Xbox(エックスボックス)は、マイクロソフトコンピュータゲームブランドである。マイクロソフトが開発した家庭用ゲーム機シリーズ(第6世代から第9世代までの据置機)がこのブランドの代表である。この他、ゲームソフトストリーミングサービス、オンラインサービス(Xbox Live)、開発部門(Xbox Game Studios英語版)などの名称にも使用されている。このブランドは、2001年11月アメリカ合衆国で最初に導入され、同時にオリジナル(初代)のXboxが発売された。

Xbox
XBOX logo 2012.svg
製品種類 コンピュータゲーム
使用会社 Microsoft
使用開始国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン州レドモンド
使用開始 2001年11月15日(18年前) (2001-11-15
登録商標 世界の旗 世界
ウェブサイト www.xbox.com
テンプレートを表示

オリジナルのXboxは1996年Atari Jaguarの販売が終了して以降、アメリカの企業が発売した最初の家庭用ゲーム機であり、2006年5月時点で2,400万台以上が販売されている[1]。Xboxとしては第2世代となるXbox 3602005年11月に発売され、2014年6月時点で8,400万台が販売されている。同じく第3世代となるXbox One2013年11月以降、40の国と地域で販売されており、2014年9月には中国でも販売が開始された。さらに2020年11月には、第4世代となるXbox Series X/Sが発売予定である[2]

現在のXbox部門の代表はフィル・スペンサー英語版であり、2014年3月下旬に前代表であるマーク・ホイッテンの後任として就任した[3][4]

脚注編集

  1. ^ Gamers Catch Their Breath as Xbox 360 and Xbox Live Reinvent Next-Generation Gaming”. Microsoft (2006年5月10日). 2010年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月31日閲覧。
  2. ^ 株式会社インプレス (2020年9月10日). “世界同発で49,980円! 日本マイクロソフト、Xbox Series X、Xbox Series Sの日本展開を発表” (日本語). GAME Watch. 2020年9月10日閲覧。
  3. ^ Ben Gilbert (2014年4月10日). “Getting to know Microsoft's new Xbox lead, Phil Spencer”. Engadget. 2019年12月31日閲覧。
  4. ^ Satya Nadella email to employees on tuning our organization”. Microsoft (2014年3月14日). 2014年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月31日閲覧。

外部リンク編集