メインメニューを開く

梶浦由記

日本の女性ミュージシャン、プロデューサー

梶浦 由記(かじうら ゆき、1965年昭和40年8月6日[B 1][1] - )は、日本音楽プロデューサー[B 1]作詞家作曲家編曲家でもある[B 1]。女性。東京都生まれ、東京都およびドイツ育ち。血液型はA型[1]

梶浦 由記
(かじうら ゆき)
Yuki Kajiura at Anime Expo 2012.jpg
基本情報
別名 Fion
FictionJunction (ソロプロジェクト)
生誕 (1965-08-06) 1965年8月6日(54歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都 [B 1][1]
学歴 津田塾大学学芸学部英文学科卒業
ジャンル J-POP
アニメソング
劇伴
映画音楽
担当楽器 ピアノ
キーボード
コーラス
活動期間 1993年 -
レーベル
事務所
  • スペースクラフトプロデュース(1993年 - 2018年2月)
  • FictionJunction Music(2018年6月 - )
  • ハイウェイスター(業務提携)[A 1]
  • 共同作業者
  • 石川智晶 (See-Saw ボーカル)
  • 南里侑香 (FictionJunction YUUKA ボーカル)
  • KAORI (FictionJunction ボーカル)
  • HIKARU (元Kalafina ボーカル)
  • KEIKO (FictionJunction / 元Kalafina ボーカル)
  • WAKANA (FictionJunction / 元Kalafina ボーカル)
  • 貝田由里子 (FictionJunction ボーカル / Kalafina バックコーラス等)
  • Aimer
  • 公式サイト FictionJunction.com(日本語)

    所属する芸能事務所は、当初はスペースクラフトプロデュース、2018年(平成30年)6月以降現在はFictionJunction Music。また、一アーティストとして[いつから?]ハイウェイスター社とも業務提携している[A 1]アニメゲームを中心として[B 1]映画[B 1]CM[B 1]テレビ番組ミュージカルなどの分野でも活動している。

    来歴編集

    東京都内で生まれ、日本でいうところの小学校・中学校時代(※ドイツの教育制度下の初等学校・中等学校時代)をドイツで過ごし[注 1]、高校時代からは帰国子女として東京都内で暮らしている[注 2]。1981年(昭和56年)、高校は東京都立国立高等学校国立市に所在)へ進学。この時代に、アマチュアのガールズバンド「15 SAND(いちごさんど)」にキーボーディストとして加入する。1984年(昭和59年)4月、津田塾大学学芸学部英文学科小平市に所在)へ進学。

    1988年(昭和63年)3月に大学を卒業し、同年4月、日本電信電話 (NTT) に入社、技術者として働き始める。就職後もアマチュア・ガールズバンドの活動を続けていたが、それがファンハウスの目にとまり、1993年(平成5年)7月、プロの音楽ユニットSee-Saw」としてメジャーデビューを果たす[B 1]

    See-Saw の活動はデビューからおよそ2年後の1995年(平成7年)に休止となり、これがきっかけで(あるいはこの時期を境に)、梶浦は作詞・作曲を中心としたソロ活動を始めることとなる。同年1月に公開されたドラマ映画『東京兄妹』で作詞・作曲を手掛けたことが嚆矢となった。その後、 1997年(平成9年)のアニメ版『EAT-MAN』SFファンタジー漫画原作)、1998年(平成10年)のアドベンチャーゲームダブルキャスト』を皮切りに、アニメやゲームの音楽を中心に手掛けるようになる。

    2001年(平成13年)、テレビアニメ『ノワール』の楽曲「Indio」のボーカルに石川智晶を迎えたことをきっかけにSee-Sawでの活動を再開。同時に、ビクターエンタテインメントに移籍。2002年(平成14年)にリリースされた9thシングル表題曲「あんなに一緒だったのに」がテレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』のエンディングテーマになり大ヒットする。その後、歴代最高のオリコンチャート4位を記録した11thシングル「君は僕に似ている」をリリースし、同グループは、再び活動休止状態になる。

    2003年(平成15年)5月に、自身が楽曲のプロデュースとキーボードコーラスを担当し、ボーカルに南里侑香を起用したソロ・プロジェクトFictionJunction YUUKA』を、Flying Dogと契約。翌年に1stシングル「瞳の欠片」をリリースする。以降、同ユニットのリリースしたアルバムは、オリコンチャート週間最高トップ10入りするほか、4thシングル「暁の車」は、2004年9月22日付けのオリコンチャート最高1位を記録するなど、『機動戦士ガンダム』関連の楽曲を中心に数々のヒット曲が生み出された。

