アイルランド王立外科医学院

アイルランドのダブリンにある私立大学

アイルランド王立外科医学院(アイルランドおうりつげかいがくいん、英語: Royal College of Surgeons in Ireland、公用語表記: Coláiste Ríoga na Máinleá in Éirinn)は、ダブリン2区セント・スティーブンス・グリーン公園に本部を置くアイルランド私立大学である。1784年に設置された。大学の略称は、RCSI

アイルランド王立外科医学院
RCSI Logo.svg
Dublin St Stephens Green Arthur Guinness Statue 02.JPG
大学設置 1784年
創立 1446年
学校種別 私立
本部所在地 ダブリン2区セント・スティーブンス・グリーン公園
北緯53度20分20.27秒 西経6度15分42.53秒 / 北緯53.3389639度 西経6.2618139度 / 53.3389639; -6.2618139座標: 北緯53度20分20.27秒 西経6度15分42.53秒 / 北緯53.3389639度 西経6.2618139度 / 53.3389639; -6.2618139
キャンパス セント・スティーブンス・グリーン
ヨーク通り
学部 医学部
薬学部
理学療法学部
国際臨床薬学部
研究科 医学研究科
看護助産研究科
歯学研究科
スポーツ・運動医学研究科
放射線研究科
ウェブサイト rcsi.com
テンプレートを表示

本項では以下、アイルランド王立外科医学院を指して「RCSI」という表記に統一する。

概要編集

大学全体編集

 
RCSIの旗

RCSIは、アイルランド島全体で外科の診療科を担当する専門職協会と教育機関であり、2020年現在アイルランドで唯一の私立大学である[1]。私立大学とはいえ、他の国立大学と学費はほぼ変化しない[2]。また、アイルランド国立大学の「認可カレッジ(Recognised College)」である[3]。イギリスとアイルランドの4つの相互に認められた王立外科医学院の間であり、また60カ国から3,000人以上の学生と今ではアイルランド最大の医学部が組み込まれている。2019年からは大学として認可され、アイルランド初の私立大学となった。RCSIの本キャンパスはダブリンのセント・スティーブンス・グリーン公園にあり、1784年に王室の勅許を受けている。

名称編集

アイルランド王立外科医学院は歴史的経緯を踏まえ、イングランド王立外科医師会(日本語訳)との整合性を合わせて訳せば「アイルランド王立外科医師会付属外科学院」となる。

アイルランドはかつて大英帝国の一部だった歴史から、RCSIのように今でも「王立」を名乗る組織がある。実際RCSIは私立大学だが、アイルランド国立大学(NUI)により「NUI基準を満たしているRTCs」の一つと認定されている「認可カレッジ(Recognised College)」なので、「国立」の名称が誤って使われることがある。なお、認可カレッジの学位は、NUIから発行される[3]。現在は学生の75%は欧州連合外から来た学生(大半がマレーシア北米)であり、60カ国に上る。

モットー編集

RCSIのモットーである 「Consilio Manuque奨学金と器用さ)」は、フランスの外科医大学への敬意から採用されたものである[4][5]。フランスの王立外科医学院の前身であるサン・コートとサン・ダミアンの兄弟団にて使用されていた。

大学評価編集

大学評価の世界的指標の一つである、クアクアレリ・シモンズによる「QS世界大学ランキング 2021」(2020年)の医学ランキングでは世界第201~250位台である[6]

また、タイムズ・ハイアー・エデュケーションの『THE世界大学ランキング 2020』(2019年)では、世界第201~250位台、ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン(アイルランド国立大学ダブリン校)と並び国内第2位である。また、同年のインパクトランキングの「良好な健康と幸福」のカテゴリーで世界第1位である[7]

入学試験編集

中央出願局(CAO)は、RCSIに代わり、アイルランドイギリス欧州連合および欧州自由貿易連合の学部課程の出願を担当している。学部課程への入学の決定は、CAOに合格受験者に通知を出すよう指示するRCSIによって行われている。大学への入学は専ら学力に基づいている。大学には最低限の入学要件があり、英語またはアイルランド語の合格最低点と数学の合格最低点が必要である。数学の高レベル試験で40%を超えると総合点数に25点加算される[8]。また、医学部では卒業試験のほか、保健師入学試験(HPAT)を受ける必要がある[9]

