メインメニューを開く

アキレスと亀』(アキレスとかめ)は、2008年日本映画。監督は北野武。14作目の長編映画となり、『TAKESHIS'』『監督・ばんざい!』に続く、芸術家としての自己を投影した三部作の最後の作品である[1]2008年9月20日に日本で劇場公開。公式な初上映は第65回ヴェネツィア国際映画祭で、コンペティション部門に出品された。35の国と地域での公開を視野に入れていた[2]

アキレスと亀
Achilles and the Tortoise
監督 北野武
脚本 北野武
出演者 ビートたけし
樋口可南子
柳憂怜
麻生久美子
中尾彬
大杉漣
伊武雅刀
風祭ゆき
音楽 梶浦由記
撮影 柳島克己
編集 北野武
配給 東京テアトル / オフィス北野
公開 イタリアの旗 2008年8月28日VIFF
日本の旗 2008年9月20日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

タイトルの『アキレスと亀』の元々の意味は、俊足であるはずの人間が鈍足の亀と競争しても勝てないことを証明する数式上の逆説(パラドックス)である。

物語編集

少年時代編集

養蚕で儲けた群馬の資産家である倉持利助の子息である真知寿(まちす)は、算数の授業中に絵を描くことを許される恵まれた環境で育った。

青年時代編集

真知寿はアルバイトをしながら美術学校に通う。前衛を目指す仲間たちと、危険な創作活動を展開する。

中年時代編集

売れない画家の真知寿と妻である幸子は、日々創作活動に明け暮れていた。

出演者と配役編集

スタッフ編集

受賞歴編集

脚注編集

外部リンク編集