メインメニューを開く

たまえのスーパーはらわた

日本の中編映画

たまえのスーパーはらわた』は、吉本興業企画の中編青春コメディ映画。監督は上田慎一郎2018年4月、第10回沖縄国際映画祭に出品されたのち、同年10月20日より劇場公開[2][3]。劇場公開時の同時上映作品は『耳かきランデブー』(監督:ふくだみゆき[2][3]

たまえのスーパーはらわた
監督 上田慎一郎
脚本 上田慎一郎
製作 源田泰章
覚野公一[注 1]
磯辺友美
製作総指揮 水本章
泉正隆
出演者 白石優愛
工藤綾乃
西沢仁太
ほりかわひろき
ジャングルポケット
池田一真しずる
主題歌 Creepy Nuts助演男優賞
撮影 曽根剛
編集 上田慎一郎
制作会社 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
製作会社 映画「たまえのスーパーはらわた」製作委員会
配給 KATSU-do
公開 日本の旗 2018年4月20日
沖縄国際映画祭
日本の旗 2018年10月20日
(劇場公開)
上映時間 45分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 250万円[1]
テンプレートを表示

2019年8月28日発売のDVD『上田慎一郎ショートムービーコレクション』に収録[4]

概要編集

吉本興業が2011年から制作している各地を舞台とした「地域発信型映画」の1つ。本作は埼玉県さいたま市さいたま商工会議所さいたま観光国際協会などの協力を得て制作され[5]、舞台となったさいたま市の魅力をアピールする内容となっている[6]

映像作品を制作することを取り扱った作品であることから、本作と同じ上田慎一郎監督の映画作品になぞらえて「女子高生版『カメラを止めるな!』」との呼び声もある[2]。また、上田自身も、過去の短編映画『テイク8』とも合わせて「"撮るひと"三部作?」と表現している[7]

製作編集

脚本は監督の上田が執筆。舞台となるさいたま市を実際に取材してから脚本の執筆に取り掛かり、現場を見てから脚本を書くという手法は初の体験だったという[8]。さいたま市の3地域それぞれの特産品をうまく取り入れられないか悩んでいる上田自身と主人公とを重ねて脚本が書き起こされた[9]。撮影は2018年1月28日から2月1日にかけて、大宮盆栽美術館をはじめとしたさいたま市内のみで行われた[5][10]。3月29日に納品[11]。監督・編集の上田は本作と同時期に、短編映画『正装戦士スーツレンジャー』、短編VR映画『ブルーサーマルVR -はじまりの空-』の撮影・編集にも携わっていた[12]

劇場公開の際には、初公開時から再度編集と整音が行われている[13]

公開編集

2018年4月20日「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」で初公開された[14]。同映画祭では、同じく「地域発信型映画」である『純朴な梨農家の青年に、トラックが襲いかかる』(鳥取県湯梨浜町が舞台、監督:森翔太)と『喜びの劇〜煙突のある島で〜』(岡山県岡山市が舞台、監督:山崎樹一郎)の2本と同時上映[14]

当初、映画祭終了後は夏にさいたま市内の一部映画館で特別上映が行われる予定[5][10]だったが実際には行われず、ひかりTV大阪チャンネルプレミアムパックの一作としてのネット配信と[15]、同年8月8日に行われたイベント「上田慎一郎×ふくだみゆき 夫婦(めおと)監督傑作選」で上映されたのみだった[16]

本作の監督・上田慎一郎の『カメラを止めるな!』のヒットを受け、「女子高生版『カメラを止めるな!』」との呼び声もあったことから一般上映を期待する声が高まり、同年10月20日からの劇場公開が決定[2][3]イオンシネマを皮切りに全国順次公開予定で[2]、「地域発信型映画」の全国上映は本作が初めて[1]。本作と同じく「地域発信型映画」として2017年に製作された『耳かきランデブー』(群馬県前橋市が舞台)が同時上映される[2][3]。なお、『耳かきランデブー』は上田の妻のふくだみゆきが脚本・監督を務め、上田自身も助監督として参加している[17]

