メインメニューを開く

市川エフエム放送株式会社(いちかわエフエムほうそう)は、千葉県市川市の一部地域を放送区域として超短波放送(FMラジオ放送)を実施していた特定地上基幹放送事業者である。 いちかわエフエムの愛称でコミュニティ放送事業を行っていた。

市川エフエム放送株式会社
ICHIKAWA-FM Broadcsating Corp
愛称 いちかわエフエム
コールサイン JOZZ3AZ-FM
周波数/送信出力 83.0 MHz/20 W
本社・所在地
〒272-8583
千葉県市川市八幡2-15-10
パティオ7F
設立日 1997年3月27日
開局日 1998年9月20日
廃局日 2017年6月
送信所 千葉県市川市八幡3-5-1
キャピタルタワー屋上
中継局 なし
放送区域 市川市の一部

目次

概要編集

1998年(平成10年)開局。周波数の「83.0」にちなみ8月30日に開局する予定だったが、都合により9月20日10時に開局した。市川市では1995年(平成7年)、市川市民まつりにおいてイベント放送局「市川市民まつりFM」(コールサインJOBZ-FM、周波数76.2MHz)が開局した。これを契機としてコミュニティ放送局開局に至った。

2016年(平成28年)11月30日23時17分に放送休止[1]し、同日付けで関東総合通信局に放送休止届を提出。翌12月1日に自己破産千葉地方裁判所に申請し受理される。赤字経営が続き業績改善ができなかったもの[2]。12月5日に破産手続きの開始が決定された[3]

放送休止後、社員や出演者のインターネットによる情報発信が続いた。

2017年(平成29年)6月には、特定地上基幹放送局が廃止された[4]。 一方、浦安市エフエム浦安が放送機材を取得し本社、演奏所(スタジオ)、送信所を移転して、7月14日に放送を開始した[5]電波法令上は、エフエム浦安の特定地上基幹放送局の設置場所、周波数、空中線電力の変更[6]であり、事業譲渡や法人の合併による免許人の地位承継[7]ではない。すなわち市川エフエム放送の事業を引き継いだものではなく、番組も継続されたものはない。

演奏所・送信所編集

  • 本社、スタジオ - 市川市八幡二丁目15番10号 パティオ7階。第一スタジオと第二スタジオを放送に使用していた。
    • 後に河合塾マナビス市川校の教室となった。
  • 送信所 - 市川市八幡3-5-1キャピタルタワー屋上
  • 予備送信所 - パティオ屋上

サービスエリア編集

「FMアンテナやカーステレオで受信できる千葉県市川市広域圏で居住人口は約200万人で、市川市はもとより、松戸市鎌ケ谷市船橋市など市川市近郊の地域でも受信できます。」と称していた。ジェイコム市川(旧・JCN市川)84.4MHz、USEN I-1chでも再送信していた。[8]

  • 隣接する東京都区部、千葉県北西部でも受信できた。東京湾沿岸部の千葉県千葉市市原市木更津市神奈川県川崎市横浜市横須賀市では、スポット的に受信できる場所もあった。
  • 船橋市三山送信所周辺では、NHK-FM千葉 (80.7MHz、5kW) とbayfm (78.0MHz、5kW) の影響を受けて、受信しづらい地域があった。
  • 開局当初は空中線電力、標高ともに低かったため、市川市内でも一部地域ではNHK-FM水戸 (83.2MHz、1kW) との混信が避けられなかったが、送信所移転により受信状態が改善された。
  • コミュニティ放送局の中では数少ない垂直偏波で発射していた。垂直偏波はアンテナを地面に対して垂直(縦方向)にすることで、受信状況が改善する場合がある。

出資者・スポンサー編集

沿革編集

  • 1997年(平成9年)
    • 3月27日 市川エフエム放送株式会社設立
  • 1998年(平成10年)
    • 9月17日 放送局(現・特定地上基幹放送局)の免許取得、空中線電力10W[11]
    • 9月20日 開局
  • 1999年(平成11年)
    • 7月14日 市川市と「災害時における緊急放送等に関する協定」を締結[12]
  • 2001年(平成13年)
    • 6月25日 空中線電力20Wへの増力許可[13]
  • 2004年(平成16年)
  • 2011年(平成23年)
  • 2015年(平成27年)
    • 7月8日 市川エフエム放送事件で、千葉地方裁判所が安全配慮義務違反があったとして損害賠償約3千万円の支払いを命じる判決
  • 2016年(平成28年)
  • 2017年(平成29年)
    • 6月 特定地上基幹放送局廃止
    • 7月14日 エフエム浦安が移転し放送を開始

放送内容編集

  • 放送開始は月~金曜日が8時45分、土曜日と日曜日は9時45分から。終了は曜日ごとに異なり、23時15分から27時まで。
  • 番組が組まれていない早朝などはフィラー音楽やトレーニング番組を放送または機材調整を実施。
  • 番組によっては既定の時間を超えて放送。
  • ニュース・天気・広告そのほか一部の番組を除き、市民、学生、ボランティアグループのメンバーなどが放送ボランティアとして番組制作に協力。
  • 全国ニュースは読売新聞社、ローカルニュースは市川よみうりから配信されているものを使用。
  • 天気予報はおもに千葉県北西部の予報を放送。
  • 時報は放送せず、早朝を除く毎正時前にステーションIDを放送。
  • 職場体験を受け入れ、平日日中の番組内に地元小中学生が生出演することがあった。
  • 放送予定は読売新聞千葉版のテレビ欄に毎日掲載。市川よみうりにも番組表を掲載していた。