    2008年(平成20年)1月には自身がプロデュースする女性ボーカルユニット「Kalafina」をSME Recordsと契約。劇場版『空の境界』第1 - 3章の主題歌を収録した1stシングル「oblivious」は、初登場にしてオリコンチャート週間最高8位を記録。梶浦にとって、『機動戦士ガンダム』関連以外の作品でオリコンチャートがトップ10入りするのは初めてである。その後、劇場版『空の境界』の主題歌を収録した2ndシングル「sprinter/ARIA」、3rdシングル『fairytale』、1stアルバム『seventh heaven』は、それぞれオリコンチャート10位、9位、8位を記録している。

    2009年(平成21年)、新たにソロプロジェクト『FictionJunction』の活動を開始。『FictionJunction YUUKA』とは異なり、ボーカルは固定されていない。同時に梶浦本人と関連ボーカリストのファンクラブ、「FictionJunction CLUB」を設立。

    アニメイベント『マチ★アソビ』にて、月刊ニュータイプ編集部と徳島県が企画する『Newtype×マチ★アソビ アニメアワード』において2011年(平成23年)10月に『魔法少女まどか☆マギカ』で劇伴部門を受賞し、2012年(平成24年)10月に『Fate/Zero』でサウンド賞を受賞した。

    また、アニメのみならず、2009年(平成21年)から放送されているNHKの歴史情報番組『歴史秘話ヒストリア』のオープニングテーマ、エンディングテーマ(いずれもKalafinaが歌唱)、BGM曲や、2014年(平成26年)上半期のNHK連続テレビ小説『花子とアン』の劇伴を担当した。

    2017年(平成29年)12月22日、所属事務所のスペースクラフトプロデュースを2018年(平成30年)2月に退社し、Kalafinaの活動休止が検討されていることが報道された[2][3]

    2018年(平成30年)2月20日にスペースクラフトを退社、同時にKalafinaのプロデュースからも離れる意向であることを翌日自身のTwitterで報告した[4][5]。Kalafinaについては今後も同事務所に残留して活動を継続することとなったが、メンバーのKeikoは同年4月1日、Hikaruは同年10月20日をもってスペースクラフトプロデュースを退社、ユニットを脱退している。また、梶浦本人と関連ボーカリストの公式ファンクラブ「FictionJunction CLUB」も、同年5月31日をもって運営終了となった。Kalafinaはこのため、2019年3月13日に解散した[6]

    2018年(平成30年)6月30日に行われた「Yuki Kajiura Live Vol.14 25th 〜Anniversary Special〜」のMCで、個人事務所「FictionJunction Music」の設立を発表。社名は、自身のソロプロジェクト「FictionJunction」に由来する。同年10月1日には、新たなファンクラブ「FictionJunction Station」が発足した。

    音楽性編集

    西洋東洋のエッセンスを融合させた独自の世界観を持つ。

    自身のプロデュースユニットでは、複数の実力派女性ボーカリストを起用して楽曲を展開することが多い。その中でも、通称「梶浦語」と梶浦本人が自称する独自の造語スキャットあるいはヴォカリーズのようなもの)を多用し、近年[いつから?]の発表楽曲の多くにはこの「梶浦語」が盛り込まれている。以下に2例を挙げる。

    nowhere

    テレビアニメ『MADLAX』(2004年)の挿入歌で、「ヤンマーニ ヤンマーニ ヤンマーニ ヤーイヤ」と聴き取れるコーラスが入る。印象的で不可思議、何語であるか分からないこのコーラス部については、ファンの間で随分と議論の的になりながらも、オフィシャル発信の謎解きめいたものは長い間なされなかった。しかし、2011年(平成23年)9月3日NHKラジオ第一で放送された『渋谷アニメランド[出典無効]でそれがなされ、正しくは「ヤッラーヒ (yalla-hi)」であることが梶浦の口から発表された。より正確には "yalla-hi" の h は曖昧発音で、"yalla-(h)i" に近い発音であるという。“梶浦語”については一貫して「どう聴こえるかは本人(リスナー)に任せる」とコメントしている。より詳しくは「MADLAX#ヤンマーニ」を参照のこと。
    その他の楽曲においても、英語で綴られた副旋律は一切公開していない。また、DAMにおける「nowhere」では、字幕には出さないが前者の造語コーラスは「ヤンマーニ」、後者の造語コーラスは英語でのコーラスと解釈して公開されている[注 3]

