夜のお菓子「うなぎパイ」

うなぎパイは、有限会社春華堂が販売する洋菓子静岡県浜松市の名産品として全国で広く知られている。

概要編集

ウナギのエキスをパイ生地に練りこんで焼き、最後に蒲焼のようにたれを塗って仕上げたもので、春華堂の登録商標(第2719548号ほか)となっている。なお、うなぎの味はしない。

1961年(昭和36年)に春華堂の二代目社長・山崎幸一が、「浜松=浜名湖の近く=ウナギの産地」という連想からウナギを使った洋菓子のアイディアを思いつき、フランスの洋菓子パルミエ英語版を参考にして作成された[1]。販売開始後、同時期に東海道新幹線東名高速道路の開通など東海地方で交通インフラの整備が進んだことが追い風となって急速に売り上げを伸ばし、1962年に60万本だった年間売り上げ本数が、3年後の1965年には700万本に達するなど、売り上げ増を記録した。その後、1966年にうなぎパイの年間売り上げ本数が1,000万本の大台を突破したのを契機に、同社はそれまでのパイ製造部門を別会社として独立させ、「株式会社うなぎパイ本舗」を設立。以来、同本舗がうなぎパイの製造を行っている。2005年4月6日には、浜松技術工業団地(2007年4月以降の浜松市西区大久保町)内に、うなぎパイの製造工程を見学できる新工場、「うなぎパイファクトリー」を開設した。

gooランキング「好きな全国の名物土産ランキング」[2]によると、白い恋人長崎カステラにつづき3位の人気となっている。

うなぎパイシリーズの菓子の通信販売は、壊れやすいことなどを理由に、2008年6月1日より中止となっている[3][4]

なお、イギリス南部の郷土料理に、パイ生地にウナギのぶつ切りを入れて焼き上げた「鰻のパイ (eel pie) 」(ウナギのゼリー寄せを参照)があるが、無関係である。

販売箇所編集

 
包装デザイン

うなぎパイは、静岡県内のみならず県外(東京~名古屋)の高速道路サービスエリア・駅売店・空港売店・デパート等など正規特約店で販売されている[5]

また、型割れ・崩れなどがあるものをまとめた「徳用袋」は、春華堂直営店7店舗のみでの販売となっている[6]

割れやすいという性質を持つお菓子のため、春華堂では通信販売を行っていないが[4]、そのことに乗じて転売屋が、定価の倍額ほどの割り増し値段で通信販売をおこなっており、破損だらけの商品が届くという被害が購入者から報告されている[7]

JR名古屋駅構内での販売が2016年2月より順次中止されていたが[注 1]、これは駅内販売の統括の東海キヨスクの意向であり、製造元の春華堂の意に反するだった(名古屋駅でないと停車しない新幹線の便の利用客が買えなくなる)。のちツイッターなどで議論となり[8][9]、2016年9月16日より名古屋駅構内キヨスクで販売再開された[10]

PR関連編集

キャッチフレーズ編集

うなぎパイは「夜のお菓子」というキャッチフレーズでも知られているが、これはもともと、出張や旅行のお土産として家庭に買って帰ったその夜(晩)に「一家だんらんのひとときを『うなぎパイ』で過ごしてほしい」との願いを込めて当時の社長が考案したものであり[11]、現在巷間で広く流布しているような“精力増強”といったニュアンスは全くなかった。このようなイメージが広まった理由として同社は、うなぎパイの発売開始当時浜松は高度経済成長期下で夜の繁華街がとても賑わっており、そのような繁華街を歩いているときに「このキャッチフレーズを目にしたお客様で、精力増強のうなぎと結びつけてあらぬ解釈をしてしまった人も多かった」のではないかと推測している。もっとも、結果的に当初の意図とは全く違った形で定着したイメージをあえて否定するつもりもなかったようで、製品のパッケージデザインを変更する際に「いっそのこと『夜のお菓子』というフレーズにふさわしく、マムシドリンクの赤と黒と黄色に切り替えよう」と考えるなど、そのイメージを積極的に活用した販売戦略に出ようとした形跡も窺える[12]。ちなみに、現在のうなぎパイのパッケージは赤を基調としたデザインとなっている。なお、パイの原材料には"夜の調味料"としてニンニクも入っている。