また、個々の学部にはさらに入学要件があり、一定の総合点数(625満点中)を超える必要がある。例えば、2019年の薬学部は、合格最低総合点数は555点である[10]。アイルランドのリービング・サーティフィケートのみならず、イギリス一般教育修了上級レベルフランスバカロレアなどの欧州連合の試験や国際バカロレアなどでも出願はできる[11]。欧州連合の国民または居住者ではない出願者には、異なる出願手順が適用される。

大学院への入学は、RCSIが直接担当する。

日本を含む欧州外の入学基準編集

国際バカロレア一般教育修了上級レベルなどの受験者で最低入学条件を満たすならば、直接入学できる。ただし、入学を保証するものではなく、優れた試験結果を保有している受験者を順に定員を埋める。また、上記以外であればパスウェイプログラム(進学準備コース)も用意されている[12]

沿革編集

ギルド編集

中世以来、外科手術は理容師 - 外科医のギルド(当時は聖マグダラのマリアのギルドとしても知られていた)によって許可されていた。ギルドの礼拝堂は、キリスト教会大聖堂にあった。3年間の徒弟と2年間の修士によって得られていた。実際には、外科医学院は1828年まで資格を持った外科医への見習いの義務期間を維持していた。

1446年には、ヘンリー6世の勅令により聖メアリー・マグデレーヌのギルドが法人化され、イギリスアイルランドで最初の医療法人となった[13]

外科医学院へ向けて編集

 
ダブリンの外科医学校(1837年)[14]

1765年リムリック出身の外科医シルベスター・オハロランは、1255年ルイ9世の王室憲章によって創設された外科医の養成と規制を目的として、フランスの外科医を規制していたパリの聖コスメカレッジに倣い、外科医学院を設立することを提案した[15]。ダブリン外科医協会は、1780年にエセックス通り(現在のパーラメント通り)のエレファント・パブリック・ハウスで設立された。ダブリン大学トリニティ・カレッジでは1847年まで外科を教えていなかったため、アイルランドには外科に特化した学校が全くなかった[16]

標準化された外科教育を提供することに重点を置いた独立した組織を持つことが、この協会の目標の一つとなり、王立憲章を求め、1781年には理容師とは別に法人化されるようにとの嘆願書をアイルランド総督に提出した。待ちに待った憲章は、1784年2月11日ジョージ3世によって承認された。初代学長のサミュエル・クロッカー・キングと初代外科教授のウィリアム・ディーズを含む統治体は、3月2日にロタンダ病院の役員室で初めて会合を開いた。当時から入学や雇用が宗派的な理由で差別されていなかった。創設者であるシルベスター・オハロランとウィリアム・ディースの2人と、最初の57人の学長のうち11人はカトリック教徒だった。1856年からカトリック大学が授与している医学資格も認めており、それが卒業証書に正当性を与えていた。最初の受験は、1784年8月だった[5]

ヨーク通り編集

ヨーク通りの角にある現在の場所は、1805年9月に買収され、1809年にはグラバーズ横丁の土地が追加で購入された。以前はクエーカーの埋葬地として使われていた。1810年3月に完成した[5]

1844年ヴィクトリア女王によって補足的な憲章が与えられ、医学生は開業資格者とフェローに分けられた。当初、医師は外科医と並んで訓練を受けた。1886年に統合され、医学部が設置された。この歴史の結果、医学部の卒業生は、現在でも2つの王立学院から開業資格を授与されているほか、アイルランド国立大学から医学学士産科学士の学位を授与されている[5]

20世紀編集

1916年イースター蜂起の間、セント・スティーブンス・グリーン公園の本キャンパスは、マイケル・マリンとコンスタンツ・マルキエビッチに率いられたアイルランド市民軍に占領された。降伏した後、二人は裁判にかけられ、死刑を宣告された。マリンは処刑されたが、マルキエビッチは女性だったために減刑された。

