メインメニューを開く

アソビルラテン文字表記:ASOBUILD)は、神奈川県横浜市西区高島横浜駅東口前に所在する、駅直通の体験型複合娯楽施設。2019年平成31年)3月15日開業。

アソビル
ASOBUILD
帷子川側のエントランス 上部にはリノベーション前の痕跡である、「横浜中央郵便局」という表記が見える。
帷子川側のエントランス
上部にはリノベーション前の痕跡である、「横浜中央郵便局」という表記が見える。
地図
店舗概要
所在地 220-0011
日本の旗 日本 神奈川県横浜市西区高島2-14-9
座標 北緯35度27分50.5秒 東経139度37分19.6秒 / 北緯35.464028度 東経139.622111度 / 35.464028; 139.622111座標: 北緯35度27分50.5秒 東経139度37分19.6秒 / 北緯35.464028度 東経139.622111度 / 35.464028; 139.622111
開業日 2019年(平成31年)3月15日[1]
施設所有者 日本郵政
施設管理者 アカツキライブエンターテインメント
商業施設面積 約11,900 m²[2]
※施設面積
営業時間 10:00 - 22:00
※フロア・店舗により異なる(詳細は公式サイト内「ACCESS」を参照)
駐車台数 0台
※近隣に有料駐車場
前身 横浜中央郵便局別館
最寄駅 横浜駅
最寄バス停 横浜駅改札口前
最寄IC 首都高速横羽線横浜駅東口出入口
外部リンク asobuild.com

目次

概要編集

当施設が入居する建物は横浜駅東口に隣接し、かつては横浜中央郵便局の別館として集配業務を行ってきたが、2015年(平成27年)に神奈川郵便局に移管され、遊休施設になっていた[3]。将来的には「エキサイトよこはま22」計画に基づき、「ステーションオアシス地区」として再開発後節参照)が検討されているが、東京都品川区に本社のある株式会社アカツキライブエンターテインメントは建て替えが具体化するまでの間、日本郵政からこの建物を借り受け、複合型体験エンターテインメント施設にリノベーションする旨を2018年(平成30年)8月に発表した[2]。施設は2019年(平成31年)2月に竣工し[1]、1階・2階・3階・屋上の4フロアをもって[1]同年3月15日にグランドオープンを迎えた[4]

運営者側は初年度目標来館者数を200万人としていたが[5]、開業から約3ヶ月となる同年(令和元年)6月15日には早くも来館者数が100万人を突破(想定の2倍のペース)している[6]。特に2F「ALE-BOX」でグランドオープン時から期間限定開設された体験型コンテンツうんこミュージアム YOKOHAMA」は、80営業日となる同年6月3日時点で来場者数が10万人を突破するなど人気を博している[7]

フロア編集

地下1階 (B1) から地上4階および屋上 (RF) の6フロアで構成される。このうち地下1階と4階を除き、2019年(平成31年)3月15日にグランドオープンとなった[1]。各フロアの詳細については公式ウェブサイト内の「FLOORS[1]」も参照のこと。

フロアごとにコンセプト・カラーが割り振られており、屋上から順に色・黄色色・色・橙色色()の6色である。アソビルのロゴマークなどもこの6色をデザイン・コンセプトとしている。

RF編集

マルチスポーツコート (MULTI SPORTS COURT)

フットサルバスケットボールコートを各1面設けている[8]。現役選手によるスポーツ教室も開催される[8]

4F編集

屋内キッズテーマパークPuChu!(プチュウ)」

2019年(令和元年)5月1日にグランドオープン[1][9]
アカツキライブエンターテインメントが運営する子供向けの屋内テーマパーク[9]。対象年齢は 0〜12歳(推奨年齢 0〜8歳)[9]。ウェブサイト完全予約制[10]
「PuChu!(プチュウ)」の名は、子供達は誰もが自分の中に小さな宇宙を持っている、それは、ひとりひとりの「小さな(プチ)宇宙(ウチュウ)」、というコンセプトから生まれたもの[11]。公式マスコットキャラクターは、プチュウに住む宇宙人の子供「ピッチュ」[10]
“ポストAI時代に必須の「アート思考」「サイエンス思考」「感性」を遊びながらに学べる”をコンセプトに設計されており[1][9]、宇宙をテーマに、7つの星エリアと5つのゾーンの全12エリアで構成されている[10]冒険者となった子供達はプチュウの中を旅するように巡って遊ぶうちに、一流のクリエイターアーティストらが設計・デザインした様々な仕掛けの空間・アート・遊びに触れることができる[11]