CMソング編集

CMタレント編集

うなぎパイの姉妹品編集

うなぎパイの生地は、プレーンタイプと、ナッツを混ぜ込んだタイプがある。

また、うなぎパイには「朝のお菓子『すっぽんの郷』」「昼のお菓子『しらすパイ』[13]」「真夜中のお菓子『うなぎパイVSOP』」といった姉妹品があり、これら製品の詰め合わせが『うなぎパイ詰め合わせ フルタイム』という名称で販売されている。なお、うなぎパイVSOPは単独でも販売されており、値段はうなぎパイよりも高い。うなぎパイとの違いは「VSOP」からもわかるようにブランデーが入っていることである。

類似品編集

人気商品であるがゆえに、いくつかの他メーカー(浜松市以外のもある)の類似品が存在する。本家の春華堂がメーカーに使用差し止めの訴訟を起こしたものもある。

  • 浜名湖うなパイ
  • うないっぱい
  • うなぎの舞い
  • 土用の丑のパイ
  • うなぎの里

また、2013年10月から、韓国でウナギを煮詰めたエキスをパイ生地に混ぜて焼く製法で、形状や包装などが類似した商品「チャンオパイ」が発売された(チャンオは韓国語でウナギの意味)。製造元のスリホル製菓は2年かけた独自開発であると主張し、韓国で製造法の特許も取得している[14]

関連の文芸・映像作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

補注編集

  1. ^ 名古屋駅の近くのエスカ地下街のみは別。

出典編集

脚注
[ヘルプ]
  1. ^ うなぎパイ誕生秘話|浜松のお菓子処 春華堂
  2. ^ gooランキング 好きな全国の名物土産ランキング(2006年調査)
  3. ^ うなまん・うなぎサブレ・うなぎパイグッズ、他の春華堂の菓子類に関しては通信販売を行っている。
  4. ^ a b お問い合わせ”. 春華堂オンラインショップ. 春華堂. 2020年1月10日閲覧。 “弊社では平成20年6月1日よりうなぎパイの通信販売を中止しております。”
  5. ^ 商品の販売について -春華堂公式サイト
  6. ^ むらきち (2020年1月24日). “春華堂うなぎパイ|安くてお得なアウトレット品「お徳用袋」を買うならココに行け!”. MURAKIDS. 2020年1月25日閲覧。
  7. ^ “「うなぎパイ」が泣いている...販売めぐり製造元が嘆き”. FNN. (2020年1月29日). オリジナルの2020年1月29日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20200129154059/https://www.fnn.jp/posts/00431203CX/ 2020年1月29日閲覧。 
  8. ^ 関謙次 (2016年9月4日). “うなぎパイ、名古屋駅からなぜ消えた? SNSで話題に”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASJ935JT5J93OIPE00J.html 
  9. ^ “うなぎパイ、名古屋駅から消える 春華堂も「販売再開を望んでいる」”. (2016年9月3日). https://www.huffingtonpost.jp/2016/09/03/unagi-pai_n_11852390.html 
  10. ^ JR名古屋駅構内での「うなぎパイ」販売再開のお知らせ”. 春華堂 (2016年9月13日). 2019年1月10日閲覧。
  11. ^ Flickr: 「夜のお菓子」ってどういう意味? Unagi Pie Pamphlet
  12. ^ 誕生秘話第二章|誕生秘話|浜松のお菓子処 春華堂
  13. ^ 2009年4月22日発売。以前、昼のお菓子は『えび汐パイ』であった。
  14. ^ “韓国にも「うなぎパイ」 業者「独自開発」”. 東京新聞. (2014年7月30日). オリジナルの2014年8月10日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140810010113/http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014073002000232.html 2014年8月3日閲覧。 
  15. ^ 誰(タレ)よりも君を愛す!”. フジテレビ. 2020年2月11日閲覧。

外部リンク編集