RCSIは4年間の大学院入学を提供する最初の医学校だった。現在は廃止されている科目は次の通り:論理学(1852年 - 1862年)、軍事外科(1851年 - 1860年)、植物学(1792年 - 1889年)、衛生学または政治医学(1841年 - 1921年、その後、医療法学と統合)。

1980年代以降、ダブリンのボーモント病院は、医療訓練のための本大学病院としている。他の付属病院には、コノリー病院、王立ビクトリア眼科耳鼻咽喉科病院[17]、セント・ジョセフ病院などの大学病院があり、現在では保健サービス委員会(HSE)の病院管理機構の中にRCSI病院グループがある[18]

21世紀編集

2007年にRCSIは、ヘルスケアにおける個人の生活の質の測定について、日本で3回講演会を行った。東京大学京都大学新潟大学で開催され、それぞれ主要な学術・医療機関から80名の参加者が集まった。日本国政府の資金援助を受けて、国立病院機構新潟病院院長および神経内科の中島孝が企画したものである[19][20]

2010年には、アイリス・マクガバンがRCSIの学長になり、王立医学院で世界初の女性学長となった[21][22]

2017年、RCSIは本キャンパスにハイテク施設を開館した。ヨーロッパで最も先進的な臨床医療シミュレーションセンターとされている[23]2018年のアイルランド建築賞(RIAI)でアイルランドの最も評価されている建物に選ばれた[24]

2019年の資格・質保証(教育)(修正)法により、RCSIはアイルランド初の私立大学として認可された[1]。これにより、アイルランドで私立大学の設立が可能になった[25]

キャンパス編集

RCSIはダブリン市内にキャンパスを設けており、123セント・スティーブンス・グリーンキャンパスと26ヨーク通りキャンパス2つがある[26]

RCSIの本キャンパスは123セント・スティーブンス・グリーンである。1810年から本部を置くようになり、1970年代には拡張工事がなされた[27]

26ヨーク通りの10階建てのキャンパスは2017年に開校し、2018年のアイルランド建築賞(RIAI)でアイルランドの最も評価されている建物に選ばれた[24]。このキャンパスは、「人生を変える次世代の医療関係者を育成することで、医療教育を変革すること」を目的としている。12,000平方フィートの学際的な国立外科・臨床技術センターがあり、アメリカ合衆国外で初めてのセンターである[28]。このセンターは、実際の病院を模して設計されており、様々な手術室がある。これらには、臨床技能実習室が2室、病室が8室、臨床外来10室ある[28]。地下室には、スポーツジムがある。また、図書館もこのキャンパスにある[29]

大学構成編集

学部編集

以下は、RCSIの学部である[30]

  • 医学部
  • 薬学部
  • 理学療法学部
  • 国際臨床学部

研究科編集

以下は、RCSIの研究科である[30]

  • 医学研究科
  • 看護助産研究科
  • 歯学研究科
  • スポーツ・運動医学研究科
  • 放射線研究科

附属機関編集

 
ボーモント病院のRCSI疾患研究センター

以下は、RCSIの附属病院である[18]

  • ボーモント病院(本大学病院)
    • セント・ジョセフ病院(リハビリテーション病院)
  • キャバン&モナガン病院
  • コノリー病院
  • ラウス県病院
  • ドロヘダ聖母ルルド病院
  • ロタンダ病院
  • 王立ビクトリア眼科耳鼻咽喉科病院[17]

教育および研究編集

教育編集

医学部には、高等学校を卒業した学生用の医学部と他の学位を修了(例えば他大学の文学部卒業など)した学生用の医学部が用意されている。後者は、アイルランドで初めて導入した大学である[31]

研究編集

生体材料再生医学悪性腫瘍神経精神疾患、人口保健・保健サービス、外科学と実践、血管生物学、化学薬学看護助産免疫感染炎症、医療従事者教育、婦人科産科周産期医療、呼吸器学内分泌学の分野で研究を行っている[32]

