アイリッシュダービートライアルステークス

デリンズタウンスタッドアイリッシュダービートライアルステークスDerrinstown Stud Irish Derby Trial Stakes)は、レパーズタウン競馬場10ハロン(約2012メートル)で施行される競馬の競走国際競走)である。

デリンズタウンスタッドダービートライアル
Derrinstown Stud Derby Trial
競馬場 レパーズタウン競馬場
距離 芝10f
格付け G3
出走条件 サラブレッド3歳
負担重量 別定戦
テンプレートを表示

概要 編集

本競走はアイリッシュダービートライアル競走として位置付けられているが、ダービーステークスの施行条件であるカラ競馬場の12ハロンとは条件が異なっている。また上位入線によるアイリッシュダービーへの優先出走権も与えられない。

アイリッシュダービーのみならず、本競走出走後にダービーステークス(1972年のロベルト、1982年のゴールデンフリース、2000年のシンダー、2001年のガリレオ、2002年のハイシャパラル)、アイリッシュ2000ギニー(1984年のサドラーズウェルズ)、ベルモントステークス(1990年ゴーアンドゴー)、オークス(1991年のジェットスキーレディ)、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(1992年のセントジョヴァイト、2001年のガリレオ、2003年のアラムシャー)といったG1競走を制す馬もいる。特にダービーステークスへの優勝馬が多く、2000年から2002年の3年間は本競走優勝馬がダービーステークスを3連覇している。さらにこの時の3頭はいずれもダービーステークス優勝後にアイリッシュダービーも制している。このように本来アイリッシュダービーへのトライアル競走であるが、多彩なG1競走優勝馬を輩出し出世レースとして挙げられている。

過去に日本産及び調教馬の出走機会は無い。

歴史 編集

  • 1971年 - 創設。創設時の競走名はニジンスキーステークス(Nijinsky Stakes)。
  • 1984年 - この年以降競走名がアイリッシュダービートライアルステークスとなる。
  • 2003年 - この年以降格付けがG2となる。
  • 2014年 - この年以降格付けがG3となる。
  • 2020年 - 新型コロナウイルス感染拡大の影響で6月に順延開催。

