メインメニューを開く

はた けんじ(1948年2月21日 - )は東京都出身のものまねタレント

はた けんじ
本名 畠中 茂
(はたなか しげる)[1]
生年月日 (1948-02-21) 1948年2月21日(71歳)[1]
出身地 日本の旗 日本東京都江戸川区
血液型 A型[1]
身長 163 cm[1]
言語 日本語
出身しろうと芸能大賞[2]
芸風 ものまね
事務所 はた企画
活動時期 1968年[3] -
過去の代表番組お笑い大集合
ファミリー寄席
配偶者 あり
公式サイト はたけんじ プロフィール
受賞歴
日本放送演芸大賞部門賞(1979年)

目次

来歴編集

江戸川区出身。1967年、20歳の時にフジテレビの「しろうと芸能大賞」で優勝したのをきっかけに、1968年から太田プロダクションに所属して芸能界入り[2]。当初はバーブ佐竹菅原洋一の歌謡ショーの前座や司会を担当していたが[1]、1973年、三波春夫のものまね「三波春夫でございます。お客様は神様です」でブレイクし[2]、当時の流行語にもなった[3]。以降は佐々木つとむ堺すすむらとともに「モノマネご三家」と呼ばれ[2][4]、1978年にピンクレディーの演歌カバー曲『演歌ペッパー警部』(エルボンレコード[5]をリリース。1979年、日本放送演芸大賞部門賞を受賞[3]、1980年には片岡鶴太郎川口ひろし北口光彦らと「ものまねヨイショ軍団」を結成、テイチクより『がんばれ ライパチくん』をリリース[6]。ものまね芸人としてのステージやテレビ番組の他、ライオンズクラブロータリークラブで話し方講座の講演もしている[2]

2019年3月29日付で、漫才協会に入会した[7]

主なものまねレパートリー編集

[3]

ディスコグラフィ編集

  • 『演歌SOS』(エルボンレコード、編曲:竹村次郎、1978年)※元ネタはピンクレディーのS・O・S
    • B面『カラオケ』

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e はたけんじ プロフィール はた企画。
  2. ^ a b c d e 「あの人は今こうしている」ベテラン芸人はたけんじさん 「仕事よりゴルフ」で豪華な人脈 日刊ゲンダイDIGITAL、2015年6月8日配信。
  3. ^ a b c d e 「あの人NOW!」はたけんじ、モノマネ芸のパイオニア ZAKZAK夕刊フジ)、2010年8月3日配信。
  4. ^ のちに団しん也を加えて「ものまね四天王」となる。1990年以降の清水アキラビジーフォーグッチ裕三モト冬樹)、栗田貫一コロッケによる「ものまね四天王」と区別して「元祖ものまね四天王」と呼ばれた。
  5. ^ 演歌でペッパー警部 レコードショップNAKA2号店ブログ、2015年5月30日更新。
  6. ^ オムニバスエンタの歌道 Chronicle(クロニクル)オフィシャルサイト(テイチクエンタテインメント)、2018年7月9日閲覧。
  7. ^ 漫才協会新入会者発表! - 一般社団法人 漫才協会 2019年3月29日

外部リンク編集