アジアリーグアイスホッケー2016-2017

アジアリーグアイスホッケー2016-2017シーズンは、14シーズン目のアジアリーグアイスホッケーである。 2016年8月27日に開幕した。安養ハルラ2年連続4回目の優勝を決めた[1]

アジアリーグアイスホッケー 2016-2017
リーグアジアリーグアイスホッケー
スポーツアイスホッケー
期間2016年8月27日 - 2017年4月11日
試合数(レギュラーリーグ216・プレーオフ)
チーム数9 (日本4・韓国3・中国1・ロシア1)
レギュラーリーグ
レギュラーリーグ1位安養ハルラ
シーズンMVPキムサンウク (安養ハルラ)
得点王マット・ホープ (東北フリーブレイズ)
プレーオフ
優勝安養ハルラ
  準優勝PSKサハリン
ファイナルMVPマット・ダルトン (安養ハルラ)
アジアリーグアイスホッケー seasons

参加チーム編集

昨シーズンの9チームのうち、デミョンサンムが脱退し、代わりにデミョンキラーホエールズが参加した。

チーム 本拠地
H.C.栃木日光アイスバックス 栃木県日光市
日本製紙クレインズ 北海道釧路市
王子イーグルス 北海道苫小牧市
東北フリーブレイズ 福島県郡山市青森県八戸市
アニャンハルラ 京畿道安養市
High1アイスホッケーチーム 江原道春川市
デミョンキラーホエールズ 仁川広域市
チャイナドラゴン 上海市
PSKサハリン ユジノサハリンスク

レギュラーリーグ編集

2015年8月29日に開幕。

東京集結シリーズ編集

2月4日と5日の二日間、日本チームが東京のアリーナで2チームと戦う通称東京集結シリーズが開催された。

東北vs日本製紙編集

東北フリーブレイズ1-2
(0-2, 1-0, 0-0)
日本製紙クレインズ
山田 2P(5:35) [] 池田 (西脇、伊藤) 1P(2:51)
池田 (髙井、中島) 1P(7:52)

栃木日光vs王子編集

H.C.栃木日光アイスバックス1-3
(0-1, 1-0, 0-2)
王子イーグルス
齋藤毅 (齋藤哲、寺尾) 2P(6:26) [] 百目木 (山下、マーリー) 1P(18:39)
ベイユ (橋本僚、小原) 3P(7:15)
マーリー (コルドウェル) 3P(18:49)

東北vs王子編集

東北フリーブレイズ6-4
(3-1, 1-2, 2-1)
王子イーグルス
ジャレット (ポープ) 1P(7:13)
田中豪 (田中遼、平野) 1P(8:01)
熊谷 (元野、ポープ) 1P(10:11)
河合 (早田) 2P(0:57)
平野 (田中豪) 3P(10:35)
ポープ 3P(18:09)
[] マーリー (コルドウェル、芳賀) 1P(19:42)
久慈 (マーリー、橋本僚) 2P(5:21)
越後 (高橋、佐々木) 2P(14:47)
久慈 (百目木、マーリー) 3P(3:45)

栃木日光vs日本製紙編集

H.C.栃木日光アイスバックス6-7
(3-1, 1-3, 2-2, OT0-1)
日本製紙クレインズ
寺尾 (河合) 1P(4:04)
寺尾 (河合、伊藤) 1P(11:41)
ボンク(岩本、ミッチェル) 1P(15:27)
寺尾 (ミッチェル) 2P(16:49)
ボンク (佐藤、齋藤哲) 3P(19:00)
齋藤哲 (齋藤毅、ボンク) 3P(19:50)
[] ラベッキオ (小泉、ウォルター) 1P(9:45)
髙木 (中島、梁取) 2P(1:31)
髙木 (池田) 2P(6:25)
ラベッキオ 2P(11:20)
髙見 (ウォルター、ラベッキオ) 3P(6:36)
髙見 (ラベッキオ、ウォルター) 3P(17:56)
髙木 (梁取) OT(1:30)

順位編集

2017年3月12日にかけて6回戦総当たりリーグ戦全216試合が開催され、6位までがプレイオフ進出。アニャンハルラが3シーズン連続の1位になり、リーダーズフラッグを獲得。2位も前年と同様サハリン。3-6位までを日本チームが占めた。

