エフティミオス・レンティアス
1999   アンドレイ・キリレンコ
2003   アンドリュー・ボーガット
2007   Milan Mačvan
2009   Mario Delaš
2011   ヨナス・ヴァランチューナス
2013   アーロン・ゴードン
2015   ジェイレン・ブランソン
2017   R・J・バレット

女子編集

開催年 開催国 優勝 スコア 準優勝 3位
1985年   アメリカ合衆国   ソビエト連邦
80 - 75
  韓国   ユーゴスラビア
1989年   スペイン   ソビエト連邦
109 - 93
  ユーゴスラビア   オーストラリア
1993年   韓国   オーストラリア
72 - 54
  ロシア   ポーランド
1997年   ブラジル   アメリカ合衆国
78 - 74
  オーストラリア   スロバキア
2001年   チェコ   チェコ
82 - 80
  ロシア   アメリカ合衆国
2005年   チュニジア   アメリカ合衆国
97 - 76
  セルビア・モンテネグロ   中国
2007年   スロバキア   アメリカ合衆国
99 - 57
  スウェーデン   セルビア
2009年   タイ   アメリカ合衆国
87 - 71
  スペイン   アルゼンチン
2011年   チリ   アメリカ合衆国
69 - 46
  スペイン   ブラジル
2013年   リトアニア   アメリカ合衆国
61 - 28
  フランス   オーストラリア
2015年   ロシア   アメリカ合衆国
78 - 70
  ロシア   オーストラリア
2017年   イタリア   ロシア
86–82
  アメリカ   カナダ
2019年  タイ   アメリカ
74–70
  オーストラリア   スペイン
2021年  ドイツ

[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ FIBA Under-19 World Championship”. FIBA.com (2015年). 2015年12月5日閲覧。
  2. ^ FIBA Under-19 Women World Championship”. FIBA.com (2015年). 2015年12月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集