メインメニューを開く

にんげんだもの

にんげんだもの』は、書家詩人相田みつをの生涯をとりあげたテレビドラマ2004年テレビ朝日系で放送。木梨憲武主演、石橋冠演出、川島保男製作[1]。正式タイトルは『にんげんだもの〜相田みつを物語〜』。

目次

概要編集

2004年12月11日テレビ朝日開局45周年記念及び東名阪テレビネットワーク(テレビ朝日・メ〜テレ朝日放送)完成30周年記念番組として、『土曜ワイド劇場』の枠で、相田みつをの生涯を描いたテレビドラマが放送された。相田みつを役はとんねるず木梨憲武[2]。ロケは2004年夏、足利市内の渡良瀬川や自宅アトリエなどで行われた[1]。吹き替えなしで木梨が墨書する場面が見どころ[3]。視聴率は14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)[4]

製作の川島保男は「相田さんを演じた木梨憲武さんの存在感が光った。書という作品を通じて視聴者の皆さんが持っていた相田さんの像と、木梨さんの演技がマッチし、うまく消化できたと思う。共演者やスタッフにも感謝しています」と話した[4]相田みつをの長男である相田一人は「父に木梨さんは雰囲気がとてもよく似ている。作品に向かう時の父は、半径十メートル以内には近寄れないほど殺気立っていて、母もピリピリしていました」と感想を述べた[1]
翌年、相田みつを美術館(東京・丸の内)ではドラマ化を記念した展覧会も開催された[1]

キャスト編集

相田 みつを(光男) - 木梨憲武
当初は吹き替え代筆の予定であったところ、書の先生のお墨付きが出るほどの書を披露し、「筆を持ち半紙に向かっているうちに、似せて書こう、うまく書いてやろうという余計なものが消えた。自分の気持ちが入って書けた時に、石橋冠監督からOKが出た。俺は日ごろ絵筆で遊んでいるけど、書は1色の1回勝負。呼吸やリズムが大切だと教わりました」 と述べた。また、「ピカソと同じで、若い時に他人の書を書き写すことをやめた相田さんは、自分の形を早いうちに極めちゃったすごい人なんでしょうね」とみつをを評した[5]
相田 千江 - 薬師丸ひろ子
ロケ先で相田みつをの妻・千江と対面し「苦労なんてしたことないわ」と聞かされ、「(台本の)字面だけ追うと暗くなりがちでしたが、とにかく自分の中の真理、真実に価値を見いだしていく女性として演じたかった」と演じる上での支えになったという[6]。 また「(地元の)スーパーでもどこでも、応対がすごく親切。ロケを見守る人たちの目も温かく、今でも、みつをさんがどれだけ親しまれているかを実感しました」と述べ、「どんなに落ち込んでも、『生き方で返す』という夫の言葉に勇気づけられ、夫を支えていた。みつをさんは、説得力があるかどうかを考えて作品を書いたのではなく、気持ちを切り刻んでいたということが、演じてみてよく分かりました」と語った[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 井上晋治 (2004年12月3日). “相田みつを、初ドラマ化 木梨憲武が“代筆”なしで熱演 11日、テレビ朝日系”. 読売新聞 
  2. ^ 相方の石橋貴明も、翌年1月2日にやはり東名阪テレビネットワーク=こちらはTBS中部日本放送毎日放送=完成30周年記念番組であるドラマ『星野仙一物語 〜亡き妻へ贈る言葉』で主役の星野仙一を演じた。また、こちらにも石黒賢が出演している。
  3. ^ 網谷隆司郎 (2004年12月10日). “[あすテレ]11日 ドキュメント 「にんげんだもの・相田みつを物語」”. 毎日新聞 
  4. ^ a b “FAXモニターが見たテレビ視聴質 強さ目立つドラマ テレ朝『相田みつを物語』 心安らぐ 親しみ感じた フジ『ザ・ノンフィクション』 ちっぽけな“平凡” 大切さ知る”. 東京新聞. (2004年12月14日) 
  5. ^ 網谷隆司郎 (2004年12月10日). “[トーク]木梨憲武 「相田みつを物語」で自らの書を披露 余計なものが消えた!”. 毎日新聞 
  6. ^ 宮崎美紀子 (2004年12月4日). “テレビの顔 人間『相田みつを』身近に 妻を演じた薬師丸ひろ子”. 東京新聞 

外部リンク編集