埼玉県を舞台にしているためか、上映館は埼玉県内の映画館が多く、うち2館はさいたま市内の映画館だった。一方で、同時上映の『耳かきランデブー』の舞台である群馬県内の映画館での上映は行われなかった[注 2]

劇公開終了後、2019年8月28日発売のDVD『上田慎一郎ショートムービーコレクション』の収録タイトルの1つとしてソフト化されることとなった[4]

あらすじ編集

さいたま市浦和区に住む浦野玉恵(白石優愛)はホラー映画スプラッター映画が大好きな映画監督志望の女子高生。市の観光課職員からさいたま市のPR映像制作の依頼を受け、最初は全く乗り気でなかった玉恵だったが、内容は何でもいいと言われたことから俄然やる気になり、血まみれの映像を撮ろうと画策する[18]。しかし、制作の話し合いの場では、浦和うなぎ大宮盆栽岩槻人形といったPRする特産品を巡り、3地域の担当者による大喧嘩に発展してしまう[5]

登場人物編集

 
左から上田慎一郎(監督)、工藤綾乃白石優愛
浦野 玉恵
演 - 白石優愛
ホラー映画やスプラッター映画が大好きな女子高生。映画監督志望で友人らを巻き込んで映像撮影を行うが、傍若無人な振る舞いを見せる。一方で市の映像コンテストで準グランプリを獲る程度には実力もある様子。
埼田 栞
演 - 工藤綾乃
玉恵の撮る作品が大好きな、玉恵の親友。大人しめの性格で、玉恵の作品の撮影係をよく任されている。しかし、玉恵の振る舞いには何か言いたい様子。
浦野 健二
演 - 西沢仁太
玉恵の父親で、うなぎ屋の店主。浦和地区の代表として、さいたま市のPR映像撮影の話し合いの場に参加する。うなぎのことになるとつい熱くなってしまう。
日暮 弘樹
演 - ほりかわひろき
さいたま市のPR映像撮影の監督補を務める映画監督。人情ものなどを撮る。あまり自分から発言はする性格ではない。
河野
演 - 斉藤慎二ジャングルポケット
さいたま市の観光課職員。玉恵にPR映像撮影の話を持ち掛ける。
小宮
演 - 太田博久(ジャングルポケット)
大宮地区の代表として、さいたま市のPR映像撮影の話し合いの場に参加する。眼鏡をかけたインテリ系。
岩田
演 - 池田一真しずる
岩槻地区の代表として、さいたま市のPR映像撮影の話し合いの場に参加する。少々粗暴な振る舞いを見せる。
与野
演 - おたけ(ジャングルポケット)
浦野家のうなぎ屋の数少ない常連。
貞子
演 - 春川桃菜
玉恵の映像撮影の役者として付き合わされている同級生。
隆史
演 - 上妻成吾
玉恵の映像撮影の役者として付き合わされている同級生。本来は卓球部。
綾子
演 - 村田綾
河野に付き添っているさいたま市の観光課職員。

キャストの村田綾はさいたま市出身でさいたま観光大使を務める[5]。しずるの池田一真も埼玉県(入間市)出身である[5]。また、エキストラには、さいたま市民が参加している。

スタッフ編集

主なロケ地編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b エンドクレジットでは記載なし。
  2. ^ のちに『耳かきランデブー』単独で、群馬県内の映画館での上映が行われた。