    Credens justitiam

    テレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』(2011年)の挿入歌。当初は題名が決まっておらず、主要登場人物の一人・巴マミの活躍シーンで流れる曲であることから、ファンの間で「マミさんのテーマ」という仮称で呼ばれていた。ここでもまた、歌詞が何語であるかについて本放送中からファンの間で話題になり、「イタリア語ではないか」との推定もされていたが、全話放送終了後しばらく経って、当作品の全てのBGMの歌詞は意味をもたない(※語意の無い)造語であることを梶浦自身がTwitterで公表した[A 2]
    なお、この曲は Kalafina が日本語詞をつけて「未来」というタイトルでカバーしている。

    梶浦由記の楽曲上の主な参加メンバー編集

    ボーカル・バックコーラス編集

    ※ソロプロジェクトの詳細は「FictionJunction」を参照のこと。※自身がコーラスを担当することもある。

    演奏者編集

    ※演奏者は、ライブにおいては Front Band Members と呼ばれ、FBM と略称される。

    ディスコグラフィ編集

    CD(梶浦由記名義)編集

    発売日 タイトル 規格品番
    1 2003年8月6日 FICTION VTCL-60062
    2 2011年3月30日 FICTION II VTCL-60245

    コラボレートCD編集

    「Revo&梶浦由記」名義。サウンドクリエイターRevoとのコラボレート。オリコンシングルウィークリー初登場第10位を記録。梶浦自身にとっては、ノンタイアップ曲で初のオリコンシングルウィークリートップ10入りを果たした。

    劇伴作品編集

    アニメ編集

    ゲーム編集

    ※ なお、期間限定FLASH動画『Xenosaga EPISODE II to III a Missing Year』も担当していた(EDテーマ『my long forgotten cloistered sleep』はEmily Bindigerが担当)。

    ゲストコンポ―ザー編集

    • Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 2014年(ゲストコンポーザー)
      • エンディングテーマ「believe」(Kalafina)
      • エンディングテーマ「ring your bell」(Kalafina)
      • エンディングテーマ「ring your bell (in the silence)」(Kalafina)

    映画編集

    劇場アニメ編集

    テレビドラマ編集

    テレビ番組(作品)編集

    ミュージカル編集

    • サクラ大戦〜花咲く乙女 1998年
    • FINE 1998年
    • FUNK-a-STEP 1998年
    • FUNK-a-STEPⅡ 1999年
    • クリスマスジュリエット 1999/2000年
    • ハイスクール・レボリューション 2000年
    • 流れ星のララバイ 2001年
    • 恋の骨折り損/SET 2002年
    • 天国への階段/SET 2005年

    楽曲提供編集

    作詞・作曲・編曲編集

    プロデュース編集

    • 千葉紗子
      • シングル「恋の奇跡」 - ゲーム『めぐり愛して』オープニング主題歌
      • シングル「ひかり」 - テレビアニメヒートガイジェイ』2代目エンディングテーマ
      • シングル「アイスクリイム」 - テレビアニメ『成恵の世界』エンディングテーマ
      • シングル「Winter Story」
      • シングル「さよならソリティア」 - テレビアニメ『クロノクルセイド』エンディングテーマ
      • アルバム『melody』
      • アルバム『everything』
    • Kalafina
      • シングル「oblivious」 メジャーデビュー作。オリコンシングルウィークリー初登場第8位を記録。梶浦自身にとっては、ガンダム作品以外で初のオリコンウィークリーTOP10ランクイン曲(2008年1月)。
      • シングル「sprinter/ARIA」 2ndシングルにして、オリコンシングルウィークリー初登場第10位を記録(2008年8月)。
        • 劇場版『空の境界 第五章 矛盾螺旋・第四章 伽藍の洞』主題歌
      • シングル「fairytale」 3rdシングルにして、オリコンシングルウィークリー初登場第9位を記録(2009年1月)。
        • 劇場版『空の境界 第六章 忘却録音』主題歌
      • シングル「Lacrimosa」 4thシングル。
        • テレビアニメ『黒執事』エンディングテーマ
      • シングル「storia」 5thシングル。
      • シングル「progressive」 6thシングル。
      • シングル「光の旋律」 7thシングル。
      • シングル「輝く空の静寂には」 8thシングル。
      • シングル「Magia」 9thシングル。
      • シングル「to the beginning」 10thシングル。
        • テレビアニメ『Fate/Zero 2ndシーズン』オープニングテーマ
      • シングル「moonfesta〜ムーンフェスタ〜」 11thシングル。
        • NHK「みんなのうた」2012年6-7月放送曲
      • シングル「ひかりふる」 12thシングル。
        • 映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語』主題歌
      • シングル「アレルヤ」 13thシングル。
        • 映画『空の境界 未来福音』主題歌
      • シングル「君の銀の庭」 14thシングル。
        • 映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』主題歌
      • シングル「heavenly blue」 15thシングル。
      • シングル「believe」 16thシングル。
        • テレビアニメ『Fate/stay night - Unlimited Blade Works 2ndシーズン』エンディングテーマ
      • シングル「ring your bell」 17thシングル。
        • テレビアニメ『Fate/stay night - Unlimited Blade Works 2ndシーズン』エンディングテーマ
      • シングル「One Light」 18thシングル。
      • シングル「blaze」 19thシングル。
        • テレビアニメ『アルスラーン戦記 2ndシーズン』エンディングテーマ
      • シングル「into the world/メルヒェン」20thシングル。
        • 「into the world」…NHK『歴史秘話ヒストリア』エンディングテーマ
        • 「メルヒェン」…OVA『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』エンディングテーマ
      • シングル「百火撩乱」21stシングル。
        • テレビアニメ「活撃 刀剣乱舞」エンディングテーマ
      • アルバム『Seventh Heaven』 1stアルバム。
      • アルバム『Red Moon』 2ndアルバム。
      • アルバム『After Eden』 3rdアルバム。
      • アルバム『Consolation』4thアルバム。
      • アルバム『far on the water』5thアルバム。
      • アルバム『THE BEST “Red”』ベストアルバム。
      • アルバム『THE BEST “Blue”』ベストアルバム。
      • アルバム『Kalafina All Time Best 2008 - 2018