3F編集

ハンドメイド体験フロアMONOTORY(モノトリー)」

手作り(ハンドメイド)体験イベントに特化して常時開催する施設で、「日本最大級のものづくりワークショップスペース」を謳う[1]。大小12のアトリエがあり、陶芸レザークラフトアロマキャンドル作りなど、20ジャンル以上のものづくりワークショップによる体験イベントを毎日開催している。

2F編集

常設体験イベントフロアALE-BOX(エールボックス)」

「厳選されたエンタメ体験のセレクトショップ」を謳う[1]体験型コンテンツ施設で、コンテンツは定期的に入れ替えられる[12]
グランドオープン時には、面白法人カヤックとの共同企画「うんこミュージアム YOKOHAMA」、絵本作品『えんとつ町のプペル』のVRシアター・イベント、ビジュアルボイス[注 1]およびツクルバとの共同企画である体験型ショートシネマギャラリー『THE STORY HOTEL』、SCRAPとの共同企画であるリアル脱出ゲーム『ハートの女王からの脱出』、同じく『Escape from The NINE ROOMS』(略称:9rooms)といった、5つのコンテンツが公開されている。

1F編集

飲食店街横浜駅東口 POST STREET(よこはまえき ひがしぐち ポストストリート)」

   
1F 出入口(暫定通路側)
1Fフロア内部
崎陽軒の人気の業態店、横丁系居酒屋、名物B級グルメ店などを集め[1]、ステージで音楽などのパフォーマンスを行う、グルメエンターテインメントのフロア[1]で、「横浜の食と音楽を楽しめるグルメストリート」を謳う[1]
出入口は横浜駅みなみ東口暫定通路と帷子川万里橋側の2か所にあり、横浜駅から裏横浜方面への通路としても活用される[13]
グランドオープン時の参加飲食店は、崎陽軒シウマイBAR、家系ラーメン「壱六家」、チーズバーガー店「DAIGOMI BURGER」、立ち食い寿司店、せんべろのできる居酒屋など、全18店舗[14]

B1編集

バーラウンジPITCH CLUB(ピッチクラブ)」[15]

2019年(平成31年)3月15日〜4月4日にプレオープンした後、4月5日にグランドオープン[15]
「“上質な大人の遊び場”をコンセプトとしたアミューズメントバーラウンジ」を謳う[1]ビリヤードプロジェクションマッピングを応用したダーツなどが楽しめるアミューズメント・バーラウンジで、横浜をテーマにしたカクテルや横浜で醸造されたワインなども提供される[16]

