メインメニューを開く

株式会社アクティオは、東京都に本社を置く建機レンタル事業を行う企業。「レンサルティング」を企業テーマとし、建機レンタル業界では最大手である。

株式会社アクティオ
AKTIO Corporation.
Aktio logo.png
Aktio-CanterGuts.jpg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
103-0027
東京都中央区日本橋3-12-2
朝日ビルヂング7F
設立 1967年1月
業種 サービス業
法人番号 6010001034494
事業内容 建設機械のレンタル及び販売
代表者 代表取締役会長兼CEO 小沼光雄
代表取締役社長兼COO 小沼直人
資本金 5億円(アクティオホールディングス 100億円)
売上高 1871億1000万円(2018年12月31日時点)[1]
営業利益 110億3800万円(2018年12月31日時点)[1]
経常利益 127億1800万円(2018年12月31日時点)[1]
純利益 88億0900万円(2018年12月31日時点)[1]
純資産 228億1500万円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 2092億5400万円(2018年12月31日時点)[1]
決算期 12月
主要株主 株式会社アクティオホールディングス(100%)
外部リンク http://www.aktio.co.jp/
テンプレートを表示

社名の由来は、ドイツ語で行動を意味する「AKTION」を捩ったものだが、

それぞれに意味があり、Active(積極的な)、Know-how(ノウハウ)、Technology(技術)、Integrated(集合・集積)、Organization(組織)の頭文字に由来している。

沿革編集

  • 1967年 - 水中ポンプのレンタル事業を目的として「新電気(株)」を設立(資本金150万円)
  • 1991年 - 社名を(株)アクティオと改称
  • 1995年 - 阪神・淡路大震災の復興支援のため、現地対策本部を設置し、24時間体制で支援
  • 1997年 - 都内流通拠点拡充のため、白山センター(文京区白山)、南麻布センター(港区西麻布)開設
  • 2001年 - 水中ポンプ、水処理関係機械の一括整備・再生工場「テクノパーク工場」が栃木県下都賀郡(現・栃木市)に完成
  • 2005年 - 新潟中越地震の復興支援のため、小千谷営業所を開設
  • 2008年 - レンサルティングフェアを福岡、大阪、東京、仙台にて開催
  • 2011年 - 東日本大震災 の復興支援のため、現地対策本部を設置し支援
  • 2012年 - エスアールエス株式会社の株式を取得・千葉県山武市白幡に千葉東金テクノパーク工場が完成
  • 2013年 - 株式会社アクティオホールディングスを設立
  • 2014年 - 株式会社エニックスを吸収合併・インドネシアにPT AKTIO EQUIPMENT INDONESIAを設立
  • 2015年 - 株式会社桜川ポンプ製作所、株式会社ソクトの株式を取得・三重県いなべ市に三重いなべテクノパーク工場が完成
  • 2016年 - 株式会社アクティオホールディングスが株式会社共成レンテムを完全子会社化。東京都江東区新砂に東京DLセンターが完成
  • 2017年 - 上田建機株式会社、国広機工株式会社、機械商事株式会社、機械興業株式会社、ダイドー重機商工株式会社の株式を取得
  • 2018年 - 株式会社アクティオホールディングスが三信建設工業株式会社を子会社化。

レンサルティング編集

1997年に「レンサルティング」という名称を商標登録し、意識的に提案し始めた。レンサルティングとは、コンサルティングのあるレンタルという意味の造語である。客との表面的な付き合いで終わってしまうことなく、もっと食い込んでいくための提案力ともいえる。具体的には以下の通り。

  • 顧客が必要とする機械装置を改造・組立できる技術力・ノウハウを持ち、臨機応変に機械を改造してレンタルする。
  • 単に注文されて貸し出すのではなく、ゼネコンが作成する工程表を共有し、必要な機器類を事前に段取りしてタイミングよく投入する。

最終的にはどんな注文にも応え、アクティオは頼りになるとお客様に言っていただくことがまさしくレンサルティングである[2]

脚注編集

参考文献編集

  • 吉村克己「技術力を伴う提案力で建機レンタル業界を独走中」『商工ジャーナル』2012年4月、 26-28頁。

外部リンク編集