近年の優勝馬 編集

施行日 調教国・優勝馬 日本語読み 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
第14回 1984年5月5日  Sadler's Wells サドラーズウェルズ 牡3 2:11.50 G.マクグラス M.V.オブライエン
第15回 1985年5月11日  Theatrical シアトリカル 牡3 2:13.80 M.キネーン D.ウェルド
第16回 1986年5月10日  Toca Madera トカマデラ 牡3 L.ブラウン
第17回 1987年5月9日  Seattle Dancer シアトルダンサー 牡3 2:07.90 C.アスムッセン M.V.オブライエン
第18回 1988年5月7日  Kris Kringle クリスクリングル 牡3 2:11.20 J.リード M.V.オブライエン
第19回 1989年5月13日  Phantom Breeze ファントムブリーズ 牡3 2:09.60 M.キネーン D.ウェルド
第20回 1990年5月12日  Anvari アンヴァリ 牡3 2:03.40 B.マーカス C.ブリテン
第21回 1991年5月11日  Runyon ラニョン 牡3 2:07.80 S.クレイン T.スタック
第22回 1992年5月9日  St. Jovite セントジョヴァイト 牡3 2:10.40 C.ロシュ J.ボルガー
第23回 1993年5月8日  Perfect Imposter パーフェクトインポスター 牡3 2:07.90 C.ロシュ J.ボルガー
第24回 1994年5月7日  Artema アルテマ 牡3 2:08.90 M.キネーン D.ウェルド
第25回 1995年5月13日  Humbel ハンベル 牡3 2:06.30 M.キネーン D.ウェルド
第26回 1996年5月11日  Truth Or Dare トゥルースオアデア 牡3 2:05.00 C.ロシュ C.レルネール
第27回 1997年5月11日  Ashley Park アシュリーパーク 牡3 2:15.30 C.ロシュ C.オブライエン
第28回 1998年5月10日  Risk Material リスクマテリアル 牡3 2:06.90 C.ロシュ A.オブライエン
第29回 1999年5月9日  Port Bayou ポートバイユー 牡3 2:16.00 P.シャナハン D.ウェルド
第30回 2000年5月14日  Sinndar シンダー 牡3 2:04.90 J.ムルタ J.オックス
第31回 2001年5月13日  Galileo ガリレオ 牡3 2:08.50 J.ヘファーナン A.オブライエン
第32回 2002年5月12日  High Chaparral ハイシャパラル 牡3 2:03.50 J.ヘファーナン A.オブライエン
第33回 2003年5月11日  Alamshar アラムシャー 牡3 2:07.40 J.ムルタ J.オックス
第34回 2004年5月9日  Yeats イェーツ 牡3 2:10.30 J.スペンサー A.オブライエン
第35回 2005年5月8日  Fracas フラカス 牡3 2:16.40 J.スペンサー D.ワハマン
第36回 2006年5月14日  Dylan Thomas ディラントーマス 牡3 2:07.80 J.ヘファーナン A.オブライエン
第37回 2007年5月13日  Archipenko アーチペンコ 牡3 2:07.90 M.キネーン A.オブライエン
第38回 2008年5月11日  Casual Conquest カジュアルコンクエスト 牡3 2:05.35 P.スマレン D.ウェルド
第39回 2009年5月10日  Fame And Glory フェイムアンドグローリー 牡3 2:03.60 J.ヘファーナン A.オブライエン
第40回 2010年5月9日  Midas Touch ミダスタッチ 牡3 2:02.54 J.ムルタ A.オブライエン
第41回 2011年5月8日  Recital リサイタル 牡3 2:04.09 K.ファロン A.オブライエン
第42回 2012年5月13日  Light Heavy ライトヘビー 牡3 2:11.50 K.マニング J.ボルジャー
第43回 2013年5月12日  Battle of Marengo バトルオブマレンゴ 牡3 2:07.79 J.オブライエン A.オブライエン
第44回[1] 2014年5月11日  Fascinating Rock ファッシネイティングロック 牡3 2:14.95 P.スマレン D.ウェルド
第45回[2] 2015年5月10日  Success Days サクセスデイズ 牡3 2:19.50 S.Foley K.Condon
第46回[3] 2016年5月8日  Moonlight Magic ムーンライトマジック 牡3 2:07.74 K.マニング J.ボルジャー
第47回[4] 2017年5月7日  Douglas Macarthur ダグラスマッカーサー 牡3 2:09.50 E.McNamara A.オブライエン
第48回[5] 2018年5月13日  Hazapour ハザプール 牡3 2:08.58 D.McDonogh D.ウェルド
第49回[6] 2019年5月12日  Broome ブルーム 牡3 2:09.18 D.オブライエン A.オブライエン
第50回 2020年6月9日  Cormorant コーモラント 牡3 2:08.88 P.Beggy A.オブライエン
第51回 2021年5月9日  Bolshoi Ballet ボリショイバレエ 牡3 2:07.37 R.ムーア A.オブライエン
第52回 2022年5月8日  Stone Age ストーンエイジ 牡3 2:08.25 R.ムーア A.オブライエン
第53回[7] 2023年5月7日  Sprewell スプリウェル 牡3 2:15.57 S.フォーリー J.ハリントン

脚注 編集

  1. ^ 2014年レース結果 - racingpost、2014年5月12日閲覧
  2. ^ 2015年レース結果レーシングポスト、2015年7月1日閲覧
  3. ^ 2016年結果レーシングポスト、2016年5月10日閲覧
  4. ^ 2017年結果レーシングポスト、2017年5月8日閲覧
  5. ^ 2018年結果レーシングポスト、2018年5月14日閲覧
  6. ^ 2019年レース結果”. レーシングポスト (2019年5月12日). 2019年5月13日閲覧。
  7. ^ 2023年アイリッシュダービートライアルレーシングポスト、2023年5月8日閲覧

関連項目 編集