学生生活編集

サークル編集

2020年7月現在、RCSIには41のサークルが運営されている。眼科サークルや整形外科サークルなど医学関係のサークルがあるのが特徴である[33]

スポーツクラブ編集

2020年7月現在、RCSIには35のスポーツクラブが運営されている。中には、空手道柔道などの日本発祥の武道もある[34]。また、伝統的に医学はラグビーと関係があり、2000年までのアイルランドの国際的な選手980人のうち、201人が医師だった[35]

学生組合編集

学生組合は毎年選出される団体で、8人の役員から構成されている。学部と学生の間の大学の橋渡し役であり、ほとんどの会議に招待され、様々な問題について学生の声を聞くことができるようにしている。RCSIのすべてのクラスからの代表者で構成される学生評議会と密接に連携している[36]

対外関係編集

 
RCSI - UCDマレーシアキャンパス

RCSIは国際的にも有数の医療機関として、世界中の教育の医学関連分野で活躍している。例えば、南アフリカアパルトヘイトの間、RCSIは差別された人々に医学教育を提供した。2005年には、RCSIドバイが設立され、現在はヘルスケア・マネジメントの修士課程を提供している。

2007年には、バレンティア・テクノロジー、ダブリン消防隊、病院前救急医療協議会と共同で、ドバイの救急医療サービス内での患者ケアの向上と応答時間の改善を目的とした、救急医療サービス・ドバイ研修所との研修を開始した[37]

マレーシアでは、ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン(アイルランド国立大学ダブリン校、UCD)と共同で、ペナン州の州都ジョージタウンにキャンパスを所有している。1996年に設立されたRCSI - UCDマレーシアキャンパス(RUMC)は、以前はペナン医科大学として知られており、RUMCで修了する前に、RCSIまたはUCDのいずれかで前半を過ごすプログラムを提供している[38]。一方でセランゴール州のペルダナ大学RCSI(PU-RCSI)のは、2011年に設立された[39]

アイルランド王立外科医学院バーレーン医科大学は、RCSIの完全所有の構成大学である。2004年10月に医学研究を開始した[40]2009年以降、アイルランド国立大学からも学位を授与されるようになった。

薬学部や理学療法学部では、中華人民共和国アメリカ合衆国のほか日本の大学でも交換留学を実地している[41][42]

