メインメニューを開く

ざっくばらん』は、1968年10月2日から1969年3月26日まで日本テレビ系列局で放送されていたテレビドラマである。日本テレビと東宝の共同製作。本田技研工業の一社提供。全26回。放送時間は毎週水曜 21:00 - 21:30 (日本標準時)。

ざっくばらん
ジャンル テレビドラマ
脚本 笠原良三
出演者 藤田まこと
ほか
制作 日本テレビ
東宝
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1968年10月2日 - 1969年3月26日
放送時間 水曜 21:00 - 21:30
放送枠 日本テレビ水曜9時枠連続ドラマ
放送分 30分
回数 26

目次

内容編集

東京銀座の由緒ある呉服屋「藤よし」の一人息子・誠太郎は、父・大吉と店に反抗して放蕩三昧。三浪して大学へ入ったものの、七年間も卒業しないという日々を送っていた。誠太郎は父に勘当されるが、大学を辞めると決めた日に加代子に出会い、半襟を法外な安さで売ってしまった。それが縁か、誠太郎は加代子と夫婦になり、勘当された家へ半年ぶりに戻っていくのだった。そんな夫婦の様子を中心に描いた人生喜劇[1]

出演者編集

スタッフ編集

サブタイトル編集

括弧内は各回のゲスト出演者。

  1. 1968年10月2日 「息子よ大志を抱け」
  2. 1968年10月9日 「大阪よいとこ」(横山ノック曽我廼家明蝶
  3. 1968年10月16日 「恋のたこ焼」(曽我廼家明蝶)
  4. 1968年10月23日 「邪魔物よ消えろ!」
  5. 1968年10月30日 「さらばタコ焼きの灯よ」
  6. 1968年11月6日 「夫婦は居候」
  7. 1968年11月13日 「夫婦は共稼ぎ」
  8. 1968年11月20日 「夫婦は宴会屋」(南利明
  9. 1968年11月27日 「夫婦は危うし」(松岡きっこ、南利明、曽我廼家五郎八大山のぶ代
  10. 1968年12月4日 「夫婦は寝不足」(春風亭柳好
  11. 1968年12月11日 「夫婦は出戻り」
  12. 1968年12月18日 「夫婦がんばれ」
  13. 1968年12月25日 「夫婦は集金屋」(ザ・ドリフターズ水木梨恵
  14. 1969年1月1日 「夫婦はヨイトマケ」(ザ・ドリフターズ)
  15. 1969年1月8日 「夫婦は今年こそ!」(入江洋佑
  16. 1969年1月15日 「夫婦は大フントウ!」
  17. 1969年1月22日 「夫婦は産婆さん」(高田光中村メイコ
  18. 1969年1月29日 「夫婦は失業者」
  19. 1969年2月5日 「夫婦はくさい仲」(穂積隆信
  20. 1969年2月12日 「夫婦ハチ合せ」
  21. 1969年2月19日 「夫婦でヨイショ」(左卜全
  22. 1969年2月26日 「夫婦はフーフー」
  23. 1969年3月5日 「夫婦はすれ違い」(園佳也子近藤正臣阿部京子市川好郎
  24. 1969年3月12日 「夫婦でアタック」(市川好郎)
  25. 1969年3月19日 「夫婦はハッパフミフミ」
  26. 1969年3月26日 「夫婦はざっくばらん」

脚注編集

  1. ^ 毎日新聞毎日新聞社、1968年10月2日付のテレビ欄の番組紹介記事。 

出典編集

関連項目編集

日本テレビ系列 水曜21:00枠
前番組 番組名 次番組
この手で行こう!
(1968年4月3日 - 1968年9月)
ざっくばらん
(1968年10月2日 - 1969年3月26日)
あっぱれ!親バカ
(1969年4月2日 - 1969年10月1日)