TAP (芸能プロダクション)

日本の芸能事務所
オフィス北野から転送)

株式会社TAP(タップ、TAP INC.)は、東京都港区赤坂五丁目に本社がある芸能プロダクション

株式会社TAP
TAP INC.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 TAP
本社所在地 日本の旗 日本
107-0052
東京都港区赤坂五丁目5番9号
赤坂スバルビル702
北緯35度40分 東経139度44分 / 北緯35.667度 東経139.733度 / 35.667; 139.733座標: 北緯35度40分 東経139度44分 / 北緯35.667度 東経139.733度 / 35.667; 139.733
設立 1988年2月10日
(株式会社オフィス北野)
業種 サービス業
法人番号 2010401006188 ウィキデータを編集
事業内容 タレント俳優の養成・マネージメント、映画テレビ番組の企画・制作
代表者 青木隆彦(芸名・つまみ枝豆)代表取締役社長
資本金 1,000万円
従業員数 33人
関係する人物 ダンカン(本名・飯塚実、同社専務取締役
ガダルカナル・タカ
柳憂怜
三又又三
外部リンク https://tap-1.jp/
テンプレートを表示

前名は「株式会社オフィス北野(オフィスきたの、OFFICE KITANO INC.)」で、映画会社としても事業を展開する。

概要編集

2018年3月、たけしが自分の事務所、T.Nゴンを別に立ち上げ退社[1]。この際、オフィス北野の入居ビル、トレード赤坂を解約し至近の赤坂スバルビルへ移転している。

同年5月18日、つまみ枝豆(本名・青木隆彦)とダンカン(同・飯塚実)が取締役に就任。同年11月、枝豆が新社長、ダンカンが専務取締役に就任した[2]

「TAP」への商号変更後編集

枝豆が女性自身のインタビューで語ったところによると、たけしがT.Nゴンを立ち上げ、枝豆が社長に就任してから、枝豆自身も新商号を決定していた。しかしオフィス北野名義の封筒等がまだ残っていたことから、たけしもしばらくは「オフィス北野」のままでいいと回答する。その後、封筒の残りも少なくなり、「たけしへの迷惑もこれ以上かけられない」と枝豆がたけしに改めて商号変更することを告げるとたけしも「わかった。そうか」とだけ回答。

新商号を検討する際にその案はたけし(「オフィスたけし軍団」→たけし軍団以外のタレントも在籍するためボツ)もたけし軍団のメンバー(「オフィスニュー北野」→ラブホテルみたいだとしてボツ)もボケに終始したことから、最終的に枝豆の独断でたけしの特技であるタップダンスから取った[3][注 1]株式会社TAP(タップ)に2020年1月1日付で商号変更した[4]。当時、たけし側でも問題が発生しており「決別」とまで報じられた[5]

同年7月、新人養成スクールとしてTAPsecondを設立[6]。枝豆が理事長となる[6]。プロデューサーとして神品信市が担当となる。

現在TAPの公式ページのトップにはT.Nゴンサイドからの要請で[要出典]「※ 2020年1月1日オフィス北野は、株式会社TAPに社名変更しました。※ 弊社及びTAPsecondは、ビートたけし(北野武)氏とは所属・業務提携の関係にありません。」との文言記載があり、一方のT.Nゴン公式ページには「※タップおよび養成所のタップセカンドは私(北野武、ビートたけし)とは関係ありません。間違えないでね。」との文言記載もあり、両者間の「無関係」が強調されている。

所属タレント編集

芸人編集

タレント編集

俳優・女優編集

仮所属編集

タレント編集

過去の所属タレント編集

その他のタレントはたけし軍団を参照。

2018年以降に事務所を離れたタレント編集

製作映画(オフィス北野時代)編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ たけし軍団の英称を冠した「Takeshi Army Production」の略から取ったと一部報道もあったが、女性自身のインタビューで枝豆が否定している。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集