    出演編集

    テレビ番組(出演)編集

    • OLからサウンドプロデューサーへ 音に恋した夢人…梶浦由記(2003年9月1日、毎日放送

    ラジオ番組編集

    脚注編集

    [ヘルプ]

    注釈編集

    1. ^ 入学・進学・卒業の年について資料は無いが、誕生日を基準として算出した。留年していないこと、日本の学校制度にも合う形で学歴を重ねたことを前提とする。そのとおりであれば、ドイツの初等学校時代は1972年(昭和47年)から1976年(昭和51年)まで、ドイツの中等学校時代は任意で1981年(昭和56年)までということになる。日本での高校時代は1984年(昭和59年)まで、大学時代は四年制で1988年(昭和63年)まで。
    2. ^ 居住地域の特定にはあたらないが、通学していた高校も大学も多摩地域にある。
    3. ^ 歌詞から引用:(♪〜心を剥き出しにしても荷物は重すぎるの)の後に、“Something, somewhere anytime anyplace”、(吹けば飛ぶよな夢だけが)の後に、“You don't make her on your dream and change”としている。

    出典編集

    • 当事者情報
    1. ^ a b 梶浦由記 - 業務提携アーティスト”. ハイウェイスター. 2019年5月16日閲覧。
    2. ^ 梶浦由記 [@Fion0806] (2011年5月30日). "Credens justitiamはイタリア語じゃないよ。造語です。まどかまぎかのBGMに意味のある歌詞はありませんです。" (ツイート). Retrieved 2019年9月11日 – via Twitter.
    • 関係者情報
    1. ^ a b c d e f g h 音楽出版社 (2014年7月22日更新). “梶浦由記 - アーティスト詳細”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード. 2018年2月27日閲覧。
    • 第三者情報
    1. ^ a b c 梶浦由記 -【スタスケ】芸能人・タレント・スケジュール”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年2月27日閲覧。
    2. ^ アニメ業界で事務所トラブル 梶浦由記氏退社、カラフィナも活動休止へ 20億円超の打撃」『スポニチ Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2017年12月23日。2017年12月23日閲覧。
    3. ^ カラフィナ「可能な限り音楽を」事務所トラブルでスケジュール白紙」『スポニチ Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2017年12月23日。2017年12月23日閲覧。
    4. ^ アニメ音楽界のカリスマ・梶浦由記氏事務所退社、「カラフィナ」活動は白紙」『スポニチ Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2018年2月21日。2019年9月11日閲覧。
    5. ^ 作曲家・梶浦由記氏が事務所退社し独立 Kalafinaは今後も「微力ながら応援」”. ORICON MUSIC. オリコン (2018年2月21日). 2019年9月11日閲覧。
    6. ^ 音楽ユニットKalafina 解散が決定 事実上の活動停止から正式発表へ「活動を再開する事は困難」」『スポニチ Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2019年3月13日。2019年9月11日閲覧。

    外部リンク編集