主な番組編集

2012年7月現在、番組を放送していない時間帯は音楽を放送。

What's up Ichikawa!?編集

平日11:00~13:00に放送されているワイド番組。開局当初は朝から夕方まで様々なパーソナリティがリレー形式で繋げる長時間番組であった。

  • 水曜日 (11:00~11:30) ハートフルミュージック
  • 水曜日 (11:30~13:00) スズですよ!!
  • 木曜日 (11:00~13:00) Chat Chat
  • 金曜日 (11:00~12:00) アン・ドゥトロワ
  • 金曜日 (12:00~13:00) MusicTree

夜もラジオぼーや編集

コミュニティ放送では珍しい深夜ワイド番組。インターネットでも同時生放送。著作権の問題により、インターネットでは楽曲の部分以外を放送。

  • 日曜日(23:00~2:00)中谷ゆうのYouといっしょにNightでないと!

読売新聞ニュース・天気予報・地域情報編集

  • 平日 8:45 10:45 13:45 17:45 23:00
  • 土日 9:45 12:45 15:45 18:45 23:00

その他平日の番組編集

  • 月曜日
    • お話聞く人この指とまれ(月15:00~15:15)
    • ムーンライトスキップ(月20:00~21:00)
    • Future Listening(金21:00~22:00)
    • オーボンビュータン~思い出の時(月22:00~23:00)
  • 火曜日
    • いくじネット通信(火10:15~10:45)
    • つれづれ小町(火12:00~13:00)
    • ゆうみりおんないと(火21:30~23:00)
    • This is pop!(火21:30~23:00)
  • 水曜日
    • からふるステーション(水20:00~20:30)
    • ターゲットU☆(水21:00~22:00)
    • センチメンタルエステ(水22:00~23:00)
  • 木曜日
    • ゆるラヂヲ(木20:00~21:00)
    • Rock'em All(木21:00~22:00)
    • 四丁目のプログレ(水22:00~23:00)
  • 金曜日
    • L'APRES MIDI(金14:00~15:00)
    • Acoustic Cafe(金15:00~16:00)
    • 千葉商科大学放送研究会College Station(金19:00~19:45)
    • きままなお部屋(金21:00~23:00)

その他土曜日の番組編集

  • Music Dipper(土12:00~14:00)
  • 和洋女子大学放送研究会 シータイム(土20:00~21:00)
  • Channel[A]sia(土20:00~21:00)
  • 音のコリドー(土21:00~22:00)
  • ひとりごとでなるほど(土22:00~23:00)

その他日曜日の番組編集

  • 朗読の時間(日10:00~10:15)
  • 真昼の給湯室(日14:00~15:00)
  • こんにちは、まかろんです。(日21:00~22:00)
  • Alt-Radio(日22:00~23:00)

ラジオぼーや編集

マスコットキャラクター[16]。携帯用ストラップ、ステッカーのグッズがあった。

廃止後編集

2018年(平成30年)3月、市川エフエム放送事件の遺族が、実質的な経営者だった男性取締役が安全配慮義務を欠いたとして取締役個人の責任を追及する提訴[17]をした。

脚注編集

  1. ^ いちかわFM 放送休止について ジェイコム市川
  2. ^ 市川エフエムが自己破産申請 読売新聞千葉版 2016年12月3日
  3. ^ 市川エフエム放送(株)(千葉)/破産手続き開始決定 JC-NET 2016年12月15日
  4. ^ 関東総合通信局のラジオ放送事業者一覧の国立国会図書館のアーカイブ2017年6月1日収集2017年7月1日収集の比較によりコミュニティ放送から削除された。つまり特定地上基幹放送局が廃止されたことがわかる。
  5. ^ 市川うららFMが誕生しました! エフエム浦安
  6. ^ コールサインJOZZ3AY-FMの変更なし
  7. ^ 電波法第20条第3項および第5項参照
  8. ^ いちかわエフエムとは いちかわエフエム(Internet Archiveのアーカイブ:2014年2月19日収集)
  9. ^ 会社概要 いちかわエフエム(同上:2016年10月28日収集)
  10. ^ コミュニティ放送事業者 平成28年9月1日現在 マスメディア集中排除原則について(総務省電波利用ホームページ(国立国会図書館のアーカイブ:2018年4月1日収集))
  11. ^ 市川コミュニティ放送局に免許 関東電気通信監理局 報道資料 平成10年9月17日(Internet Archiveのアーカイブ:1999年8月24日収集)
  12. ^ 会議録(2008年12月 第5日目 2008年12月9日) 市川市議会
  13. ^ コミュニティ放送局の増力許可 関東総合通信局 報道資料 平成13年6月25日(Internet Archiveのアーカイブ:2003年1月7日収集)
  14. ^ 登録検査等事業者等情報 平成28年12月2日現在 登録検査等事業者等リスト検索(総務省電波利用ホームページ)(同上:2016年12月25日収集)
  15. ^ 「たかはぎ災害FM」開局 市民に安心安全発信 茨城新聞 2011年6月9日
  16. ^ ラジオぼーや 市川市発の「ゆるきゃら」? いちかわエフエム(Internet Archiveのアーカイブ:2016年3月4日収集)
  17. ^ 「たった1人の弟の命が失われた」自殺したラジオ局員の遺族、当時の経営者個人を提訴 弁護士ドットコムNEWS 2018年3月23日

関連項目編集

外部リンク編集