交通情報編集

以下の2つのエントランス(出入口)がある。詳細は公式サイト内の「ACCESS[2]」を参照のこと。

  • 万里橋近くの帷子川側(南側)にメインエントランスあり。
  • 横浜駅みなみ東口の暫定通路に直結(同駅東口より徒歩約2分)。
みなみ東口の暫定通路直結口

今後の再開発計画編集

横浜駅周辺大改造計画「エキサイトよこはま22」のうち同駅東口エリアにおける再開発地区「ステーションオアシス地区」として、横浜中央郵便局など東口エリア一帯を再開発する計画がある。また、同地区の再開発により東口エリアとみなとみらい地区のさらなる接続強化も想定されており、計画の進捗に合わせてすでに再開発が行われている高島二丁目地区を経由してみなとみらい地区方面(歩行者動線「キング軸」の西端)までペデストリアンデッキで接続する計画となっている[17][18]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 短編映画(ショートフィルム)の総合ブランド「ShortShorts」を展開。俳優別所哲也代表取締役社長を務める。短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル」を開催している他、短編映画専門のオンラインシアターブリリア・ショートショートシアター オンライン」も2018年2月より開設している。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 横浜駅直通、複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」、いよいよ明日3月15日オープン!”. 公式ウェブサイト. アカツキライブエンターテインメント. 2019年5月9日閲覧。
  2. ^ a b “横浜中央郵便局別館をリノベーションし、 横浜駅直通の複合型体験エンタメ施設をプロデュース 2019年初春に開業予定” (プレスリリース), アカツキライブエンターテインメント, (2018年8月1日), https://ale.tokyo/press/2049/ 2019年3月19日閲覧。 
  3. ^ 横浜中央郵便局別館が「複合型体験エンターテインメント施設」に!? 2019年春開業予定”. はまれぽ.com (2018年8月3日). 2019年3月17日閲覧。
  4. ^ 横浜駅東口「アソビル」の魅力を徹底紹介!3月15日オープン!”. はまれぽ.com (2019年3月14日). 2019年4月25日閲覧。
  5. ^ “横浜駅東口「アソビル」、初年度200万人来場目標”. 日本経済新聞. (2019年3月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42413710T10C19A3L82000/ 2019年3月17日閲覧。 
  6. ^ 横浜駅直通、都市型の複合体験エンターテインメントビル「アソビル」オープンから3ヶ月で来館者100万人を突破! - アカツキライブエンターテインメント 2019年6月17日(PR TIMES
  7. ^ 「うんこミュージアム YOKOHAMA」入場者数 10万人突破! - アカツキライブエンターテインメント 2019年6月3日(PR TIMES)
  8. ^ a b “横浜駅東口に複合エンタメ施設「アソビル」 「うんこミュージアム」やハンドメイド体験フロア”. ヨコハマ経済新聞. (2019年3月15日). https://www.hamakei.com/headline/10625/ 2019年3月19日閲覧。 
  9. ^ a b c d 完全予約制のキッズテーマパーク 宇宙をイメージした「PuChu!(プチュウ)」5/1(水・祝)オープン!”. 横浜観光情報(公式ウェブサイト). 横浜観光コンベンション・ビューロー (2019年). 2019年5月8日閲覧。
  10. ^ a b c 高橋珠子 (2019年4月24日掲載、同年5月8日更新). “横浜駅の屋内遊び場「PuChu!(プチュウ)」 全エリア徹底紹介”. いこレポ(公式ウェブサイト). アクトインディ株式会社. 2019年5月8日閲覧。
  11. ^ a b 2019年5月1日(水・祝)待望のオープン! PuChu!(プチュウ)”. 公式ウェブサイト. キッズイベント (2019年). 2019年5月8日閲覧。
  12. ^ “横浜駅直通エンタメビル「アソビル」のオープン日が3月15日に決定! <体験コンテンツ第一弾発表>” (プレスリリース), ALE-BOX, (2019年1月24日), https://ale-box.com/topics/124/ 2019年3月19日閲覧。 
  13. ^ 横浜駅東口に複合エンタメ施設「アソビル」2月1日竣工、春オープン”. レアリア. 2019年3月17日閲覧。
  14. ^ 最大7杯飲んでも1000円の居酒屋や「丿貫」の新店舗「煮干蕎麦」がアソビルに出店!”. はまれぽ.com (2019年2月8日). 2019年3月19日閲覧。
  15. ^ a b B1「PITCH CLUB」オープニングキャンペーンのお知らせ”. 公式ウェブサイト. アソビル (2019年3月11日). 2019年5月8日閲覧。
  16. ^ PITCH CLUBとは”. 公式ウェブサイト. アソビル. 2019年3月19日閲覧。
  17. ^ 横浜駅東口、万里歩道橋が利用されない理由とは?”. はまれぽ.com (2011年12月5日). 2019年4月25日閲覧。
  18. ^ 横浜駅の「みなみ東口」はいつまで仮設通路なの?”. はまれぽ.com (2017年3月8日). 2019年4月25日閲覧。

外部リンク編集