主な出身者編集

参考文献編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b Royal College of Surgeons becomes State’s ninth university”. www.irishtimes.com. 2020年6月12日閲覧。
  2. ^ Fees and Funding”. rcsi.ie. 2020年7月1日閲覧。
  3. ^ a b Links | National University of Ireland”. www.nui.ie. 2020年7月1日閲覧。
  4. ^ RCSI celebrates students’ achievements at Consilio Manuque awards ceremony” (英語). www.rcsi.com. 2020年7月1日閲覧。
  5. ^ a b c d History of RCSI - Royal College Surgeons in Ireland”. rcsi.ie. 2020年7月1日閲覧。
  6. ^ Royal College of Surgeons in Ireland (RCSI)” (英語). Top Universities (2015年7月16日). 2020年6月29日閲覧。
  7. ^ RCSI University of Medicine and Health Sciences” (英語). Times Higher Education (THE) (2020年4月21日). 2020年6月29日閲覧。
  8. ^ Central Applications Office”. www.cao.ie. 2020年7月1日閲覧。
  9. ^ Undergraduate Medicine Course at RCSI Dublin - Entry requirements” (英語). www.rcsi.com. 2019年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月1日閲覧。
  10. ^ Undergraduate Pharmacy Course at RCSI Dublin - Entry requirements” (英語). www.rcsi.com. 2019年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月1日閲覧。
  11. ^ Entry requirements criteria for EU/EFTA Applicants. 2020年6月30日閲覧。
  12. ^ 【トリニティカレッジ】がNO.1獲得!2020年度アイルランド大学ランキングトップ5校とは?” (英語). SI-UK: Move Forward. Be Great.. 2020年7月1日閲覧。
  13. ^ History of Royal College of Surgeons. p.69, 2020年7月1日閲覧。
  14. ^ Dublin delineated in twenty-six views, etc. Dublin: G. Tyrrell, 1937. p. 49.
  15. ^ The Proposals for the Advancement of Surgery in Ireland.
  16. ^ School of Medicine - History”. ダブリン大学トリニティ・カレッジ. 2020年7月1日閲覧。
  17. ^ a b Making lives better through quality healthcare and innovative research” (英語). Royal Victoria Eye and Ear Hospital. 2020年7月1日閲覧。
  18. ^ a b Home” (英語). RCSI Hospitals. 2020年7月1日閲覧。
  19. ^ 0 - Royal College Surgeons in Ireland”. www.rcsi.ie. 2020年7月1日閲覧。
  20. ^ 独立行政法人国立病院機構新潟病院”. niigata.hosp.go.jp. 2020年7月1日閲覧。
  21. ^ Irish doctor becomes first female president of Royal College of Surgeons in Ireland” (2010年6月3日). 2020年6月29日閲覧。
  22. ^ Prof Eilis McGovern”. UCD School of Medicine & Medical Science. 2020年6月29日閲覧。
  23. ^ RCSI opens new €80m high-tech building in Dublin” (2017年10月18日). 2020年6月29日閲覧。
  24. ^ a b RCSI’S 26 York Street voted Ireland's favorite building” (2018年6月11日). 2020年6月29日閲覧。
  25. ^ Book (eISB), electronic Irish Statute. “electronic Irish Statute Book (eISB)” (英語). www.irishstatutebook.ie. 2020年6月12日閲覧。
  26. ^ Our campus at RCSI Dublin” (英語). www.rcsi.com. 2020年7月1日閲覧。
  27. ^ 123 St Stephen's Green” (英語). www.rcsi.com. 2020年6月30日閲覧。
  28. ^ a b Clinical simulation suite at RCSI Dublin” (英語). www.rcsi.com. 2020年6月30日閲覧。
  29. ^ Library at RCSI Dublin” (英語). www.rcsi.com. 2020年7月1日閲覧。
  30. ^ a b About RCSI” (英語). www.rcsi.com. 2020年6月30日閲覧。
  31. ^ Graduate Entry Medicine Course at RCSI Dublin - Why RCSI Dublin?” (英語). www.rcsi.com. 2020年6月30日閲覧。
  32. ^ Research themes at RCSI Dublin” (英語). www.rcsi.com. 2020年7月1日閲覧。
  33. ^ Societies at RCSI Dublin” (英語). www.rcsi.com. 2020年6月30日閲覧。
  34. ^ Clubs at RCSI Dublin” (英語). www.rcsi.com. 2020年6月30日閲覧。
  35. ^ Sporting history at RCSI” (英語). www.rcsi.com. 2020年6月30日閲覧。
  36. ^ Undergraduate Students’ Union at RCSI Dublin” (英語). www.rcsi.com. 2020年6月30日閲覧。
  37. ^ RCSI Dubai - Royal College Surgeons in Ireland”. www.rcsi.ie. 2020年6月30日閲覧。
  38. ^ RCSI & UCD Malaysia Campus - RCSI & UCD Malaysia” (英語). RCSI & UCD Malaysia Campus. 2020年6月30日閲覧。
  39. ^ Perdana University | Ranking & Review”. www.4icu.org. 2020年6月30日閲覧。
  40. ^ RCSI Bahrain Homepage” (英語). www.rcsi.com. 2020年6月30日閲覧。
  41. ^ Undergraduate Physiotherapy Course at RCSI Dublin - Why RCSI Dublin?” (英語). www.rcsi.com. 2020年7月1日閲覧。
  42. ^ Undergraduate Pharmacy Course at RCSI Dublin - Why RCSI Dublin?” (英語). www.rcsi.com. 2020年7月1日閲覧。

関連項目編集

公式サイト編集