メインメニューを開く

ぴょんぴょん

ぴょんぴょん』はかつて小学館が発行していた日本少女漫画雑誌1988年創刊。1992年に『ちゃお』に吸収されるかたちで廃刊。

目次

概要編集

なかよし』(講談社発行)・『りぼん』(集英社発行)・『ひとみ』(秋田書店発行:1991年休刊)・『ちゃお』(当時)よりも低年齢層にあたる女子小学生をターゲットとしていた。他の少女漫画雑誌とは一線を画し、主流の恋愛漫画が他誌に比べて非常に少ない替わりに『コロコロコミック』の少女向け版のような玩具テレビ番組などのタイアップ中心の路線を取り、漫画面でもバラエティに富んだジャンル構成となっていた。小学館においては少女漫画雑誌部門ではなく、『コロコロコミック』、『小学一年生 - 小学六年生』などと同じ学習雑誌部門での発行であったため、少女・女性向け漫画雑誌全般で唯一句読点が用いられている。玩具とのタイアップ企画(「愛の戦士ヘッドロココ」)、『小公子』などの名作文学の漫画、スーパードッジボール漫画などを掲載していた。しかし1992年時点の部数は10万部程度と当時の『ちゃお』同様に伸び悩み、休刊及び『ちゃお』との統合を余儀なくされた[1]。統合以降は『ちゃお』に少女向け『コロコロコミック』的なメディアミックス、タイアップに積極的な姿勢のコンセプトを引き継がせ、2000年代以降にそれが実り、現在の成功の要因となった。

なお、2006年からは小学館から『ぴょんぴょん』と同様に幼年層の女児をターゲットにした漫画雑誌である『ぷっちぐみ』が発売されている(ただし、タイアップ中心で漫画作品が非常に少ないことや、ターゲットが小学3年生までに絞られている替わりに未就学児が含まれていることと、版型がA4変型判である点が本誌と異なる)。

『ぴょんぴょん』の連載作家にファンレターを送ると、『ぴょんぴょん』のその連載作家の漫画の「前回までのあらすじ」のページの下段に名前が掲載されたり、その連載作家からイラストがプリントゴッコで印刷された年賀状や暑中見舞いなどが返事として送られてくる事があった。

連載代表作品編集

テレビアニメ化編集

本誌が発刊されていた期間、本誌に連載されていた漫画を原作にしてアニメ化された作品は『どろろんぱっ!』の一作のみ。本誌の発刊前にテレビアニメ化されていた漫画として、1982~1983年にテレビアニメ化されていた『あさりちゃん』、休刊後にテレビアニメ化された漫画としては、『ちゃお』に移籍し、『こっちむいて!みい子』に改題した後にそちらのタイトルで1998~1999年にテレビアニメ化された『みい子で~す!』がある。また、後者では、『みい子で~す!』のエピソードも本誌に掲載されたものまで含まれている。

これとは別にテレビアニメとタイアップしていた作品としては、『ママは小学4年生』・『愛の戦士ヘッドロココ』(『ビックリマン』シリーズより)・『ドラミちゃん』(『ドラえもん』より)が該当する。また「美少女仮面ポワトリン」「不思議少女ナイルなトトメス」は実写版(東映不思議コメディーシリーズ フジテレビジョン)とのタイアップであった。

脚注編集

関連項目編集