出典編集

  1. ^ a b “「カメラを止めるな!」監督最新作、全国上映へ”. 読売新聞. (2018年10月11日). https://www.yomiuri.co.jp/culture/20181011-OYT1T50092.html 2018年10月11日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f “上田慎一郎の“女子高生版「カメ止め」”が劇場公開、ふくだみゆき監督作も同時上映”. 映画.com. (2018年10月6日). https://natalie.mu/eiga/news/302657 2018年10月6日閲覧。 
  3. ^ a b c d “女子高生版カメラを止めるな!上田慎一郎監督『たまえのスーパーはらわた』全国公開へ”. シネマトゥデイ. (2018年10月6日). https://www.cinematoday.jp/news/N0104060 2018年10月6日閲覧。 
  4. ^ a b “『上田慎一郎ショートムービーコレクション』DVDが8月28日発売決定!一筋縄ではいかない9本の初期傑作短編&中編を収録”. anemo (アソート). (2019年6月14日). https://www.anemo.co.jp/movienews/dvd-blu-ray/ueda-20190614/ 2019年6月15日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f “大宮、浦和、岩槻が大げんか 吉本興業、さいたま舞台の映画制作 ジャンポケ斉藤さん、しずる池田さん出演”. 埼玉新聞. (2018年1月31日). http://www.saitama-np.co.jp/news/2018/01/31/10_.html 2018年10月6日閲覧。 
  6. ^ 地域発信型映画「たまえのスーパーはらわた」”. さいたま市 都市戦略本部/シティセールス部 (2018年10月10日). 2018年10月11日閲覧。
  7. ^ 上田慎一郎 [@shin0407] (2018年1月30日). "「テイク8」「カメラを止めるな!」に続く"撮るひと"三部作?の最終章?な作品です。" (ツイート). Retrieved 2018年10月6日 – via Twitter.
  8. ^ “「たまえのスーパーはらわた」凱旋上映、上田慎一郎が“初めての取り組み”明かす”. 映画ナタリー. (2018年10月22日). https://natalie.mu/eiga/news/304744 2018年11月5日閲覧。 
  9. ^ 埼玉・鳥取・岡山の“三地三様”の魅力と人々の温かさを存分に活かした3作品を披露”. 島ぜんぶでおーきな祭 -第10回沖縄国際映画祭- (2018年4月20日). 2018年10月19日閲覧。
  10. ^ a b 「第10回沖縄国際映画祭」に出品する“さいたま市を舞台”にした映画の撮影が行われています!”. もぎたてさいたま情報BLOG (2018年1月29日). 2018年10月6日閲覧。
  11. ^ 上田慎一郎 [@shin0407] (2018年3月29日). "中編映画「たまえのスーパーはらわた」納品完了!" (ツイート). Retrieved 2018年10月6日 – via Twitter.
  12. ^ 上田慎一郎 [@shin0407] (2018年3月11日). "年明けから短中編 監督作の撮影ラッシュだったがにゃんとか乗り越えた。" (ツイート). Retrieved 2018年10月6日 – via Twitter.
  13. ^ 待望の全国ロードショー決定!”. 映画『たまえのスーパーはらわた』公式サイト. 凸ニュース (2018年10月6日). 2018年10月6日閲覧。
  14. ^ a b 埼玉県さいたま市「たまえのスーパーはらわた」supported byイオン”. 島ぜんぶでおーきな祭 -第10回沖縄国際映画祭-. 上映作品. 2018年10月6日閲覧。
  15. ^ たまえのスーパーはらわたの詳細”. ひかりTV. ビデオ. 2018年10月6日閲覧。
  16. ^ 上田慎一郎×ふくだみゆき 夫婦(めおと)監督傑作選”. LOFT9. LOFT PROJECT SCHEDULE. 2018年10月6日閲覧。
  17. ^ 耳かきランデブー【群馬県前橋市】”. 島ぜんぶでおーきな祭 -第9回沖縄国際映画祭-. 上映作品. 2018年10月6日閲覧。
  18. ^ 映画「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督作品で主演の白石優愛に撮影秘話をインタビュー”. ミニシアター通信 (2018年8月18日). 2018年10月6日閲覧。
  19. ^ “埼玉)「カメ止め」効果 上田監督のさいたま映画に脚光”. 朝日新聞デジタル. (2018年10月19日). https://www.asahi.com/articles/photo/AS20181019000023.html 2018年10月19日閲覧。 

関連項目編集

  • 耳かきランデブー - 劇場公開時の同時上映作品。本作の監督の上田が助監督を務め、妻のふくだが監督を務めた。
  • テイク8カメラを止めるな! - 本作と同じく「撮る人」をテーマとしている上田の過去の監督作品。また、3作品とも登場人物に日暮姓の映画監督がいる。

外部リンク編集