メインメニューを開く

うんこミュージアム

日本の娯楽施設

うんこミュージアムは、うんこをテーマにしたミュージアムエンターテインメント施設)。運営はアカツキライブエンターテインメント、企画制作は面白法人カヤックが行っている。

概要編集

面白法人カヤックと後述のアソビルを運営するアカツキライブエンターテインメントの共同企画で、「究極のウンターテイメント」をコンセプトに、うんこだけをテーマにした日本初のミュージアム(エンターテインメント施設)[1]

第一弾は「うんこミュージアム YOKOHAMA」として2019年3月より神奈川県横浜市西区の体験型複合娯楽施設「アソビル」内に期間限定開設。その後、第二弾は「うんこミュージアム TOKYO」として同年8月に東京都江東区お台場)の複合商業施設ダイバーシティ東京 プラザ」内に開設された。

うんこミュージアム YOKOHAMA編集

アソビル2階の常設体験イベントフロア「ALE-BOX」内における開業時からの目玉コンテンツとして、2019年3月15日7月15日まで当初は4ヶ月間の予定で期間限定オープン[2]。その後、後述のように人気コンテンツとなっていることから同年9月30日までの開設期間の延長が決まった[3]

同年6月3日までの80営業日で来場者数が10万人を突破している[4]

利用情報編集

  • 展示:うんこ広場(ボルケーノ)、ウンスタジェニックエリア、ウンタラクティブエリア、ウンテリジェンスエリア
  • 観覧料 : 大人1700円、子供900円(前売り割引あり)
  • 開館時間:10:00 - 21:00(最終入場受付 20:30)

交通アクセス編集

うんこミュージアム TOKYO編集

ダイバーシティ東京 プラザの2階に2019年8月9日オープン。うんこミュージアムの総本山として「うんこミュージアム YOKOHAMA」で好評だった様々なコンテンツがアップデートされている他、新たなコンテンツとしてフォトエリア「うんコンビニ UNKO MART」やクソゲーコーナーが進化した「クソゲーセンター」、物販エリア「うんこファクトリー」、公式キャラクターのウンベルトをフィーチャーした「ウンベルトの間」が登場[5][6]

また、当館の公式テーマソング『生きる・愛する・うんこする』をtofubeatsが完全書き下ろしで制作、“tofubeats with うんコーラス隊”名義で提供している[7]

利用情報編集

  • 展示:大広場(ボルケーノ)、ウンスタジェニックエリア、ウンタラクティブエリア、ウンテリジェンスエリア
  • 観覧料 : 大人1800円、子供1000円(前売り割引あり)
  • 開館時間:10:00 - 21:00(最終入場受付 20:00)

交通アクセス編集

その他編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集