順位 チーム GP W OTW SOW SOL OTL L Goals Pts
1   アニャンハルラ 48 36 3 2 2 0 5 210:91 120
2   PSKサハリン 48 33 3 0 2 2 8 214:101 109
3   王子イーグルス 48 28 3 1 1 3 12 203:134 96
4   東北フリーブレイズ 48 26 1 1 0 3 17 185:135 85
5   日本製紙クレインズ 48 23 1 1 3 3 17 169:153 79
6   日光アイスバックス 48 17 4 3 1 3 20 157:153 69
7   ハイワン 48 10 1 4 0 3 30 118:197 43
8   デミョンサンム 48 7 1 0 1 2 37 107:231 66
9   チャイナドラゴン 48 4 3 0 2 1 38 106:274 21
  • GP:試合数、W:60分勝利、OTW:延長戦勝利、SOW:シュートアウト勝利、SOL:シュートアウト負け、OTL:延長戦負け、L:60分負け、Goals:総得点と総失点、Pts:勝点

プレーオフ編集

ファーストラウンド   セミファイナル   ファイナル
                         
     1  安養 3  
 4  東北 2      4  東北 0  
 5  日本製紙 0        1  安養 3
     2  サハリン 0
     2  サハリン 3
 3  王子 0      6  栃木日光 1  
 6  栃木日光 2  


ファイナル編集

安養vsサハリン編集

第1戦編集

安養ハルラ6-2
(1-0, 2-1, 3-1)
PSKサハリン
アンジンフィ(キムギソン、キムサンウク) 1P(19:53)
パクウサン(シンサンフン、シンサンウ) 2P(2:16)
リーガン(シンサンフン、チョミンホ) 2P(13:41)
キムギソン(キムサンウク) 3P(0:50)
シンサンウ(シンサンフン、パクウサン) 3P(5:39)
パクウサン(リドンク、シンサンフン) 3P(9:27)
[] アレクセイエフ・ロマン(エリョミン・アレクセイ、ベルニコフ・ルスラン) 2P(3:39)
シシュカノフ・ティモフェイ(ゴロヴィン・アレクサンドル、アレクセイエフ・ロマン) 3P(7:02)

安養がシリーズを1勝0敗でリードする

第2戦編集

安養ハルラ4-0
(0-0, 1-0, 3-0)
PSKサハリン
シンサンフン(シンサンウ、パクウサン) 2P(9:26)
チョミンホ(ラジャ、キムウォンジュン) 3P(8:56)
チョミンホ(ラジャ、キムウォンジュン) 3P(10:49)
キムユンファン(アンジョンヒョン、ソンウジェ) 3P(19:52)
[]

安養がシリーズを2勝0敗でリードする

第3戦編集

安養ハルラ3-2
(1-1, 1-1, 0-0, OT1-0)
PSKサハリン
リーガン 1P(1:44)
シンサンフン 2P(1:47)
キムギソン(キムサンウク) OT(2:57)
[] シシュカノフティモフェイ(コリェダエフアレクセイ、ベルニコフルスラン) 1P(9:35)
ベルニコフルスラン(コルスノフブラジミル) 2P(17:46)

安養がシリーズを3勝0敗で勝利する

表彰編集

最優秀選手編集

部門 受賞者 所属
レギュラーリーグ キム・サンウク 安養ハルラ
プレーオフ マット・ダルトン 安養ハルラ

ベスト6編集

部門 受賞者 所属
フォワード キムサンウク 安養ハルラ
フォワード マット・ホープ 東北フリーブレイズ
フォワード ベルニコフルスラン HCサハリン
ディフェンス エリック・リーガン 安養ハルラ
ディフェンス ローガン・スティーブンソン 東北フリーブレイズ
ゴールキーパー マット・ダルトン 安養ハルラ

個人タイトル編集

部門 受賞者 チーム 成績
最多得点 ベルニコフルスラン PSKサハリン 36
最多アシスト キム・サンウク 安養ハルラ 54
最多ポイント キム・サンウク
マット・ホープ
安養ハルラ
東北フリーブレイズ
68
最優秀セーブ率GK マット・ダルトン 安養ハルラ 93.85%

その他編集

部門 受賞者 所属
プレーオフ最優秀監督賞 パトリック・マルティネツ 安養ハルラ
ヤングガイ・オブ・ザ・イヤー 中島彰吾 日本製紙クレインズ
ホッケータウン・イン・アジア 苫小牧市 王子イーグルス

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集